【駅直結】東京のホテルで楽しめるアフタヌーンティー8選! 

ちょっと大人で優雅な気分を味わえるアフタヌーンティー。たまには休日に東京のホテルで贅沢な空間とおいしいスイーツを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしたいと思いませんか?

今回は、駅直結で気軽に行けるホテルのアフタヌーンティーを8個紹介します。どのホテルも雰囲気がおしゃれで、スイーツとともに癒しの時間が過ごせること間違いなしです!

東京のホテルでアフタヌーンティーを探している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay/ja/photps/アフタヌ-ンティー-ケーキ-827395/)

スポンサーリンク

今回紹介する東京のホテルは駅直結!

今回紹介するアフタヌーンティーを行っている東京のホテルはすべて駅直結です。

駅直結なら天候が崩れても安心ですし、女子会やデートでの待ち合わせも道に迷う心配がなくなります!今回紹介するおすすめのアフタヌーンティーは以下の8個です。

  • ザ・ペニンシュラ東京
  • マンダリン オリエンタル ホテル 東京
  • パレスホテル東京
  • 丸の内ホテル
  • ホインターコンチネルテル東京ベイ
  • コンラッド東京
  • アマン東京
  • ザ・キャピトルホテル東急

それでは個性溢れるホテルのアフタヌーンティーをを1つ1つチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

ザ・ペニンシュラ東京のアフタヌーンティー

まず紹介するのは「ザ・ペニンシュラ東京」のアフタヌーンティーです。開放的な「ザ・ロビー」では花火やホタルをイメージした美しいシャンデリアが飾られ、上品な空間を演出しています。

スイーツはバードゲージ型の可愛らしいスタンドに飾られており、食べるのがもったいなく、いつまでも眺めてしまいそうです!

ドリンクについては最高級オーガニックティーである“アートオブティー”と、ザ・ペニンシュラクラシックティーの豊富なセレクションの紅茶・ハーブティーがお代わり自由で味わえます。

友人たちと飲み比べをして、それぞれお気に入りの紅茶を探すのも楽しいですよ!

基本情報
  • 住所 東京都千代田区有楽町1-8-1
  • 電話番号 03-6270-2888
  • 営業時間 11:30 - 21:00(アフタヌーンティー)
  • アクセス 日比谷駅 A7出口地下通路直結
  • 公式サイト ザ・ペニンシュラ東京

マンダリン オリエンタル ホテル 東京のアフタヌーンティー

次に紹介するのは「マンダリン オリエンタル ホテル 東京」のアフタヌーンティーです。ホテルの38階に位置する眺めの良い「オリエンタルラウンジ」で、日本の旬の素材を取り入れたスイーツが提供されます。

アフタヌーンティーのスイーツは、絶妙な甘さのバランスを図っているのが特徴です。選りすぐりの素材を吟味して作られたセイボリー、2種のスコーンが並びます。

特にエグゼクティブペストリーシェフ自慢の上品なプティフールは、一口ごとに様々な触感と味わいが楽しめます!

基本情報
スポンサーリンク

パレスホテル東京のアフタヌーンティー

次に紹介するのは「パレスホテル東京」のアフタヌーンティーです。パレスホテル東京では2種類のアフタヌーンティーが用意されています。

「ロビーラウンジ」、「オールデイダイニング」では和洋を織り交ぜ重箱に入れられたスイーツが味わえます。三段のお重に入れられたスイーツは、見た目も豪勢でわくわくしますよね!

6階に位置する「ラウンジバー」では洗練されたフレンチスタイルのアフタヌーンティーが味わえます。減塩、低脂肪、低糖質に気を配った伝統的なフランス菓子が特徴です!

大人のためのシックな雰囲気のあるカウンターや、テラス席で心地よい風を感じながら本格的なアフタヌーンティーを味わえるのに加え、健康にも配慮されているのはうれしいポイントです!

基本情報
  • 住所 東京都千代田区丸の内1-1-1
  • ロビーラウンジの電話番号 03-3211-5370
            営業時間 13:00 - 18:30
  • オールデイダイニングの電話番号 03-3211-5364
                 営業時間   14:30 - 17:00
  • ラウンジバーの電話番号 03-3211-5350
             営業時間  14:30 - 16:30
  • アクセス 大手町駅 C13b出口地下通路直結
  • 公式サイト パレスホテル東京

丸の内ホテルのアフタヌーンティー

次に紹介するのは「丸の内ホテル」のアフタヌーンティーです。ホテル8階のフレンチレストラン「ポム・ダダン」では一つ一つパティシエの趣向を凝らしたスイーツが並びます。

アフタヌーンティーのメニューは1カ月半ごとに更新されるので、行く度に季節の軽食やスイーツ、ドリンクを楽しむことができます。

「ポム・ダダン」では他にもホテル自慢のアップルパイが味わえますよ。丁寧に作られるアップルパイは煮詰めたリンゴにナツメグとシナモンの風味が効いており、上品な甘さのカスタードクリームに合わせられています。

テイクアウトも行っているので、お土産に購入してみるのもいいですよね!

基本情報
  • 住所 東京都千代田区丸の内1-6-3
  • 電話番号 03-3217-1117
  • 営業時間 14:00 - 16:00(アフタヌーンティー)
  • アクセス 丸の内駅 北口地下通路直結
  • 公式サイト 丸の内ホテル
スポンサーリンク

ホテルインターコンチネル東京ベイ

次に紹介するのは「ホテルインターコンチネル東京ベイ」のアフタヌーンティーです。

「なごみ」「くつろぎ」「美食」が追及されたラグジュアリーな空間である「ニューヨークラウンジ」で、見た目も鮮やかなアフタヌーンティーを味わえますよ!

さらに個性あふれる香りと味わいが特徴的な季節のフレーバーティーを好きなだけ楽しめるプランや、季節により異なる食材が使用される大人のパフェがセットになっているものも。

アフタヌーンティーだけでなく追加でパフェも味わえるなんて甘いもの好きにはたまりませんよね!

基本情報

コンラッド東京のアフタヌーンティー

次に紹介するのは「コンラッド東京」のアフタヌーンティーです。28階の「バー&ラウンジ」で浜離宮恩賜庭園や東京湾を望みながらゆったりとした時間を過ごせます。

スコーン2種類、セイボリー3種類、デザート5種類が季節ごとのテーマで並びます。またコンラッド東京のアフタヌーンティーではドイツの最高級紅茶ブランド「ロンネフェルト」を味わうことができますよ。

さらに、プランによってはお土産として可愛らしいベアがついているものも。ぜひベアとスイーツ、一緒に写真を撮って思い出に残してくださいね!

基本情報
  • 住所 東京都港区東新橋1-9-1
  • 電話番号 03-6388-8745
  • 営業時間 11:00 - 16:30(平日)
       11:00 - 16:30,18:30 - 20:30(土曜)
       11:00 - 16:30,18:30 - 21:00(日・祝日)

アマン東京のアフタヌーンティー

次に紹介するのは「アマン東京」のアフタヌーンティーです。アマン東京の33階にある「バーラウンジ」では高さ8メートルの一面のガラス窓が並び、都会の大パノラマを望むことができます。

さらに、高い天井は障子をモチーフにされており、周りは日本庭園をイメージしたガーデンラウンジに囲まれています。都内に位置しながらも静かな空間でゆったりと過ごすことができますよ!

また、アフタヌーンティーは通常午後の予約のみが多い中、アマン東京では夕方18時30分からの回まで予約を受け付けています。夜のシックな雰囲気とともに、一味違うアフタヌーンティーを楽しむのもおすすめです!

基本情報
  • 住所 東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー
  • 電話番号 03-5224-3339
  • 営業時間 12:00 - 17:00(アフタヌーンティー)
  • アクセス 大手町駅 中央改札出口直結
  • 公式サイト アマン東京

ザ・キャピトルホテル東急のアフタヌーンティー

最後に紹介するのは「ザ・キャピトルホテル東急」のアフタヌーンティーです。ラウンジ「オリガミ(ORIGAMI)」でのアフタヌーンティーは、なんと繊細な竹細工で作られた円柱の籠で提供されます!

籠の中にはその時期ならではの食材で作られたスイーツが愛らしく並びます。

なお、「ザ・キャピトル アフタヌーンティー」では通常のプランに加えて、シャンパーニュをグラスやフリーフローで楽しめるプランも用意されていますよ。お祝いごとにもぴったりですね!

基本情報
  • 住所 東京都千代田区永田町2-10-3
  • 電話番号 03-3503-0872
  • 営業時間 14:00 - 18:00(アフタヌーンティー)
  • アクセス 溜池山王駅 B6出口直結
  • 公式サイト ザ・キャピトルホテル東急

東京で楽しめるホテルのアフタヌーンティーまとめ

今回は東京で楽しめるホテルのアフタヌーンティーを8個紹介しました!

どのホテルもこだわりの空間で、ついつい食べるのがもったいなくなってしまうような個性的なスイーツがそろっています。好みのホテルは見つかったでしょうか?

どのホテルのアフタヌーンティーも人気の為、公式サイトをチェックの上早めの予約をお勧めします!ぜひ素敵な空間でゆったり癒しのひと時を堪能してくださいね。

予約をせずに行くと席がいっぱいの可能性もあるので、ぜひ一休.comで予約をしてくださいね。