冬ならではの滋賀のおすすめ観光スポット10選!

今回は、冬におすすめの滋賀の観光スポットを10箇所ご紹介していきます。古くから文化・経済の先進地として栄えた滋賀には、自然だけでなく歴史ある寺社や歴史情緒が残る町並みなど見どころ満載です。

滋賀県と言えば何を思い浮かべますか?滋賀県は日本のほぼ真ん中に位置します。県の中央に県土の約6分の1を占める日本最大の湖、琵琶湖がありその周りには美しい景色が広がります。

さあ、冬の滋賀県の魅力を見ていきましょう!きっとあなたが気になる観光スポットが見つかるはずですよ。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja&pp=140&p=2)

スポンサーリンク

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!①彦根城

彦根城は姫路城、松本城、犬山城、松江城とともに国宝に指定されています。天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めているんです。

全国的に見ても保存状態のよい城跡で、多くの人が訪れます。彦根城では、お堀を遊覧する屋形船が運航していますから、ゆっくりと屋敷船から彦根城を見て回るのもいいですよね。

また、彦根城周辺を人力車が案内してくれます。歩くだけではわからない彦根の魅力を人力車の上から堪能できますよ。

彦根城の入り口にある彦根城博物館は、表御殿を復元したもの。井伊家伝来の貴重な史料を展示しています。冬に彦根城を訪れるなら、白鳥や水鳥を眺めながらゆっくりと散策するのがおすすめですよ。

彦根城
  • 住所:彦根市金亀町1-1
  • 電話:0749-22-2742
  • 営業時間:8:30から17:00
  • 定休日:無休
  • 入館料:大人800円、小人200円
    ※団体割引あり(30人/10%、100人/20%、300人/30%)
  • アクセス:(電車)JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 15分
    (車)名神彦根ICから車で10分
  • 駐車場:普通車 280 台 大型車 25 台 料金 駐車場 普通車400円、大型車1500円


スポンサーリンク

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!②玄宮園

玄宮園は、彦根城の北東にある大名庭園で、琵琶湖や中国の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで選ばれた近江八景を模して作られました。

近江八景は、琵琶湖南部の八箇所の景観を指して言います。
一説には、室町時代の明応9年(1500)  南近江の戦国大名で近江守護 六角高頼ろっかく たかよりが公卿 近衛政家このえまさいえを招いた折、 和歌に優れていた政家が、近江の素晴らしい景観について次のような八首の和歌 を詠んだことから、近江八景が生まれたと言われていますが、 定かではありません。江戸時代後期には、浮世絵師 歌川広重うたがわひろしげが近江八景を描いています。 なお、広重は金沢八景の浮世絵 も描いています。

引用:http://www5e.biglobe.ne.jp/~komichan/oumi8K/oumi8kei.html

雪景色の玄宮園は、池に移りとても綺麗ですよ。玄宮園からは、彦根城を見ることができます。夜は彦根城が白く浮かび上がり、池にも彦根城がクッキリ映ってとっても幻想的です。

雪道が心配と思うかもしれませんが、きちんと雪かきされていますから安心です。桜の季節や、紅葉のころの風景も素敵ですが雪が積もった玄宮園は静寂に包まれ別世界です。訪れる価値ありですよ。

玄宮園
  • 住所:滋賀県彦根市金亀町3
  • 電話:0749-22-2742
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 定休日:無休
  • 入館料:大人200円、小中学生100円 ※団体割引あり(30名以上から)
  • アクセス:(電車)「彦根駅」から徒歩約15分(車)名神高速道路「彦根IC」から車で約15分
  • 駐車場:駐車場なし(近隣の有料駐車場を利用)

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!③夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロードは、彦根城のお堀にかかる京橋からスタートします。江戸時代の城下町をイメージした白壁と、黒格子の町屋風に統一された街並みはタイムスリップしたかのようです。

和菓子屋、洋菓子屋、地元ならではの商品を扱うお店が軒を連ね、きっとお気に入りのお店が見つかりますよ。冬の夢京橋キャッスルロードは、雪景色とよく合って素敵な趣です。


夢京橋キャッスルロード
  • 住所:滋賀県彦根市本町
  • 定休日:店舗によって異なります
  • アクセス:JR彦根駅より徒歩約20分(バス)JR彦根駅より近江バス「南彦根駅」行き「本町キャッスルロード」で下車          ( 車) 名神高速道路彦根ICより、彦根市街方面へ約10分
  • 駐車場:彦根城内に駐車場があるので利用するといいですよ。(1回400円)

スポンサーリンク

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!④安土城跡

歴史好きにはたまらない、安土城跡をご紹介します。織田信長によって築城された安土城は1579年に完成しましたが、3年後に起きた本能寺の変により主を失い1585年に廃城となった悲運の城です。

しかし今でも城跡は保存されており、戦国時代の織田信長の生きざまを感じることができます。安土城跡の入口(大手門口)で入場料を払って中に入ると、一直線の石段が続きます。

その途中には石垣や階段に混じって石仏が置かれているんです。石仏を見ながら登るのも他の城ではなかなかできません。天主跡までの途中、二の丸跡に信長公御廟と呼ばれる信長のお墓があります。

実は、本能寺の変で信長の亡骸はみつかっておらず、本人の遺骨が納められている訳ではありません。しかし、ここは信長にとって思い入れの強い安土城跡にあるお墓ですから本当に魂が宿っていると言われています。

安土城跡見学コースを1周するには約1時間~1時間半かかります。ちょっと見学という訳にはいきませんが、天主まで登り切った先には、田園地帯の向こうに琵琶湖を一望することができるんですよ。

ここまで頑張って登ったご褒美と思えるくらい絶景スポットなんです。冬に訪れれば、冷たい風が心地よく絶景をより楽しむことが出来るはずですよ。

安土城跡
  • 住所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
  • 電話:安土山保勝会 0748-46-6594
  • 営業時間:季節に変動あり
  • 入山料:大人700円 小人200円
  • アクセス:(電車)JR琵琶湖線 「安土駅」 下車 徒歩 25分(車)車名神竜王ICから20分
  • 駐車場:普通車 150 台 大型車 10 台(無料)
  • 注意:悪天候等は休山とすることがあります

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!⑤多賀大社

多賀大社は、古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社です。伊邪那岐、伊邪那美の夫婦を祀り、太閤秀吉も崇敬した長寿、縁結び、厄除けの神様です。

「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」との俗謡もあります。お多賀の子とは、伊勢神宮祭神である天照大神が伊邪那岐命・伊邪那美命両神の御子であることを指します。

由緒ある多賀大社に一歩足を踏み込むと、美しい気を感じることができます。パワーを感じながら年明けにお参りしてみてください。身が引き締まる感覚に包まれますよ。

2月には節分祭が行われます。島根県の因原地方の鬼の舞が奉納され、その年の還暦の年男・年女が特設舞台より福豆、福餅がまかれるのです。ご利益のある福豆・福餅を手に入れられたら1年を無事に送れそうですよね。

多賀大社
  • 住所:滋賀県犬上郡多賀町多賀604
  • 電話: 0749-48-1101
  • アクセス:(電車)近江鉄道「多賀大社前」駅下車 徒歩10分(車)①名神彦根I.C.から10分
    ②名神 湖東三山スマートI.C.から15分

スポンサーリンク

冬の滋賀ならここがおすすめ!観光スポット⑥びわ湖テラス

日本一の湖の琵琶湖を天空から満喫するなら、びわ湖テラスがおすすめです。標高1,100mから琵琶湖を望むネイチャーリゾート、それがびわ湖テラスです。

麓からロープウェイに乗り込み約5分すると、広大な湖を一望する階段状のGrand Terraceが出迎えてくれます。そこはまさに天空のテラスです。冬の琵琶湖が創り出す幻想的な世界を満喫できますよ。

山麓とは5~7℃ほどの気温差がありますので、冬場は暖かい服装で訪れてみてください。

びわ湖テラス
  • 住所:滋賀県大津市木戸1547-1
  • 電話:077-592-1155
  • 営業時間:8:30〜15:30(ロープウェイ上り最終16:00・下り最終17:00)
  • 営業期間:通年営業(休業日はロープウェイ運行日に準じます)整備点検などで休業する場合がありますのでびわ湖テラスの公式サイトのTOPページ「本日の営業状況」を確認してください。
  • アクセス:(電車)JR京都駅から湖西線で約50分。志賀駅からバス約10分で中腹のロープウェイ乗り場前(終点「びわ湖バレイ」)に着きます。(車)でのアクセスは下の動画を参考にしてみてください。
  • 駐車場:1,700台(乗用車1,000円 バイク500円(原付は無料)

びわ湖テラスで検索すると迷ってしまうことが多いようです。びわ湖バレイ入り口を設定することをお勧めします。

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!⑦白髭神社

白髭神社は、琵琶湖に浮かぶ朱色の鳥居が有名です。滋賀にある白髭神社は、全国に300社以上ある白鬚神社の総本社なんです。白髭神社の歴史は古く、2000余年前の紀元前に創建されたと言われています。

ご祭神は猿田彦命(さるたのひこのみこと)で、白髪・白髭を蓄えた老人のお姿をしていることから、このご社名になったそうです。

琵琶湖に浮かぶ朱色の鳥居がなんとも幻想的です。その佇まいからついた呼び名は「近江の厳島」。特に、日の出・日の入りの空と湖面が真っ赤に染まる光景はインスタ映えすること間違いなしですよ。

私が一番好きな時間帯は日の出の頃で、鳥居の奥から太陽が昇り空と湖面が朝焼けに染まる様子は感動ものです。

白鬚神社のシンボル的存在でもある、琵琶湖に浮かぶ朱塗りの大鳥居。年末年始になると、日没後には湖上の鳥居がライトアップされます。大晦日は夜明けまで、新年は1/1〜1/5(日没から9時頃まで)です。

昼間見る様子とは全く違って見えるはずです。神秘的な大鳥居を見た後新年のお参りをするのもいいですよね。

白髭神社
  • 住所:滋賀県高島市鵜川215
  • 0740-36-1555
  • 営業時間:社務所9:00~17:00
  • 定休日:無休
  • アクセス:(車)名神高速道路「京都東IC」から湖西道路・国道161号線経由約50分(電車)JR湖西線「近江高島駅」から徒歩約40分・タクシー約5分
  • 駐車場:50台

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!⑧第1なぎさ公園

冬なのに菜の花!?と思われるかもしれませんが、ここ第1なぎさ公園の菜の花はカンザキハナナ(寒咲花菜)という名前の早咲きの菜の花なので、咲き始めが早く時には雪と菜の花のコラボレーションが楽しめます。

1,200本ほどの菜の花が咲き、バックには雪の残る比良山とのコントラストが美しく、まるで1枚の絵のようですよ。見頃は例年1月下旬~2月上旬頃です。春の訪れをちょっと早めに体験できちゃいます。

第1なぎさ公園
  • 住所:滋賀県守山市今浜町地先
  • 電話:077-582-1266
  • 料金:無料
  • 定休日:無休
  • アクセス:(電車・バス)JR琵琶湖線「守山駅」下車 バス 琵琶湖マリオットホテル行き 第1なぎさ公園下車すぐ
    (車)名神栗東ICから約30分または、湖西道路真野ICから約15分
    (タクシー料金)JR守山駅より約3,500~4,000円程度

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!⑨メタセコイア並木

マキノ高原へのアプローチ道に「メタセコイア並木」あります。全長約2.4km、約500本のメタセコイアの木が直線道路の両サイドに植えられています。雪のメタセコイア並木は人気のスポットなんです。

まっすぐに延びる道路の横に対称に整ったメタセコイアの景観と、遠景となる野坂山地の山々とが調和して美しい姿を見せてくれます。平成6年11月には、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定されました。

「新・日本街路樹100景」とは、読売新聞社が創刊120年を記念し、1994年に選定した街路樹の景観に優れた場所100ヶ所の景色のことです。

並木道を車で通るのもいいですが、ちょっと車を降りてゆっくり散策してメタセコイアの並木を楽しむのもいいですよね。

メタセコイア並木
  • 住所:滋賀県高島市マキノ町寺久保~牧野
  • 電話:0740-33-7101
  • アクセス:(電車・バス)JR湖西線 「マキノ駅」 下車 バス 10分 マキノピックランド(車)名神高速京都東ICから国道161号、湖西道路、国道161号経由(約80分)
    北陸自動車道・木之本インターから国道8号線→国道303号線→国道161号線を南下(約30分)
  • 駐車場:農業公園マキノピックランドの駐車場利用可


※カーナビで目的地設定をする時には、「マキノピックランド」0740-27-1811を登録してください。

冬の滋賀のおすすめ観光スポット!⑩近江神宮

近江神宮は、大津京を建都した天智天皇を祭神とし、昭和15年皇紀2600年を記念して建立されました。社殿は近江造と呼ばれる新しい様式で、近代神社建築を代表するものとして国の登録文化財に指定されました。

天智天皇が日本で初めて漏刻(水時計)をつくったことにちなみ、境内には古今東西の時計を展示する時計館宝物館があり、6月10日の時の記念日には「漏刻祭」が行われます。

境内が広く静寂が広がります。歴史がある神社でゆっくりと散策して楽しんでほしいです。

近江神宮は、小倉百人一首巻頭歌が天智天皇のものであることからかるたの殿堂とされていて、お正月に行われるかるた祭でも有名です。

かるた祭とは、采女装束の女性が古式ゆかしく神前でかるたを取る「かるた開きの儀」のことです。

「秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露にぬれつつ」を読師が神前で朗誦し、采女装束を着用した4名の取姫が儀式的にかるたを取り「かるた開きの儀」を行います。

その後、近江勧学館にて高松宮記念杯近江神宮全国競技かるた大会の全国大会が開催されます。最近では、漫画「ちはやふる」の人気もあり参加人数が増加してるようです。

競技かるたは、私がイメージしていた「かるた」とは大違いで、スポーツと言ってもいいほどの集中力と忍耐力が必要になる迫力満点の競技です。是非一度見学してみてくださいね。

競技かるたの日本一を競う「競技かるた名人位・クイーン位決定戦」の舞台でもあります。境内を袴姿で歩くことができる、キモノ体験レンタルがあり人気ですよ。

また、「ちはやふる おみくじ」があり漫画ファンにとっては魅力的ですよね。

近江神宮
  • 住所:滋賀県大津市神宮町1-1
  • 電話:077-522-3725
  • 受付時間:9:30~16:00 祈祷受付
    営業時間:9:30~16:30 時計館宝物館
    営業時間:9:30~16:00 キモノ体験レンタル
  • アクセス:(電車)京阪電車近江神宮駅前から徒歩で5分 (車)名神高速道路 京都東IC方面より(ICから10分)
  • 駐車場:200台収容(正月は臨時駐車場含め500台)(12/31夜~1/5のみ500円 他期間は無料)


まとめ

滋賀県の、冬でも楽しめる観光スポットをご紹介してきました。滋賀県は日本一大きな琵琶湖を中心に、絶景や由緒ある神社などがあり、歴史も堪能できるスポットが満載でしたね。

湖が県のほとんどを占めているなんて、他にはありませんよね。滋賀は自然もですが食べ物もおいしい物がいっぱいです。鮎料理や伊吹そば、近江牛などが有名ですよね。

綺麗な自然が隣接しているから美味しい物も多いのでしょうね。自然が美しく、歴史の宝庫の滋賀県。水も空気もきれいなこの地に是非とも一度足を伸ばしてみてください。

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。