北欧と和の融合『HOTEL K5』日本橋のおしゃれホテルを紹介♪

日本橋に誕生したブティックホテル『HOTEL K5(ケーファイブ)』。洗練されたデザインが注目を浴び、非日常を満喫できるホテルとして人気を集めています!

観光地へ行くのも楽しいですが、洗練された空間の中で、1人の時間や友達との時間をゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

今回は、日常に刺激を与えてくれるホテル『HOTEL K5』の魅力について紹介します!客室や料金、宿泊以外の楽しみ方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ホテル-客室-新しいです-ドア-1330850/ ※写真はイメージです。)

スポンサーリンク

日本橋に誕生したブティックホテル『HOTEL K5』

この章では、『HOTEL K5』がどんなホテルなのか簡単に紹介しますね!

日本橋兜町に誕生した『HOTEL K5』は、2020年2月にマイクロ複合施設『K5』内にオープンしたブティックホテルです。

1923年に建てられた歴史的建造物をリノベーションし、ノスタルジーとモダンな雰囲気を併せ持つスタイリッシュなホテルとして注目を集めています。

尚、『K5』の地上2〜4階部分がホテルとなり、他の階層には「レストラン」や「ビアホール」なども備えられています。施設内だけで十分に楽しめるところも魅力の1つですね!

スポンサーリンク

ホテルに入れば異世界!北欧と和が融合した洗練されたデザイン

『HOTEL K5』の最大の見所とも言えるのが、北欧と和のテイストが融合した洗練されたデザインです。

建築・空間デザインを監修したのは、スウェーデン・ストックホルムを拠点に活動する建築家パートナーシップ「CLAESSON KOIVISTO RUNE」。

「都市における自然との共存」をテーマに掲げ、歴史的建造物が醸し出す重厚感と、現代的な柔軟なデザインが見事に調和しています。

館内に一歩踏み入れると、ずっしりとした外観からは想像できない華やかな世界が広がっていますよ♪

『HOTEL K5』の客室は4つのカテゴリーを用意

『HOTEL K5』の特徴を紹介したところで、気になる客室について紹介します。

『HOTEL K5』の客室は全20室と小規模ですが、どの客室もシンプルかつ上質なのでとても居心地が良いですよ!

尚、客室は4つのカテゴリーに分けられるので、自分に合った部屋でホテルステイを楽しみましょう♪

K5 Loft

「K5 Loft」は、K5の世界観が最も表現された最上級スイートルーム

80㎡の広々としと空間と4.5mの天井の高さが心地良い開放感を生み出しています。

「ミニバー」「キッチン」「大きなダイニングテーブル」も備えているので、思い思いに食事を楽しむことができますよ!

「K5 Loft」の基本情報
  • 客室サイズ:80㎡
  • ベッドサイズ:クイーン
  • 宿泊人数:2名
  • バスルーム:バスタブ・シャワー・洗面・トイレ
  • アメニティー:ミニキッチン・ミニバー・レコードプレイヤー・ワードローブなど

Junior Suite

「Junior Suite」は、43㎡の開放感溢れる上質なスイートルーム

ベッドエリアには藍染めのカーテンを、リビングエリアにはK5オリジナルの家具を設置するなど、感性を刺激されるようなおしゃれな部屋に仕上がっています。

また、広々としたバスタブも備えているので、ゆったりと湯船で寛ぐこともできますよ!

「Junior Suite」の基本情報
  • 客室サイズ:43㎡
  • ベッドサイズ:キング
  • 宿泊人数:2名
  • バスルーム:バスタブ・シャワー・洗面・トイレ
  • アメニティー:ミニバー・レコードプレイヤー・ワードローブなど

K5 Room

「K5 Room」は、『HOTEL K5』を代表するスタンダードルーム

最もスタンダードな客室とは言え、客室は38㎡の広さがあるので快適に過ごすことができます。

「Junior Suite」と同様に、藍染のカーテンやオリジナル家具が設置されているので、おしゃれな空間でホテルステイを楽しめますよ!

「K5 Room」の基本情報
  • 客室サイズ:38㎡
  • ベッドサイズ:キング
  • 宿泊人数:2名
  • バスルーム:シャワー・洗面・トイレ
  • アメニティー:ミニバー・レコードプレイヤー・ワードローブなど

Studio

「Studio」は、気軽に『HOTEL K5』を楽しみたい方におすすめのコンパクトルーム

21㎡というコンパクトな部屋でありながら、機能性を快適性を兼ね備えた居心地の良い空間です。

他の客室よりもリーズナブルなので、女子旅や東京観光の拠点にもピッタリですよ!

「Junior Suite」の基本情報
  • 客室サイズ:21㎡
  • ベッドサイズ:クイーン
  • 宿泊人数:2名
  • バスルーム:シャワー・洗面・トイレ
  • アメニティー:ミニバー・レコードプレイヤー・ワードローブなど
スポンサーリンク

ホテルの宿泊だけじゃない!『HOTEL K5』の楽しみ方

『HOTEL K5』があるマイクロ複合施設『K5』の中には、宿泊者以外も利用できる4つの個性的なお店があります。

美味しい料理やムード溢れる時間を満喫できるので、ホテルステイをより楽しむことができますよ♪

『K5』にある個性的なお店
  • 1階:CAVEMAN(レストラン)
  • 1階:SWITCH COFFEE(コーヒースタンド)
  • 1階:Ao(バー)
  • 地下1階:B(ビアホール)

『HOTEL K5』に泊まるときの楽しみの1つなので、次の章からは各お店の特徴について紹介していきますね!

①無国籍料理が楽しめる「CAVEMAN」

まず紹介するのは、ゆっくりと食事の時間を楽しめる「CAVEMAN(ケイブマン)」です。

「CAVEMAN」は、東京都・目黒にある人気レストラン「Kabi」の姉妹店で、日本・フランス・デンマークなど多様な文化を取り入れた「無国籍料理」を楽しめます。

今まで味わったことない料理を楽しめるので、ワクワクしながら食事の時間を満喫できますよ♪

基本情報
  • 電話番号:03-5847-1112
  • ブレックファースト:8:30〜11:00(金〜日)
  • ランチ:12:00〜15:00(金〜日)
  • ディナー:18:30/19:00/19:30(要予約)
  • ワインバー:18:00〜23:00
  • 定休日:水曜日
  • 公式サイト:CAVEMAN
  • ※上記は「2020年10月時点」の営業時間となります。
スポンサーリンク

②ボタニカルなコーヒースタンド「SWITCH COFFEE」

続いて紹介するのは、先程紹介した「CAVEMAN」の手間にあるコーヒースタンド「SWITCH COFFEE」です。

「SWITCH COFFEE」は、目黒や代々木八幡店にも店舗を構える人気のコーヒーショップで、上質な「エスプレッソ」「カフェラテ」「ドリップコーヒー」などを味わえます。

店内はボタニカルな空間となっており、心まで温まるような雰囲気となっています。1人でのんびりするのはもちろん、友達との会話を楽しむにもピッタリなカフェです!

基本情報
  • 電話番号:記載なし(お問い合わせ:sctokyo@zwitchcoffee.com)
  • 営業時間:8:00〜17:00
  • 定休日:記載なし
  • 公式サイト:SWITCH COFFEE TOKYO
  • ※上記は「2020年10月時点」の営業時間となります。

③ライブラリーと融合した斬新なバー「Ao」

続いて紹介するのは、ライブラリー(図書館)とバーが融合した斬新なお店「Ao」です。

店内には実業家として有名な渋川栄一に関する本をはじめ、アジアや日本、哲学に関する本などがズラリと並んでいます。

また、「赤色」に染まった壁や床も印象的で、ムーディーな空間に仕上がっています。おしゃれな空間で本やお酒を楽しむのも贅沢な一時ですね♪

尚、バーメニューは「アジア」をコンセプトしたものが中心で、お茶や漢方を使ったカクテルも楽しめますよ!

基本情報
  • 電話番号:記載なし(お問い合わせ:info.barao.tokyo@gmail.com)
  • 営業時間:月〜金17:00〜25:00 土・祝15:00〜25:00 日・連休最終日15:00〜23:00
  • 定休日:記載なし
  • 公式サイト:Facebook
  • ※上記は「2020年10月時点」の営業時間となります。

④雰囲気抜群のビアホール「B」

最後に紹介するのは、地下1階にあるおしゃれなビアホール「B」です。

世界中で親しまれるクラフトビール「Brooklyn Brewery」のお店で、世界初のフラッグシップ店としても注目を集めています。

「B」では多種多様なビールを楽しみながら、お酒との相性がピッタリな「メキシカンタコス」なども味わうことができますよ!

少し暗めなムードある空間で、まさに“大人の隠れ家”とも言えるような素敵なお店です♪雰囲気がとても良いので、デートで使うにもおすすめですよ!

基本情報
  • 電話番号:03-6661-0616
  • 営業時間:月〜金16:00〜23:00 土日祝13:00〜21:00
  • 定休日:記載なし
  • 公式サイト:B
  • ※上記は「2020年10月時点」の営業時間となります。

魅惑のホテル『HOTEL K5』の宿泊料金は?

『HOTEL K5』での楽しみ方を紹介したところで、気になる宿泊料金について紹介します。

部屋の種類によっても異なりますが、宿泊費の目安は1泊約20,000〜150,000円となります。

「宿泊費を抑えて楽しみたい!」という方は、1番リーズナブルな客室「Studio」がおすすめですね!

とは言え、どの客室も魅力がたっぷりなので、自分に合った部屋でホテルステイを楽しんでみてください♪

『HOTEL K5』の基本情報とホテルまでのアクセス

最後に、『HOTEL K5』の基本情報とアクセスについて紹介します。

『HOTEL K5』の基本情報
  • 住所:東京都中央区日本橋兜町3-5
  • 電話番号:03-5962-3485
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/12:00
  • 公式サイト:K5
『HOTEL K5』のアクセス
  • 東京都メトロ東西線・銀座線 都営地下鉄線浅草線日本橋駅 D2出口より徒歩12分
  • 東京都メトロ東西線・日比谷線 芽場町駅10番出口より徒歩5分
  • 東京都メトロ銀座線・半蔵門線 三越駅前駅B6出口より徒歩9分

日本橋のおしゃれなホテル『HOTEL K5』まとめ

今回は、2020年2月にオープンしたブティックホテル『HOTEL K5』について紹介しました!

『HOTEL K5』の魅力は、何と言っても「洗練されたデザイン」です。客室までの道のりも含め、細部に至るまでデザインに拘っているので、飽きることなくホテルステイを満喫できますよ!

また、『K5』という施設には個性的なお店も揃っているので、より魅力的なホテルステイを楽しめるでしょう。

「代わり映えのない日常に刺激を与えたい…」、そんな時に泊まってみたいホテルですね!1人はもちろん、友達や家族と素敵な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?