バンコク観光の穴場スポット5選を、口コミを踏まえて紹介します。

「バンコクへ観光しに行くんだけど、定番以外の穴場スポットへ行ってみたい。どんなところがあるんだろう…。」

バンコクの観光で、穴場スポットへ行って、定番の観光地にはない面白さを堪能してみたい、と感じる人もいるかと思います。

この記事では、バンコクの穴場スポット5選を、口コミを踏まえて紹介していきます。

やすたび

この記事を読んで、バンコクの穴場スポットへ行って、より海外旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E4%BF%AE%E9%81%93%E5%A3%AB-%E7%A5%88%E3%82%8A-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%AF-%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2-1822569/

スポンサーリンク

バンコクには、穴場の観光スポットが多い

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AEsi%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%82%BF%E3%83%A4-%E5%8F%A4%E4%BB%A3-1822502/

バンコクの観光地は「ワット・ポー」や「ワット・プラケオ」、「カオサン通り」といった定番のスポットを思い浮かべるかと思います。

これらのスポットは、タイのツアーではプログラムに組み込まれている、王道的な存在です。

ですが、バンコクには定番として知られているスポット以外にも、穴場の観光地がたくさんあります。また、SNSの普及に伴い、以前よりも人気になった観光地もあります。

やすたび編集部

次の項目から、バンコクの穴場観光スポットと、口コミをそれぞれ紹介していきますね。

スポンサーリンク

バンコクの穴場観光スポット①「クロコダイル・ファーム」

https://www.thailandtravel.or.jp/the-million-years-stone-park-and-pattya-crocodile-farm/

最初に紹介する、バンコクの穴場観光スポットは「クロコダイル・ファーム」です。世界にあるワニ園の中でも大規模な施設で、多くのワニたちが飼育されています。

「クロコダイル・ファーム」では、鶏肉を使ってワニを釣る、「ワニ釣り」を体験できます。ワニがエサに食らいつく迫力を堪能できますよ。

特に人気があるイベントは、ワニのショーです。ワニのショーでは、飼育員がワニの尻尾を引きずったり、ワニの口の中に手をいれたりと、迫力満点です。

また、ワニ以外にも猿やトラといった動物も飼育されていて、トラと一緒に記念撮影ができますよ。

クロコダイル・ファームの情報
所在地555 Moo 7, Taiban Rd., Taiban Sub-District, Amphur Muang, Samutprakarn, Thailand
入場料(変動の場合あり)250バーツ
営業時間8:00~18:00
アクセス
  • バンコク市内からタクシーで1時間
  • 「スクンビット」から508番または511番バス

「クロコダイル・ファーム」の口コミ

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%84%8F%E8%A6%8B-%E9%A1%A7%E5%AE%A2-1977986/

ここで、バンコクの穴場観光スポット、「クロコダイル・ファーム」の口コミを3つ紹介していきます。

何度か訪れていますが、やはりおもしろいです。トラと写真が撮れたりワニや像のショーがあったり、ワニに餌をやったりと日本の動物園とは違う楽しみ方ができます。バンコクに訪れた際は、行くべきです

空いていて穴場です。クラブタイランドの前売り券を買ってお得でした。昔懐かしい動物園の雰囲気で 子どもたちを連れているのにちょうどいいお出かけスポットです。

タイムトラベルしたような空間に、見たこともない大きさのワニが沢山います。 ワニ釣りや、餌やりも迫力満点。 ワニのショーも楽しく見れました。 園内では、ワニだけでなく象やトラなどもいました。

口コミ出典:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g293916-d455812-Reviews-Samutprakan_Crocodile_Farm_and_Zoo-Bangkok.html

「クロコダイル・ファーム」の、ワニのショーや迫力に満足したという口コミが多かったです。

また、ワニだけでなくトラとの記念撮影や、ゾウのショーも楽しめたという評判もあります。施設はワニが中心ですが、他の動物も見られるため、動物園といってもいいでしょう。

一方で、施設内が廃れている雰囲気があり不衛生といったことや、一部の設備が閉鎖されていて遊べないといった口コミもありました。

「クロコダイル・ファーム」は、ワニの迫力や、トラやゾウといった動物を楽しむための観光地なため、多少の不備は割り切った方がいいでしょう。

スポンサーリンク

バンコクの穴場観光スポット②「ワット・パクナム」

https://www.thailandtravel.or.jp/wat-paknam/

続いて紹介する、バンコクの穴場観光スポットは「ワット・パクナム」です。2012年、前プミポン国王の72歳の誕生日記念に建造された、タイの中でも比較的新しい寺院です。

寺院にある黄金の4つの仏塔と、エメラルドグリーンの仏塔がある空間は、まるでプラネタリウムにいるかのような雰囲気を味わえます。

「ワット・パクナム」の、幻想的な雰囲気がSNSで話題を集め、バンコクの穴場観光スポットとして、人気沸騰中です。

ちなみに、千葉に「ワット・パクナム日本別院」があります。日本でタイ文化が味わえるスポットとして、人気があります。

ワット・パクナムの情報
所在地Pak Nam Alley, Pak Khlong Phasi Charoen, Phasi Charoen, Bangkok
入場料無料
営業時間8:00~18:00
アクセス
  • BTS「タラート・プル駅」下車後、2番出口にある乗り合いバス、「ワット・パクナム」行きソンテウ乗車
  • BTS「タラート・プル駅」からタクシーで10分

「ワット・パクナム」の口コミ

https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-3699978/

ここで、バンコクの穴場観光スポット、「ワット・パクナム」の口コミを3つ紹介していきますね。

フォトジェニックツアーの1つ目の場所。寺院に入る時は露出を控えた方が良いです◎

靴を脱いで入り、エレベーターで上に上がります。降りて振り返ると、とても幻想的な世界が。鳥肌が立ちます!インスタ女子にもおススメです♪

白い大仏塔の、最上階へ。見上げれば、小宇宙。吸い込まれそうな天井画に、言葉を失う。クリスタルの仏舎利塔が、これまた美しいこと。

塔のてっぺんから、天へ光が出ているのか、塔のてっぺんに、天から光が降りてきているのか。仏舎利塔と天井画の一体感が、とても神秘的。

腰をおろして、しばし瞑想。心がほぐれ、何とも言えない充実感が得られる。

タイは仏教国そんなタイで、最も仏教の世界観が感じられる場所だと思います。

1~3階に、様々な仏像や寺で使用されていた道具が展示され、4階には、仏塔と天井画が….とても幻想的で、暫し座りこんで眺めていました。

ちなみに、願い事を念じながら、塔の周りを3回回ると、ご利益があるそう

口コミ出典:https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g293916-d7913913-r541654719-Wat_Pak_Nam-Bangkok.html

寺院にある、エメラルドグリーンの仏塔が幻想的な雰囲気で良かった、という口コミが多かったです。また、インスタ映えすることから、写真撮影スポットとしても人気があります。

「ワット・パクナム」は仏塔に目が向けられがちですが、1F~3Fで展示されている、タイ文化にまつわる芸術品や仏像も見応えがある、という口コミがありました。

なお、日本人観光客から人気のあるスポットで多くの観光客が訪れるため、マナーの悪さが問題視されています。

神聖な寺院のため、「ワット・パクナム」へ訪れた時には、静かに拝観しましょう。

タイの寺院では、ショートパンツやキャミソールといった肌を露出した服装は禁止とされています。寺院へ訪れる時には、長袖のシャツやジーンズといった露出を控えた服装にしましょう。

スポンサーリンク

バンコクの穴場観光スポット③「ルンピニー公園」

https://pixabay.com/ja/photos/%E5%85%AC%E5%9C%92-%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%8B%E3%83%BC-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%82%AF-2693078/

次に紹介する、バンコクの穴場観光スポットは「ルンピニー公園」です。バンコク市内にある、数少ない広大な公園です。

「ルンピニー公園」は、都会のオアシスとして知られていて、地元の人たちから憩いの場として愛され続けています。

公園に自然が多く残っているため、30種類以上の野鳥が生息し、バンコク中心地にあるバードウォッチングエリアとしても人気があります。

早朝に、朝限定のタイ料理の屋台が公園一帯に建ち並び、おいしい朝ご飯が食べられます。「バミー」といったタイ料理だけでなく、本格的なクロワッサンが食べられるパン屋もあるので、寄ってみてはいかがでしょうか。

ルンピニー公園の情報
所在地ถนนพระรามที่ ๔ Lumphini, Pathum Wan District, Bangkok
アクセス
  • BTS「サラデーン駅」から徒歩5分
  • BTS「ラチャダムリ駅」から徒歩10分
  • 地下鉄「シーロム駅」または「ルンピニ駅」から徒歩5分

「ルンピニー公園」の口コミ

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3-2888794/

ここで、バンコクの穴場観光スポット、「ルンピニー公園」の口コミを3つ紹介していきますね。

バンコク中心部にあるのがルンピニー公園です。早朝にバンコクに着いたため、ホテルチェックインができず、こちらを散歩してみました。

朝食用の屋台が出ていたり、ジョギングする人で、平日の朝ですが活気がありました。

半面、公園ののどかさもあって、大都市のど真ん中にあるにしては、喧騒もほとんどなく静かでした。

ホテルからエラワンの前を通ってルンピニ公園に行きました。大きな池のある緑豊かな公園で中に入ると都会の喧騒を忘れることができました。

スワンボートなどもあり、時間があったらのんびりしてみたいと思いました。

ジョギングに勤しむ人、ベンチで語り合っている老人、など現地の人の憩いの場になっています。 思っていたよりも緑が多く、バンコクの喧騒に疲れたら立ち寄るにいいところと思いました。

池にはかなり大きなトカゲも住んでいるので観察してみると面白かったです。

口コミ出典:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g293916-d456170-Reviews-Lumpini_Park-Bangkok.html

「ルンピニー公園」は、バンコクの都会のオアシスとしてゆっくりできたという口コミが多かったです。

また、早朝の屋台が人気のため、朝に来ることをおすすめする口コミもありました。

ちなみに、公園内には、ミズオオトカゲという市民に愛されているトカゲが公園内に生息しています。人に危害を加えない大人しいトカゲのため、危険ではありません。

バンコクの喧噪から離れて、ちょっと一息つきたい時におすすめできるスポットです。

バンコクの穴場観光スポット④「ラチャダー鉄道市場」

https://www.thailandtravel.or.jp/train-night-market-ratchada/

次に紹介する、バンコクの穴場観光スポットは「ラチャダー鉄道市場」です。バンコクにあるナイトマーケットの中でも、2015年にオープンした比較的新しい市場です。

「ラチャダー鉄道市場」は、バンコクの若者に人気の市場で、夜になると活気溢れる雰囲気を堪能できます。

市場には約1,000店舗以上のお店があり、雑貨やファッション、飲食店、理髪店など、様々なお店が軒を連ねています。

特に、隣接するショッピングセンターや、「ESPLANADE(エスプラネード)」駐車場4Fから眺められる絶景が、写真撮影スポットとして人気沸騰中です。

ラチャダー鉄道市場の情報
所在地Ratchadaphisek Rd, Din Daeng, Bangkok
営業時間17:00 ~ 1:00
アクセス「タイラント・カルチュアル・センター駅」から徒歩5分

「ラチャダー鉄道市場」の口コミ

https://pixabay.com/ja/illustrations/%E8%A6%AA%E6%8C%87-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%A2%BA%E8%AA%8D-3150402/

ここで、バンコクの穴場観光スポット、「ラチャダー鉄道市場」の口コミを3つ紹介していきますね。

フード屋台以外にも雑貨やアンティーク、ファッション、そして理髪店まであります。 レトロ調のオシャレなお店は人気です。 お隣のエスプラネードの駐車場から眺める鉄道市場もおすすめ。

食べものは屋台豊富で食べ歩きから腰を据えて食べるお店までバラエティー豊か、値段はそんなに高くないと思います。

商店についても賑やかでタイのナイトマーケットを楽しめました。市場反対側の駐車場から撮影できる市場の様子はインスタ映え必至!たくさんの人が汗かきながら階段を登って写真撮影してました。

以前からあったそうですがラチャダーピセークの再開発で更にパワーが増した気がします。ひしめく店舗と雑多な売り物でカオス度がたまらないナイトマーケットです。

口コミ出典:https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g293916-d4322781-Reviews-Train_Night_Market-Bangkok.html

市場の夜景が絶景で、写真撮影に打ってつけであることや、インスタ映えするといった口コミが見られました。

絶景以外にも、屋台の種類が豊富であることや、お店のレトロな雰囲気が良いという口コミもありました。商品の価格が安いといった声もあり、リーズナブルに食事や買い物を楽しめます。

一方で、スコールの時には閉店するお店もあり、ライトが消えてしまい、絶景が見られない場合があります。市場のお店を楽しむ前に、写真撮影をした方が良いという口コミもありました。

また、外国人観光客で市場がかなり混むので、お店を楽しみたいなら混雑覚悟で行ったほうがいいでしょう。

バンコクの穴場観光スポット⑤「キャべジズ&コンドームズ」

最後に紹介する、バンコクの穴場観光スポットは「キャベジズ&コンドームズ」です。その名の通り、店内のあちこちにコンドームが展示されている、奇抜なレストランです。

一見、ふざけているのかと思ってしまいますが、エイズ撲滅を目的とした意図があり、コンドームを展示しているのです。

奇抜なレストランとは裏腹に、店内は洋風な作りとなっていて、オシャレな雰囲気を味わえます。

レストランでは、「タイ式かた焼きそば」(170バーツ)や、「ポークのバジル炒め」(190バーツ)といったタイ料理が楽しめますよ。

キャベジズ&コンドームズの情報
所在地10 Sukhumvit 12 Alley, Khlong Toei, Bangkok
営業時間11:00~23:00
アクセスBTS「アソーク駅」から徒歩10分

「キャべジズ&コンドームズ」の口コミ

https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8C%87-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%A2%BA%E8%AA%8D-3530353/

ここで、バンコクの穴場観光スポット、「キャベジズ&コンドームズ」の口コミを3つ紹介していきますね。

館内は使用済みのコンドームをあちこちに飾り付けており思わず笑ってしまう。メニューはタイ料理がメイン。1990年代から名前が知られた老舗であるだけに味のほうは折り紙つき。

アソーク駅から歩いて行きました。ちょっと分かりづらい場所ですがグーグルマップで安心して行くことができました。落ち着いた店内で美味しいタイ料理をいただきました。

トイレの入り口と出口が間違えやすく何時の間にか外の席へでてしまいました。

コンドームの啓蒙の為の展示も興味深くいろんなグッズも可愛くて面白かったです。精算のあとレシートと一緒にコンドームを渡されます。

駐在員に連れて行ってもらいました。ASOK駅から少し歩いたところにありますね。

エイズ撲滅ということでコンドームが至る所にあったり、帰りに配ってたりと少し変わっておりますが、タイ料理については普通のメニューが多いです。味もおいしくてタイ料理を楽しむのにいいですね。

口コミ出典:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d983669-Reviews-Cabbages_Condoms-Bangkok.html

口コミを見てみると、店内の内装にあるコンドームがいたる所にあって、面白いレストランだったという声が多かったです。

料理の味については、美味しいという声や、普通の味で落ち着く、といったおおむね高評な口コミが多いです。奇抜な雰囲気とは裏腹に、タイ料理を楽しめるレストランとしても人気があります。

一方で、普通の味にも関わらず、料理の値段がタイにしては高い、といった口コミもありました。

「キャベジズ&コンドームズ」は、奇抜な雰囲気をメインに楽しめるタイ料理店、と考えた方がいいでしょう。

バンコクの穴場観光地まとめ

ここまで、バンコクの穴場観光地を5つ紹介していきました。内容をまとめますと、以下の通りです。

スポット名特徴
①クロコダイル・ファーム多くのワニが飼育されている大規模な施設
②ワット・パクナムエメラルドグリーンの塔が人気の寺院
③ルンピニー公園バンコク市内にある、緑豊かな公園
④ラチャダー鉄道市場夜景が綺麗なナイトマーケット
⑤キャベジズ&コンドームズ店内にコンドームを展示している、奇抜なレストラン

バンコクで定番の観光地だけでなく、穴場のスポットも楽しみたいなら、どれもおすすめできる場所です。

もし、バンコクの旅行で疲れてしまったら、「ルンピニー公園」でゆっくりしてみてはいかがでしょうか。都会のオアシスとも呼ばれているので、緑豊かな自然に癒やされますよ。

やすたび

この記事で紹介した、バンコクの穴場観光地へ行ってみて、定番とは違った海外旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

ふぉむ

介護職員兼、個人事業主として活動中です。 出勤前、帰宅後、休日の時間に月10記事から20記事をメドに(1記事あたり文字数平均3,000~4,000字)納品しています。得意なことは①SEOライティング②納期厳守③ジャンルに合わせた記事執筆です。以下は記事を掲載しているメディアです。 ①Cuterest(芸能) ②やすたび(観光) ③DEBIT INSIDER(金融) ④ルアナ占い(占い) ⑤高級家具.com(インテリア) ⑥エグゼクティブナビ(転職) 水族館の情報サイト「ふぉむすい」を運営中です。 Google検索上位表示の記事多数。 水族館とwebライティングをこよなく愛するお魚さん。