海外旅行で必須のアイテム!ポケトークを使うべき理由について解説

今回は、「ポケトーク」という翻訳機について本記事では紹介をしていこうと思います。皆さんは、海外旅行に行ったとき、現地でのレストランや交通機関での会話はどのようにして、過ごしていますか?

上手く英語や現地での言葉を話すことが出来ず、場合によっては単語しか出てこなくて、もやもやした感情を抱いたまま過ごしていませんか。

しかし、「ポケトーク」を使うことによって、海外での会話を楽しむことが出来るようになり、思い出に残る海外旅行にすることが出来ますよ。ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

海外で使うべき翻訳機、ポケトークとは?

ポケトークとは、日本のPCソフト・スマホアプリ・などを販売、開発をしている「ソースネクスト」という会社が販売をしている、翻訳機のことです。

手のひらに収まるサイズの端末で音声を認識して、他言語の音声を再生することが出来るというものです。

これによって、言語が違う人同士でも会話を楽しむことが出来るので、海外旅行でお土産を買う時や現地の人と会話を楽しみたいときに、役立ちますよ。

スポンサーリンク

ポケトークを海外で使う理由 ① 世界中の人と対話できる

ポケトークは計75言語の翻訳をすることが出来ます。一般的な翻訳機であれば、英語と中国語のみしか翻訳することが出来ないか、翻訳できる言語が多くても30言語程度です。

しかし、ポケトークは英語・中国語・スペイン語・フランス語などを始めとした言語はもちろん、インド英語やブラジルポルトガル語などといった方言を含む言語にも対応をしています。

何度も海外旅行をしたことがあり、今度は主要な都市以外にも行ってみたいという人にはおすすめな翻訳機ですね。

ポケトークを海外で使う理由 ② 進化し続ける翻訳機能

ポケトークは、オンライン接続で利用することが出来る翻訳機です。なので、インターネットに常に接続をして最新の情報を集めて翻訳をしています。

さらに、ポケトークはAI(人工知能)を利用している為、ニュースのような長文を訳すことももちろんできますし、くだけた会話も瞬時に訳すことが出来ます。

AIなので、翻訳の性能も時間が経てば経つほど、日々バージョンアップをしています。

スポンサーリンク

ポケトークを海外で使う理由 ③ 常に機能や性能が向上している

上記で説明をしたように、翻訳機能がAIによって日々アップデートしているのは分かったと思うのですが、翻訳性能以外にも日々アップデートしているものがあります。

それは、ポケトーク自体のソフトウェアの機能が更新されているのです。

例えば、国名からも言語を選択して翻訳をすることとが出来たり、ロック画面に現地の時刻が表示されるようになったりと新しい機能が日々のアップデートで充実していきます。

ポケトークの種類

一口にポケトークといっても、種類が1つだけでないのが注目をしてほしいポイントです。

基本的な種類は2種類あって、「ポケトークS」というものと「ポケトークW」というものがあります。得に、ポケトークSはカラーバリエーションが充実しています。

ポケトークS、ポケトークWどちらも通訳機能は同じなのですが、それぞれに特長があり、用途や目的によってどちらを使うのかが分かれてきます。

下記ではポケトークSとポケトークW、それぞれの特徴を1つづつ紹介をしていきます。

スポンサーリンク

ポケトークSを海外で使う理由 ① カメラ機能が搭載されている

ポケトークSには、搭載されているカメラで文字を撮影することで、55の言語を自動で認識をして翻訳し、瞬時に画面に表示をすることが出来ます。

複数の言語が一緒に表示をされていても、それぞれの言語として認識をして翻訳をすることが出来ます。

特にレストランや交通機関を利用するときに、便利です。さらに41言語で元言語の発音もすることも出来ます。

翻訳結果も履歴で確認をすることが出来るので、一日の振り返りとして宿泊先でもう一度見ることも出来ますよ。

ポケトークSを海外で使う理由 ② 英語と中国語の勉強が出来る

ポケトークSは翻訳機能だけでなく、英語と中国語の練習機能も搭載しています。AIの質問に、その言語で答えるとAIがその内容に合った、適切な答えを返してくれます。

練習することが出来るシチュエーションも様々で、空港や機内、海外でのレストラン、ホテルなどたくさんあります。

ポケトークSでリアルな会話の練習をすることが出来るので、実践的な英語や中国語を話してみたいという人は、ぜひ試してみてください。

ポケトークWを海外で使う理由 ① Sと比較をして値段が安い

ポケトークWはポケトークSと比較をして、最低でも10,000円は値段が安くなります。

ポケトークSは通常・ドラえもんedition・plusといったように3種類のものがあるのですが、ポケトークWはポケトークSのどの種類よりも安いです。

安い理由として、上記で紹介をした、カメラ機能と英語と中国語の練習機能がポケトークWにはないからです。

では、ポケトークWはポケトークSの劣化版かといわれたらそうではありません。その理由を下記で紹介します。

ポケトークWを海外で使う理由 ② 大容量バッテリーで長持ち

ポケトークWがポケトークSより優れている点として、ポケトークWはポケトークSに比べて、大容量のバッテリーを持っているからです。

ポケトークWは2,200mAhでポケトークSは1,200mAh、ポケトークSplusは1,550mAhです。

海外旅行に行って、翻訳機能だけを使って楽しみたいという人には断然、ポケトークWを購入するのをおすすめします。

ポケトークSもポケトークWも翻訳機能はどちらも同じですからね。

最後に

今回はポケトークの特徴やポケトークSやポケトークWの違いについても詳しく紹介をしました。

海外旅行に行って、自分も英語や中国語を話せるようになりたいという人にはポケトークSがおすすめです。

逆に、海外旅行には行くけれど別に翻訳機能を使って現地の人とコミュニケーションを取れればいいという人はポケトークWをおすすめします。

やはりそれぞれ使う人によって、機能や役割が異なってくるので、どちらを利用するのかをよく考えて購入するようにしてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

ファラオ

中学でバレーを始め、下手くそのまま高校へ→高校で突然全国大会に出場しエースとして活躍する / 2年後に就職を控えフリーランスで働くことを決意しWeb+へ! / アニメや漫画、小説を読むのが大大大好きです!