島根を観光するなら夏で決まり!自然スポット9つを厳選してみた

「島根県の観光名所って、出雲大社以外何もなさそう…」と思ってはいませんか?

それは大きな間違いです。特に夏の島根県は、絶対に観光しておきたい自然スポットが盛りだくさんなんですよ。

歴史を感じたり、遊びつくしたりするだけでなく、写真映えするような絶景スポットもあります。

今回はそこから厳選した9つの自然スポットをご紹介させていただきますので、旅程を組む際はぜひ参考にしてみてくださいね。

(出典:https://www.pakutaso.com/20190847239post-22394.html)

スポンサーリンク

夏に観光したい島根の自然スポット①ローソク島

ローソク島」は島根県の北方にある隠岐諸島、島後島(どうごとう)の北西にあります。島はややうねりながらも縦に伸びた奇岩で、ろうそくに似ていることが名前の由来になりました。

島の先端に夕日が差し掛かると、ろうそくに火が灯ったように見えますよ。ただ天候や海の状態、角度など、条件が揃わなければ見られませんのでご注意ください。

隠岐の島町では有料遊覧船の案内をしているので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。運航期間は4月初めから10月末までで、夏頃は海の涼も感じられるのでオススメですよ。

ローソク島(遊覧船)
  • 住所:〒685-0304 / 島根県隠岐郡隠岐の島町代
  • 電話番号:08512-2-0787(隠岐の島町観光協会)
  • 運航期間:4月1日~10月31日
  • 乗船料金:幼児・無料、小人・1500円、大人:3000円
  • 公式サイト:ローソク島遊覧船 隠岐の島町観光協会

スポンサーリンク

夏に観光したい島根の自然スポット②壇鏡の滝

壇鏡の滝(だんきょうのたき)」は島後島に流れる那久川(なくがわ)の滝です。壇鏡の滝は日本の滝百選に選ばれ、滝付近の湧水は名水百選に選ばれました。

壇鏡の滝に流れる水は、島後島では長寿・勝者・火難防止の水として知られています。そのため島の伝統行事に際して、関係者が水でお清めする慣習もあるそうですよ。

壇鏡の滝は壇鏡神社を挟んで、雄滝(おだき)と雌滝(めだき)に分かれています。雄滝は高さ50メートル、雌滝も高さ40メートルと迫力がありますよ。

雄滝・雌滝って?
  • 雄滝(おだき)…二つ並んだ滝で、流れや規模の大きいほう。
  • 雌滝(めだき)…二つ並んだ滝で、流れや規模の小さいほう。

滝周辺の空気も涼やかなものになるので、夏場は特にリフレッシュできるでしょう。自然の中で一息つきたい方にオススメです。

ちなみに雌滝の方は裏側が浸食作用によって削られ、裏から見ることのできる「裏見の滝」になっています。

ですが落石事故が起きる可能性から、神社付近や滝の裏が立ち入り規制されている場合があります。観光する際は、注意喚起などの看板をしっかりと確認してくださいね。

壇鏡の滝

夏に観光したい島根の自然スポット③堀川

松江市にそびえる松江城の周りには、「堀川(ほりかわ・掘って水を通した川)」があります。堀川では遊覧船に乗って、のんびりと街並みを観光することができますよ。

堀川は松江城の築城に合わせて、1611年の江戸時代に造られました。今でもそのままの姿が残されており、当時の石垣を見ることもできます。町に溶け込んだお城を、船上からゆったりと眺めてみてくださいね。

川面には涼やかな風も吹き、夏場にはうってつけでしょう。特に7月~8月には「風鈴船」も運航しているので、風鈴の音色がより涼を感じさせてくれるかもしれませんね。

島根の夏は遊覧船に乗って、堀川をめぐってみてはいかがでしょうか。涼だけでなく歴史も感じたい方にオススメですよ。

堀川(遊覧船)
  • 住所:〒690-0876 / 島根県松江市黒田町507−1(ふれあい広場乗船場)
  • 電話番号:0852-27-0417
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 乗船料金:小人・800円、大人・1500円
  • 公式サイト:ぐるっと松江堀川めぐり

スポンサーリンク

夏に観光したい島根の自然スポット④宍道湖

宍道湖(しんじこ)」は松江市と出雲市にまたがる、周囲約47キロメートルの湖です。日本で7番目に大きい湖とされ、日本百景や夕日百選にも選ばれていますよ。

宍道湖周辺には松江城や天倫寺(てんりんじ)、出雲富士と呼ばれる大山などがあります。それらと併せて見ることで、単なる湖以上の魅力を感じられるでしょう。

さらに宍道湖ではサンセットクルージングも楽しめますので、夕日百選に選ばれたほどの絶景を眺めることもできますよ。

特に夏場は松江水郷祭湖上花火大会が開催され、空と湖に咲く花火を見ることもできます。夏の宍道湖に行くなら、ぜひ日程を合わせてみてはいかがでしょうか。

宍道湖(クルージング)
  • 住所:〒690-0001 島根県松江市東朝日町150-7
  • 電話番号:0852-24-3218
  • 営業時間:9:30~17:00、夕日コースは時期ごとに異なる
  • 乗船料金:小人・750円、大人・1500円
  • 公式サイト:宍道湖観光遊覧船 はくちょう

夏に観光したい島根の自然スポット⑤稲佐の浜

稲佐の浜(いなさのはま)」は、国譲り神話、国引き神話の舞台になった砂浜です。八百万の神々は、この砂浜を通って出雲大社に向かうとされていますよ。

さらに他の海にはない見所が、浜と地続きの所にある弁天島です。丸っぽい岩山に、鳥居と社が建っているのが特徴的ですね。以前は砂浜もなく、橋でしか渡れなかったそうですよ。

夏場には稲佐の浜海水浴場として、海水浴をすることもできます。深い歴史を感じながら海で遊べるのは、日本でも稲佐の浜くらいでしょう。夏の出雲に訪れたら、ぜひ他ではできない体験をしてみてくださいね。

稲佐の浜

スポンサーリンク

夏に観光したい島根の自然スポット⑥龍頭ヶ滝

龍頭ヶ滝(りゅうずがたき)」は、雲南市の滝谷川から流れています。先ほどご紹介した壇鏡の滝と同じく、龍頭ヶ滝も雄滝と雌滝に分かれた滝になっていますよ。

雄滝は落差40メートル、雌滝は落差30メートルと壇鏡の滝に比べれば、やや迫力には欠けます。ですが龍頭ヶ滝には立ち入り規制がないため、安心して間近から眺められますよ。

また雄滝の方はいわゆる「裏見の滝」で、流れる滝を裏側の岩窟から見ることができます。百畳ほどの空間には滝観音が祀られているので、神聖な雰囲気を感じることもできますね。

確実に裏見の滝を目にしたいなら、龍頭ヶ滝がオススメです。夏の神秘的な自然を見たい方は、ぜひ龍頭ヶ滝に行ってみてはいかがでしょうか。

龍頭ヶ滝

夏に観光したい島根の自然スポット⑦三瓶山

三瓶山(さんべさん)」は島根県のほぼ中央にある、国引き神話にも登場した由緒正しい活火山です。とは言っても気象庁によると、有史以降の記録に残る火山活動はありません。

三瓶山は登山・トレッキングの名所としても有名で、初心者から上級者まで楽しむことができるスポットですよ。登山ルートは全部で6つあるので、登る際は自分のレベルに合わせてくださいね。

出典:https://www.sanbesan.jp/mountain/

画像にもある通り、三瓶観光リフトは2020年1月現在運休中です。運行再開は2020年4月からとなります。

また縦走ルートの男三瓶~女三瓶間では登山道の一部が崩落したため、現在通行止めとなっています。復旧は未定ですので、別のルートで巡ってみてくださいね。

三瓶山の頂上からは、日本海や中国山地、鳥取県の大山を見ることができます。また山頂には草原が広がっているので、登り切ってからゆっくりと一休みすることもできるでしょう。

夏は山派という方はぜひ、島根県の三瓶山に登ってみてはいかがでしょうか。2時間程度で登れるルートもありますので、初心者の方にもオススメですよ。

三瓶山

夏に観光したい島根の自然スポット⑧琴ヶ浜

琴ヶ浜(ことがはま)」は大田市にある砂浜で、歩く度に琴のようにキュッキュッと音が鳴るそうです。日本の音風景100選や、日本の渚百選に選ばれたこともありますよ。

名前の由来にもなった逸話として「琴姫伝説」というものがあります。大田市観光サイトから、お話を引用しますね。

琴姫伝説(温故知新の贈り物)

壇の浦の源平の戦に敗れてこの地に流れ着いた平家の姫は、
村人に助けられたお礼に毎日琴を奏でていました。
しかし、姫は亡くなり、村人たちは大いに悲しみました。

そして姫が亡くなった後、砂浜が琴の音のように鳴くようになりました。
村人たちは姫の魂がこの浜にとどまって、私達を慰め励ましてくれているのではと思いました。

それ以来、この浜を琴ヶ浜、そして姫を琴姫と呼ぶようになりました。

姫を助けた馬路の人々の優しさをを象徴する言い伝えが、今も残っています。

一度この砂の町を訪れてみてください。
ゆるやかな砂の流れが、あなたを悠久の時の流れのなかに誘います。
あなたはもう以前のあなたではないことに、きっと気づくでしょう。 自然に帰り、自然にじかに触れてみることで、新しい可能性に出会います。

“古きを温ね、新しいきを知る”「仁摩」からあなたへ温故知新の贈り物です。

(出典:大田市観光サイト 琴ヶ浜海岸 https://www.ginzan-wm.jp/spot/1966)

夏の琴ヶ浜は海水浴場として、多くのお客さんで賑わうスポットです。1.6キロメートルにも及ぶ美しい砂浜で、鳴き砂の音を聞きながら遊んでみませんか?

琴ヶ浜

夏に観光したい島根の自然スポット⑨しまね海洋館アクアス

しまね海洋館アクアス」は浜田市と江津市にまたがる水族館で、西日本で唯一シロイルカを飼育していますよ。ソフトバンクのCMに出演していたのも有名です。

他にもゴマフアザラシやシュモクザメ、話題のチンアナゴやクラゲなど、400種類もの海の動物たちに会うことができます。

水族館では定番のアシカやアザラシのショーは、見ているだけで涼やかな気持ちよさを味わわせてくれますね。他にも水中のウニやヒトデと触れ合える場所もあるので、夏場は特にオススメですよ。

島根の夏は海で遊ぶだけでなく、海の動物たちに会ってみるのもいいですね。浜田市に寄った際は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

しまね海洋館アクアス
  • 住所:〒697-0004 / 島根県浜田市久代町1117−2
  • 電話番号:0855-28-3900
  • 営業時間:通常9:00~17:00、夏場は9:00~18:00
  • 入館料:小・中・高校生は500円、大人は1550円
  • 公式サイト:島根県立しまね海洋館アクアス

まとめ

出典:https://www.pakutaso.com/20190847239post-22394.html

夏に観光したい島根の自然スポットについて、9つご紹介させていただきました。

歴史と自然を一緒に感じたいという方には、「堀川」「稲佐の浜」がオススメです。純粋に自然だけを満喫したい方には、「壇鏡の滝」「龍頭ヶ滝」「三瓶山」を訪れてみてはいかがでしょうか。

他にはない絶景をお求めの方には、「ローソク島」「宍道湖」がオススメですね。夏を遊びつくしたい方なら、「琴ヶ浜」と「しまね海洋館アクアス」がいいでしょう。

旅の目的に合わせて、行き先を選んでみてくださいね。最後にウェブサイトや電話番号の一覧表を掲載しておきますので、参考にしていただければ幸いです。

島根の自然スポットお問い合わせ
ローソク島(遊覧船)08512-2-0787
壇鏡の滝08512-2-0787
堀川(遊覧船)0852-27-0417
宍道湖(クルージング)0852-24-3218
稲佐の浜0853-53-2112
龍頭ヶ滝0854-40-1054
三瓶山0854-88-9950
琴ヶ浜0854-88-9950
しまね海洋館アクアス0855-28-3900

島根の温泉地9選!美肌の湯に浸かってリフレッシュ!

2019年7月30日

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。