元県民がおすすめする広島県の魅力的な観光地9選!

中国地方の中心地、広島県。関東に住んでいても、旅行で広島に行くという話は割と聞きます。

東京から新幹線で4時間ほどかかりますが、そんな時間とお金をかけても充分満足できるほどの観光名所を備えていることは確かです。

今回は広島県に9年間ほど住んだ経験のある筆者が、数ある魅力的な観光地の中でもさらに魅力的な、おすすめできる観光地を9つ、お伝えいたしましょう。順番はおおよそ西から東へとなっております。

(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%A4%A7%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%88-%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E6%97%A5%E6%9C%AC-3970153/)

スポンサーリンク

広島のおすすめ観光地①宮島(厳島神社)

広島のすぐ下、瀬戸内海に浮かぶ宮島には、広島の世界文化遺産ひとつめ、厳島神社があります。広島市の西、甘日市市に所属しています。

O-鳥居, 厳島神社, 神社, 宮島, 鳥居, 日本, ランドマーク, 有名な, 文化, 観光

出典:https://pixabay.com/ja/photos/o-%E9%B3%A5%E5%B1%85-%E5%8E%B3%E5%B3%B6%E7%A5%9E%E7%A4%BE-%E7%A5%9E%E7%A4%BE-%E5%AE%AE%E5%B3%B6-3970134/

基本情報
  • 住所:広島県廿日市市宮島町1-1
  • アクセス:宮島口からフェリーで約10分(フェリーの詳しい情報はこちら

知っている方も多いと思いますが、写真にある通り、海上にそびえ立つ鳥居が象徴的です。

干潮の際には海水が引くので、鳥居のふもとまで歩いていくことができます。

また、宮島の特徴として、シカが大量にいることが挙げられます。奈良公園と同じく、彼らは人を全く恐れることなく、島の中を悠々と歩いています。

餌をあげることはできませんが、ふれあいは充分可能です。動物好きな人は愛でてあげましょう。逆に苦手な人は少し怖いかもしれません・・・。

スポンサーリンク

広島のおすすめ観光地②平和記念公園(原爆ドーム)

悲愴な戦争時代を思い起こし、現代の平和のありがたみを感じるところ、平和記念公園。広島市内にあります。

基本情報
  • 住所:広島県広島市中区大手町1-10
  • アクセス:JR広島駅からバスまたは路面電車で約15~20分

1945年の原子爆弾投下により甚大な被害を受けた広島ですが、二度とそのような戦争が起こらないようのとの願いを込めて、平和記念公園は作られました。

毎年原爆が投下された8月6日には、ここで平和記念式典が行われています。

日本, 広島, 桜の花, さくら, 原爆ドーム, 平和, 桜

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E5%BA%83%E5%B3%B6-%E6%A1%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1-%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89-689056/

公園の中にある原爆ドームは、これまた世界文化遺産に登録されており、当時の被害状況をそのまま表しています。

同じく園内にある広島平和記念資料館も、被爆者の蝋人形を置くなど、見ごたえのあるものとなっています。

広島県の小学生は、社会科見学等で少なくとも1回は訪れ、平和について学ぶというのが恒例です(彼らにとって資料館の蝋人形は少しトラウマ)。

広島のおすすめ観光地③マツダスタジアム

正式名称は「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」。プロ野球の「広島東洋カープ」の専用スタジアムです。同じく広島市内にあります。

基本情報
  • 住所:広島県広島市南区南蟹屋2-3-1
  • アクセス:JR広島駅から徒歩約10分

試合が行われている時間は、真っ赤なカープファンが座席を埋め尽くします。圧巻ですね。

筆者はここで試合を観戦したことはありませんが、カープファンである友人は頻繁に通って応援を繰り返してます。野球好きの人は必見ですね。

こちら↓のサイトでは、なぜか球場の満足度ランキングで一位に選ばれたことが紹介されています。それだけ設備がしっかりしているのでしょうか。

【2019】満足度の高いプロ野球球場ランキング

スポンサーリンク

広島のおすすめ観光地④安佐動物公園

動物好きの人にはぜひ訪れていただきたいのが、広島市にある安佐動物公園です。

基本情報
  • 住所:広島県広島市南区南蟹屋2-3-1
  • アクセス:JR広島駅からバスで約50分
  • 入園料:大人510円、高校生・65歳以上170円
  • 休園日:毎週木曜日(祝日を除く)

広さは49.6ヘクタールあり、日本で5番目に広い動物園です(サファリパークを除く)。

日本・アジアの動物からアフリカの動物まで、メジャーな種類はたいてい揃っていると思います。パンダはいませんけどね・・・。

ちなみに筆者の地元である福山市には、「福山市立動物園」があります。安佐と違ってこちらの規模はぐんと小さくなります。地元の動物園感が強いですね。

広島のおすすめ観光地⑤大和ミュージアム

正式名称は「呉市海事歴史科学館」。呉市は、広島市のすぐ東にある海沿いの町です。造船の歴史があり、第二次世界大戦の頃の世界最大の戦艦「大和(やまと)」が作られたところでもあります

基本情報
  • 住所:広島県呉市宝町5-20
  • アクセス:JR呉駅から徒歩約5分
  • 入館料:大人500円、高校生300円、小中学生200円
  • 休館日:毎週火曜日(祝日を除く)

筆者が遊びに行った際は、ちょうど、戦艦大和の乗組員たちの生き様を描いた戦争映画『男たちの大和/YAMATO』の上映が近く、館内は大きく盛り上がっていた印象です。

戦艦だけでなく、潜水艦、魚雷、戦闘機等、戦争時代のさまざまな乗り物が紹介されています。

スポンサーリンク

広島のおすすめ観光地⑥尾道(千光寺)

さらに東の方に行きますと、坂と海と社寺の町として有名な尾道市があります。

昭和レトロな街並みや、海が臨める坂道。港町の風情あふれる景色が楽しめるエリアで、NHK朝の連続ドラマ小説『てっぱん』などロケ地としても有名です。

観光に来たらまず外せないのは、境内から尾道の絶景を眺めることができる「千光寺」です。ロープウェイに乗ってさらに上にある千光寺公園(日本さくら名所100選の一つ!)まで行くこともできます。

基本情報
  • 住所:広島県尾道市東土堂町15-1
  • アクセス:JR新尾道駅からタクシーで千光寺公園駐車場まで約10分。駐車場から千光寺まで徒歩約10分。

尾道はラーメンが名物でもあります(尾道ラーメン)。ラーメンファンのみなさんはぜひ他の地域のラーメンと比べてみてください。

特徴としては、鶏ガラと瀬戸内の小魚からとったダシに醤油を合わせたスープに、背脂のミンチが加えられており、中細で平打ちの麺が多く使われています。

広島のおすすめ観光地⑦鞆の浦

尾道市のさらに東、岡山県と接する福山市には、映画「崖の上のポニョ」の舞台にもなったという港町、鞆の浦があります。のどかな風景をお楽しみください。

基本情報
  • 住所:広島県福山市鞆町鞆
  • アクセス:JR福山駅からバスで約30分

鞆の浦は神社や寺院が数多く点在する、寺社めぐりにもってこいの町です。神社では毎年お祭りが開催されます。

波止場や常夜灯等、港町としての史跡も数多く残っており、歴史を感じることができます。

広島のおすすめ観光地⑧仙酔島

最初に紹介した宮島よりはずっと小さいですが、こちらも瀬戸内海に浮かぶ多くの島の中の一つです。鞆の浦から連絡船で5分ほどで行くことができます。

基本情報
  • 住所:広島県福山市鞆町3373-2
  • アクセス:鞆の浦から船で約5分

仙酔島島内には、他では味わえないような珍しいお湯処がたくさんあります。

貸家族展望風呂から露天風呂、日本で初めての洞窟蒸し風呂や、海水をくみ沸かした海水風呂さらには蓬(よもぎ)蒸し座浴やよもぎ風呂、泡風呂まで。全て回れば、しずかちゃん並みの入浴時間になりそうですね。

周囲は海ですから、海水浴場もあります。夏のはしゃぎ場にも使えますね。

広島のおすすめ観光地⑨国営備北丘陵公園

子どもを連れていくならばここだけで大満足。遊びから癒しまで、総合的に自然を満喫できる公園となっています。広島県の北東地方にあります。

基本情報
  • 住所:広島県庄原市三日市町4-10
  • アクセス:JR七塚駅から徒歩約20分
  • 入園料:大人(15歳以上)450円、65歳以上210円
  • 休園日:毎週月曜日(祝日を除く)

広場にはローラー・スライダーやシャワーなど40種類以上の遊具が集まっており、小さな子どもから大人まで一緒に遊ぶことができます。ゲレンデや林間アスレチックもがあります。

スポーツも、キャッチボール、ゴルフ、カヌー、ツリークライミング、サイクリング(貸出あり)等、できる種類は盛りだくさんです。

木工雑貨、陶芸品づくりの体験、その他季節に合わせたイベントを体験することもできます。

まとめ

以上、広島県のおすすめ観光地を9つ紹介しました。広島県といえば世界遺産である厳島神社と原爆ドームの印象がかなり強いと思いますが、それ以外にも、自然や歴史を感じられる観光地がたくさんあります

ここで紹介した観光地は、ごく一部ですので、気になった方はぜひご自分でも調べてみてください。

また、中国地方の真ん中にある広島県は、北の島根県、東の岡山県、西の山口県、南の愛媛県と、中国・四国の観光地に簡単にアクセスできるところも魅力です。

広島を訪れた際はぜひ周辺の県にも目を向けてみてはいかがでしょうか。満足いく旅ができることでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

威吹電男(いぶきでんお)

1995年生まれの現役大学院生。畜産学専攻、ニワトリについて研究中。2019年5月~大学生活に関連したブログ執筆。文章とか絵をかくのが好き。2020年4月~食品業界勤務予定。