やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
ホテル・旅館

『ホテルカンラ京都』女子旅にもピッタリな町屋スタイルの人気宿!

「せっかく京都に行くなら、京都らしいおしゃれなホテルに泊まりたい」、そんな方におすすめしたいのが『ホテルカンラ京都』。

京都ならではの伝統やおもてなしが詰まっているホテルで、和モダンのデザインがとにかくおしゃれ♪より日本文化に触れられることから、海外からも人気を集める宿なんですよ!

この記事では、『ホテルカンラ京都』の魅力をたっぷりと紹介するので、京都旅を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

日本の美意識と知恵がたっぷり詰まった宿『ホテルカンラ京都』

ホテルカンラ京都が位置するのは、真宗大谷派の本山「東本願寺」のすぐ隣。

地下鉄「五条駅」から徒歩1分、JR「京都駅」からも徒歩圏内と、アクセスにも優れたホテルなんです。

このホテルの魅力は、京都の伝統や技術をたっぷりと感じられること

京町家をモチーフにした客室、京都の食材を活かしたダイニング、そして心温まるおもてなしが素敵な時間を与えてくれますよ!

ちなみにホテル名にある「カンラ」とは、「」と「」の字から由来したもの。

“日本の美・知恵・おもてなしが息づく「洛(京都の意味)」で、その心を「感」じてほしい”という、細やかな想いが込められているんですよ。

ホテルカンラ京都はエントランスから拘りが満載!

ホテルに足を踏み入れると、シックな雰囲気が漂う素敵なフロントがお出迎え。

奥の壁には、約1,000枚程のオリジナル京焼タイルが敷き詰められているんですよ!

至る所から京都の美を感じられるのが、ホテルカンラ京都の魅力。

インテリアにも注目してみると、より京都の魅力を感じられますよ。

エントランスを抜けた所には、色鮮やかな花を用意。京都旅に華を添えてくれる素敵なおもてなしですね!

ピンクの薔薇には「感謝」「温かい心」という意味があり、さりげなく想いを伝えているあたりも京都らしさを感じます。

季節によって飾られる花も変わるので、鑑賞するのはもちろん、花言葉を調べてみるのも面白いですよ!

伝統とモダンが融合した“マチヤスタイル”のおしゃれな客室

ホテルカンラ京都には、“マチヤスタイル”をテーマにした全68室の客室を用意。

「ツイン」「スイート」「メゾネット」など全12タイプがあるので、用途に合わせて選べるのも魅力的なポイントです!

尚、客室は「本館」と「別邸」に分かれていて、本館の方が伝統的要素が強い印象ですね。

こちらの客室は、本館にあるコンパクトな客室「ダブルルーム」。(30㎡・定員1〜2名)

キングサイズのベッドや畳のリビングスペースもあり、道幅も広く取られているので、圧迫感を感じることなく快適に過ごすことができますよ!

こちらの客室は、別邸にある「ツインルーム」。(46㎡・定員1〜5名)

より町屋らしさを感じるデザインとなっていて、各スペースで思い思いの時間を過ごせますよ!

あえて余計なものは置かずに、侘び寂びを感じられるのがこのホテルの魅力ですね。

バスルームにも拘っていて、全室にヒバの木を使った浴槽を設置。(写真は本館・スーペリアツインルーム)

お湯を入れると優しい香りが浴室を満たし、体も心もしっかりと癒やしてくれますよ。

客室には京都らしさが詰まった拘りのアメニティーを用意!

各客室には、京都らしさを感じるアメニティーも用意されています。こちらの箱は、“玉手箱”と呼ばれるおもてなしの箱。

コンシェルジュによる手作りで、京都の季節や文化を感じられる贈り物が入っているんですよ!

こちらは、全室に用意している「QINUDE(キヌード)」の基礎化粧品。

京友禅着物の老舗「千總(ちそう)」がプロデュースするブランドで、国産の繭を原材料にしたシルクを使っているエイジングスキンケアです。

あまりお目にかからないブランドなので、使い心地がどうなのかも楽しみにしておきましょう!

京都と言えば、“お茶”が有名ですよね!各客室には、京都のお茶の老舗「丸久小山園」の煎茶とほうじ茶が用意されています。

品のある味わいで心を落ち着かせてくれる優しいお茶なので、じっくりと味わってみてくださいね。

京都の食文化を堪能!旅を彩る2つの美食レストラン

ホテルカンラ京都には、旬の味覚とお酒を堪能できる2つのレストランを併設。

どちらも魅力的なレストランなので、簡単に特徴を紹介しますね!

鉄板料理「花六」

「花六(はなろく)」は、京都の旬の食材や国産牛をメインとした鉄板料理ダイニング

丹後や伏見で作られた小規模生産の日本酒もあり、ペアリングを楽しむこともできますよ!

料理を彩る器には京焼・清水焼を使っていて、見た目からも京の風情を感じることができます。

京都の食文化を余すことなく楽しめる、とっても素敵なレストランですよ!

基本情報
  • 場所:本館 B1F
  • ディナータイム:17:30〜22:30(L.O.21:30)
  • 席数:40席(全席禁煙)
  • ※L.O.はラストオーダー

THE KITCHEN KANRA

「THE KITCHEN KANRA」は、オープンキッチンやウォークインワインセラーを備えたイタリアンダイニング

このレストランでは、薪窯で焼き上げるピッツァや京都の旬の食材を活かしたコース料理を楽しめますよ!

150種類以上のワインを用意しているので、自分のお気に入りの銘柄を見つけてみてはいかがでしょうか?

基本情報
  • 場所:本館 B2F
  • ブレックファスト:7:00〜10:30(L.O.9:30)
  • ランチタイム:11:30〜15:00(L.O.14:00)
  • ディナータイム:18:00〜22:30(L.O.21:30)
  • 席数:64席(全席禁煙)
  • ※L.O.はラストオーダー

ほっと一息つきたいときは開放的なカフェラウンジへ!

ホテルの本館1階には、坪庭も望める開放的なカフェラウンジを併設。ほっと一息つきたいときにおすすめのスペースです!

カフェラウンジでは、ホテルカンラ京都のオリジナルドリンクやパティシエ特製の絶品スイーツを用意。

また、季節限定のデザートコースやパフェも大人気で、そのときにしか味わえないスペシャルなスイーツを楽しめますよ!

じっくりとティータイムを満喫したい方は、そちらもチェックしてみてくださいね。

また、バーとしての機能もあり、クラシックなメニューからここでしか味わえないオリジナルカクテルも用意。

季節限定のドリンクや「バナナと黒胡麻のカクテル」といったユニークなメニューもあるので、お酒が好きな方は要チェックですね!

カフェラウンジの隣には、職人の手によって作られる“本物”の品々を集めたセレクトショップも併設。

更には、伝統的な陶磁器の修復技法「金継ぎ」が見られる「金継ぎ工房 リウム」もあるので、中々お目にかかれない職人技もぜひ拝見してみてくださいね。

基本情報
  • 場所:本館1F(カフェラウンジ・ショップ・工房)
  • カフェラウンジ:12:00〜22:00(L.O.21:30)
  • セレクトショップ:9:00〜19:00
  • 金継ぎ工房 リウム:10:00〜18:00(定休日:月・金)
  • ※L.O.はラストオーダー

ホテルカンラ京都で小さな京都旅を満喫しよう!

ホテルカンラ京都では、スタッフの方が京都を案内してくれるローカルツアーを用意。

「東本願寺→渉成園(約120分)」のコースA、「智積院→青蓮院(約180分)」のコースBの2種類があり、どちらも1人1,000円で参加できます。(拝観料・交通費は別途)

歴史あるお寺の説明はもちろん、話題のカフェやローカルなスポットも紹介してくれるので、より京都の魅力に触れることができますよ!

コンシェルジュとの会話も楽しみながら、古都の散策を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ホテルカンラ京都の宿泊料金はどれくらい?

素泊まりプランを利用する場合、最もコンパクトな「ダブルルーム(本館)」で10,000円〜となっています。

尚、朝食付プランは12,200円〜、夕朝食付プランは27,500円〜。(上記の宿泊料金は、2名1室利用時・2020年11月時点のもの)

他にも、「早割プラン」や「グループ割引プラン」といったお得なプランもあり、客室や利用人数によっては7,000円前後で泊まることもできますよ!

意外とリーズナブルな料金となっているので、これから京都に行く方は要チェックのホテルですね。

ホテルカンラ京都の基本情報とアクセス

最後に、ホテルカンラ京都の基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:京都府京都市下京区烏丸通六条る北町190
  • 電話番号:075-344-3815
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/11:00
  • 公式サイト:hotel Kanra kyoto

ホテルカンラ京都までのアクセスですが、JR「京都駅」の中央口から徒歩約12分、地下鉄烏丸線「五条駅」の8番出口から徒歩約1分となります。

京都の魅力を存分に楽しめる『ホテルカンラ京都』のまとめ

今回は、京都の魅力がたっぷり詰まった『ホテルカンラ京都』を紹介しました。「伝統」と「革新」を感じられる素敵なホテルでしたね!

この記事では、サービス内容や設備をメインに紹介しましたが、心温まるおもてなしやスタッフの丁寧な対応も人気の秘密。

宿泊客に寄り添ったホスピタリティーを大切にしているので、ホテルステイをより素敵な時間にしてくれますよ♪

館内でのサービスだけではなく、京都の観光情報も提供してくれるので、余すことなく京都を楽しみたい方はぜひ利用してみてくださいね!