情緒溢れる浅草の旅!日帰りでも楽しめる観光モデルコースを紹介!

東京の下町「浅草」は、都内で最も「和」を感じるエリアであり、外国人からも大人気の観光名所です。

浅草には魅力的なスポットが点在するため、「どこへ行けば良いのか迷う…」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、日帰りでも楽しめる浅草観光のモデルコースを紹介します!浅草らしい情緒のあるスポットばかりなので、浅草観光に行く方は是非参考にしてください!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/東京-浅草-雷門ゲート-2443311/)

スポンサーリンク

浅草ってどんな街?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/日本-東京-浅草-群衆-3885874/

台東区の東部に位置する浅草は、江戸時代から繁華街として栄えてきた活気ある街です。現代も下町の雰囲気を感じられ、東京の中でも異彩を放つエリアとして高い人気を誇ります。

そんな魅力ある浅草には、日本人のみならず、海外からも多くの観光客が訪れてきます。浅草の象徴である「浅草寺」には、年間約3,000万人以上の観光客が訪れるそうですよ!

また、浅草には「銀座線」「都営浅草線」「東武線」「つくばエクスプレス」の4つの浅草駅」があり、アクセスが良いのも魅力の1つです!それでは、浅草の観光スポットを見ていきましょう!

スポンサーリンク

浅草観光のスタートは浅草寺の「雷門」!

浅草と聞いて、多くの人がイメージするのが「雷門」ではないでしょうか?雷門は都内最古の寺「浅草寺の山門で、正式名称は「風雷神門(ふうらいじんもん)」と言います。

門に向かって右側に「風神」、左側に「雷神」が配されており、門の中央には高さ3.9m・直径3.3mにも及ぶ提灯が吊り下げられています。提灯とは言え、重量は約700kgもあるそうですよ!

また、雷門は消失と再建を繰り返しており、現在(2020年7月時点)ある雷門はパナソニック(旧松下電器)の創設者・松下幸之助の寄進によるものです。

浅草屈指のフォトスポットなので、記念に1枚収めておきましょう!浅草駅から徒歩約3〜5分ほどなので、観光のスタートにもピッタリです!(つくばエクスプレスの浅草駅からは約10分ほどとなります。)

基本情報
  • 所在地:東京都台東区浅草寺2-3-1
  • お問い合わせ:03-3842-0181(浅草寺土地部)
  • 営業時間:ー
  • 入場料:無料
  • 公式サイト:浅草寺

浅草観光の定番!「仲見世通り」でグルメを堪能!

雷門を抜けてすぐに現れるのが、日本で最も古い商店街の1つである「仲見世通り」です。

約250mの参道には、民芸品や工芸品、お菓子などを販売するお店が90店舗存在します。美味しいグルメも沢山あるので、お土産の購入はもちろん、食べ歩きをするのも楽しいですよ!

浅草名物(店名)
  • 雷おこし(常盤堂雷おこし本舗)
  • 浅草きびだんご(あづま)
  • 人形焼(元祖木村屋人形焼本舗)
  • 揚げまんじゅう(浅草九重)
  • メロンパン(花月堂)
  • アイス最中(浅草ちょうちん堂)

上記のもの以外にも魅力的なグルメが沢山あり、見ているだけでも十分に楽しめます。どれも美味しく見えるので、買い過ぎ・食べ過ぎには注意しましょう!

基本情報
  • 所在地:東京都台東区浅草寺1-36-3
  • お問い合わせ:03-3842-0181(浅草寺土地部)
  • 営業時間:店舗による
  • 入場料:無料
  • 公式サイト:仲見世

スポンサーリンク

浅草観光では外せない!所願成就の「本堂」で参拝!

仲見世通りを抜けると、浅草寺の「本堂」に辿り着きます。本堂には、本尊の「聖観音像」が安置されており、「所願成就」のご利益があるとされています。

所願成就とは、商売繁盛や恋愛成就のような特定のご利益ではなく、願い事を全般的に叶えてくださる大変ありがたいご利益です。ここで旅の安全を祈願してから、観光を始めるのも良さそうですね!

その本堂の手前には、線香をあげる「常香炉(じょうこうろ)」が配されており、煙を体に振りかけると悪い部分を取り除いてくれると言われています。

中には「悪いところを良くする→頭が良くなる」と考え、頭に煙をかける人も多いです。効果のほどは分かりませんが、頭を良くしたい方は頑張って勉強しましょう!

基本情報
  • 所在地:東京都台東区浅草寺2-3-1
  • お問い合わせ:03-3842-0181(浅草寺土地部)
  • 営業時間:6:00〜17:00(4〜9月)・6:00〜18:30(10〜3月)
  • 入場料:無料
  • 公式サイト:浅草寺

「人力車」を使った浅草観光もおすすめ!

浅草寺の雷門の前には、沢山の「人力車」が列をなしてお客さんを待っています。徒歩での観光も楽しいですが、人力車で下町を巡るのも風情があって面白いですよ!

10分ほどの短距離移動浅草を周遊する観光コースなどがあるので、自分の観光プランに合わせて利用することができます。(老舗「時代屋」の人力車の場合、10分コース・1名利用で3,000円です。)

人力車は観光案内のプロでもあるので、おすすめのグルメやディープなスポットについても案内してくれますよ!

「プロの案内を聞いて、浅草の魅力を知ってから観光したい」という方は、浅草寺へ行く前に利用するのもおすすめです!

公式サイト:時代屋
スポンサーリンク

浅草の名店「神谷バー」でランチ!

浅草寺や人力車での観光を満喫した後は、浅草の名店「神谷バー」でランチをしてみてはいかがでしょうか?

神谷バーは、銀座線・浅草駅の目の前にある創業明治13年の老舗バーです。階層によってお店のコンセプトが異なるので、自分の好みに合わせてお店を選択できますよ!

  • 神谷バー(1階):お酒を楽しみながら食事が楽しめるバー
  • レストランカミヤ(2階):家族連れにもぴったりな洋風レストラン
  • 割烹神谷(3階):静かで落ち着いた雰囲気の和風レストラン

お酒が好きな方は、ブランデーベースのカクテル「デンキブラン」がおすすめですよ!

明治15年に作られたカクテルで、神谷バーの名物としても有名です!(1〜3階の全店舗で提供しています。)

基本情報
  • 所在地:東京都台東区浅草寺1-1-1
  • お問い合わせ:03-3841-5400
  • 営業時間:11:30〜22:00(ラストオーダー21:30)
  • 公式サイト:神谷バー

料理好きには堪らない!「かっぱ橋道具街」を散策!

ランチを堪能した後は、「かっぱ橋道具街」を散策してみましょう!雷門から徒歩15分かっぱ橋道具街は、調理器具や食器などの問屋街として発展してきた商店街です。

レトロまたはモダンな食器プロが扱う調理器具飲食店で使う食品サンプルなど、「食」に関する物なら何でも揃っているので、特に料理好きの方には堪りません!

かっぱ橋道具街には約170店舗の店があるので、見ているだけでも十分楽しめます!商品のバリエーションが豊富なので、自分へのお土産はもちろん、友人や家族へのお土産にもおすすめです!

また、「元祖食品サンプル屋」というお店では、実際に食品サンプルづくり(予約制)を体験できます!形が崩れても修正してくれるので、想像以上に完成度が高いですよ!

基本情報(元祖食品サンプル屋)
  • 所在地:東京都台東区浅草寺3-7-6
  • お問い合わせ:0120-17-1839(フリーダイヤル)
  • 営業時間:10:00〜17:30
  • 体験料金:2,500円(体験プランによって変動)
  • 公式サイト:元祖食品サンプル屋

エンタメの聖地!「浅草演芸ホール」で演芸を楽しもう!

浅草観光を満喫したら、「浅草演芸ホール」で演芸を楽しみましょう!昭和39年の開場した浅草演芸ホールは、1年中「落語」「漫才」「マジック」など様々な演芸が楽しめる大人の遊び場です。

若手からベテランまで幅広い演者のネタが見られ、テレビでは味わえない臨場感も味わえます。有名どころでは、お笑いコンビ・ナイツなども出演していますよ!

また、入れ替え制ではないので、入場してから興行が終わるまで楽しむことができます。最新技術を使った映画やレジャー施設も楽しいですが、情緒がある演芸も中々面白いですよ!

尚、チケットの予約は行っていないので、現地での購入となります。(当日11:00より販売開始)

基本情報
  • 所在地:東京都台東区浅草寺
  • お問い合わせ:03-3841-6545
  • 営業時間:昼の部11:40〜16:30・夜の部16:40〜21:00
  • 入場料:大人3,000円・学生2,500円・子供(4歳以上)1,500円
  • 公式サイト:浅草演芸ホール

浅草観光と「東京スカイツリー」のセットもおすすめ!

ここまで浅草の観光スポットを紹介しましたが、浅草と東京のランドマークである「東京スカイツリー」をセットで観光するのもおすすめです!

浅草と東京スカイツリーはとても近く、「都営浅草線」「東武線を使えば約3分徒歩で移動しても15〜20分ほどで到着します。短時間で移動できるので、新旧の日本の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?

東京スカイツリーでは、地上450mの「天望回廊」から大パノラマの景色を、多彩な店舗が集まる「東京ソラマチ」でショッピングや食事などを楽しめます。

東京を代表する魅力的なスポットなので、是非東京スカイツリーの観光も検討してみてください!

基本情報
  • 所在地:東京都墨田区押上1-1-2
  • お問い合わせ:0570-55-0634
  • 営業時間(展望台):9:00〜21:00(最終入場20:00)
  • 入場料(展望台):大人3,100円・中高生2,350円・小学生(6〜11歳)1,450円
  • 公式サイト:TOKYO SKYTREE

浅草観光まとめ

今回は、日帰りでも楽しめる浅草のモデルコースを紹介しました!改めて紹介した内容を簡単にまとめてみます。

モデルコースまとめ
  • 浅草の象徴「雷門」を見物
  • 仲見世通り」で食べ歩き・お土産選び
  • 所願成就のご利益がある「本堂」で参拝
  • 神谷バー」でランチタイム
  • かっぱ橋道具街」でショッピング・食品サンプルづくり体験
  • 浅草演芸ホール」で演芸を見物

上記に加え、「人力車」での浅草巡りや「東京スカイツリー」の観光もおすすめです!

また、5月には「三社祭」・7月には「隅田川花火大会」・8月には「浅草サンバカーニバル」が行われます。この時期に観光する方は、是非イベントにも注目してみてください!