東京の人気ミニシアター5選!1度は行きたいおしゃれな映画館を紹介

作品から建物まで個性溢れる「ミニシアター」。東京にはいくつものミニシアターが点在し、映画好きの人たちを魅了し続けています。

ミニシアターと言えば、昔懐かしい映画やシネコンでは観られない珍しい作品に出会えるのも魅力♪実はミニシアターをきっかけに有名になった作品も多いんですよ!

この記事では、初めての方にもおすすめのミニシアターを5ヶ所紹介していきます。大型映画館にはない魅力が詰まっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/映画-負-写真-スライド-1668918/)

スポンサーリンク

ユニークなカフェも併設!東京の人気ミニシアター:UPLINK

最初に紹介するのは、東京都渋谷区にある「UPLINK(アップリンク)」。「奥渋谷」と呼ばれるエリアに、ひっそりと佇むミニシアターです。

国内外の映画をはじめ、アップリンクが制作した独自の作品が観られるのも特徴ですね!

また、世界の料理を楽しめるカフェ「Tabela(タベラ)」、 DVD・書籍・古書など映画関連グッズも販売する「UPLINK MARKET」も併設。

多彩なカルチャーイベントを発信し、ゆったりと寛げるおすすめのミニシアターです!

スポンサーリンク

UPLINKは東京のミニシアターデビューにおすすめ!

アップリンクには3つのスクリーンがあり、座席数は58席・45席・41席とコンパクトな造り。

それでもポップなチェアを揃えたり、ソファー席を配置したりと、女性好みの内観に仕上がっていますよ。

この映画館では、アニメーション作品から洋画までと幅広いジャンルを上映。きっと気になる作品も見つけられますよ♪

居心地が良く、作品ジャンルも幅広いので、ミニシアターデビューにおすすめですね!

基本情報
  • 住所:東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
  • 電話番号:03-6825-5503
  • 営業時間:上映スケジュールは公式サイトを要確認
  • 料金:一般1,900円(会員割引・学割・シニア割・サービスデー有)
  • 公式サイト:UPLINK

映画好きに愛される東京のミニシアター:EUROSPACE

続いて紹介するのは、同じく渋谷区にある「EUROSPACE(ユーロスペース)」。

日本のインディーズ作品の拠点となってきたミニシアターで、映画界を賑わすような話題性のある作品を多く上映しているのも特徴です。

また、映画監督などによるトークイベントも頻繁に行われ、制作秘話などを楽しめるのも魅力ですね!

屋内には「ライブホール」「名画座」「映画美学校」なども併設していて、ビル全体が多彩なカルチャーに関わる施設となっています。

スポンサーリンク

EUROSPACEは上質な映画を観られるミニシアター!

ユーロスペースには3つのスクリーンがあり、座席数は178席・145席・92席を用意しています。

館内はスタイリッシュなデザインなので、女性の方や若い方も利用しやすいですよ。

この映画館では、日本のインディーズ作品から世界各国の作品まで幅広いジャンルを上映。

国内外の良質な作品を上映するミニシアターなので、映画好きなら見逃せないスポットですね!

基本情報
  • 住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F
  • 電話番号:03-3461-0211
  • 営業時間:上映スケジュールは公式サイトを要確認
  • 料金:一般1,800円(学割・シニア割・サービスデー有)
  • 公式サイト:EUROSPACE

駅近&シネコン感覚で楽しめるミニシアター:新宿武蔵野館

続いて紹介するのは、東京都新宿区にある「新宿武蔵野館」。1920年に開館した老舗のミニシアターです。

2016年に内観がリニューアルされてからは、より快適に過ごせる映画館へと生まれ変わり、おしゃれなミニシアターとしても人気を集めています。

ネット予約でスムーズに発券でき、ポップコーンやクレープなどフードドリンクが充実しているのも魅力ですね!

また、JR新宿駅(中央東口)から徒歩2分なので、ふらっと立ち寄ることができますよ。

スポンサーリンク

新宿武蔵野館では幅広い作品を上映!拘りのディスプレイも見所

新宿武蔵野館には3つのスクリーンがあり、座席数は133席が1ヶ所、84席が2ヶ所となっています。割と座席数が多めなので、圧迫感を感じることなく作品に集中できますよ。

この映画館では、インディペンデント映画(自主制作映画)から人気の邦画・洋画まで幅広い作品を上映。魅力的な作品が多いので、ミニシアターが初めての方にも一推しですね!

また、拘りある作品紹介のディスプレイも見所の1つで、小規模ながらシネコンのように楽しめるおすすめのミニシアターです!

基本情報
  • 住所:東京都新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル 3F
  • 電話番号:03-3354-5670
  • 営業時間:上映スケジュールは公式サイトを要確認
  • 料金:一般1,900円(学割・サービスデー有)
  • 公式サイト:新宿武蔵野館

東京で1度は行きたいミニシアター:シネスイッチ銀座

続いて紹介するのは、東京都中央区にある「シネスイッチ銀座」。

昭和30年代に開館した老舗のミニシアターで、1997年のリニューアル以降は、老舗とは思えないようなスタイリッシュな映画館へと生まれ変わりました。

今となってはよく見掛ける「レディースデイ」の割引も、この映画館から始まったものなんですよ。

「銀座」という好立地にあり、アクセスが良く、ショッピングまで楽しめるのも魅力ですね!

金曜はレディースデー!人気作品からブーム前のお宝作品も上映

シネスイッチ銀座には2つのスクリーンがあり、座席数は273席・182席となっています。大都会にありながら座席数が多いので、比較的ゆったり鑑賞できるのも魅力ですね!

尚、「なるべく安く映画を観たい」という方は、毎週金曜日の「レディースデー(950円)」がおすすめですよ。

この映画館では、国内外の人気作品からインディーズ作品まで幅広く上映。実は『ライフ・イズ・ビューティフル』や『かもめ食堂』などの人気作品は、シネスイッチ銀座から広まったとも言われているんですよ。

今後もこのミニシアターをきっかけにブームが巻き起こるかもしれないので、映画好きなら1度は訪れたいですね!

基本情報
  • 住所:東京都中央区銀座4-4-5 簱ビル
  • 電話番号:03-3561-0707
  • 営業時間:上映スケジュールは公式サイトを要確認
  • 料金:一般1,800円(学割・シニア割・サービスデー有)
  • 公式サイト:シネスイッチ銀座

新海監督の聖地。東京の有名ミニシアター:Tollywood

最後に紹介するのは、東京都世田谷区にある「Tollywood(トリウッド)」。

サブカルチャーの聖地「下北沢」にあるミニシアターで、バーのようなおしゃれな佇まいも特徴ですね!

アニメーション作品の上映数も多く、『君の名は。』『天気の子』などで知られる新海誠監督が、商業デビューを果たした場所としても有名なんですよ。

現在も若手映画監督の活動の場として利用され、たくさんの魅力ある作品を上映しています。

邦画から洋画まで!ここでしか観られない作品も多数上映

トリウッドは、わずか45席(+立ち見10名)というこじんまりとした映画館。黄色の座席がとてもおしゃれで、居心地が良いとも評判です。

コンパクトな造りとなっている分、映舞台挨拶などのイベント時は、ゲストを近くで見られるのも魅力ですね!

この映画館では、新進気鋭のアニメーション作品をはじめ、邦画から洋画まで幅広く上映。

ここでしか観られない作品も多いので、「映画には目がない!」という方は、ぜひともチェックしておきたいミニシアターですね!

基本情報
  • 住所:東京都世田谷区代沢5-32-5 2F
  • 電話番号:03-3414-0433
  • 営業時間:上映スケジュールは公式サイトを要確認
  • 料金:一般1,800円(学割・シニア割・サービスデー有)
  • 公式サイト:Tollywood

東京で1度は行きたいおしゃれなミニシアターまとめ

今回は、東京にあるおしゃれなミニシアターを5ヶ所紹介しました。個性的な映画館ばかりでしたが、気になる所はありましか?

どのミニシアターも雰囲気が良いので、初めての方でも存分に映画鑑賞を楽しめますよ。

「今までシネコンしか利用したことがない」という方は、「EUROSPACE」「新宿武蔵野館」「シネスイッチ銀座」など、広めのミニシアターからデビューしてみてはいかがでしょうか?

各ミニシアターによってセレクトが異なり、そこでしか観られない貴重な作品もあるので、ぜひ自分好みの映画館を見つけてみてくださいね!

映画をコンセプトにしたバー8選!非日常なデートを満喫しよう♡

2020年11月7日