一生に一度は行ってみたい!豊島の一棟貸しホテル『ウミトタ』

香川県の豊島にあるホテル『ウミトタ』。瀬戸内海国立公園に浮かぶ食とアートの島にある一棟貸しの宿です。

都会から離れ、穏やかな海が広がる景色、宿泊客は自分たちだけのプライベート空間。そんな理想的な環境で自宅のようにくつろぎ、ゆったりと過ごしてみませんか?

この記事では、瀬戸内海の自然に囲まれた『ウミトタ』の魅力を紹介していきます。気になる宿泊料金についても触れているのでぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

素朴な自然を感じながら滞在できる一棟貸しの宿『ウミトタ』

『ウミトタ』は豊島の海と棚田に囲まれた一棟貸しの宿です!1974年に建てられた日本家屋を改築し、2013年オープンしました。

ディレクションはファッションブランドminä perhonen(ミナ ペルホネン) を設立した皆川明氏が手掛けており、ロフトにはオリジナルデザインのカーペットも敷かれています。

建物の外壁にはなんとアワビの貝殻が!陽の加減によりきらきらと輝き、とても美しい光景が見れますよ!

ウミトタでは時期によって田植えや稲刈り、野菜の収穫体験もできます。それでは魅力が盛りたくさんなウミトタについてさらに詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

『ウミトタ』のホテル内からは穏やかな瀬戸内海の絶景が!

ウミトタでは宿のすべての部屋に窓が設置されています。建物の南側からは広大な棚田の景色が、北側にはウッドデッキを介して瀬戸内海へと続く絶景を楽しめますよ!

部屋に設置された窓の角度にも、一つ一つ見え方へのこだわりが♪

1階の寝室の足元に設置された窓からは、寝転がった状態で瀬戸内海を眺めることができます。ロフトからは緻密な設計により海と山、空だけが切り取られているんです!

部屋ごとに違った風景を見てお気に入りを探すのもいいですよね!

『ウミトタ』の部屋はおしゃれでこだわりがたくさん!

一棟貸しの完全なプライベート空間である『ウミトタ』。ダイニングスペースには語らうことのできる大きなテーブルと共に個性的なシャンデリアが♪

夕方から夜になるにつれ、シャンデリアの照明の生み出す光と影の変化が実感できますよ!

その横にはライブラリー空間が設けられています。窓枠は冬の間なら暖炉の火が灯る演出がされているんです。読書をしながらゆったりと夜を過ごすのも素敵ですね!

スポンサーリンク

夕食はホテルのそばにある「海のレストラン」で絶品のコースを!

夕食は歩いてすぐの「海のレストラン」にて、イタリア料理の技法を活かしたディナーコースになっています。

瀬戸内海の新鮮な魚介や自家菜園している野菜など、旬の食材を味わえますよ!素材の旨味を最大限引きだされた料理に舌鼓を打つこと間違いなしです♪

またお店のそばには直島の地中美術館「モネの庭」も手掛けるガーデナー・藤原良治さんによるハーブガーデンも!レストランで使用されるハーブが20~30種類育てられていますよ。

貴重な豊島石のお風呂で気分もリフレッシュ!

旅の疲れを癒すお風呂には、現在は採掘されていない貴重な豊島石が利用されています。

広々とした浴室でお湯につかりながら眺める瀬戸内海の景色も格別です!寝そべることができるスペースもあるのでゆったり時間の変化によって変わる風景を楽しんではいかがでしょうか♪

また、アメニティには人気のブランドTHREEが採用されています。持ち帰り可能なウミトタオリジナルのシンプルで可愛らしいポーチに入れられているのも魅力です!

スポンサーリンク

朝食はホテルの部屋までデリバリー♪

朝食はセルフサービスでいただける洋食がデリバリーされます。自分たちだけのプライベート空間で朝の豊島の風景を楽しみながら味わえるんです!

デリバリーの仕方も特徴的で、古い冷蔵庫の扉を転用したスペースに届けられるんです。宿泊した方々だけで気兼ねすることなくゆったりできるよう工夫がされています。

宿泊中、スタッフと顔を合わせずに過ごせるようよう配慮されているので、まるで別荘に来たような体験ができますよ。

お土産はホテル隣にあるショップ『ナミノミ』で!

ウミトタに泊まったからにはせっかくなら思い出に残るお土産も買いたいな……。

そんな時は隣接するショップ「ナミノミ」へ!ナミノミでは、ファッションブランドminä perhonen(ミナ ペルホネン) の皆川氏によるウミトタオリジナルデザインの商品を扱っています!

シンプルで使いやすい手ぬぐいやショルダーバックは、ついつい記念に買いたくなってしまいますよね!一緒に旅行した方とおそろいのピンバッチも素敵です♪

豊島の風景を収めた写真集も販売されているので、自宅に戻った際に思い出として眺めるのもおすすめです!

『ウミトタ』の気になる宿泊料金は?

ウミトタの魅力を紹介してきましたが、やはり宿泊料金は気になるところです。ウミトタの公式サイトを見たところ、室料77,000円+大人1名につき8,600円+夕朝食11,000円(税込)となっています。

ウミトタは6名まで宿泊可能なので、6名で計算すると一人当たり約32,500円でした。

宿泊料としては高めかもしれませんが、ミニバーのドリンクも料金に含まれているので、四国の暖かな気候で育った果実をそのまま感じられるドリンクや、ウミトタオリジナルの豊島レモンの発泡酒を味わえます!

「一棟貸しのこだわりぬかれた宿」で、贅沢なプライベート空間を体感できるのはお得感があるかもしれません。

『ウミトタ』ホテルの基本情報とアクセス

最後に、『ウミトタ』の基本情報とアクセスについて紹介します。

ウミトタの基本情報
  • 住所:香川県小豆郡土庄町豊島家浦423−2
  • 電話番号:0879-68-3386
  • チェックイン:15:00〜18:00
  • チェックアウト:11:00
  • 公式サイト:ウミトタ

ウミトタへのアクセスは、香川県の高松港から船で豊島の家浦港へ移動することになります。

家浦港到着後は、車にて送迎(約5分)していただけるので、予約時に到着時間を知らせておきましょう。

豊島の人気ホテル『ウミトタ』のまとめ

今回は、豊島の人気ホテル『ウミトタ』の魅力について紹介しました。

瀬戸内海と棚田に囲まれるのどかな島で過ごすひと時は、都会ではなかなか体験できないものです。まるで別荘に来たようなゆったりとした時間、プライベートのように過ごせるホテルはなかなかありません!

季節ごとや時間ごとに変化する景色も一生の思い出となることでしょう。ぜひ大切な方と都会から離れた素朴な自然を体感しに行ってくださいね!