やすたび
どこよりも、誰よりも安く良い旅を。女性のための旅行メディア
聖地巡礼・ロケ地巡り

【ロケ地8選】「超高速!参勤交代」を楽しめるおすすめスポット

「「超高速!参勤交代」笑いあり、人情ありの面白い映画だったな。映画ではところどころキレイな風景が映し出されてたけど、どこなんだろう。行ってみたい・・・。」

「超高速!参勤交代」は、福島県にある湯長谷藩の藩主、内藤政醇(ないとうまさあき)が5日間という短期間で江戸へ参勤交代するストーリーでした。

この記事では、「超高速!参勤交代」に使われたロケ地を8つ紹介していきます。ロケ地へ行ってみて、「超高速!参勤交代」の舞台とストーリーを肌で味わってみてはいかがでしょうか。

アイキャッチ画像出典:https://www.pakutaso.com/20171124326post-14166.html

「超高速!参勤交代」の山形のロケ地一覧

「超高速!参勤交代」のロケ地は、主に山形で多くの撮影がされていました。判明している一部のロケ地は以下のようになっています。

山形のロケ地一覧
  • 【鶴岡市】― スタジオセディック庄内オープンセット
  • 【戸沢村】― 幻想の森
  • 【酒田市】― 庄内海岸
  • 【山形市】― 霞城公園
やすたび編集部
やすたび編集部

物語の主人公、内藤政醇が藩主を務める、湯長谷藩がある福島県いわき市がロケ地として使われていませんが、続編の「超高速!参勤交代リターンズ」で念願叶って使われました。

「超高速!参勤交代」のロケ地①「スタジオセディック庄内」

http://openset.s-sedic.jp/

まずは、山形県鶴岡市にある「スタジオセディック庄内オープンセット」を紹介します。「超高速!参勤交代」では、湯長谷藩の農村地帯のロケ地に使われ、自然豊かな農村が映し出されていました。

まるで、江戸時代にタイムスリップしたかのような古き農民の風景を堪能できるので、作中の湯長谷藩の暮らしぶりがどういうものかを体感できます。

スタジオセディック庄内オープンセットの情報
  • 【所在地】― 山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山 102
  • 【営業時間①】― 4月28日(土)から9月30日(日)、9:00~17:00(最終入場時間16:00まで)
  • 【営業時間②】― 10月1日(月)から11月11日(日)、9:00~16:00(最終入場15:00まで)
  • 【入場料金(税込価格)】― 大人(中学生以上)1300円、子供(小学生)900円、幼児(未就学児)無料
  • 【自動車でのアクセス】― JR鶴岡駅より約20km、庄内空港より一般道で約10km、山形道 庄内あさひI.C.より約18km、山形道 鶴岡I.C.より約21km、日本海東北道 鶴岡西I.C.より約24km

「超高速!参勤交代」のロケ地②「幻想の森」

「超高速!参勤交代」のロケ地で次に紹介するのが、山形県戸沢村にある「幻想の森」です。

「超高速!参勤交代」の作中では、刺客と戦う殺陣シーンや、参勤交代の移動中のシーンで撮影されました。

樹齢数百年の樹木や千年を超える樹木たちが、訪れる人を江戸時代へと誘うような太古のロマン溢れる秘境です。内藤政醇たちもこの道を歩いて、刺客と戦ったことを肌で感じられるでしょう。

幻想の森の情報
  • 【所在地】― 山形県最上郡戸沢村最上峡
  • 【自動車でのアクセス】― JR高屋駅から20分
  • 【散策可能時期】― 6月~11月

やすたび編集部
やすたび編集部

林道は道幅が狭いので、車のすれ違いなど運転には気をつけて下さい。

「超高速!参勤交代」のロケ地③「庄内海岸」

「超高速参勤交代」の3つめに紹介するロケ地が、「庄内海岸」です。「庄内海岸」は、遊佐町から鶴岡市までの34kmに連なる海岸です。

「超高速参勤交代」の作中では、参勤交代中の移動シーンで使われていました。ロケ地を調査したのですが、「庄内海岸」のどの場所で撮影されたかは不明です。

「庄内海岸」は日本海に面した美しい海ですが、内藤政醇たちはそんな暇もなく、急いでいました。

海岸を走ってみると、内藤政醇たちと一緒に走っているかのような気持ちになれますよ。

庄内海岸の情報
  • 【所在地】― 山形県遊佐町、酒田市、鶴岡市
  • 【アクセス(湯野浜海水浴場の場合)】― JR鶴岡駅からバスで40分

「超高速!参勤交代」のロケ地④「霞城公園」

「超高速!参勤交代」のロケ地で4つ目に紹介するのが、「霞城公園」です。

「超高速!参勤交代」では、クライマックスの場面で撮影され、内藤政醇がやっとの思いで参勤交代で江戸藩にたどり着いたことを、老中に報告するシーンで使われました。

ちなみに、クライマックスシーンは、「霞城公園」の東大手門で撮影されました。

霞城公園の情報
  • 【所在地】― 山形市霞城町1-1
  • 【公開時間】― 4月から11月:5:00~22:00、12月から3月:5:30~22:00(無休)
  • 【アクセス】― JR山形駅から徒歩10分

霞城の桜は天然記念物として認定され、地元の人や観光客から愛されています。また、霞城も日本百名城に認定されています。

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地一覧

https://www.pakutaso.com/20190702182post-21307.html

ここまで、山形にある「超高速!参勤交代」のロケ地を紹介しました。実は、山形以外にも撮影が行われています。判明しているロケ地は以下の通りです。

山形以外のロケ地一覧
  • 【兵庫県】― 篠山市:篠山城 大書院
  • 【福井県】― 池田町:かずら橋
  • 【静岡県】― 島田市:蓬莱橋
  • 【京都府】― 京都市:松竹撮影所京都スタジオ

「超高速!参勤交代」は江戸への参勤交代のストーリーですが、東京で撮影していないのが意外です。

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地①「蓬莱橋」

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地で、まずは「蓬莱橋」を紹介します。「蓬莱橋」は1869年の明治時代からある木造の橋です。「世界一長い木造歩道橋」として、ギネスにも認定されました。

「超高速!参勤交代」では、冒頭で内藤政醇が湯長谷藩に戻ってくるシーンや、クライマックスで江戸に入るシーンにも使われました。

「超高速!参勤交代」では、「蓬莱橋」が映るシーンが多いため、どれだけ長い木造橋を渡ったかがよく分かります。

「蓬莱橋」を歩けば、内藤政醇たちがどんな思いで湯長谷藩に帰ってきたのか、また、苦難の参勤交代の末に江戸へ入ってきたのかが伝わるでしょう。

蓬莱橋の情報
  • 【所在地】― 静岡県島田市南2丁目22−14
  • 【アクセス】― JR島田駅から車で5分、徒歩20分

やすたび編集部
やすたび編集部

裏話で、本当は島田市の「蓬莱橋」を使う予定ではなく、京都府八幡市の木津の「流れ橋」をロケ地として使う予定でした。

ですが、台風によって流れ橋が流されてしまい急遽、「蓬莱橋」を使うことになったんだとか・・・。

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地②「篠山城 大書院」

https://tourism.sasayama.jp/association/2013/01/post-48.html

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地で次に紹介するのが、「篠山城 大書院」です。

「篠山城 大書院」は、1609年に建てられた建造物で木造住宅建築としては規模が大きく、現存する建造物の中では京都の「二条城」の「二の丸御殿遠侍」に匹敵します。

「超高速!参勤交代」の作中では、内藤政醇が徳川吉宗に謁見するシーンなどで使われました。

「篠山城 大書院」を見学すれば、内藤政醇がどんな気持ちで徳川吉宗に謁見したかを感じ取れそうです。

篠山城 大書院の情報
  • 【所在地】― 兵庫県篠山市北新町2-3
  • 【入場料】― 大人400円、高校・大学性200円、小・中学生100円
  • 【公開時間】― 9:00〜17:00(受付16:30まで)
  • 【定休日】― 月曜日、年末年始(12月25日から翌1月1日)
  • 【アクセス①】― JR福知山線「篠山口駅」から神姫グリーンバス篠山営業所行「二階町」バス停下車 徒歩5分
  • 【アクセス②】― 舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口I.C.」より東へ約10分

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地③「かずら橋」

https://miyoshi-tourism.jp/spot/iyanokazurabashi/

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地で次に紹介するのが、「かずら橋」です。「かずら橋」は平家一族の伝説がある秘境の「祖谷」にかかっている橋です。

「超高速!参勤交代」の作中では、内藤政醇の部下たちが渡っていた橋で、その高さと橋の脆さでスリリングさが伝わってくるシーンでした。

「かずら橋」を渡ると、内藤政醇の部下たちがどんなスリリングさを味わったかを、身をもって体感できそうですね。

かずら橋の情報
  • 【所在地】― 福井県三好市西祖谷山村善徳162-2
  • 【入場料金】― 大人550円、子供(小学生)350円
  • 【営業時間】― 7時~18時30分(時期によって異なる)
  • 【定休日】― 年中無休
  • 【アクセス】―  JR大歩危駅より四国交通バス(かずら橋又は久保行き)、かずら橋バス停下車、徒歩5分

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地④「松竹撮影所」

「超高速!参勤交代」の山形以外のロケ地で最後に紹介するのが、「松竹撮影所京都スタジオ」です。時代劇でお馴染みの撮影所です。

「超高速!参勤交代」の作中では、終盤の殺陣シーンで使われました。内藤政醇たちがやっとの思いで江戸に近づいた時に待っていた、刺客たちと最終決戦を繰り広げた場所です。

内藤政醇たちと刺客たちとの戦いの激しさが、肌で感じられることでしょう。

松竹撮影所京都スタジオの情報
  • 【所在地】― 京都市右京区太秦堀ヶ内町12番地の9
  • 【アクセス①】―  JR嵯峨野線「太秦」下車 徒歩約6分、または嵐電(嵐山本線)「帷子ノ辻」下車 徒歩約3分
  • 【アクセス②】― 市バス11号系統、または京都バス(大覚寺、清滝、苔寺・すず虫寺、有栖川ゆき)「帷子ノ辻」下車 徒歩約2分

やすたび編集部
やすたび編集部

「松竹撮影所京都スタジオ」は、一般の方は通常入れませんが、ホームページにて見学受付を行っていることがありますので、見学したいならチェックしておきましょう。

「超高速!参勤交代」のロケ地まとめ

ここまで、「超高速!参勤交代」のロケ地を8つ紹介していきました。まとめますと以下のようになります。

スポット 都道府県 アクセス
スタジオセディック庄内オープンセット 山形 車でJR鶴岡駅より約20kmなど
幻想の森 山形 JR高屋駅から車で20分
庄内海岸 山形 鶴岡駅からバスで40分(湯野浜海水浴場の場合)
霞城公園 山形 JR山形駅から徒歩10分
蓬莱橋 静岡 JR島田駅から徒歩20分
篠山城 大書院 兵庫 JR福知山線「篠山口駅」からバスなど
かずら橋 福井 JR大歩危駅より四国交通バス
松竹撮影所京都スタジオ 京都 JR嵯峨野線「太秦」から徒歩6分など

内藤政醇が苦難を乗り越えて、江戸へたどり着いた気持ちをイメージしてみると楽しいです。どのロケ地も、「超高速!参勤交代」の時代である江戸時代の風景を楽しめます。

山形へ行ったときは、「霞城公園」が山形駅から徒歩10分で行きやすいのでおすすめです。

この記事を参考にして、「超高速!参勤交代」の舞台を、あなた自身で味わってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ふぉむ
介護職兼、Webライターやメディア運営・編集を行っているお魚さん。 20種類以上のジャンルに渡る記事を書き、クライアント様や自前メディアで上位表示を達成した記事多数。 各メディアのテイストに合わせたSEOライティングを得意とします。 自前メディアでは、水族館の魅力を伝える情報サイト「ふぉむすい」を運営しています。 「読者の想いに応える記事を書く」をモットーに活動中です。