千葉でオススメの”いちご狩り”スポット7選!赤くて甘いお姫様♡

あなたは「千葉県でいちご狩りしたいけど、どんなスポットがあるんだろう…」なんて悩んでいませんか?いちご狩りってなかなか行かないので、あまり分かりませんよね。

この記事では、「千葉県でいちご狩りするときにオススメのスポット」を紹介していきます。最後まで読み切れば、”ココの苺を食べよう!”と思える場所が見つかることでしょう!

各スポットの特徴や、食べられる苺の種類も紹介していくので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

(トップ画像出典:https://unsplash.com/photos/nqcr5kb0Oqo)

スポンサーリンク

筆者オススメ!千葉の”いちご狩りスポット”は、この7つ!

まずは「千葉でいちご狩りするときにオススメのスポット」を、一覧で紹介します。筆者がオススメするのは、これら7つですよ。

  • ドラゴンファーム
  • さんたファーム
  • 大竹いちご園
  • 安田いちご園
  • 成田ゆめ牧場
  • 館山いちご狩りセンター
  • いちごランド

いずれも有名ないちご狩りスポットなので、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。次の項目からは、各場所の特徴や交通アクセスなどについて紹介していきますね。

スポンサーリンク

千葉の”いちご狩りスポット”①:「ドラゴンファーム」

ドラゴンファーム」は、16種類もの苺が食べ放題のスポットです。定番の『とちおとめ』から珍しい『チーバベリー』まで、数多くの品種を味わえますよ。

”早い時間と遅い時間ではハウスを変える(同じ条件にする)”や”バリアフリー付き水洗トイレ”など、施設の体制もしっかり整備。

さらに車椅子の人や、ベビーカーを押しながらでも大丈夫なほど広い敷地でいちご狩りを楽しめます。他の人と肩がぶつかる心配なく、苺を堪能できますよ。

広くてノビノビした場所で美味しい苺を食べ比べてみたい!」と思う人にオススメですよ!

基本情報
  • 住所:千葉県千葉市若葉区小倉町1354
  • 電話番号:043-235-3788
  • 営業時間:9:00~17:00(1~5月中旬まで)
  • 時間制限:30分or1時間
  • 料金:中学生~大人3,000円、2才~小学生1,500円
  • アクセス:千葉都市モノレール「千白台北駅」から徒歩30分
  • 公式サイト:ドラゴンファーム公式ホームページ

千葉の”いちご狩りスポット”②:苺が大きい「さんたファーム」

さんたファーム」は、いちご狩り農園では珍しい”摘果”を行っている農園です。その努力もあり、とても大きくて美味しい苺を楽しめますよ。

摘果とは、小さな実や花を取って大きな実に栄養を集める育成方法です。少ない数の苺に栄養が集中するので、大きさだけでなく美味しさもアップしますよ。

苺の種類としては『紅ほっぺ』を始めとした5品種。そして時間制限は”1時間”なので、「ゆったりと苺を味わいたい!」と思っている人にオススメですよ!

基本情報
  • 住所:千葉県千葉市若葉区御殿町1-91
  • 電話番号:050-3628-1515
  • 営業時間:9:00~17:00(1~4月中旬まで)
  • 時間制限:1時間
  • 料金:小学生以上2,500円、小学生未満2,100円、2~3才1,300円、2才未満無料
  • アクセス:千葉都市モノレール「千城台駅」から徒歩1時間
  • 公式サイト:さんたファーム公式ホームページ

スポンサーリンク

千葉の”いちご狩りスポット”③:こだわり苺「大竹いちご園」

大竹いちご園」は”安心・安全・美味しい苺”を目指し、減農薬&有機肥料で徹底管理を行っています。そのこだわりの下でスクスク育てられた苺たちは、多くの人を喜ばせていますよ。

ココで食べられるのは、『淡雪(あわゆき)』を始めとした7種類。『淡雪』はかなり珍しい”白い苺”ですね。

「1人でも多くリピーターになっていただきたい」をコンセプトにしている大竹いちご園。「少しでも安全で美味しい苺を堪能したい!」と思う人にピッタリのスポットです。

基本情報
  • 住所:千葉県君津市泉989
  • 電話番号:0439-32-2692
  • 営業時間:10:00~15:00(1~5月上旬まで、不定休&苺がなくなり次第終了)
  • 時間制限:30分
  • 料金:小学生以上2,000円、3才~小学生未満1,500円
  • アクセス:JR「君津駅」からバスで25分
  • 公式サイト:大竹いちご園公式ホームページ

千葉の”いちご狩りスポット”④:とても快適「安田いちご園」

安田いちご園」は、『あまおとめ』や『やよい姫』など12種類の苺を堪能できる農園です。地上1mほどで栽培し苺を取りやすくする手法:高設栽培を採用しています。

さらに炭酸ガスを使って苺が小さくならない設備を作ったり、太陽の熱を使って安全に土を消毒したり…。いちご狩りに来る人たちの事を、第一に考えた設計になっていますよ。

現在のオーナーのお祖父さんが作り始めた、安田いちご園の苺。「美味しい苺を快適に食べたい!」と考えている人にオススメです。

基本情報
  • 住所:千葉県君津市大井500
  • 電話番号:0439-32-2131
  • 営業時間:10:00~15:00(1~5月末まで)
  • 時間制限:30分
  • 料金:4才以上2,000円、2~3才1,000円
  • アクセス:JR「滑河駅」からバスで10分
  • 公式サイト:安田いちご園公式ホームページ

スポンサーリンク

千葉の”いちご狩りスポット”⑤:大満足!「成田ゆめ牧場」

ヒツジやウサギと戯れたり、親子でバター作り体験ができたりする「成田ゆめ牧場」。ココでは『とちおとめ』や『章姫(あきひめ)』などを味わえますよ。

2021年1月現在では、ジューシーで程よい酸味がある『紅ほっぺ』を食べることも可能。お腹いっぱいになるまで、色々ないちごを楽しめます。

かずひさ

ジューシーな苺を、満足するまで食べたい!」という人にオススメですね!

いちご狩りを出来る時間帯は、日によって変わります(開催前日の15時以降に決定)。こちらのTwitter:成田ゆめ牧場園芸園芸スタッフ、またはお電話にてご確認ください。

基本情報
  • 住所:千葉県成田市名木730-3
  • 電話番号:0476-96-1001
  • 営業時間:9:00~17:00(1~3月下旬まで)
  • 時間制限:20分
  • 料金:大人(中学生以上)1,700円、子供(3才~小学生)1,300円
  • アクセス:JR「滑河駅」からバスで10分
  • 公式サイト:成田ゆめ牧場公式ホームページ

千葉の”いちご狩りスポット”⑥:「館山いちご狩りセンター」

館山いちご狩りセンター」は、多くの苺を食べ比べられるスポットです。中でも酸味と甘みのバランスが良い『紅ほっぺ』と、酸味が低く,実が柔らかい『章姫(あきひめ)』は絶品。

苺がハイクオリティなのはもちろんですが、ココで働いている職員さんは「とても優しい」と評判です。例えばこんな感想を書いている方がいました。

1歳の子連れで行きました。
着く直前に眠ってしまい、仕方なく抱っこでイチゴ狩りになりましたが、ビニールハウスの中にイスを用意して下さいました。色々声を掛けてくれたりと、ご配慮頂きました。

(引用:https://www.jalan.net/kankou/spt_12205cb3510136801/kuchikomi/0004653412/?screenId=OUW2201&influxKbn=0)

いちご狩りに来てくれたお客様に対して、職員の方たちは最大限の配慮をしてくれます。「ストレスの無い心地良い空間で、美味しい苺を味わいたい!」という人にピッタリですよ。

基本情報
  • 住所:千葉県館山市山本257-3
  • 電話番号:0470-22-3466
  • 営業時間:9:00~17:00(1~5月上旬まで)
  • 時間制限:30分
  • 料金:6才以上1,870円、3~5才1,650円
  • アクセス:JR「館山駅」からバスで10分
  • 公式サイト:館山いちご狩りセンター公式ホームページ

千葉の”いちご狩りスポット”⑦:広い・綺麗!「いちごランド」

いちごランド」では、600坪の広々としたハウスの中でいちご狩りを楽しめます。ベビーカーや車椅子の人も楽に通れるほど広いので、いちご狩り中に足を踏まれてしまう心配もありません。

さらに『章姫(あきひめ)』を始めとした多種多様な苺たちは、どんな方でも満足させてくれることでしょう。

2019年にオープンしたばかりなので、”とてもキレイな施設”も売りの一つ。「キレイ&開放感あふれる所で苺を食べたい!」と思っている人へ、真っ先にオススメするスポットですよ。

基本情報
  • 住所:千葉県南房総市沓見246
  • 電話番号:0470-29-7707
  • 営業時間:10:30開園(1~4月上旬まで)
  • 時間制限:30分
  • 料金:大人(6才以上)1700円
  • アクセス:富浦ICから車で20分
  • 公式サイト:じゃらん公式ホームページ

いちご狩りに行く時は、”電車・バス”がオススメ!

「ノンステップバス」の写真

https://www.pakutaso.com/20201242338post-32339.html

この記事で紹介した「いちご狩りスポット」には、できれば”電車・バス“で向かうのがオススメです。

もちろん車で行くのも問題ありませんが、駐車場が近くになかったり埋まっていたりする可能性があります。

そして苺を堪能した余韻を感じて、ボーッと夢心地の中で帰ることができますよ。車を運転しながらボーッとするのは、危ないですよね。

なので筆者は、車では無く”電車・バス”などを使っていちご狩りに行くことをオススメします。

かずひさ

駅の改札&バスの精算機をスッと通るために、PASMOやSuicaなど”交通系ICカード”の準備やチャージは忘れないでくださいね!

筆者オススメ!千葉の”いちご狩りスポット”について まとめ

筆者がオススメする「千葉の”いちご狩りスポット”」について紹介しました。この記事で紹介した中から、さらに筆者の独断で厳選すると以下の3つになります。

  • ドラゴンファーム
  • さんたファーム
  • いちごランド

16種類もの苺を堪能できる「ドラゴンファーム」・ゆったりと楽しめる「さんたファーム」・キレイ&開放感あふれる「いちごランド」。とてもオススメですよ!

しかしそれぞれに違った特徴があるので、あなたが気になった所に行ってもらえばOKです。きっと良い1日を過ごせることでしょう。

かずひさ

ちなみに筆者のイチオシは「ドラゴンファーム」です。とても多い種類の苺たちを、ぜひ全て味わってほしいと思います!

紹介したいちご狩りスポットの中から、気になった場所をぜひ訪れてみてくださいね!