【東京】夏も快適!ホットで涼しい観光スポット8選!

「夏に東京観光したいけど、暑いし歩くだけでも大変そう」と悩んでいる人いませんか?

東京では、インスタ映えする冷たいグルメや幻想的なアートによる涼しさなど、他では味わえない夏を体感できます。

本記事では、快適に過ごせるホットなスポットを8つ紹介。気持ちは熱く、体は涼しくいきましょう!是非、最後まで読み進めていってくださいね!

(トップ画像:https://pixabay.com/ja/photos/日本-東京-タワー-343444/)

スポンサーリンク

夏の東京観光へ行く前に

夏の東京はめちゃくちゃ暑いです。猛暑になると40℃近くまで上昇します。酷暑の移動はとても大変で、夏バテしてしまっては本末転倒です。

ワクワク感もありますが、ある程度のプランは立てておきましょう!東京は観光スポットが多いため、現地で考えると迷ってしまい、観光時間も減ってしまいます。

最高の思い出を残すためには、少しの計画こまめな水分補給が必須です!快適な東京観光にしましょう!

スポンサーリンク

夏の東京観光スポット①ソルビン(雪氷)原宿本店

出典:http://www.sulbing.jp/menu/by-material/injeolmi/492

夏と言えば、かき氷ですよね!頭がキーンとなるほど夢中になって食べてしまいます。

ソルビンは、2016年に日本へ上陸。韓国の伝統菓子をアレンジした新しいデザートを提供しています。韓国のかき氷ブームの火付け役であり、滑らかな口溶けは観光の暑さを忘れさせてくれます。

オススメのメニューは「きな粉餅ソルビン」。ソルビンの人気No.1メニューです!

ミルク氷のほのかな甘み、きな粉の香ばしさが口の中に広がっていきます。モチっとしたインジョルミ(韓国の伝統的なきな粉餅)にパリッとしたアーモンドをトッピング。クセになる食感ですよ!

ソルビン(雪氷)原宿本店
  • 住所:東京都渋谷区神宮前1-13-34 FPGリンクス原宿2F
  • 営業時間:10:30-20:00(ラストオーダー 19:30)
  • 定休日:不定休

夏の東京観光スポット②TIFFONIUM

VRとARによる新たなエンターテイメント。「魔法は思っていたより、ずっと近くにある。」をコンセプトに、仮想現実世界を体験するアトラクション施設です。

  • VR(バーチャル・リアリティ)
    五感や感覚を刺激して現実のように体験できる「仮想現実世界」を作り出す技術。
  • AR(オーグメンテッド・リアリティ)
    実際にある景色や地形、感覚にコンピューターが情報を付け加える技術。「拡張現実」とも言われる。

廃墟の館を突き進むホラーアトラクションは、恐怖による寒気を感じるでしょう。すぐにでも暑さから逃れたい方にオススメです。

ホラーが苦手な方もご安心を!幻想的な異世界を航海するファンタジーアトラクションもあり、自分にあった魔法の世界を体験できます。

常夏の東京から魔法の世界へ。暑さと共に、現実世界まで忘れてしまうかも。

TIFFONIUM(ティフォニウム)
  • 住所:東京都渋谷区宇田川町27-4 喜山ビル6階〜8階
  • 営業時間:10:00-21:30 (最終受付21:00)
スポンサーリンク

夏の東京観光スポット③阿波や壱兆

東中野にある人気そうめん店です。特徴的なコシのある太麺は、徳島の半田そうめんを使用しています。

阿波や壱兆の代名詞「すだちそうめん」には、「これでもかっ!」というほどのすだちがトッピングされ、見た目から涼しさを感じます。

他にも、ビーフシチューや食べるラー油を使ったユニークなそうめん。鶏の唐揚げ定食などのランチメニューまで幅広く展開。思いもよらないメニューと出会えるかもしれません。

夏の東京観光を彩りたい、暑さで食欲がない方にオススメのお店です!

阿波や壱兆
  • 住所:東京都中野区東中野1-58-11 セリタビル1階
  • 営業時間:11:00-05:00(月、水、木、金、土、日)
    11:00-23:00(火)
  • 定休日:無休(定休日なし。臨時休業はブログでお知らせ)

夏の東京観光スポット④森ビル デジタルアート ミュージアム

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス。2018年6月12日にオープンしたホットなスポットです!名前の長さにも注目ですね。

10,000㎡の複雑かつ立体的な世界。ただのアート鑑賞ではなく、身を投じて体感する幻想的ミュージアムです。境界線がなく、次々と押し寄せるデジタルアート。思考が追いつかないほどの非日常を体験できます。

デジタルによって生み出される自然は、心に風を吹かせます。アートから感じる夏の涼しさを体感してみましょう!

森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス
  • 住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン 2階
  • 開館時間:平日 10:00-19;00 土日祝 10:00-21:00
    ※最終入館:閉館1時間前 開館時期:シーズンにより変動
  • 休館日:第2・第4火曜日
    ※月により休館日の変動有り(来場前に要確認)
スポンサーリンク

夏の東京観光スポット⑤GINZA SIX

出典:https://ginza6.tokyo/facilities

言わずと知れた大人の街「銀座」。GINZA SIXは銀座エリア最大級の複合商業施設です。地上13階・地下6階に及ぶ館内には、日本初上陸を含む241の店舗が集結。

屋上庭園、館内にはアート作品が点在し、ショッピングだけでなく観光的要素も取り入れています。高級なイメージがある銀座ですが、外国人観光客も多く、気軽に入れる施設となっています。

涼しい館内で大人の時間を過ごすことができ、観光・食事・買い物の三拍子が揃った施設なので、行き先に困った方はプランの1つに!

GINZA SIX
  • 住所:東京都中央区銀座6-10-1
  • 営業時間:ショップ 10:30-20:30 レストラン 11:00-23:00 (店舗により異なる)
  • 定休日:不定休

夏の東京観光スポット⑥すみだ水族館

出典:https://www.sumida-aquarium.com/column/details/608/

「近づくと、もっと好きになる。」のキーワードを掲げ、来場者との距離を大切にしている水族館。国内最大級の屋内開放水槽は、動物たちの息遣いまで感じられます。

意外な人気スポットは浮遊するクラゲの群れ。生き物なのに、どこかアート的に見てしまう佇まい。不思議な空間を演出しています。

他にも、愛くるしいペンギンが見られるエリアから小笠原諸島の海を再現した「東京大水槽」まで。水の世界が生み出す、癒しと涼しさを体感しましょう!

館内は飲食物の持ち込みが可能です。手作り弁当で家族の時間を過ごすのもいいですね!

食べ歩きはご遠慮下さい。また、イベントにより一部利用できないことがあります。
すみだ水族館
  • 住所:東京都墨田区押上1丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F ・6F
  • 営業時間:9:00-21:00(受付終了は閉館1時間前)
    ※気象状況、季節により変動あり
  • 休館日:年中無休
    ※メンテナンス、イベントによる入場規制有り

夏の東京観光スポット⑦等々力渓谷

出典:https://www.gotokyo.org/jp/spot/27/index.html

世田谷区に渓谷があることをご存知ですか?等々力渓谷は、谷沢川で構成された東京23区内唯一の渓谷です。

30ヶ所以上から湧き出す水が、湿地を形成。生い茂った木々たちが、都会の世界を遠ざけます。甘味処や日本庭園もあり、ゆったりとした時間を過ごすのに最適です。

人工的な涼しさから、都会のオアシスへ。都会の渓谷が生むミスマッチな感覚を体験してみましょう!

等々力渓谷
  • 住所:東京都世田谷区等々力1-22、2-37〜38

夏の東京観光スポット⑧新木場 江戸前汽船

尾形船で遊覧する江戸前汽船。お台場コース、隅田川コースから選び、約2時間の周遊を楽しめます。水面から眺めるレインボーブリッジ、スカイツリーはより壮大に感じます。

名物月島もんじゃの食べ放題。飲み放題も付いているので、お酒を嗜みながら観光ができます。昼から運行していますが、夜景を堪能できる夜の尾形船がオススメ。夜風も涼しく、夏の東京観光にはピッタリです。

  • コースによって出港場所が変わるので要注意。
  • 夜の尾形船は毎年人気。早めの予約がオススメ。
江戸前汽船
  • 【お台場コース(約2時間)】:祖月島もんじゃ尾形船「浮船丸」
  • 出港場所:東京都江東区新木場2-6-3
  • 運行時間【1日6便】:12:30-14:30/16:00-18:00/17:30-19:30/19:00-21:00/19:30-21:30/20:00-22:00

 

  • 【お台場コース(約2.5時間)】:海鮮もんじゃ「月島丸」
  • 出港場所:東京都江東区新木場2-6-3
  • 運行時間【1日2便】:16:00-18:30/19:30-22:00

 

  • 【隅田川コース(約2.5時間)】:海鮮もんじゃ「月島丸」
  • 出港場所:東京都中央区晴海3-6-8「朝潮桟橋」
  • 運行時間:12:00-14:30

まとめ

今回は、夏にオススメな東京の観光スポットを8つ紹介しました!東京は、グルメ、ショッピング、サービス、どれをとっても日本最大級です。

VRやARのような最先端技術は、なかなか触れるチャンスがありません。プールやバーベキューも定番ですが、新しい文化に触れて自分の世界を広げていきましょう。

非日常的な体験は、忘れられない思い出となります。暑さを味方にし、夏を満喫する東京観光にしましょう!