【海外旅行に行く人必見】おすすめのレンタルWi-Fiを4つ紹介!

海外に渡航する際に、どんなWi-Fi持っていけば良いのかお困りではありませんか?今回の記事では、Wi-Fiおすすめを4つ紹介していきます。

海外でインターネットに繋ぐのが当たり前になってきた昨今、海外でインターネットに繋ぐ際に知っておきたいことやおすすめの会社を紹介していきますので、ぜひ最後まで目を通してください。

スポンサーリンク

今や海外旅行でインターネットは必須!

スマートフォンの普及により、海外旅行でもインターネットを使うのが当たり前な時代になってきました。

海外用レンタルWi-Fiがあれば、旅行先でのお店や観光地探し、Googleマップなどで行きたい場所への経路を検索することができます。

現地の言葉が理解にしくい分、何かと心細い海外でもあらゆる情報を調べることができるのが最大のメリットでしょう。

旅先で撮った画像をすぐにInstagramやFaceBookなどにアップできるのもSNSユーザーにとっては魅力ですね。

スポンサーリンク

海外でインターネットに繋ぐ方法は4つある

海外でスマートフォンやパソコンなどの機器をインターネットに繋げようと思った時には、主に以下の4つ方法があります。

海外でインターネットを使う方法
  • 日本でモバイルWi-Fiルーターをレンタルする
  • 国際ローミング機能で国内電話を海外でそのまま使用する
  • フリーWi-Fiスポットを利用する
  • 現地プリペイドSIMを購入する
プリペイドSIMとは

プリペイドSIMとは、決められたデータ通信量や期間に応じて使えるSIM。

スマートフォンに装着するICカード。非常に格安ですが、前提としてスマートフォンがSIMロック解除されている必要があったり、スマートフォンに応じたSIMを選ぶ必要があったりするので、少し難易度高めです。

海外でインターネットを使う場合の、メリット・デメリット

一つ前の見出しでは、海外でインターネットを使うには、4つの方法があると紹介しました。次に、それぞれの方法のメリット・デメリットを紹介します。

モバイルWi-Fiルーター
  • メリット日本の空港で受け取って海外に持ち出せること。即日利用できます。
  • デメリット:渡航する国やデータプランによってレンタル料金に差が生じます。
国際ローミング
  • メリット:何も契約せずに、普段使っている携帯電話をそのまま海外で使うことができます。
  • デメリット:国内での携帯電話会社との契約から外れた料金の計算となるため、高額料金が発生することがあります。
フリーWi-Fiスポット
  • メリット無料で使用できます。ホテルや飲食店で提供されていることが多いです。
  • デメリット:ホテルや飲食店内など、決められた範囲内の利用しかできず、移動しながらには向いていません。また、不正アクセスの可能性があり、セキュリティ面では不安があります。
現地プリペイドSIM
  • メリット:国によっては、1日50円〜のところもあり、非常に安くインターネットを使えます。
  • デメリット:現地で通じる言葉でショップ店員とやりとりする必要があります。
スポンサーリンク

海外に行く前に、Wi-Fiをレンタルすることがおすすめ!

一つ前の見出しでは、海外でインターネットを使う4つの方法のメリット・デメリットを理解していただけたと思います。

この4つの中で、安さと手軽さのバランスを考えた時には、海外用のWi-Fiをレンタルすることが一番得策です。日本語で安心して契約できますし、料金も定額制で一定以上金額が高くなることはありません。

さらに、どこにでも持ち歩くことができる使い勝手の良さを踏まえると、海外用レンタルWi-Fiを渡航前に契約しておきましょう。

次の見出しから、イモトのWiFi、グローバルWi-Fi、Wi-Ho!、JAL ABCの大手のレンタルWi-Fiを取り扱う会社4社を紹介していきます。

おすすめの海外用レンタルWi-Fi①イモトのWi-Fi

1つめのおすすめの海外用レンタルWi-Fiは、「イモトのWi-Fi」です。「イモトのWi-Fi」の特徴は、プラン料金の安さとなっています。

例えば、韓国の場合、500MB/日680円となっていますので、3日借りるとしたら2,040円です。

盗難・紛失に備えた補償プラン(全額補償)は3日分で990円、空港での受け取り代500円となり、合計3,580円となります。

イモトのWi-FiグローバルWi-Fi
1日の使用データ量500MB/日300MB/日
韓国680円870円

大手のグローバルWi-FIが300MB/日で870円であることを踏まえると、イモトのWi-Fiは、500MB/日で680円200円程安い料金設定となっています。

これは、韓国を渡航したケースを想定していますが、どの国でもイモトのWi-Fiの方が約200円安くなっています。

スポンサーリンク

おすすめの海外用レンタルWi-Fi②グローバルWi-Fi

2つめのおすすめの海外用レンタルWi-Fiは、「グローバルWi-Fi」です。「グローバルWi-Fi」の特徴は、国内18空港、39ヶ所のカウンターで受取・返却が可能であることです。

さらに、現地の空港でも受け取ることができます。現地で受け取ることで、料金が1日あたりの料金が100円ほど安くなりますよ。

韓国の場合、料金は、300MB/日(現地受け取り)が770円となっていますので、3日借りるとしたら2,310円です。

補償オプションの安心補償パックフル(3日分)で990円、空港での受け取り代500円となり、合計3,800円となります。

おすすめの海外用レンタルWi-Fi④Wi-Ho!(ワイホー)

3つめのおすすめの海外用レンタルWi-Fiは、「Wi-Ho!」です。

2017年には「RBB TODAY」というブロードバンド情報サイトで、「モバイルアワード海外利用部門 モバイルWi-Fiレンタル 満足度」で6冠を達成した実績があります。

モノ自体の性能やスペックがとても優れている海外用レンタルWiFiと言えます。

達成した6冠
  • 総合
  • 対応エリア
  • 通信速度
  • 料金
  • サポート体制
  • 端末の使いやすさ

韓国の場合、料金は、300MB/日(現地受け取り)が750円となっていますので、3日借りるとしたら2,250円です。

補償オプションのあんしん保証は(3日分)で990円、商品手配手数料は550円となっており、合計は、3,790円となります。

おすすめの海外用レンタルWi-Fi④JAL ABC

4つめのおすすめの海外用レンタルWi-Fiは、「JAL ABC」です。

「JAL ABC」の特徴は、データ無制限プランがとってもお得であることです。対象国は全28国と限られていますが、渡航先がアメリカでも韓国でも、Web申し込みで1日1,000円です。

他のレンタル会社のデータ無制限プランが2,000円前後なのを考えるとかなり安いです。

「JAL ABC」は、日本航空(JAL)のグループ会社なのもあって、JALマイレージがレンタル機器1台につき、200マイルがたまります。

おすすめの海外用レンタルWi-Fi4社の比較

これまで、おすすめの海外レンタルWi-Fi4社を紹介してきましたが、それぞれの会社の特徴を下の表にまとめました。

イモトのWi-FiグローバルWi-FiWi-Ho!JAL ABC
特徴業界最安値国内外に受け取りカウンターがあり、受け取り場所が最も多いスペックが高いデータ無制限プランが1,000円と業界最安値
公式サイト

1日の料金の安さを踏まえると、「イモトのWi-Fi」がおすすめです。また、データ無制限プランを使いたい方は、「JAL ABC」が良いでしょう。

どの会社も早割を導入していますので、契約を考えられる方は、早めの申し込みをおすすめします。

おすすめの海外用レンタルWi-Fiのまとめ

今回の記事では、海外でインターネットを使う方法や、海外旅行に行く際に、おすすめのレンタルWi-Fi会社について紹介しました。

海外用Wi-Fiをレンタルしなくても海外でインターネットを使うことはできますが、料金やセキュリティのことを考えると、日本でWi-Fiを契約して携帯した方が良いでしょう。

4つのレンタル会社を紹介しましたが、それぞれ特徴がありますので、あなたのニーズにあった会社を選んで、良い旅にしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

ひろき

作業療法士として、発達障がい児に対する療育を仕事にしています。調査データや研究結果を引用して、できるだけ根拠に基づく記事執筆をモットーにしています。客観性を大切にしつつ、読者に寄り添った記事を書くように心がけています。