美食の地、香港の厳選したグルメを8つ紹介!【スイーツもあり!】

美食の地として知られる香港ですが、旅行に行く前にどんなグルメがあるのか、おすすめなグルメが何なのか知っておきたいですよね。そんなあなたのために、香港グルメの特徴やお店について紹介します。

この記事のグルメ紹介は、ごはん系5つとスイーツ系3つを厳選しているので、グルメに迷ったら紹介しているお店に行けば間違いありません!

ぜひ、最後まで読み進めて香港旅行へ行ったときの参考にしてくださいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/香港-中国-市-中国語-383963/)

スポンサーリンク

香港グルメの特徴

出典:https://pixabay.com/ja/photos/料理-中華鍋-中国語-アジア-1835369/

中国南部に位置する香港は、中国4大料理の1つ広東料理が普及しています。そのため香港では、広東料理を中心としたグルメが楽しめますよ。広東料理の代表的なものは、以下の通りです。

広東料理の例
  • シュウマイ
  • 小籠包
  • ワンタンメン など

日本でもなじみ深い料理ばかりですよね。とはいえ、香港に行くからには「本場の広東料理を楽しみたい」とは思いませんか?ここからは、お店とともにおすすめな香港グルメを紹介していきます。

スポンサーリンク

香港おすすめグルメ①焼売(シュウマイ)

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1665594?title=%E7%84%BC%E5%A3%B2

はじめに紹介するのは、焼売(シュウマイ)です。香港でシュウマイは、庶民の味として広く親しまれています。日本でもシュウマイは食卓に並ぶことがあるので、とてもなじみ深いですよね。

「香港で本場の焼売を楽しみたい」そんな人は、『一點心』の焼売がおすすめです。一點心の焼売は、ふっくらジューシーで何個でも食べられる美味しさですよ。

美味しいと聞くと、ついつい多く頼みたくなる気持ちになることでしょう。しかし、1つの焼売の大きさが日本と比べ大きいので、1度に多く頼まないよう注意してください。

昼食や夕食の時間帯は、行列ができるので時間には余裕を持つようにしましょう。時間が無い場合は、テイクアウトもおすすめです。

メニューの中に、アルコール類のドリンクがありません。飲みたい場合は、ドリンクの持ち込みがOKなので持参するようにしましょう。

一點心の基本情報
  • 住所:香港運動場道15號京華大廈地舖1-2號
  • 電話番号:(+852)27892280
  • 営業時間:[月~金]11:00~24:00 [土・日]10:00~24:00
  • 定休日:無休
  • 予算:1人あたり約2,000円(約144香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック

香港おすすめグルメ②小籠包

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/3097462?title=%E5%B0%8F%E7%B1%A0%E5%8C%85

2つ目に紹介するのは、小籠包です。日本の中華街でも小籠包は人気ですよね。本場の小籠包と食べ比べをしておきたいところでしょう。

小籠包を食べるのであれば、翡翠拉麺小籠包』がおすすめです。薄めの皮で食べやすくジュワリとした肉汁が口いっぱいに広がるので、とても美味しいですよ。

お店が香港国際空港内にあるため、到着してすぐ食べに行くのもおすすめです。しかし、朝食や昼食の時間帯は客が多く、小籠包が提供されるまでに時間が掛かるので注意しましょう。

翡翠拉麺小籠包の基本情報
  • 住所:香港國際機場1號客運大樓5T160號舖
  • 電話番号:(+852)22610553
  • 営業時間:6:30~23:30
  • 定休日:無休
  • 予算:1人あたり約2,000円(約144香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック
スポンサーリンク

香港おすすめグルメ③酢豚

出典:https://pixabay.com/ja/photos/酢豚-咕噜肉-中国語-皿-1264563/

3つ目に紹介するのは、酢豚です。酢豚は、中華でも定番の料理ですよね。酢豚を食べるなら、ミシュランを取得している『彭慶記食家』へ行けば間違いありません。

彭慶記食家の酢豚は、中にイチゴが入っていることで知られており、日本人観光客だけでなく世界中の観光客から人気を集めています。

人によっては、「酢豚の中に、イチゴはあり得ない」と思うでしょう。ですが酢豚の味は、ミシュランガイドお墨付きで、酢豚の風味を甘酸っぱいイチゴが引き立てて大変美味しいです。

イチゴ入りの酢豚は、彭慶記食家でしか食べられません。また、インパクトも強いので旅行の思い出になること間違いないでしょう。酢豚以外の料理も絶品なので、ぜひ行ってみてくださいね!

彭慶記食家の基本情報
  • 住所:跑馬地奕蔭街25號地下
  • 電話番号:(+852)28385462
  • 営業時間:11:00~23:00
  • 定休日:不定休
  • 予算:1人あたり約5,000円(約360香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック

香港おすすめグルメ④ワンタンメン

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1159247?title=%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%90%8D%E7%89%A9

4つ目に紹介するのは、ワンタンメンです。日本のワンタンといえば、1口サイズなものをイメージし、美味しいけれど物足りなさを感じる人もいるでしょう。

「美味しくて、ボリュームのあるワンタンを食べたい」という人は、『沾仔記がおすすめです

沾仔記で食べられるワンタンの大きさは、赤ちゃんの握りこぶしほどあるのでボリューム満点!ワンタンの中に入っている、エビもプリプリで味も文句なしです。あなたの胃袋を満たしてくれますよ。

口コミを見ると、香港旅行のたびに訪れている人や、リピートしたいと思っている人がたくさんいることがわかりました。あなたも、沾仔記のワンタンメンを食べるときっと虜になりますよ。

ワンタンの中にはエビが入っているので、アレルギーがある人は気をつけましょう。アレルギーがある人は、ワンタンではありませんが、牛肉麺や魚のつみれ麺もボリュームがあり美味しいのでおすすめです。

沾仔記の基本情報
  • 住所:中環威霊頓街98号地下
  • 電話番号:(+852)28506471
  • 営業時間:9:00~22:00
  • 定休日:旧正月3日間、大晦日
  • 予算:1人あたり約1,000円(約72香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック
スポンサーリンク

香港おすすめグルメ⑤酥皮焗叉燒包(ベイクドチャーシューパオ)

5つ目に紹介するのは、酥皮焗叉燒包(ベイクドチャーシューパオ)です。名前だけ聞くと、どんな料理かピンとこない人がほとんどですよね。

簡単に説明すると、サクサクなパン生地の中にチャーシューが入った料理です。「どんなものか食べたみたい」と気になるでしょう。そんな人は、添好運』へ行ってみましょう

味はほんのりシナモンの香りがする甘い生地と、中の甘辛いチャーシューがベストマッチで、思わず声が出てしまうほどの美味しさです。少し濃い味なので、お酒のアテにもピッタリですよ。

また、価格も低め(酥皮焗叉燒包は3個入りが580円)なので、地元住民・観光客問わず大変人気です。そのため添好運は、昼夜問わず混雑しているので、行くときは時間に余裕を持つようにしましょう。

日本にも添好運はありますが、香港の深水埗店だけがミシュランを取得しています。世界一安いミシュランレストランで知られているので、低価格でミシュランの味を楽しみたい人は行くべきです。

添好運の基本情報
  • 住所:深水埗福榮街9-11號地舖
  • 電話番号:(+852)27881226
  • 営業時間:[月~金]10:00~21:30 [土・日]9:00~21:00
  • 定休日:新春期間(2020年は1月25日~27日)
  • 予算:1人あたり約2,000円(約144香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック

香港おすすめグルメ【スイーツ】①亀苓膏(亀ゼリー)

香港のグルメは、ごはんばかりでなく魅力的なスイーツもたくさんあります。ここからは、厳選した香港のスイーツを3つ紹介しますね!1つ目に紹介するのは、亀苓膏(亀ゼリー)です。

亀苓膏とは、香港に古くから伝わる薬膳スイーツで、亀の成分や漢方を使用し作られたゼリーのことです。美肌やデトックスなどの効果があるので、若い女性から人気ですよ。

そんな亀苓膏を楽しみたい人は、『恭和堂』へ行くと良いでしょう。恭和堂は、香港で1番歴史のある亀苓膏の老舗で、昔から変わらない味を楽しめます。

亀苓膏の味ですが、亀の生臭さは一切なく漢方のような味でやや苦めです。なので、用意されているシロップをかけて食べるのがおすすめですよ。亀苓膏を通して、香港の昔ながらの味を楽しみましょう。

恭和堂の基本情報
  • 住所:旺角通菜街61號A地下
  • 電話番号:(+852)27804970
  • 営業時間:12:00~23:30
  • 定休日:無休
  • 予算:1人あたり約1,000円(約72香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック

香港おすすめグルメ【スイーツ】②エッグタルト

出典:https://pixabay.com/ja/photos/フレーク状のペストリー-406020/

2つ目に紹介するスイーツは、エッグタルトです。エッグタルトは、香港の中でも大変有名なスイーツで、様々なお店で販売されています。その中でも特におすすめなのが、『泰昌餅家』のエッグタルトです。

泰昌餅家は、香港の誰もが知る人気店で、古くから地元住民を中心に愛されています。

そんな泰昌餅家が作るエッグタルトは、口の中でホロッととろける生地と中のクリームがベストマッチで文句なしです。味は甘すぎず、たまごの風味がしっかりとしているので、何個でも食べられちゃいますよ!

エッグタルトはやみつきになってしまう可能性が非常に高いので、複数個購入するのがおすすめです。

泰昌餅家の基本情報
  • 住所:香港中環擺花街35號地下
  • 電話番号:(+852)83008301
  • 営業時間:7:30~21:00(日曜日・祝日8:30~21)
  • 休業日:無休
  • 予算:1人あたり約1,000円(約72ドル)
  • 地図:こちらをクリック

香港おすすめグルメ【スイーツ】③エッグワッフル

3つ目に紹介するスイーツは、エッグワッフルです。エッグワッフルは日本であまり知られていませんが、SNS映えすると海外では注目されています

そんなエッグワッフルを楽しめるのは、『Oddies』だけ!他では楽しめないので、ぜひ食べて欲しいスイーツです。

エッグワッフルは、カリカリもちもちで甘さが控えてあるので、たまごの味が引き立ちます。普通にエッグワッフルを食べるのも良いですが、特におすすめなのは、濃厚なジェラートをトッピングする食べ方です。

エッグワッフルと濃厚なジェラートの、相性抜群で絶品ですよ。立ち寄ったときは、SNS映えする写真を忘れず撮るようにしましょう。

Oddiesの基本情報
  • 住所:中環歌賦街45號號地下
  • 電話番号:(+852)95517972
  • 営業時間:12:30~22:00
  • 休業日:月曜日(不定休あり)
  • 予算:1人あたり約1,000円(約72香港ドル)
  • 地図:こちらをクリック

香港のグルメ まとめ

今回は、香港のグルメについて紹介してきました。ごはん・スイーツどちらも美味しいグルメがあると理解できたでしょう。香港に行くと、多くのグルメがあるので必ずと言っていいほど、何を食べるか迷ってしまいます。

折角の旅行で、迷って時間を無駄にするのは勿体ないですよね。何を食べるか迷いそうになったときは、この記事で紹介しているお店に立ち寄ってみてください。必ず心も胃袋も満たしてくれますよ。

美味しいグルメを満喫し、香港旅行が最高の思い出になることを願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

ヤード

サラリーマン・ブロガー・ライターと3足で生きる。 自由に行きたいが故にブロガー&ライターに着手! が、自由とは程遠い生活に・・・ 1つの目標は脱サラを視野にしてる24歳 野球大好きアイドルヲタ。仕事はサボってなんぼ! 仕事・野球を中心とした「ヤードブログ」運営中!