【新潟】雨の日は傘を差さずに観光!屋内のスポットを9つ紹介!

「せっかくの新潟旅行なのに、雨の予報・・・。傘を差しながらの観光は億劫だな」

雨の日の新潟旅行、傘を差しながらの観光は嫌というそこのあなた!そんな時は、屋内の観光施設に行くのがおすすめですよ。

そこで、当記事では雨の日でも楽しめる屋内の観光地を9つ紹介します。新潟旅行に行かれる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/人-少し-少年-子ども-子-731165/

スポンサーリンク

雨の日でも安心!新潟の特産品が買える「にぎわい市場」

にぎわい市場は、新潟の特産品を購入することが出来る市場です。新鮮な野菜や魚、お肉、日本酒などが揃っていますよ。

様々な特産品を1度に買い物出来るのは嬉しいですね。当施設は屋根が付いているので、雨の日でも安心です。

さらに4月の下旬から11月の上旬までは、手ぶらでBBQも楽しめます!

食材は市場の中から好きなものを選べるので、新鮮な食材でBBQを行えますよ。屋外テントがあるので、雨の日でも楽しめます。

基本情報
  • 【名前】にぎわい市場
  • 【住所】新潟県新潟市中央区万代島2
  • 【電話】不明
  • 【営業】9:00~22:00(店舗により異なります)
  • 【料金】入場無料(BBQは別途料金)
スポンサーリンク

雨の日はプラネタリウムで観光「新潟県立自然科学館」

新潟県立自然科学館は、「子供から大人まで誰もが自然や化学を楽しく学べる」ことを目指して建てられた施設です。

当施設は「自然の科学」「生活の科学」「不思議な広場」「新潟県の移り変わり」の、4つの展示エリアとプラネタリウムから成り立っています。

展示フロアは太陽系の模型やナウマンゾウの全身骨格、生き物のはく製などが展示してあります。その他にサイエンスショーなども開催しているので、飽きることなく過ごせますよ。

プラネタリウムはいくつかのプログラムを開催しており、そのうちの1つでは季節のアロマとともに音楽を聴きながらプラネタリウムを鑑賞出来ます。

基本情報
  • 【名前】新潟県立自然科学館
  • 【住所】新潟県新潟市中央区女池南3-1-1
  • 【電話】025-283-3331
  • 【営業】平日 9:30~16:30、休日 9:30~17:00
  • 【料金】大人:580円(+210円)、小中学生:100円(+100円)カッコ内はプラネタリウムの観覧料

マンガ好きにおすすめの観光地「新潟市マンガの家」

新潟市マンガの家は新潟ゆかりのギャグマンガ家の作品世界を再現しており、漫画の創作体験や読書を楽しめます。

新潟ゆかりのマンガ家やクリエイターの紹介、声優体験コーナー、マンガ制作講座などもありますよ。

その他にも「パタリロ!」などのキャラクターの等身大フィギュアや、おそ松くんのパネルなどもあるのでマンガ好きには堪らない空間です!

マンガの部屋では、絶版になっているマンガなど新潟ゆかりのマンガ家の作品を中心に1万点を読むことが出来ます。

基本情報
  • 【名前】新潟市マンガの家
  • 【住所】新潟県新潟市中央区古町通6-971-7
  • 【電話】025-201-8923
  • 【営業】11:00~19:00(水曜定休)
  • 【料金】無料
スポンサーリンク

雨の日は芸術に触れよう!「新潟市美術館」

出典:http://www.ncam.jp/about/surrounding/

新潟市美術館は、「政令市にふさわしい市民に開かれた個性あふれる美術館」をコンセプトに運営されている美術館です。

当美術館は近現代の美術品を中心に展示しているだけでなく、ギャラリーの貸し出しもしているのでタイミングによっては個展やグループ展も楽しめますよ。

その他にも美術講座や展示解説なども行っているので、美術に関して詳しくない人でも楽しめる工夫が盛り込まれています。

基本情報
  • 【名前】新潟市美術館
  • 【住所】新潟県新潟市中央区西大畑町5191-9
  • 【電話】025-223-1622
  • 【営業】9:30~18:00(月曜定休)
  • 【料金】大人:200円、高大生:150円、小中学生:100円

雨の日は新潟の酒造へ見学に行こう!「宝山酒造」

宝山酒造は、「越後一宮弥彦神社」の御神酒の醸造元である酒造です。1885年創業の歴史ある酒造であり、日本酒を販売しています。

宝山酒造では無料で酒造を公開しており、見学をしたあとは新鮮な日本酒を試飲出来ます。蔵元と直接お話も出来るので、日本酒好きの方や日本酒に興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

試飲をして気に入った日本酒があれば、お土産として購入するのも良いですね。

岩室駅からタクシーで約10分です。試飲をしたい方は、公共交通機関を利用するようにしましょう。

基本情報
  • 【名前】宝山酒造
  • 【住所】新潟県新潟市西浦区石瀬1380
  • 【電話】0256-82-2003
  • 【営業】見学午前の部9:00~11:30、午後の部13:00~16:30
  • 【料金】見学無料
スポンサーリンク

雨の日はお菓子工場へ行こう「新潟せんべい王国」

新潟せんべい王国は、お菓子作りの見学や体験が出来る施設です。

ばかうけが作られていく過程を小窓から見学することが出来るほか、新潟の米菓の歴史を学べる資料やミニチュア模型などもあります。

体験では、お絵かきせんべい焼き体験やばかうけ味付け体験などを行えますよ。

見学や体験を楽しんだあとは、お土産コーナーで限定のお菓子を買うのも良いですね。

基本情報
  • 【名前】新潟せんべい王国
  • 【住所】新潟県新潟市北区新崎2661
  • 【電話】025-259-0161
  • 【営業】9:30~17:00
  • 【料金】入場無料(体験は別途料金)

雨でも安心!複合施設型の観光地「越後妻有交流館キナーレ」

出典:http://kinare.jp/page_kinare.html

越後妻有交流館キナーレは温泉や美術館、カフェなどからなる複合施設です。

施設内には2つの温泉があり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わるようになっています。効能は疲労回復や肩こり、しもやけ、冷え性などですので、旅の疲れをリフレッシュするために入浴するのも良いですね。

入浴後は、食事を取れる休憩室や仮眠室、マッサージチェアがあるロビーなどで寛げますよ。

美術館では、バラエティーに富んだ現代アート作品を鑑賞することが出来ます。その他にも、様々な企画が定期的に行われるので、何度来ても飽きることはないでしょう。

基本情報
  • 【名前】越後妻有交流館キナーレ
  • 【住所】新潟県十日町市本町6
  • 【電話】025-752-0117
  • 【営業】温泉 10:00~22:00、美術館 10:00~17:00(水曜定休)
  • 【料金】温泉 大人:600円、小学生:300円、美術館 大人:800円、小中学生:400円

新潟の人気温泉9選!一度は行きたい名湯・秘湯を紹介

2019年5月8日

新潟駅構内にある観光地「ぽんしゅ館」

出典:https://www.ponshukan.com/kikizake

ぽんしゅ館は、越後湯沢駅の構内にある越後のお酒ミュージアムです。新潟県内にある90の酒造のお酒を揃えているので、まだ飲んだことのない日本酒と出会えますよ。

500円で5つの日本酒が飲めるシステムなので、たくさんの日本酒を味わってみたいという方に特におすすめです。

気に入ったものがあれば、販売コーナーで購入することが出来ます。ぽんしゅ館限定の商品もあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 【名前】ぽんしゅ館
  • 【住所】新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3
  • 【電話】025-784-3758
  • 【営業】9:00~19:00
  • 【料金】入場無料

彫刻を楽しめる観光地「西福寺」

出典:https://niigata-kankou.or.jp/spot/8332

西福寺は、室町時代後期の1534年に開かれたお寺です。歴史ある木造建築も見ごたえがありますが、1番の人気スポットは開山堂内外に彫られている石川雲蝶作の彫刻・絵画・漆喰細工です。

建物の天井に彫られた作品は、迫力があるので顔をあげながらつい見入ってしまいます。

日本のミケランジェロとも言われていた石川雲蝶の作品を鑑賞するために、観光してみるのも良いですね。作品は屋内にもあるので、傘を差さずに眺められますよ。

基本情報
  • 【名前】西福寺
  • 【住所】新潟県魚沼市大浦174
  • 【電話】025-792-3032
  • 【営業】9:00~15:40
  • 【料金】大人:500円、中学生:300円

雨の日でも楽しめる!新潟の観光地まとめ

雨の日でも楽しめる、新潟県内にある屋内の観光地を9つ紹介しました。新潟の食やお酒を食べたい・飲みたい方は、にぎわい市場や宝山酒造、ぽんしゅ館に行くのがおすすめです。

博物館や美術館に行きたい方は、新潟県立自然科学館や新潟市マンガの家、新潟市美術館、越後妻有交流館キナーレに行くと良いでしょう。

その他にも、新潟せんべい王国や西福寺などもありますよ。新潟の特産品を食べてみたり、普段は行かない博物館や美術館でゆっくり過ごしてみたり、思い思いの時間を過ごしてみてくださいね。

雨の日は肩の力を抜いて、のんびりと観光してみるのも良いですね。

新潟の人気観光地9選!長岡まつり花火大会以外の魅力も紹介!

2019年5月4日