東京の純喫茶9選!インテリアがかわいい・レトロなお店を紹介

この記事では、東京にある純喫茶を9つ紹介します。「チェーン店はどこも同じような雰囲気で、つまらない!」と感じたことがある方は、ぜひ独特な世界観を醸し出す純喫茶に足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回紹介する純喫茶は、筆者が実際に足を運んで「また行きたい!」と思ったお店のみです。訪れれば「もっとこのお店にいたい」「また来たい」と思うことでしょう。

チェーン店で過ごすことに飽きたという方や東京の純喫茶に行きたいという方は、ぜひ読み進めてくださいね。(トップ画像出典:筆者撮影)

スポンサーリンク

東京・新宿駅から近い純喫茶「珈琲西武」

珈琲西武は、新宿駅東口から徒歩3分のところにある純喫茶です。緑色のステンドグラスが特徴的な、唯一無二の純喫茶ですよ。

レトロ感が漂っており、お店を利用すればつい天井の写真を撮りたくなってしまうことでしょう。

食事メニューが豊富にあるので、ランチやデザート目当てで利用するのもおすすめです。果物がたくさん盛り込んであるパフェは、ボリューム満点で甘いものに目がない人におすすめです。

喫煙と禁煙フロアが分かれているので、タバコの匂いが苦手な人でも安心して食事を楽しめますよ。

筆者

LUMINESTからも徒歩3分くらいなので、買い物のあとに珈琲西武でひと休みするのもおすすめです!Wi-Fiとコンセント(一部の座席のみ)があるので、のんびり過ごせますよ。

基本情報
  • 住所:東京都新宿区新宿3-34-9
  • 電話番号:03-3354-1441
  • 営業時間:フロアや曜日によって異なるので公式サイトを確認ください
  • 公式サイト:珈琲西武

スポンサーリンク

レトロな看板がかわいい東京の純喫茶「ピース」

出典:筆者撮影

ピースは、新宿駅西口から徒歩2分のところにある純喫茶です。昭和の香り漂うレトロな看板が目印であり、つい撮りたくなってしまいます。

レトロなのは、看板だけではありません。深緑のソファーが特徴的で質素な内装であるピースは、どこか懐かしい気持ちになります。

食事メニューはサンドウィッチやスパゲティ、ピラフなどが用意されています。また9:00から11:00までの間は、モーニングメニューを食べることもできますよ。

筆者が頼んだのは、写真にあるメロンソーダ。昔ながらの喫茶店であるピースなので、定番のメロンソーダを飲んで昔の純喫茶を満喫してみてはいかがでしょうか。

出典:筆者撮影

基本情報
  • 住所:東京都新宿区西新宿1-5-1
  • 電話番号:03-3342-0812
  • 営業時間:9:00〜22:45

レトロでお洒落な純喫茶!「トロワシャンブル」

トロワシャンブルは、下北沢駅南口から徒歩5分のところにある純喫茶です。オレンジの明かりが優しく店内を包み込んでいて、ほっと一息つける空間です。

内装がおしゃれなので、ついつい長居したくなってしまうでしょう。1人でふらっと立ち寄って本を読むのもよし、友達とお話に花を咲かせるのもよし。思い思いの過ごし方を楽しんでくださいね。

筆者が頼んだのは、ウイスキーベースのカクテルであるアイリッシュコーヒー。珈琲とウイスキーのバランスが絶妙な、大人の味です。お酒好きな方は、頼んでみてはいかがでしょうか。

出典:筆者撮影

基本情報
  • 住所:東京都世田谷区代沢5-36-14
  • 電話番号:03-3419-6943
  • 営業時間:9:30〜23:00

スポンサーリンク

音楽も楽しみたいならここ!「名曲喫茶ライオン」

出典:筆者撮影

名曲喫茶ライオンは、渋谷駅の地下通路1番口から徒歩3分のところにある純喫茶です。

店内にはパイプオルガンのようなスピーカーがあり、クラシカルな内装と相まって荘厳な雰囲気です。まるで別世界に迷いこんだような空間を楽しめますよ。

スピーカーからは、クラシック音楽が流れていて音楽を楽しむことができます。そのためか、店内での写真撮影や大声が禁止されています。

ですので、1人で訪れるのがおすすめです。クラシック音楽が好きな方、クラシカルな雰囲気が好きな方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

基本情報
  • 住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-13
  • 電話番号:03-3461-6856
  • 営業時間:11:00〜22:30
  • 公式サイト:名曲喫茶ライオン

漫画がたくさんある東京の純喫茶!「喫茶アンデス」

出典:筆者撮影

喫茶アンデスは、練馬駅南口から徒歩1分のところにある純喫茶です。店内には本や漫画がずらりと並んでいて、自由に読むことができます。

自分で持ってきた本や店内の本を読むのも良いですね。本に囲まれた空間はとても居心地が良いので、きっと読書に集中することができるでしょう。

筆者はパフェを食べたのですが、濃厚なチョコでありながら飽きのこないパフェなのでペロリと食べることができました。チョコが好きな方は、ぜひ食べてみてくださいね!

出典:筆者撮影

基本情報
  • 住所:東京都練馬区豊玉5-17-9
  • 電話番号:03-5999-8291
  • 営業時間:月〜金 7:00〜22:00、土 8:00〜22:00(日・祝は定休日)

スポンサーリンク

懐かしさただよう東京の純喫茶!「ギャラン」

出典:筆者撮影

ギャランは、上野駅から徒歩2分のところにある純喫茶です。円を描くように飾られている照明が特徴的で、きらびやかな印象があります。

店内が大きいので少しガヤガヤしていますが、お店の雰囲気と相まって、不思議と落ち着く空間です。ソファーは少し固めで、座り続けていても疲れないですよ。

ギャランではコーヒーはもちろんのこと、グレープフルーツジュースやストロベリーヨーグルト、レモンジュースなど飲み物の種類が豊富です。気分に合わせて、ドリンクを注文できますよ。

出典:筆者撮影

基本情報
  • 住所:東京都台東区上野6-14-4
  • 電話番号:03-3836-2756
  • 営業時間:8:00〜23:00

レトロさと上品さがある純喫茶「王城」

出典:筆者撮影

王城は、上野駅から徒歩4分のところにある純喫茶です。店内にはシックで上品なインテリアで纏められており、つい”うっとり”してしまいます。

いつもより上品な服装で行けば、店内の雰囲気に馴染み、写真映えすることでしょう。

メニューはミートソーススパゲティやトースト、ピラフなど定番なもの以外に、アフォガードなど純喫茶ではあまり見かけないメニューも取り揃えています。

先ほど紹介したギャランからは徒歩2分ですので、純喫茶巡りをするのもおすすめです。

基本情報
  • 住所:東京都台東区上野6-8-15
  • 電話番号:03-3832-2863
  • 営業時間:8:00〜21:30

東京・池袋駅のすぐ近くにある純喫茶「伯爵」

出典:筆者撮影

伯爵は、池袋駅東口から徒歩3分のところにある純喫茶です。シャンデリア風の照明や傘つきランプ、赤い椅子が相まって、クラシカルな雰囲気です。

クラシカルと昭和レトロな雰囲気を、1度に楽しめますよ。落ち着いた空間なので、つい長居をしたくなってしまいます。

そのせいもあってか、筆者が平日の14時ごろに行った際は4組ほど人が待っていました。待ち時間を考慮して、お店に行くのがおすすめです。

出典:筆者撮影

基本情報
  • 住所:東京都豊島区南池袋1-18-23
  • 電話番号:03-3988-2877
  • 営業時間:8:00〜23:30

写真映えバツグン!店内にブランコのある「gion」

出典:筆者撮影

gionは、阿佐ヶ谷駅から徒歩1分のところにある純喫茶です。ピンク色の壁紙、花瓶に飾られたお花、ブランコの席が可愛らしい雰囲気を醸し出しています。

思わず写真を撮りたくなってしまうような、女性に人気のお店ですよ。ブランコの席は背もたれがないのでリラックスすることはできませんが、床に足が付いていれば揺れることはありません。

童心に帰ることができるので、席が空いていれば利用してみてはいかがでしょうか。気分が上がること間違いなしなので、友達とのお話に花が咲きそうです。

基本情報
  • 住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-3-3
  • 電話番号:03-3338-4381
  • 営業時間:月〜土 8:30〜翌2:00、日 9:00〜2:00

東京の純喫茶まとめ

東京でおすすめな純喫茶を9つ紹介しました。昭和の香り漂う質素なお店から内装が凝っているお店まで様々です。あなた好みの内装なお店に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回紹介したお店は、実際に筆者が訪れて「いい店だな」と感じた純喫茶です。時間があれば全て訪れて欲しいのですが、時間が限られているなら上野エリアにあるギャランと王城がおすすめです。

どちらもレトロな雰囲気を残しながらも、他にはない雰囲気になっています。また2つのお店は徒歩2分の距離なので、純喫茶巡りもしやすいですよ。

上野には美術館や博物館が多くあるので、純喫茶巡りをしつつ、美術館・博物館巡りをするのがおすすめです。