やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
ヨーロッパ・中東

【ミュンヘン】高級ホテルで豪華に宿泊しよう!絶対におすすめの8選

あなたは「せっかくミュンヘンに来たのなら、豪華なホテルに泊まって良い思い出を作りたい!だけど、ホテルが多過ぎてどこにすれば良いか分からない。」そう思っていませんか?

その気持ち分かります。私もホテル選びで悩んでいたらいつの間にか1時間が経っていた、といった経験があります。

そんなあなたに向けて、今回はミュンヘンの高級ホテルを8つ、特徴が分かりやすいように紹介します。この記事では主に各ホテルの客室の様子や備品、周辺状況などを書いています。

この記事を読むと、あなたの好みにあったホテルがきっと見つかりますので是非参考にしてください!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/アムステルダム-オランダ-ホテル-1998140/)

ミュンヘンの高級ホテルの特徴

ミュンヘンの高級ホテルは、その街独特の雰囲気があります。ミュンヘンには数多くの美術館や歴史的建造物があるため、それらに溶け込むように造られています。

また、オクトーバーフェストやクリスマスシーズンは特に予約が殺到するため、早めに予約をすることでお得に泊まることができます。

ホテルの一泊あたりの料金は、およそ¥15,000〜¥50,000あたりと日本と比べてそこまで変わりません。

【フィア・ヤーレスツァイテン・ケンピンスキー・ミュンヘン】

最初に紹介するのは、「フィア・ヤーレンスツァイテン・ケンピンスキー・ミュンヘン」です。ミュンヘンを代表するホテルであり各界の有名人御用達の素晴らしいホテルです。

マリエン広場から徒歩5分圏内にあり、観光の拠点におすすめです。周辺には高級ブティックが立ち並んでいるため、買い物も便利です。

客室は、全体的に暖色系の色調で優雅な時の流れを感じられます。まるで自分が貴族になったかのような気分を味わえるでしょう。

また、在ミュンヘン日本国総領事館が近いため、何かトラブルが起こった場合でも素早く対処できます。

施設情報

【ホテル・バイエリッシャー・ホフ】

次に紹介するのは、「ホテル・バイエリッシャー・ホフ」です。ここはマイケル・ジャクソンが愛用していたことで有名で歴史あるホテルです。

ホテルへはミュンヘン中央駅から直通10分で行くことができるトラムが一番便利でしょう。ホテルは最寄駅のMarienplatz(Theatinerstraße)駅から徒歩1分圏内の場所にあります。

グレードの高い部屋にはそれぞれテーマが設けられていて、ハリウッドスタイルや伯爵の寝室など様々です。自分の気分に合う部屋を選べるのが特徴的ですね。

館内にはスパやプールがあり、旅行で疲れた身体を癒すことができます。また、レストランは5軒あり、選択肢が多いのもこのホテルの魅力の1つです。

施設情報

【ホテル・ミュンヘン・パレス】

3つ目に紹介するのは、「ホテル・ミュンヘン・パレス」です。ボーゲンハウゼン地区という高級感漂う、閑静な住宅街に位置しており、居心地が良く落ち着きのあるホテルです。

中心地からは離れていますが、トラムや地下鉄を使えばマリエン広場周辺まで20分弱で辿り着けますので、そこまで不便さは感じないでしょう。

客室は白と黒のコントラストが特徴で、存分にエレガントさを感じられます。バスアメニティは英国王室御用達のモルトンブラウンで統一されています。

館内にはレストランがありますが、ホテル前に高級食材店があるため、こちらを利用してみるのも良いかもしれませんね。

施設情報

【ロッコ・フォルテ・ザ・チャールズ・ホテル】

4つ目に紹介するのは、「ロッコ・フォルテ・ザ チャールズ・ホテル」です。上品で洗練されており、絵画や彫刻などが随所に飾られているため、アートを身近に感じられるホテルです。

ミュンヘン中央駅から徒歩5分圏内にあります。ミュンヘン中央駅は、東京でいう東京駅のようなもので、電車や地下鉄、新幹線など移動手段が豊富です。

客室はミュンヘン市内の中では比較的広い造りとなっており、開放感があり居心地が良く過ごすことができます。

また、オープンテラスのレストラン、スパ、トルコ式サウナ、ゴルフコースなど設備が充実していて、ホテル内だけでも楽しめます。

施設情報

【ソフィテル・ミュンヘン・バイヤーポスト】

5つ目に紹介するのは、「ソフィテル・ミュンヘン・バイヤーポスト」です。ヴィルヘルム時代の建築様式を用いた建物は遺産登録がされています。

ミュンヘン中央駅から徒歩1分圏内のバイヤー通り沿いにあります。ミュンヘン中央駅周辺はホテルが密集しているので、間違えないよう注意してください。

客室は、重厚な外観とはガラリと変わって、現代的でスタイリッシュな内装です。バスアメニティは一流ブランドのエルメスで統一されています。

あなたもこのレトロモダンな雰囲気を体験しに一晩泊まってみてはどうですか?

施設情報
  • 住所: Bayerstrasse 12 80335 Munich, Germany
  • チェックイン時間/チェックアウト時間: 15:00 / 12:00
  • 公式サイト: https://www.sofitel-munich.com

【マンダリン・オリエンタル・ミュンヘン】

6つ目に紹介するのは、「マンダリン・オリエンタル・ミュンヘン」です。旧市街の中心部にあるラグジュアリーなホテルです。

ホテルへは地下鉄かトラムを利用すると良いでしょう。その際の最寄駅はIsator駅(地下鉄)、Kammerspiele駅(トラム)です。

部屋に関しては、東洋と西洋を調和させたような内装の部屋です。寄木張りの床が特徴的で高級感が漂っています。

館内のレストラン「マツヒサミュンヘン」では、日本とペルーの要素を取り入れた新感覚の料理が味わえます。

施設情報

【ホテル・ケーニヒスホフ・ミュンヘン】

7つ目に紹介するのは、「ホテル・ケーニヒスホフ」です。抜群のロケーションで長い歴史と風格のあるホテルです。

ミュンヘン中央駅からは徒歩10分圏内で、ホテル周辺にはトラム・地下鉄・バスなど移動手段が基本的に全て揃っており、移動には困りません。

客室は一流のインテリアやアメニティで統一されており、贅沢な雰囲気を味わうことができます。また、カールス広場の夜景を真正面から一望できるのも魅力的です。

館内にあるミシュラン星を獲得した「ケーニヒスホフ・グルメ・レストラン」では、ドイツ料理からインスピレーションを受けた季節の料理を味わえます。

2020年4月現在、建て替えのため休業中です。完成は2021年の予定です。

建て替え後は掲載している画像のような外観になるそうですよ。

施設情報

【ビヨンド・バイ・ガイゼル】

最後に紹介するのは、「ビヨンド・バイ・ガイゼル」です。新市庁舎を真正面から拝むことができる大変眺めの良い高級ホテルです。

これ以上にない立地で、マリエン広場・聖ペーター教会・バイエルン国立歌劇場などが徒歩1km圏内にあり、観光利用には最高の場所です。また、ホテルは地下鉄のMarienplatz駅の目の前にあります。

客室は豪華な内装で、間接照明が上品な雰囲気を醸し出しています。バスアメニティはAesopで統一されております。

ライトアップされた幻想的な新市庁舎をホテルから眺めることができるのは、このホテルならではと言えるでしょう。

施設情報
  • 住所: Marienplatz 22 80331 Munich, Germany
  • チェックイン時間/チェックアウト時間: 15:00 / 12:00
  • 公式サイト: https://www.beyond-muc.de

【まとめ】個人的に泊まってみたいホテルはここ!

今回は、ミュンヘンの中心地をメインに高級ホテルを8つ紹介しました!

個人的に最も泊まってみたいホテルは「ビヨンド・バイ・ガイゼル」です。ミュンヘンのシンボルとも言える新市庁舎をホテルから見るというのがなんとも粋で、一生の思い出になりそうですよね。

是非、あなたも高級ホテルに泊まって素敵な旅の思い出を作ってください!

この記事が、ミュンヘンのホテルを探す際のお役に立てていたら幸いです。

ABOUT ME
シンイ
フリーランスに憧れる21歳の私文大学生です!就活も同時並行してやっています。 食べることが好きで四六時中次何を食べようか考えています。 目標は「半年で100記事書く」です! よろしくお願いします。