アニメ映画・時をかける少女の聖地巡礼スポット7選!

2006年に公開されたアニメ映画、細田守監督作品のアニメ映画「時をかける少女」男女問わず幅広い年齢層に人気の映画です。

時をかける少女は上野をはじめとする東京の中心部が舞台となっています。キャラクター達が通う学校や公園など、映画で重要なシーンとなる場所の舞台となった聖地巡礼スポットを7つ紹介します。

(トップ画像出典:https://promo.kadokawa.co.jp/tokikake/#firstPage)

スポンサーリンク

アニメ・時をかける少女のあらすじ

高校2年生の紺野真琴は学校の理科室で「クルミ」を割ってしまったことで、タイムリープの力を手に入れます。はじめは半信半疑でしたが、試しにタイムリープしてみると成功するのでした。

自由にタイムリープができるとわかった真琴は、何度もタイムリープして日常を満喫します。声がかれるまでカラオケで歌ったり、友人と気が済むまで野球をプレイしたりします。

「なにがあってもタイムリープすればいい」そう考えていた矢先でした。真琴にとって大切な時間が失われる可能性が待ち受けていたのです。

スポンサーリンク

時をかける少女の聖地巡礼スポット・東京女子大学

出典:http://www.twcu.ac.jp/univ/about/

  • 東京都杉並区善福寺2-6-1

東京都杉並区にある東京女子大学善福寺キャンパス。時をかける少女の主人公・紺野真琴や友人達が通う学校のモデルとなった場所です。

映画で出てくる校舎の外観をはじめ、キャラクター達が駆け巡っていた校内まで、こと細かく描写されているため東京女子大学善福寺キャンパスと完全に一致しています。

学校に入って映画の雰囲気を楽しみたいところですが、東京女子大学は基本的に学生・関係者以外立ち入り禁止です。どうしても入りたい場合は、学祭などの一般公開をしている時に合わせて行きましょう。

時をかける少女の聖地巡礼スポット・中井駅

出典:https://shinjuku-loupe.info/p/member/70

  • 東京都新宿区中落合1-19-1

東京の中心部を走る西武鉄道にある中井駅。周辺には映画によく出てきたカラクリ時計や商店街があります。

映画では急な坂道に沿って商店街があり、坂の下に事故が起きる踏切が描かれています。ただ、実際には急な坂道はなく、ピッタリと映画と一致する踏み切りはありません。

カラクリ時計や街の構図は映画と似ているため、映画のポスターのような写真を撮ることは可能です。

スポンサーリンク

時をかける少女の聖地巡礼スポット・林芙美子記念館

出典:https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/fumiko/12/

  • 東京都新宿区中井2-20-1

西武鉄道・中井駅から徒歩10分のところに位置する林芙美子記念館。映画の中で真琴の家として登場します。

家の外観や家族が食事をしながら話しているリビングなど、家具や小物は違いますが建物の構図はしっかりと再現されています。

林芙美子記念館は入場料を支払えば、実際に中に入って見学することが可能です。建物の中は広く、静かで落ち着いた雰囲気を味わうことができます。定期的に展示会も行っているので併せてご覧ください。

時をかける少女の聖地巡礼スポット・哲学堂公園野球場

出典:https://tetsugakudo.jp/shisetsu/tetsugakudo/#i-3

  • 東京都中野区松が丘1-34-28

西武鉄道・中井駅から少し離れたところに位置する哲学堂公園の野球場。映画の中で、よく真琴が男友達の知昭と功介と一緒に野球をプレイしている場所です。

野球をプレイしているグラウンドや休憩スペース、木々が生い茂っている小道までそのまま再現されています。

真琴たちのようにバットとクラブを持って野球をしたいところですが、野球のグラウンドの利用には受付が必要です。グラウンドの中まで入りたい場合は、事前に確認と受付をしておきましょう。

スポンサーリンク

時をかける少女の聖地巡礼スポット・面影橋駅北側

  • 面影橋駅北側

都営荒川線・面影橋駅を降りて北側に進み、川を渡ったところに位置する分かれ道と坂道。真琴と知昭と功介達の通学路として登場します。

三人が分かれる二股の道や、真琴が走りかけていく坂道や標識など、細かいものは違いますがおおよその構図はそのまま再現されています。

映画のようについ駆け下りたりジャンプしたりしたくなりますが、映画のシーンで出てくる場所は住宅街なので、騒いだりせず静かに映画の雰囲気を楽しむようにしましょう。

時をかける少女の聖地巡礼スポット・東京国立博物館

出典:https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=115

  • 東京都台東区上野公園13-9

JR・上野駅を動物園側から降りて進むとすぐのところにある東京国立博物館。知昭が見たかった絵が展示されていたり、魔女おばさんが仕事のために来ていた博物館です。

博物館前の構図は少し違いますが、博物館の外観や建物の中はまったく同じ構図で再現されています。

映画の聖地巡礼を楽しむだけではなく、是非博物館の展示物も見て回りましょう。どれも歴史が長く貴重な物ばかり展示されているので、とても勉強になります。

時をかける少女の聖地巡礼スポット・荒川河川敷

東京の中心部を流れる荒川は、色々な所から見ることができます。映画で出てくる荒川河川敷は、JP・北千住駅を降りて真っ直ぐ北へ行ったところです。近くには区立中央図書館があります。

映画では真琴と知昭が自転車に乗りながら話したり、ラストで知昭が「未来で待ってる」と真琴に伝えたシーンで荒川河川敷が映ります。

奥に見えるビルなどの建物は違いますが、雰囲気は映画そのものです。時間帯によって受ける印象が大きく変わるので、時間を変えて何度か訪れるのがオススメです。

聖地巡礼をする時の注意事項

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3-%E5%86%99%E7%9C%9F%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9-455747/

映画・時をかける少女の聖地巡礼スポットを紹介させていただきました。その中には住宅街や撮影禁止の場所などあります。場所ごとにあるルールを守って楽しく聖地巡礼をしましょう。

聖地巡礼スポットを荒らさない

聖地巡礼はその場所に行って雰囲気を味わう事が目的なので、物を壊したりゴミを捨てたりする行為は絶対にしてはいけません。

写真撮影の際は周囲への配慮をする

写真撮影をする際は必ず周囲の方に迷惑にならないように配慮しましょう。住宅街や建物の中での撮影の場合は、必ず撮影してもいいか確認するようにしましょう。

写真をSNS等に投稿する際は他の人が写っていないか確認する

SNS等ネットに写真を投稿する際、他の人が写っていないか確認しましょう。もし写っている場合は、モザイク加工などの処理をして個人がわからないようにする必要があります。

おわりに

映画・時をかける少女の聖地巡礼スポットを紹介してきました。ほとんどが観光地ではなく実際の生活圏なので、周辺に住んでいない限りは訪れることがなかった場所かもしれません。

各聖地巡礼スポットはわりと近い場所に位置しているので、電車やバスなどを使えば1日ですべて回ることができます。お散歩するつもりで1日かけて見て回ってはいかがでしょうか。

そして映画には出てきませんでしたが、聖地巡礼スポットの周辺には他にも見所がたくさんあるので併せて見に行くことをオススメします。

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

中村ありす

事務員として働きながら、フリーのイラストレーター・ライターを目指しています。依頼者に寄り添い、お互いが満足できることをモットーに活動しています。ブログやSNSで、オリジナルイラスト・漫画を公開中。ご依頼はHPやSNSから受付中。