『富士屋ホテル』世界のVIPが宿泊した箱根の有名クラシックホテル♪

“クラシックホテルの先駆者”とも言われる『富士屋ホテル』。世界のVIPにも愛された有名なホテルで、2年以上も行われた大改修を経て、2020年7月に新生・富士屋ホテルが誕生しました。

広大な敷地の中にはクラシカルな宿泊棟をはじめ、温泉プールやベーカリーなど魅力的なスポットが満載♪ここでしか味わえない優雅な気分に浸りながら、至福の時間を満喫してみませんか?

この記事では、富士屋ホテルの魅力をたっぷり紹介するので、箱根旅を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

日本初の本格的リゾートホテル『富士屋ホテル』

1878年、日本初の本格的リゾートホテルとして箱根・宮ノ下に誕生した『富士山ホテル』。

約140年の歴史を持つ日本有数のクラシックホテルで、創業者・山口仙之助が築いた1棟の洋館は、今や箱根を象徴する壮大な建築群へと進化しました。

ホテル業界を牽引してきた富士屋ホテルは、「ヘレン・ケラー」「チャリー・チャップリン」「ジョン・レノン夫妻」などなど、世界のVIPな方々が宿泊したことでも有名なんですよ!

約7,600坪の敷地内には趣の異なる4つの宿泊棟が建っていて、どの棟に泊まろうかと選ぶときからワクワクさせてくれます♪

スポンサーリンク

あなたはどれにする?富士屋ホテルのクラシカルな宿泊棟

先程も紹介したように、富士屋ホテルには「本館」「西洋館」「花御殿」「フォレスト・ウイング」という4つの宿泊棟が建っています。

外観からとってもおしゃれで、全室に天然温泉が引かれているのも魅力の1つです♪

それぞれ異なる味わいがあるので、簡単に特徴を紹介していきますね!

本館(1891年建築・全12室)

「本館」は、富士屋ホテルで現役最古となる建物で、登録有形文化財・近代化産業遺産にも指定されています。

社寺を彷彿させる瓦葺屋根(かわらぶきやね)と、唐破風(からはふ)の玄関が特徴で、富士屋ホテルの顔とも言える宿泊棟ですね!

室内は和と洋を融合した設えで、富士屋ホテル独特の雰囲気を楽しめますよ。

西洋館(1906年建築・全21室)

「西洋館」は、1号館「カムフィ・ロッジ」・2号館「レストフル・コテージ」からなる双子の洋館で、本館と同じく登録有形文化財・近代化産業遺産に指定されています。

天井の造りや階段の装飾など明治期の洋風建築が特徴で、豪華な唐破風の玄関も見所の1つですね!

室内はヨーロピアン調の家具や調度品でまとめられているので、洋風好きの方には特におすすめです。

花御殿(1936年建築・全40室)

「花御殿」は、富士屋ホテル建築の集大成とも言える宿泊棟で、こちらも登録有形文化財・近代化産業遺産に指定されています。

風雅な建物は「フラワーパレス」とも称され、客室に花の名前を付けている他、インテリアやルームキーが花のモチーフになっているのも特徴ですね!

室内は和洋折衷の意匠がたくさん見られ、多彩な間取りがあるのもこの棟ならでは。

ホテル随一の広さを誇るスイートルームや、各国の著名人が愛した最上位室もあるので、華やかな部屋に泊まりたい方はぜひ花御殿へ!

フォレスト・ウイング(1960年建築・全47室)

「フォレスト・ウイング」は、敷地内の高台に建つ眺望の良さも魅力の宿泊棟。

四季折々の景色を楽しめられ、2階には「宿泊者専用ラウンジ」、最上階には「スパ&リラクゼーション」も備えています。

室内はアースカラーを基調としたシンプルなデザインで、広さも41㎡以上と開放感抜群!自然に癒やされながらのびのび過ごしたい方におすすめです。

富士屋ホテルの設備やアメニティーは?

ホテルへの宿泊となると、室内設備やアメニティーも気になるところですよね。

各宿泊棟の客室には「無料Wi-Fi」「加湿機能付空気清浄機器」「バスアメニティー」など、必要な物が一通り揃っています。

また、女性が気になる「メイク落とし」「化粧水」「乳液」などは、スタッフの方に伝えれば部屋まで届けてくれますよ。

公式サイトには設備やアメニティーの詳細が載っているので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

設備・アメニティーの詳細:富士屋ホテル
スポンサーリンク

富士屋ホテルに泊まるならリラクゼーション施設も利用しよう!

ホテル自慢の客室を紹介したところで、ここからは敷地内にある魅力的なスポットを紹介していきますね!

まず紹介するのは、「フォレスト・ウイング」の6階にある宿泊者専用の「スパ」。

ここにはマッサージやトリートメントを受けられる「禅」、箱根外輪山も望める「大浴場(サウナ有)」が用意されています。

また、「花御殿」の地下1階には、ホテルの室内プールとしては日本初と言われる「温泉プール(マーメイド)」も併設。

壁に飾られたクラシカルな絵画など、プールとは思えないような装飾も魅力の1つですね!

よりリラクゼーションを満喫したい方は、ぜひスパやプールも利用してみてはいかがでしょうか?(水着の貸出なし・ホテルショップでの購入可能)

ライブラリーも併設!のんびり過ごすなら宿泊者専用ラウンジへ

「落ち着いた空間でのんびりと寛ぎたい」という方は、「フォレスト・ウイング」の2階にある「宿泊者専用ラウンジ」がおすすめ!

自然と隣接した上質なラウンジで、和書や洋書など約600冊を蔵書する「ライブラリー」も備えています。

本棚には日本文化や伝統をはじめ、箱根で過ごすからこそ触れたくなる“箱根ならでは”の本などが陳列されています。

読者が好きな方や、新しい知識に触れたい方は、ぜひ素敵なラウンジで過ごしてみてくださいね!

また、「本館」の1階には1977年に姿を消した“オーシャンビューパーラー”の復刻版「ラウンジ」もあり、人気のアップルパイや軽食なども楽しめますよ。

スポンサーリンク

ステイをより楽しめるホテル・ミュージアムもおすすめ!

「花御殿」の地下1階には、富士屋ホテルの歴史に触れられる「ホテルミュージアム」を併設。

歴史あるホテルだからこそ見応えのある資料も多く、歴代経営者の試行錯誤を垣間見ることができますよ。

この後紹介する「メインダイニングルーム・ザ・フジヤ」の天井画の原画や、改築まで至らなかった建築計画や図面など貴重な資料が盛り沢山!

140年という長い歴史を振り返ることで、富士屋ホテルの滞在もより思い出深くなりますよ♪

富士屋ホテルはダイニングも充実!人気のホームベーカリーも

有名ホテルでの楽しみと言えば、何と言っても「料理」ですよね!

富士屋ホテルはダイニングも充実していて、好みの料理を楽しむことができますよ。

簡単にダイニングの特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

メインダイニングルーム・ザ・フジヤ

「食堂棟」の1階にある「メインダイニングルーム・ザ・フジヤ」は、90年以上にわたり富士屋ホテルの象徴とされてきたレストラン。

日本アルプスの高山植物636種が描かれた天井画も見所で、ランチとディナーにはクラシックスタイルのフランス料理を提供しています。

創業当時のレシピを受け継いでいるので、伝統の味を味わいたい方はこちらのダイニングへ!

旧御用邸 菊華荘

敷地内に建つ「旧御用邸 菊華荘」は、皇室の宮ノ下御用邸として造営された由緒ある建物。

四季折々の景色を楽しめる「名園」も見所で、季節の素材に拘った日本料理を堪能できますよ。

レストラン・カスケード

「レストラン・カスケード」は、「カスケード・ウイング」の3階にある旧宴会場をリニューアルしたレストラン。

華麗なステンドグラスや彫刻は竣工当時そのままで、歴代料理長によって生み出された絶品の洋食を楽しめますよ。

バー・ヴィクトリア

「食堂棟」の地下1階には、クラシカルな雰囲気漂う「バー・ヴィクトリア」も併設。

ムードある空間の中で世界各国の銘酒を味わえるので、お酒を片手に素敵な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ベーカリー&スイーツ ピコット

敷地内には富士屋ホテルのホームメイドベーカリー「ピコット」もあり、「クラシックカレーパン」や「アップルパイ」などの人気商品が販売されています。

また、期間限定商品も多数用意しているので、パン・スイーツ好きの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

「メインダイニングルーム・ザ・フジヤ」「旧御用邸 菊華荘」「バー・ヴィクトリア」は、ドレスコードが指定されています。

ドレスコードの詳細、各ダイニングのメニューや基本情報については、公式サイトの方をチェックしてみてくださいね!(公式サイト:富士屋ホテル

富士屋ホテルの宿泊料金はどれくらい?

公式サイトを見てみると、「メインダイニングルーム・ザ・フジヤ」の夕朝食付プランの場合、1泊39,270〜99,330円

尚、朝食付プランは198,00円〜、お部屋のみの場合は16,390円〜となっています。(上記は1人当たりの参考料金、サービス料込・消費税込)

富士屋ホテルは客室やダイニングの種類が豊富なので、組み合わせによっても料金が大きく変わります。

尚、「ベストレート」を保証しているので、ポイントなどを使わない場合は公式サイトからの予約がお得ですよ!

富士屋ホテルの基本情報とアクセス

最後に、富士屋ホテルの基本情報とアクセスの詳細について紹介します。

基本情報
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
  • 電話番号:0460-82-2211(受付時間9:00〜20:00)
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/11:00
  • 公式サイト:富士屋ホテル
アクセス
  • 箱根登山鉄道「宮ノ下駅」から徒歩約7分
  • 「小田原駅」からタクシーで約30分(料金目安:約5,000円)
  • 「箱根湯本駅」からタクシーで約15分(料金目安:約2,500円)

1度は泊まりたい箱根の有名ホテル『富士屋ホテル』のまとめ

今回は、世界のVIPにも愛された『富士屋ホテル」を紹介しました。個性豊かな建造物をはじめ、魅力に溢れたホテルでしたね!

敷地内には約5,000坪もある「庭園」や「ベーカリー」もあり、館内には「スパ」や「温泉プール」も備えているので、余すことなくホテルステイを満喫できますよ♪

また、客室やダイニングも多彩で、プランをアレンジしやすいのも魅力的です。ぜひこの記事も参考にしていただき、優雅なステイを満喫してみてくださいね!

一度は行きたい箱根の定番・穴場観光地9選!近場で旅行を楽しもう♪

2020年4月8日