【日本ー香港】飛行機の料金や飛行時間、市内までの交通手段を紹介!

香港へ旅行しようと思ったときに、「日本から香港へ飛行機の直行便はあるの?飛行時間は?」と気になりますよね。他にも、料金や時差なども気になってくるでしょう。

本記事では、日本から香港への飛行機の情報を紹介していきます。空港から市内までの移動手段や日本と香港の時差なども合わせて紹介していきますので、香港へ旅行を計画している方はぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

【日本ー香港】直行便はある?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A9%BA%E6%B8%AF-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%A5%B3%E6%80%A7-2373727/

まず始めに、日本から香港への直行便があるのか確認していきましょう。2020年4月現在、日本から香港への直行便は、以下の6つの空港から利用することができます。

空港一覧
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 関西空港
  • 中部空港
  • 新千歳空港
  • 沖縄空港

わざわざ東京や大阪に行かなくても近くの空港からアクセスできるのは嬉しいポイントですね。

毎日運航している空港もあればそうでない空港もあるので、利用する予定のある空港のスケジュールは事前にチェックするようにしておきましょう。

スポンサーリンク

【日本ー香港】飛行機の所要時間

次に、日本から香港への飛行機の所要時間を確認していきましょう。下記の表は各航路ごとのフライト時間になります。(下記の飛行時間は直行便の飛行時間です。)

飛行時間は、空港の混雑やフライトスケジュールによって変動するので、目安として参考にして下さい。

出発地 到着地 所要時間
成田空港 香港国際空港 約5時間
羽田空港
中部空港
関西空港 約4時間
新千歳空港 約5時間30分
沖縄空港 約2時間30分

【日本ー香港】飛行機の料金

最寄りの空港から香港までどのくらい時間がかかるのかわかったところで、次に料金が気になるところだと思います。

飛行機の料金を空港ごとに下記の表にまとめてみました。飛行機の料金は、予約する時期やシーズンによって変動するので目安として参考にして下さい。(下記の料金は、片道料金となります。)

料金一覧
  • 成田空港:¥10,390~
  • 羽田空港:¥10,340~
  • 中部空港:¥10,180~
  • 関西空港:¥10,830~
  • 新千歳空港:¥19,420~
  • 沖縄空港:¥7,730~

航空券の早割を受けたり、ゴールデンウィークなどの観光シーズンを避けたりすれば、通常よりも安く購入することが可能です。

また、利用する航空会社や日時によって料金は変動するので、様々なパターンで比較することがおすすめです。

スポンサーリンク

【日本ー香港】飛行機の直行便と経由便はどちらがおすすめ?

次に、日本から香港への飛行機の直行便と経由便どちらがおすすめなのか紹介していきます。

日本から香港へは、基本的にどの空港からでも直行便は運航していますが、中には北京を経由して運航する便もいくつかあります。

しかし、料金的には直行便とほとんど変わりませんが、経由便は所要時間がおよそ6~7時間ほどかかってしまいます。

なので、時間の節約や体の疲れのことを考えると直行便を選ぶことをおすすめします。

【日本ー香港】飛行機のコードシェア便とは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BC%9A%E7%A4%BE-%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-b-747-2908745/

航空券を検索していると「コードシェア便」という言葉を見掛けると思います。日本と香港間ですと、JALとキャセイパシフィック航空で「コードシェア」を行なっています。

コードシェア便とは、2社以上の航空会社が1つの飛行機を共同運航している便のことです。

コードシェア便の例
  • 購入先:JAL・キャセイパシフィック航空
  • 運航会社:キャセイパシフィック航空
  • 乗務員・サービス:キャセイパシフィック航空
  • チェックイン:キャセイパシフィック航空

今回は、コードシェアを行っている「キャセイパシフィック航空」と「JAL」を例に挙げてみます。

上記のように、「JAL」からも香港行きの航空券を購入できますが、運航会社は「キャセイパシフィック航空」となります。

この場合、チェックインは「キャセイパシフィック航空」のカウンターとなるので注意が必要です。また、乗車する機体・乗務員・サービスも「キャセイパシフィック航空」となります。

2020年5月現在、コードシェア便は成田、羽田、関空、中部、新千歳で利用することができます。

スポンサーリンク

飛行機で香港に到着後の市内までの移動手段

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF-381233/

次に、飛行機で香港空港に到着したあと、市内までの移動手段を見ていきましょう。

香港空港から市内に移動する交通手段は、タクシー・エアポートバス(高速バス)・エアポートエクスプレス(急行列車)があります。下記の表に移動手段ごとの料金と移動時間をまとめました。

移動手段 タクシー エアポートバス エアポートエクスプレス
移動時間 約45分 約40分 約20分
料金 約4,200円 約460円 約1,400円

上の表をみてもらったらわかるように、タクシーは他の交通手段と比べるとかなり割高となっているので、香港市内までの移動手段はエアポートバスかエアポートエクスプレスを利用するのがおすすめです。

香港市内へ直行するなら高速エアポートエクスプレスがおすすめ!

香港空港から香港市内への交通手段を紹介しましたが、特におすすめの交通手段はエアポートエクスプレスです。

移動時間は約20分と空港としないを結ぶ最速の交通手段であり、他の交通手段と比べて移動時間も約半分ほどで済みます。

また、空港エクスプレスは10分おきに定刻通りに到着するので長時間待つ心配もありません。

車内の荷物スペースも十分に確保されていて、無料Wi-FiやUSB充電も利用することができるのは嬉しいポイントです。快適に香港空港から市内まで移動するならエアポートエクスプレスを利用しましょう。

日本と香港の時差はどれくらい?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%9B%B2-%E7%99%BD%E3%81%84%E9%9B%B2-%E7%A9%8D%E9%9B%B2-%E5%A4%A9%E5%80%99-5026680/

日本と香港の時差は約1時間となっており、日本の方が香港よりも1時間早く進んでいます。例えば、日本が昼の12時の場合、香港の時間は午前11時となりますね。

ほとんど日本と変わらないので、国内旅行と同じ感覚で問題ありません。時差に関しては心配はないですが、5月頃の温かくなり始めた時期は、室外の気温差に注意が必要です。

日本が暑いからと言って薄着で行くと、香港の強烈な冷房で身体が冷えてしまうことも少なくありません。

香港へ行く際は、温度調節できる服装で旅行するようにしましょう。

香港の旅行費用を安く抑えるには?

「少しでも香港への旅行費用が安くならないかな?」こんな風に思ったら、LCCの香港ツアーをチェックしましょう。

ツアー料金ということもあり、通常の飛行機とホテルの料金と比べると破格の金額で利用できることもあります。

観光もばっちりできてかなりお得な金額のツアープランがありますし、効率的に観光名所を回ることができるので、香港への観光旅行が初めてという方にはLCC利用のツアーを特におススメしますよ。

【日本ー香港】飛行機まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%A9%BA%E6%B8%AF-%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F-%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4-3511342/

日本から香港へは、各空港から直行便を利用して行くようにしましょう。経由便は料金自体はあまり変わりませんが、所要時間が増えるのでおすすめしません。

また、香港空港から香港市内への移動手段もエアポートエクスプレスがおすすめです。

時差や季節は日本とあまり変わりありませんが、温度調節できる服装で旅行することをおすすめします。

本記事を参考にして、楽しい香港旅行にしてもらえたら幸せです。最後まで読んでいただきありがとうございます。