快適なアウトドア!東京クラシックキャンプで自然を味わおう!

自然を感じる旅がしたいけど、キャンプは虫が多くて嫌だ……。そんな方には東京クラシックキャンプがおすすめです。

東京クラシックキャンプはキャンプ場特有のアウトドアな雰囲気がありながら、快適な客室を持っている、虫が苦手な女性にも優しいアウトドアホテルです。

今回は、東京クラシックキャンプの客室やグルメ、宿泊料金など、東京クラシックキャンプについてまるっと紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

東京クラシックキャンプは快適なアウトドア空間!

東京クラシックキャンプは、「大人の人生に、もっと外遊びを」というコンセプトで作られた、千葉県にあるアウトドアホテルです。

立ち並ぶ木造キャビンや本格的なテント、アウトドアにぴったりのグルメ、夏にはプールも楽しめます。また、自然に囲まれているので、非日常感がありますよ。

自然に溢れていますが、キャビンやテントは驚くほど機能的で、ベッドはもちろん、トイレなども部屋に備え付けられています。まさに「快適なアウトドア空間」というべきホテルです。

スポンサーリンク

東京クラシックキャンプの宿泊施設はアウトドアなのにお洒落

東京クラシックキャンプの宿泊施設は、キャビンタイプとテントタイプの客室があります。どちらも森に囲まれた立地に合っているだけでなく、非常に快適に作られています。

キャビン

キャビンは全部で5棟あり、木造の造りがとってもお洒落です。各棟の間隔が空いているので、玄関先のランタンが灯ると、まるで森に佇むログハウスのような雰囲気を醸し出します。

中は非常に機能的で、ベッドはもちろん、冷暖房もついています。さらに、シャワーブース、洗面台、トイレ、ミニキッチンと、ホテル並みの設備を備えているため、不便を感じません。

テント

テントは全部で6棟あります。「キャビンよりもアウトドアな感じを味わいたい」と考えている方には、テントの方がおすすめです。

まるで秘密基地のような外装に、内部は絨毯敷きで2台のダブルベッド、テーブルと椅子があります。洗面台、バスタブ、トイレはテントに備え付けられています。不便を感じず、アウトドア気分に浸れる客室です。

東京クラシックキャンプでアウトドアグルメを楽しもう

東京クラシックキャンプでは、夕食・朝食ともに用意してもらえます。夜のメイン料理は鍋やシチューなどから6種類から選ぶことができますよ

朝食は4種類の中から選べますが、季節によって内容が異なることが特徴です。夕食も朝食も、宿泊しているキャビンやテントまで直接届けてくれます。

また、食事は持ち込むことも可能です。宿の用意したこだわりのグルメを楽しみながら、自分の好きなものも食べられるって贅沢ですよね。

スポンサーリンク

東京クラシックキャンプのクラブハウスで食事やお酒に舌鼓

東京クラシックキャンプのクラブハウスは、チェックインやアクティビティなどの総合受付として機能する建物です。しかし、クラブハウスには、昼はカフェ、夜はバーとしての顔があります。

カフェでは、木漏れ日が差し込む空間で、地場の食材や無農薬野菜を取り入れたランチ、その場で焙煎したコーヒーを堪能することができます。

そして、バーでは、オリジナルカクテルを始めとした美味しいお酒を楽しむことができるんです。

カフェは11〜15時、バーは15時〜23時までの営業。アウトドアや自然を楽しむ合間に、カフェやバーで舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

5時間のデイキャンプでアウトドアを堪能

東京クラシックキャンプでは、1日2組限定でデイキャンプを行うことができます。4名以上で、12〜17時までの5時間、たっぷりとアウトドアを満喫できるのが、東京クラシックキャンプのデイキャンプです。

プランには食事も付属しており、スリランカカレー、スモア、食後のドリンク1杯がついてきます。これとは別に、ドリンクを追加で持ち込むことも可能です。

夏季にはプールの利用もできて、気になる料金は1人あたり12000円。自然たっぷりの空間で、気の置けない友達とワイワイ騒ぐことができますよ

スポンサーリンク

東京クラシックキャンプのプールで夏を満喫

7月1日から9月の中旬頃までは、東京クラシックキャンプではプールが利用できます。森に囲まれたプライベートプールで、自然を感じながら優雅な時間を楽しむことができます。

プールは、東京クラシックキャンプの宿泊者であれば無料で利用できます。泳いで楽しむことはもちろん、プールサイドで森の風を浴び、森林浴を楽しむのも一つの楽しみ方です。

複数人でプールサイドで語らうこともできるので、少人数でも大人数でも楽しめるのが魅力です。

東京クラシックキャンプで多様なアクティビティを

東京クラシックキャンプでは、自然を活かした多種多様なアクティビティを楽しむことも可能です。大自然に触れ合う乗馬や、日本最高峰のゴルフクラブでゴルフをすることもできますよ。

また、澄み切った空気を利用した、ヨガを楽しむこともできます。そしてアクティビティの中でも個性的なのが、不定期で開催されているライブです。

自然を楽しむもよし、自然を利用して体や音で癒されるもよしの、憩いの時間です。

東京クラシックキャンプの宿泊料金

東京クラシックキャンプの宿泊料金は、宿の宿泊料に、施設利用料5000円食事代5000円を足した金額になります。宿の宿泊料は、以下の通りになります。

  • キャビン(11月〜6月平日、日曜):40000円〜80000円
  • キャビン(その他の時期):48000円〜90000円
  • テント(11月〜6月平日、日曜):18000円〜24000円
  • テント(その他の時期):24000円〜32000円
例えば、7月に2人で24000円のテントに宿泊したとすると、一人当たりの宿の値段が12000円になるので、合計宿泊料金は22000円です。

東京クラシックキャンプの基本情報・アクセス

東京クラシックキャンプの基本情報とアクセスは、以下の通りです。

基本情報
  • 住所:千葉県千葉市若葉区和泉町363-3
  • 電話番号:043-488-6211
  • チェックイン:15時〜
  • チェックアウト:11時
  • 公式サイト:東京クラシックキャンプ
アクセス
  • 車で箱崎ICより50分
  • 電車で東京駅より70分

 

東京クラシックキャンプのまとめ

東京クラシックキャンプでは、大自然に囲まれてアウトドア気分を満喫できます。自然が味わえる空間にアクティビティ、グルメを楽しめ、存分にアウトドアを満喫できるのが魅力です。

しかも、普通のキャンプと違い、快適な空間で宿泊できるのもありがたいところ。虫を気にすることなく、アウトドアのいいところだけを堪能することができるんです。

普通の旅行に飽きてしまった人、アウトドアを楽しみたい人は、ぜひ東京クラシックキャンプの利用・宿泊を検討してみてくださいね。