北海道から仙台に格安で移動する4つの方法を紹介!

北海道から仙台に行くにあたって、「できるだけ、交通費は抑えたい!」と考える方は多いと思います。浮いたお金で旅行を思いっきり楽しみたいですよね。

この記事では、北海道から仙台に行く安い方法を4つ紹介します。それぞれにかかる所要時間や運賃を比較しています。

仙台へ旅行に行く、仕事に行く方は是非参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/平面-航空機-離陸-空-50893/)

スポンサーリンク

北海道から仙台に格安で行く手段には何がある?

北海道と宮城県(仙台)は海を越えての移動になりますが、函館ー青森間の青函トンネルや北海道新幹線の開通により、移動手段の幅が増えました。

主な移動手段として、飛行機、新幹線、フェリー、自動車を利用することになります。

一口に北海道と言っても、誰もがご存知のように、広大な土地のため移動手段によって出発場所が異なります。

次の章からそれぞれの移動手段の料金と所要時間を述べていきますので、各自の旅行プランに合わせた方法を検討してみてください。

スポンサーリンク

【飛行機】北海道ー仙台の格安な移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/飛行機/

飛行機を利用する場合は、新千歳空港と仙台空港の間を移動します。

航空会社は、全日空(ANA)、日本航空(JAL)、ピーチ、エア・ドゥ、アイベックスの5社です。

どの航空会社の飛行機を利用しても、所要時間は1時間10分ほどです。

それぞれの航空会社の運賃と1日の本数を下記の表にまとめました。

航空会社運賃(大人・片道)1日の本数
全日空(ANA)7200円~7
日本航空(JAL)7500円~6
ピーチ5530円~3
エア・ドゥ7300円~2
アイベックス7600円~2

※運賃は最安値 (参照URL:https://skyticket.jp/ 2019年10月6日現在)

フルサービスを提供してくれる大手のANAやJALの料金は、平日のフライトで2、3か月前に予約した場合です。1か月前より遅い予約となると、運賃が10,000円を超えるものが多くなります。

1か月前などに予約するとなると、運賃のほとんどが1万円を超えてくるものが多くなってきます。

格安航空会社(LCC)の代表格とも言えるピーチは、1か月前でも5,000円台で予約できることが多いです。

なお、アイベックスの予約は搭乗の2か月前(62日前)の同一日9:30なので、他の航空会社よりも早めの予約ができないため注意が必要です。

例えば、12月1日のフライトを購入したい場合には

10月1日の9:30~からではないとアイベックスのフライト予約はできない

ただし、ピーチをはじめ、エアドゥやアイベックスなどのLCCは、基本的に払い戻しやキャンセルができないため、予約したら必ず利用するようにしましょう。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

新千歳空港へのアクセスで安い方法

新千歳空港へのアクセスは、札幌中心からであれば、札幌駅からJR鉄道を利用するのが、一番早くて安いです。快速電車が約15分おきに出発しており、所要時間は約37分、料金は大人1,150円、小人570円です。

もし、移動人数が多かったり、手荷物がたくさんであったりするのであれば、タクシーを前もって予約しておくのも一つの方法です。

事前に予約しておくこと(当日の2時間前までOK)で、自宅から空港までのタクシー移動を定額運賃で安く抑えることもできます。

例えば、北斗交通が提供する定額制タクシーであれば、自動車の定員をオーバーしなければ、何人乗っても一律の料金となります。

スポンサーリンク

【フェリー】北海道ー仙台の格安な移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/フェリー/

フェリーを利用する場合は、苫小牧西港と仙台港の間を移動します。

苫小牧港には、新日本海フェリーの発着所となる苫小牧東港と、太平洋フェリーの発着所となる苫小牧西港の2つがあるので注意しましょう。

料金は以下の表にまとめました。なお、1等インサイド以降の等級の高い旅客運賃は省略して示しています。

等級船舶
きそ・いしかりきたかみ
大人1名小人1名大人1名小人1名
2等8,500円4,200円
C寝台8,500円4,200円
B寝台10,600円5,300円10,600円5,300円
S寝台12,100円6,000円
エコノミーシングル12,700円6,300円
以下省略

※参照URL:http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/unchin/unchin01_a_3.htmlより一部改変(2019年10月6日現在)

おすすめは、「早割」を活用して運賃を半額にすることです。下記の運賃表のように、きそ・いしかりの船舶であれば、運賃の8,500円→4,100円に早割することができます。

乗船日2ヶ月前午前9:00~乗船日28日前までに「早割」を指定すれば、インターネット予約が可能です。

等級船舶
きそ・いしかりきたかみ
大人1名小人1名大人1名小人1名
2等4,100円2,000円
C寝台4,100円2,000円
B寝台5,200円2,600円5,200円2,600円
S寝台5,290円2,900円
エコノミーシングル6,200円3,100円
以下省略

【フェリー+乗用車】北海道ー仙台の格安な移動方法は?

仙台に到着してから、乗用車やオートバイで運転して移動したいという方もおられると思います。

船舶に乗用車を積むことは可能ですが、こちらの方は追加料金が発生します。ここも「早割」を活用して安く済ませることができます。

乗用車の種類別の通常運賃と早割運賃は、以下の表にまとめました。

車種通常運賃早割運賃
乗用車(5m未満)26,800円18,700円
乗用車(6m未満)26,800円(1m増す毎に+5,100円)22,300円
自転車2,600円1,800円
50cc以下4,300円3,000円
50cc超400cc以下7,300円5,100円
400cc超750cc以下1,000円7,000円
750cc超12,500円8,700円
側車付・三輪トライク14,200円9,900円
牽引BOX22,000円15,400円

※出典:http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/unchin/plan01_1.htmlより一部改変。2019年10月1日~12月25日までの適用期間

なお、太平洋フェリーの苫小牧西港ー仙台港の航行は、毎日行われており、苫小牧西港を19:00に出発の翌日10:00の仙台港到着となります。移動時間は約15時間です。

スポンサーリンク

苫小牧西港へのアクセスで安い方法

札幌駅前BTから苫小牧フェリーターミナルまでの高速バス(とまこまい号)があります。約1時間50分で1330円の運賃で移動することができます。

苫小牧西港からの仙台港行きのフェリーが毎日19:00に出航しているため、乗船時刻に間に合わせるためにも、15:00、または16:00発の札幌駅前BTの高速バスに乗車しましょう。

また、乗用車やオートバイで苫小牧西港まで移動し、その後フェリーに乗船する場合は、苫小牧西港フェリーターミナルの北側第2駐車場に止めることができます。1日最大料500円がかかります。

【新幹線】北海道ー仙台の格安な移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/新幹線/

所要時間は3時間ほどで、乗り継ぎなく新函館北斗駅から仙台駅に行くことができます。

運賃は、指定席で17,310円、グリーン車で23,650円ですが、新幹線のチケットは、回数券を購入すると少し料金が安くなります。

また、最寄りの金券ショップを利用することで、チケットを安く購入することもおすすめです。金券ショップでは、回数券や切符だけでなく株主優待券の購入ができます。

株主優待券を利用すると、JR各社により異なりますが、JR東日本で乗車券と特急券が2割引きになります。

新函館北斗駅へのアクセス・安い方法

新幹線は、函館近郊までしか開通していません。そのため、新幹線に乗車する際には新函館北斗駅まで移動する必要があります。

札幌駅から新函館北斗駅まで乗用車で移動すると、高速道路を使用して、3時間半ほどかかります。また、電車で移動となると、スーパー北斗で同じく3時間半ほどかかり、運賃は概算で9,000円です。

札幌周辺から新函館北斗駅まで移動すると、お金も時間もかかってしまいますので、札幌周辺に住んでいる方は、飛行機かフェリーでの移動の方が効率が良いです。

函館に住んでいる方は、飛行機よりも安く移動できる新幹線を利用できるので、新幹線を利用しましょう。

【乗用車】北海道ー仙台の格安な移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/車/

残念ながら、乗用車だけで北海道から仙台に行く方法はありません。

青函トンネルには、線路は敷かれていますが道路はありません。そのため、青森県と函館を結ぶ青函フェリーに乗用車を載せて海を渡ることになります。

青函フェリー運賃と乗用車の種類別の運賃は以下の表にまとめています。

種別10~5月6~9月
大人(12歳以上)1,620円2,040円
小人(小学生)810円1,020円

※大人1名に同伴する未就学児は1名まで無料。未就学児が2名以上同伴する場合には、追加1名ごとに小人料金が課せられます。

車種10~5月6~9月
乗用車(4m未満)13,040円16,300円
乗用車(5m未満)14,670円18,330円
乗用車(6m未満)16,300円20,370円
自動車810円1,020円
原動機付き自動車1,620円2,040円
750cc以下のバイク2,440円3,060円
750cc以上のバイク3,260円4,070円
サイドカートライク6,520円8,150円

※6m以上の車両に関しては、個々の大きさに応じた運賃があります。

※参照URL:http://www.seikan-ferry.co.jp/fare/より一部抜粋

青函フェリーの運行時間は約4時間です。1日8便が運航されています。

安い時期に行くのもおすすめ!北海道ー仙台の安い時期は?

北海道から仙台まで格安で行ける手段を紹介しましたが、旅行に行く時期を調整できるなら安い時期に行くのもおすすめです。北海道と仙台間の安い時期は、以下の通りです。

  • 1月中旬〜2月下旬
  • 5月中旬〜6月下旬
  • 11月上旬〜12月中旬

上記3つの時期が比較的、公共交通機関もホテルも安くなりますよ。反対にGWと年末年始は毎年高くなります。

また、北海道は7月〜9月が旅行シーズンですので、北海道を発着する飛行機はこの時期も高くなります。旅行の日程を調整できるなら、この時期は避けた方が良いでしょう。

安く移動したいなら格安予約サイトを使おう!

仕事の都合があり、中には安い時期に旅行に行けない人もいますよね。そんな人には、格安予約サイトで飛行機を予約するのがおすすめです。

予約サイトが一括で座席を予約しているので、公式サイトで予約をするよりも安くなる可能性が高いですよ。

複数の格安予約サイトがあり、扱っている航空券はサイトによって様々です。なので、今回は人気格安予約サイトである「スカイチケット」が扱っている航空会社を紹介しますね。

スカイチケットが扱っている航空会社
  • ANA
  • JAL
  • AIR DO

スカイチケットが扱っている航空会社は、上記3つです。格安予約サイトによって、扱っている航空会社や料金が異なるので、複数のサイトを確認するのがおすすめです。

格安予約サイトがたくさんあって、どれを確認すれば良いか分からないという方は以下の記事を参考にしてください。おすすめなサイトを3つ紹介しています。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

北海道から仙台への格安な移動方法のまとめ

私がおすすめする一番安い移動手段は、飛行機です。格安航空会社(LCC)を予約するリスクは多少ありますが、1時間ほどの移動を5000円台で済ますことができるのは魅力的です。

また、フェリーによる移動は、運賃が安いだけでなく、航海の旅を満喫でき、また船内のレストランやお風呂を楽しむこともできます。

飛行機、フェリー、新幹線、乗用車のそれぞれにかかる料金と所要時間などを踏まえながら、皆さんの旅行プランにあった移動手段を検討してみてください。