【岩手】雨の日でも観光を楽しめる!傘が要らない屋内スポット9選!

「せっかくの岩手旅行なのに雨予報・・・。傘を差しながら観光地を回るのは億劫だな」

雨の日の観光は、傘を差しながらになるので大変ですよね。人の多い観光地だと、傘同士がぶつかることもあるので歩くのが億劫という方もいるのではないでしょうか。

そこで、当記事では雨の日でも楽しめる、岩手の屋内観光地を9つ紹介します。屋内観光地の他にも、動物園や洞窟など傘を差さずに楽しめる観光地も紹介するので、参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ブーツ-スプラッシュ-雨-774533/

スポンサーリンク

雨の日は童話の世界観に入れる観光地へ「宮沢賢治童話村」

出典:https://www.city.hanamaki.iwate.jp/miyazawakenji/dowamura/index.html

宮沢賢治童話村は、又三郎や山猫など宮沢賢治の作品のキャラクターたちが、今にも出てきそうな賢治童話の世界を楽しく学べる施設です。

施設内には宮沢賢治の作品をイメージした「賢治の学校」、作品の中に出てくる植物・動物・星・鳥・石に関する展示を行っている「賢治の教室」などがあります。

宮沢賢治の作品をイメージして作り込まれた空間と資料により、訪れることでより宮沢賢治の作品を学ぶことが出来るでしょう。

基本情報
  • 【名前】宮沢賢治童話村
  • 【住所】岩手県花巻市高松第26地割19
  • 【電話】0198-31-2211
  • 【営業】8:30~16:30
  • 【料金】大人:350円、高大生:250円、小中学生:150円
スポンサーリンク

雨の日でも動物園を楽しめる!「岩手サファリパーク」

出典:https://www.iwate-safari.jp/map

岩手サファリパークは、ライオンやゾウなど25種類の動物が暮らしている動物園です。当施設では、バスに乗りながら動物たちを見ていくので、雨の日でも楽しめますよ。

バスの中からはエサを与えることが出来るので、間近で動物たちを見られます!

その他にも「サルのふれあい広場」は室内になっており、珍しいサルを触ることも出来ますよ。

基本情報
  • 【名前】岩手サファリパーク
  • 【住所】岩手県一関市藤沢町黄海字山谷121-2
  • 【電話】0191-63-5660
  • 【営業】9:30~17:00
  • 【料金】大人:2,700円、3歳~小学生・65歳以上:1,500円、

貴重な史料を鑑賞できる観光地!岩手の「久慈琥珀博物館」

出典:http://www.kuji.co.jp/museum

久慈琥珀博物館は古くから琥珀採掘が行われていた久慈市にある、国内で唯一の琥珀専門博物館です。

当施設には、恐竜が生きていた白亜紀を再現したジオラマや琥珀の展示、琥珀を使用したモザイク画などがあります。

その他にも琥珀を触れたり、琥珀を敷き詰めた床の上を歩くことが出来ますよ。琥珀を鑑賞するだけでなく、身近に感じられます。

基本情報
  • 【名前】久慈琥珀博物館
  • 【住所】岩手県久慈市小久慈町19-156-133
  • 【電話】0194-59-3831
  • 【営業】9:00~17:00
  • 【料金】大人:500円、小中学生:200円
スポンサーリンク

雨の日は宇宙について学ぼう!岩手の観光地「奥州宇宙遊学館」

出典:http://uchuyugakukan.com/facilities/

奥州宇宙遊学館は、宇宙に関する資料などが展示されている施設です。展示物は、月や銀河に関するものや緯度観測所の歴史などがあります。

展示物以外にも、宇宙に関する3Dシアターや隕石に触れる部屋などがありますよ。

展示物を見終わったあとは、サイエンスカフェでお菓子を食べながらサイエンスの専門的な話を聞いてみるのも良いですね。

サイエンスの話はいつでも聞けるのか、イベント開催なのかは記載がありませんでした。気になる方は、1度問い合わせてみると良いでしょう。

基本情報
  • 【名前】奥州宇宙遊学館
  • 【住所】岩手県奥州市水沢星が丘2-12
  • 【電話】0197-24-2020
  • 【営業】9:00~17:00(火曜定休)
  • 【料金】大人:200円、小中高生:100円

世界文化遺産へ観光に行こう「中尊寺」

出典:http://www.chusonji.or.jp/know/konjikido.html

中尊寺は、2011年に「平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」の構成資産として世界文化遺産に登録された建物です。

多くの仏堂が失われる中、当施設は12世紀から残る唯一の建物であり、奥州藤原氏の巨大な富を反映している点が評価されて構成遺産となりました。

重厚に金箔を押された金色堂は、煌びやかで迫力があります。中尊寺の中でもとりわけ意匠が凝らされ、極楽浄土を表現したデザインは、建設された1124年ごろの工芸技術が集約されています。

基本情報
  • 【名前】岩手町立石神の丘美術館
  • 【住所】岩手県岩手郡岩手町五日市10-121-21
  • 【電話】0195-62-1453
  • 【営業】3月1日~11月3日 8:30~17:00 、11月4日~2月末日 8:30~16:30
  • 【料金】大人:800円、高校生:500円、中学生:300円、小学生:200円
スポンサーリンク

雨の日は親子で観光へ行こう「盛岡市こども科学館」

出典:http://kodomokagakukan.com/

盛岡市こども科学館は、「子供たちに科学する心を」をコンセプトにしている施設です。体感型展示物やプラネタリウム、サイエンスショー、科学体験コーナー、ワークショップなどを行っています。

ワークショップでは、プラスティック製のコップをキーホルダーにする体験などが出来ますよ。土日祝を中心に100円で開催しており、月によって内容も変わるので気になる方は調べてみると良いでしょう。

その他にも毎月第1土曜日限定で、ナイトミュージアムを楽しめます。ナイトミュージアムでは、プラネタリウムの上映や科学工作が行えますよ。

基本情報
  • 【名前】盛岡市こども科学館
  • 【住所】岩手県盛岡市本宮字蛇屋敷13-1
  • 【電話】019-634-1171
  • 【営業】9:00~16:30(月曜・毎月最終火曜定休)
  • 【料金】大人:200円(300円)、4歳~中学生:100円(100円)カッコ内はプラネタリウム料金

手紙を読める観光地⁈岩手の「盛岡てがみ館」

出典:http://www.mfca.jp/tegami/

盛岡てがみ館は、先人の書簡(てがみ)を中心に原稿や日記を収蔵している施設です。

宮沢賢治や後藤新平、金田一京助の書簡などが展示されていますよ。書簡を読むことで執筆者の知られざる素顔などを垣間見ることが出来るので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

展示物の他にも講座やワークショップなどもあります。(別途料金)くずし書きの解読講座や絵手紙講座など、様々な催しものが行われているので、気になるものがあったら参加してみるのも良いですね。

基本情報
  • 【名前】盛岡てがみ館
  • 【住所】岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-10プラザおでって6階
  • 【電話】019-604-3302
  • 【営業】9:00~18:00
  • 【料金】大人:200円、高校生:100円、中学生以下:無料(口座やワークショップは別途料金)

雨の日は全国発の水産専門の科学館へ「岩手県立水産科学館」

岩手県立水産科学館は、日本で初めての水産専門の科学館です。岩手のわかめ・アワビ・サケ・ウニ・ホタテの増養殖や漁法・漁具の紹介、三陸域に生息している魚介類のジオラマや水槽を展示しています。

その他にも標本や模型、映像なども見ることが出来るので、岩手県の水産について詳しくなれますよ。

普段見ることのない養殖や漁具について、勉強しに行くのも良いですね。

基本情報
  • 【名前】岩手県立水産科学館
  • 【住所】岩手県宮古市日立浜町32-28
  • 【電話】0193-63-5353
  • 【営業】9:00~16:30(月曜定休)
  • 【料金】大人:310円、大学生:140円、高校生以下:無料

日本三大鍾乳洞の1つ「龍泉洞」

出典:http://www.iwate-ryusendo.jp/about/viewmap/

龍泉洞は、山口の「秋芳洞」と高知の「龍河洞」と並ぶ日本三大鍾乳洞の1つです。

洞窟内の総延長は4,088mにもおよび、そのうち700mが見学可能です。まだ調査をしている段階であり、総延長は5,000m以上ではないかとも言われています。

洞窟内は青のLED照明が灯っており、神秘的な雰囲気を感じられますよ。

龍泉洞へ行くのにおすすめの時期は、冬です。雨があまり降らず水量が安定している冬の時期は、透明度の高い地底湖を鑑賞出来るのでおすすめです。

基本情報
  • 【名前】龍泉洞
  • 【住所】岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1-1
  • 【電話】0194-22-2566
  • 【営業】10月~4月 8:30~17:00、5月~9月 8:30~18:00
  • 【料金】大人:1,000円、小中学生:500円

雨の日でも楽しめる!岩手の観光地まとめ

雨の日でも楽しめる、岩手の観光地を9つ紹介しました。動物園に行きたい方は岩手サファリパークへ、歴史的建築物を鑑賞したい方は中尊寺へ、自然を楽しみたい方は龍泉洞へ行くのがおすすめですよ。

博物館や科学館などに興味がある方は宮沢賢治村や久慈琥珀博物館、奥州宇宙遊学館、盛岡市こども科学館、盛岡てがみ館、岩手県立水産科学館に行くと良いでしょう。

博物館や科学館では静かにしていなければならず、1日中回っていると友人や家族などと旅行に来ているのに会話が減ってしまいますよね。なので、岩手サファリパークや龍泉洞などを観光に絡めると良いですよ。

岩手の観光地9選!宮沢賢治ゆかりの地や定番スポットも紹介!

2019年4月22日