ニューヨークの気温・気候は?ベストシーズン、季節の服装も紹介!

ニューヨークへ行く前に知りたいのが、気温・気候です。「冬が寒そう」というイメージはありますが、他の季節も気になりますよね。

本記事では、ニューヨークの気温・気候について詳しく解説していきます。

他にも、季節の特徴や服装、観光のベストシーズンも紹介するので、ぜひ参考にして下さい。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/ニューヨーク-3427458/)

スポンサーリンク

ニューヨークの気候

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ニューヨーク-ビュー-パノラマ-2198199/

ニューヨークの気候区分は、温暖湿潤気候です。日本のように四季がありますが、春と秋が短く、冬が長いのが特徴です。

夏は高温多湿であり、東京と似たような暑さとなります。高層ビルが多いため、熱が溜まりやすく、「ヒートアイランド現象」が起きることもあります。

また、「サンダーストーム」と呼ばれる雷雨が発生することもあるので注意が必要です。

一方、ニューヨークの冬は、厳しい寒さが続きます。雪が降る日や氷点下を記録する日も多いです。

スポンサーリンク

ニューヨークの気温

ニューヨークの気温は、季節によって大きく異なります。4月・5月は春の陽気であり、1年の中でも過ごしやすい気温です。

夏にあたる6月〜9月は、平均最高気温が26℃〜29℃です。特に7月・8月は、30℃以上の真夏日が続きます。

秋の10月・11月は、冬への移行期間であり、肌寒さを感じる日も多いです。初冬でもある11月は、冬のような寒さも感じます。

12月から3月かけては、冬の厳しい寒さが続きます。平均最高気温は10℃以下、平均最低気温は−3℃前後です。下記の表は、月ごとの平均気温(平年値)です。

月平均気温(℃)
1月 1.0
2月 2.0
3月 5.9
4月 11.6
5月 17.1
6月 22.4
7月 25.3
8月 24.8
9月 20.8
10月 14.7
11月 9.2
12月 3.7
参考:気象庁

ニューヨークの降水量

下記の表は、月ごとの降水量(平年値)です。1年を通して雨の日があり、特に夏場は雨が多くなります。

気候の章でも紹介しましたが、「サンダーストーム」と呼ばれる雷雨には注意が必要です。

また、ニューヨークの傘は、日本のように機能的な物ばかりではありません。すぐに壊れる物もあるので、事前に雨具を用意しておきましょう。

月降水量(mm)
1月 82.5
2月 67.8
3月 105.1
4月 102.1
5月 97.3
6月 101.8
7月 111.4
8月 107.9
9月 94.5
10月 96.9
11月 87.8
12月 90.3
参考:気象庁
スポンサーリンク

ニューヨークの春(4月〜5月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ニューヨーク市-中央公園-春-3367571/

ニューヨークの春は、1年の中でも過ごしやすい気温となります。平均最高気温は4月が約16℃、5月が約20℃です。

日本の春と同じような服装で問題ありません。ただし、最低気温と差が10℃近いこともあるので、ジャケットやカーディガンがあると便利です。

5月からは少しずつ気温が上昇していきます。日差しが強くなるので、紫外線対策が必要となります。

日焼け止めクリームはもちろん、サングラスや帽子などがあると安心です。

ニューヨークの夏(6月〜9月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ブルックリンブリッジ-4586905/

ニューヨークの夏は、高温湿潤であり、日本のように暑くなります。初夏は雨が降る日が多く、その後気温が一気に上がります。

夏の平均最高気温は26℃〜29℃、平均最低気温は17℃〜21℃です。また、7月・8月は30℃を超える真夏日が続きます。

半袖にショーツがおすすめですが、デパート・レストラン・交通機関などは、冷房が強く効いています。薄手のジャケットやカーディガンがあると安心です。

夏は日差しが強いので、日焼け止めクリーム・サングラス・帽子も準備しておきましょう。9月になれば、少しずつ気温が落ち着いてきます。

夏場は雨が多いので、雨具を携帯しておきましょう。また、ハリケーンやサンダーストーム、ヒートアイランド現象には注意が必要です。

スポンサーリンク

ニューヨークの秋(10月〜11月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/中央公園-ニューヨーク市-都市-1804588/

ニューヨークの秋は非常に短く、冬への移行期間となります。10月は最高気温が20℃前後となり、日中は過ごしやすい気温になります。

ただし、朝晩は冷え込むので注意が必要です。フリースやセーターを着用し、肌寒い時には薄手のジャケットがあると便利です。

11月からは気温が下がり、平均最高気温は12℃、最低平均気温は5℃になります。雪が降ることは少ないですが、防寒対策が必要です。

厚手のジャケットやコートを着用し、マフラーや手袋も準備しておきましょう。

ニューヨークの冬(12月〜3月):気温と服装

出典:https://pixabay.com/ja/photos/冬-公園-冷-雪-木-都市-3772616/

ニューヨークの冬は長く、厳しい寒さが続きます。ビル風もあるため、徹底した防寒対策が必要です。

冬の平均最高気温は10℃以下であり、平均最低気温は−3℃前後になります。雪が降る日も多いので、ブーツや防水性の高い靴がおすすめです。

厚手のコートやダウンジャケットを着用し、マフラーや手袋など防寒具も用意しておきましょう。寒さを超えて痛みを感じることもあるので、ニット帽や耳当てもあるとより安心です。

また、屋内では暖房が効いている所も多いので、体温調節のしやすい服装がおすすめです。3月頃から気温が上がり、少しずつ暖かくなっていきます。

ニューヨークのベストシーズン

出典:https://pixabay.com/ja/photos/自由の女神-リバティ島-1075752/

ニューヨークのベストシーズンは、春の4月〜5月秋の10月〜11月です。最も過ごしやすい気温・気候なので、観光にもピッタリです。

また、春にはイースターパレードや桜祭り、秋にはハロウィンやブラックフライデーなどイベントが盛り沢山です。

春と秋がおすすめですが、エンターテイメントが溢れるニューヨークは、どの季節も見所が満載です。

ベストシーズン以外で訪れる方は、気象情報を確認し、季節に合った服装で観光を楽しみましょう。

アメリカの気温表示は華氏(℉)

日本では、気温や温度を表示する時に「摂氏(℃)」が使われます。アメリカでは、「華氏(℉)」で表示されるので、少し戸惑うかもしれません。

摂氏・華氏の換算式
℃=(℉−32)×(5÷9)

華氏が「100℉」の場合、(100−32)×(5÷9)=「37.8℃」です。ざっくりと計算したい場合は、「℃=(℉−30)÷2」でおおよその気温が分かります。

水が凍る温度は32℉、沸騰する温度は212℉です。気温が32℉より低い場合は、氷点下となります。

ニューヨークの気温まとめ

日本と同様に、ニューヨークにも四季があります。春と秋が短く、冬が長いのが特徴です。

夏は日本のように暑く、冬は厳しい寒さとなります。季節によって気温・気候が異なるので、服装にも注意が必要です。

降水量は夏場が多いですが、年間を通して雨が降ります。壊れやすい傘も多いので、日本から雨具を持参するのがおすすめです。

また、急激な気温の上昇・雷雨・大雪など、気象が不安定になることもあります。事前に気象を確認しながら、ニューヨークを楽しみましょう。