【徳島県】雨の日でも楽しめるオススメ観光地を9つ紹介!

せっかく徳島県に旅行に来たのに雨が降ってしまうと、屋外の観光は中止になってしまうことがありますよね。

でも、そんな雨の日でもきちんと楽しみたい!そんな方にオススメの雨の日でも楽しめる観光地を9つまとめて紹介します。

当日急に予定を変更しないといけなくて、どこに行ったらよいか悩んでいる方などいれば、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【阿波踊り会館】徳島の伝統を体感しよう!

徳島県と言えば、伝統的な阿波踊りがありますよね。「阿波踊り会館」では屋内で阿波踊りの実演をしてくれるので、雨の日でも鑑賞することができます。

本来は、夏に行う踊りですが、阿波踊り会館では一年中見ることができますよ。最後は観光客も踊りに参加することもできて、子どもから大人まで一緒に楽しめますよ。

阿波踊りの実演を鑑賞するだけでなく、「阿波おどりミュージアム」に入ってみるのもおすすめです。300円の入場料で、阿波踊りの歴史と文化を勉強することができます。

また、お土産屋さんの「あるでよ徳島」は充実した品ぞろえで、ここに来れば徳島県の大体のお土産が揃うので、観光にも買い物にももってこいですよ。

  • 【阿波踊り会館】
  • 住所:徳島県徳島市新町橋2-20「あるでよ徳島」
  • 電話:088-611-1611
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 定休日:6月、10月、2月の第2水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 料金:無料
  • ※阿波おどりホールの公演の入場料/大人800円、小・中学生400円
  • ※公演スケジュール/<毎日>1日4回公演(11:00、14:00、15:00、16:00)
スポンサーリンク

【徳島城博物館】歴史好きにオススメ。雨の日の観光スポット!

徳島城は、日本100名城のひとつで代々蜂須賀家が城主としてきたところです。徳島中央公園にある「徳島城博物館」には、徳島藩藩主の蜂須賀家の歴史に関するものが中心に展示されています。

タイミングが良ければ、ボランティアの方の詳しい解説を聞きながら見学することができます。かなりマニアックな話が聞けるので、歴史に興味のある人なら楽しめると思いますよ。

また、博物館に入れば外には立派な庭園があり、しかも無料で見学ができます。雨の日でも、中から庭園の風景を眺めて風情を感じることができるオススメの観光スポットです。

  • 【徳島城博物館】
  • 住所:徳島県徳島市徳島町城内1-8
  • 電話:088-656-2525
  • 営業時間:9:30~17:00(入場時間は午後4時30分まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は開館),祝日の翌日(日曜・祝日の場合は開館),年末年始(12月28日から1月2日),館内燻蒸作業(6月4日から7日),特別展開催準備(10月18日),年末12月28日~12月31日
  • 料金:大人300円、高校生・大学生200円、中学生以下無料

【徳島県立博物館】徳島県と四国の歴史を学べる!

「徳島県立博物館」は、文化の森公園の中にある文化財の複合施設の一部です。県立美術館も隣接しています。

博物館では、恐竜展や昆虫展のイベント開催が頻繁に行われていたり、徳島県だけなく四国のなりたちの歴史を学ぶことができたり、子どもから大人まで楽しめますよ。

また、2019年で60周年を迎えることもあって、特別陳列もよく開催されており、リニューアルも進んでいます。今まで来たことのある方も、もう一度足を運んでみると良いかもしれません。

一階には、レストランがあり地元の味を楽しむことができますし、アートショップには、他のお店には置いていないような個性ある作品が置いてありますよ。

  • 【徳島県立博物館】
  • 住所: 徳島県徳島市八万町向寺山(文化の森総合公園)
  • 電話:088-668-3636
  • 営業時間:9:30~17:00
  • 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は開館し、その翌日が休館),年末始(12月29日~1月4日)
  • 料金:一般200円、高校生・大学生100円、小・中学生50円
  • ※祝日・振替休日は,来場者すべて常設展観覧料は無料
スポンサーリンク

【徳島県立阿波十郎兵衛屋敷】徳島観光ならココは外せない!

芸どころ徳島では、人形浄瑠璃は阿波踊りと並んで有名です。「徳島県立阿波十郎兵衛屋敷」では、人形浄瑠璃の公演が1日2回あり、入場料だけで見ることができます。

人形浄瑠璃の逸話がよくわからない人でも、その紹介ビデオや展示室などを見て、説明を受けることができます。

また、職員の方が1対1の対応をしてくれて、人形を動かす体験コーナーもありますので、子どもから大人まで楽しめますよ。

プロが動かす人形の動きは、テレビでは伝わりきれないぐらいの、まるで生きているかのようなものです。徳島県に観光に来た際には、人形浄瑠璃の文化も学んでいかれることをオススメします。

  • 【徳島県立阿波十郎兵衛屋敷】
  • 住所: 徳島県徳島市川内町宮島本浦184
  • 電話:088-665-2202
  • 営業時間:9:30~17:00(7月1日~8月1日は18:00まで)
  • 定休日:12月31~1月3日
  • 料金:一般410円、高校生・大学生310円、小・中学生200円

【大塚国際美術館】雨でも晴れでも徳島観光ならココも外せない!

徳島県の観光に来たらと、晴れの日でも雨の日でも、この「大塚国際美術館」にぜひ足を運んでみてください。世界中の名画が、地下3F~2階まで歴史の古い順番から並んでいます。

一つ一つの作品をじっくり鑑賞するとなると、1日かけてようやく全部見ることができるくらいとても広い美術館です。レストランもおしゃれで昼食をとることもできます。

この美術館は、作品に触れてもOK、写真撮影もOKなので、子どもから大人まで楽しめますよ。

基本情報
  • 【大塚国際美術館】
  • 住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1(鳴門公園内)
  • 電話:088-687-3737
  • 営業時間:9:30~17:00(入館券の販売は16:00まで)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日、7・8月は無休)、正月明けに連続休館あり
  • 料金:一般 3,160円 大学生2,140円 小中高学生530円
スポンサーリンク

【鳴門市ドイツ館】雨でも学べる!ドイツと徳島の歴史。

「鳴門市ドイツ館」には、第一次大戦でドイツ人捕虜が収容された坂東収容所について展示がされています。この板東収容所では、捕虜となったドイツ兵約1,000人が収容されていた歴史があります。

ドイツ兵捕虜たちの生活や、板東の人たちとの交流の記録が多彩な資料とジオラマで展示されており、ドイツと徳島の関わりを学ぶことができます。物販店では、ビール、ビスケットなどドイツの商品が置いてあります。

また、クリスマスの時期には、コンサートやワークショップ、こども鉄道の運転などイベントが開催されるため、家族連れでも楽しめますよ。

  • 【鳴門市ドイツ館】
  • 住所:徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2
  • 電話:088-689-0099
  • 営業時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:第4月曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 年末12月28日~12月31日
  • 料金:大人400円、小中学生100円

【大鳴門橋架橋記念館エディ】雨の日の観光でも渦潮を感じよう!

徳島県には、鳴門市と淡路島をつなぐ大鳴門橋があります。その大鳴門橋のそばにある「大鳴門橋架橋記念館エディ」では、大鳴門橋の建設の様子、仕組み、渦潮のメカニズムなどを楽しみながら勉強することができます。

バーチャルリアリティー技術やハイビジョン映像を使ったシュミレーションゲームで、鳴門海峡を自転車で渡ったり、渦潮を疑似体験するなど多くのアトラクションがあります。

子供が楽しめそうな体験型のコーナーが揃っているので、家族連れには特にオススメの観光スポットです。また、雨に濡れずに堪能できるのも魅力ですね。

  • 【大鳴門橋架橋記念館エディ】
  • 住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
  • 電話:088-687-1330
  • 営業時間:9:00~17:00(入館はいずれも30分前まで)
  • ※ゴールデンウィークとお盆期間は8:00~18:00まで
  • ※夏休みは、9:00~18:00まで
  • 定休日:無休
  • 料金:大人620円、中高生410円、小学生260円

【日和佐うみがめ博物館カレッタ】雨の日の観光でも癒されよう!

日和佐には、カメが上陸して産卵する砂浜があります。ここにやってくるアカウミガメを学名でカレッタと言います。「日和佐うみがめ博物館カレッタ」は、ウミガメに特化した日本全国で見ても珍しい博物館です。

「日和佐うみがめ博物館カレッタ」では、ウミガメの赤ちゃんに会うことができるため、他の水族館にはなかなかない特徴ですよ。

博物館では、カメのはく製や実際に泳ぐカメを見ながら、カメの進化の過程や生態など、楽しく勉強できます。

ウミガメだけではなく、たくさんの種類のカメを観察することができます。子供だけでなく大人も見て癒されるオススメスポットです。徳島に来た際はぜひ立ち寄りたいところです。

  • 【日和佐うみがめ博物館カレッタ】
  • 住所:徳島県海部郡美波町大浜海岸370-4
  • 電話:0884-47-1110
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:毎週月曜日(祝辞の場合はその翌日)12月29日~31日
  • 料金:大人610円、中高生500円、小学生300円

【あすたむらんど徳島】雨の日でも楽しめる大型観光施設!

関西圏からも近く、低コストで遊べる大型テーマパークとして「あすたむらんど徳島」があります。駐車場は広く、入園すること自体は無料です。

科学館やプラネタリウム、四季彩館、体験工房、アスレチック広場など種類豊富な設備が整っており、全ての施設を利用しても2,000円程度で済ますことができます。

雨の日でも、クオリティの高いプラネタリウムは生解説もあって、神秘的なムードを楽しめます。家族連れで訪れても丸一日楽しめる場所です。

  • 【あすたむらんど徳島】
  • 住所:徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22
  • 電話:088-672-7111
  • 営業時間:9:30~17:00(7月1日~8月31日は18:00まで)
  • 定休日:水曜日 (祝日の場合は翌日、8月12~15日の水曜日は除く)
  • 料金:こども科学館の場合、一般510円、小・中学生200円、小学生未満無料

雨の日でも楽しめる徳島県の観光地まとめ

雨の日でも楽しめる徳島県の観光地を9つ紹介しました。徳島県には阿波踊りや人形浄瑠璃などの伝統芸能やドイツ館や徳島城など歴史を学ぶことができるところがありましたね。

また、博物館や美術館などの自然や芸術に触れることもできますし、アミューズメント施設もあって、幅広い楽しみ方があるのが徳島県です。

せっかく観光に行った日が雨だったとしても、今回ご紹介した場所なら十分に楽しめるはずです。家族での旅行やデートを有意義に過ごすことができるよう、ぜひこの記事を参考してみてくださいね。

徳島といえばココ!絶対訪れたい有名観光地9選

2019年8月5日

ABOUTこの記事をかいた人

ひろき

作業療法士として、発達障がい児に対する療育を仕事にしています。調査データや研究結果を引用して、できるだけ根拠に基づく記事執筆をモットーにしています。客観性を大切にしつつ、読者に寄り添った記事を書くように心がけています。