秋の北海道には写真映えする場所がたくさん!オススメの観光地9選!

今回は、北海道で秋に楽しむことができる観光スポットを9つご紹介します。秋と言えば代表的なのは「紅葉」であり、とても綺麗ですよね。

北海道で紅葉と観光を楽しむことができ、インスタ映えを狙って行かれる方にも人気の場所を紹介するので、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/秋-赤-シーズン-林-自然-1072821/

スポンサーリンク

秋にしか見られない紅葉とのコラボレーション「青い池」

1つ目に紹介するのは「青い池」です。ここに訪れる観光客の大半は、インスタ映え・SNS映えを狙って、美しい写真を撮影しに訪れます。

「青い池」と呼ばれている理由は、アルミニウム成分により発生したコロイドを含む池が、日光がを浴びることによって青く見えるからです。

コロイドとは:分子が集まって、普通の顕微鏡で見えない程度の粒となって、浮きただようような状態で存するもの。

引用:コロイドとは

綺麗な青い池を見たい方は、太陽が出ている午前中に行くことをオススメします。午後になると夕陽に変わり、池全体が日陰になってしまうのでお気をつけくださいね!

秋にしか撮ることのできない、紅葉と青い池のコラボレーションをお楽しみください。オススメのインスタ映え・SNS映えスポットなので北海道に訪れた際はぜひ行ってみてくださいね。

住所
  • 北海道上川郡美瑛町字白金
スポンサーリンク

「十勝岳望岳台」で観光して北海道の秋を堪能しよう!

2つ目に紹介するのは「十勝岳望岳台」です。ここは標高930mの望岳台から、ハイマツ、シラカバを中心に様々な種類の木々で彩られた紅葉の景色を堪能することができます。

また、年に数日しか見られない初雪直後の紅葉と、雪渓の彩りはとても絶景で写真好きには堪らない瞬間ですよ!

1つ目に紹介した「青い池」から車で約10分ほどで着くので、「青い池」に訪れた際はぜひ、一緒に見に行ってくださいね。

住所
  • 北海道上川郡美瑛町字白金

「北海道庁旧本庁舎」紅葉観光だけでなく北海道の歴史を学べる

3つ目に紹介するのは「北海道庁旧本庁舎」です。北海道のシンボルと言われているほど人気ある「北海道庁旧本庁舎」前のイチョウ並木は、大正14年に植えられ綺麗に彩られています。

「北海道庁旧本庁舎」の秋の紅葉は素晴らしく、札幌市中心部で紅葉を楽しみたい方にオススメの観光スポットですよ。また、11月上旬には落葉が始まり、落ち葉の絨毯が広がっていてとても綺麗です。

「北海道庁旧本庁舎」の中にも入ることができ、館内では北海道開拓関係資料を展示しています。北海道の歴史を学ぶのと同時に、観光を楽しみたい方にオススメの場所です。

  • 北海道札幌市中央区北3条西6丁目
スポンサーリンク

北海道の秋は「平岡樹芸センター」の紅葉トンネルを観光

https://www.sapporo-park.or.jp/jyugei/最終日の園内から/

4つ目に紹介するのは「平岡樹芸センター」です。ここでは2.9ヘクタールもの広大な地にヤマモミジ、ノムラモミジ、シダレモミジなど、カエデなどの樹木が8種類・700本以上も植えられています。

1番の魅力は真っ赤に染まるドウダンツツジ。球形に刈り込まれた様子は他では見れません。

また、真っ赤な紅葉のトンネルも非常に素敵ですよ。落ちた葉っぱが織りなす紅葉の絨毯も見所で、毎年たくさんの観光客で賑わっています。

紅葉をじっくり眺めて観光したい方は、オススメの場所なので「平岡樹芸センター」に訪れてみてくださいね。

2019年は園内に入れる期間は4/29~11/3で、開園時間は8:45~17:15と決められていましたが、変動するかもしれないのでこちらを見てから観光しましょう。

住所
  • 北海道札幌市清田区平岡4条3丁目

「豊平峡ダム」で北海道屈指の紅葉を観光!

http://www.houheikyou.jp

5つ目に紹介するのは「豊平峡ダム」です。「豊平峡ダム」と定山湖を囲む山々は、北海道屈指の紅葉スポットとされていて毎年多くの観光客が訪れます。

定山湖とはダムによって形成された湖です

カエデやナナカマドなどの様々な紅葉を楽しむことができ、10月上旬から10月中旬が見頃でオススメですよ。

「豊平峡ダム」に向かうには、自動車で直接行けるわけではありません。「豊平峡冷水駐車場」において、自家用車またはシャトルバスから降りる必要があります。

敷地内は、毎年6月1日~10月31日の9時~16時までの時期しか入ることができません
  • 北海道札幌市南区定山渓840
スポンサーリンク

北海道の秋は「能取湖のサンゴ草」で観光!

6つ目に紹介するのは「能取湖サンゴ草」です。塩湿地に生息するサンゴ草が、秋になると能取湖一面を真っ赤に染め上げるその景色は絶景です。

そんな色鮮やかなサンゴ草を、「能取湖サンゴ草祭り」ではポニーに乗って見る事ができます!ポニーに乗馬しながらサンゴ草を見るのも、違う視点から楽しむことが出来るのでオススメですよ!

サンゴ草の写真もいいですが、ポニーに乗っている自分とサンゴ草の写真を撮影するのもオススメです!

ポニーに乗馬してサンゴ草を見れるのは、「能取湖サンゴ草祭り」を開催している期間だけです。

  • 北海道網走市卯原内

「義経神社」で秋を感じながら参拝

http://www.town.biratori.hokkaido.jp/kankou/bunka/bunka3/

7つ目に紹介するのは「義経神社」です。ここは、10月の半ばから下旬にかけて、紅葉が素晴らしく赤く色付く場所ですよ。

源義経が北海道西岸を経て平取にやってきたことが「義経神社」という名前の由来になったそうです。(※諸説あります。)

「義経神社」の隣には、お守りやお札などの縁起物を販売している社務所があります。源義経の歴史を学びながら紅葉鑑賞するのもオススメですよ。

「夕張・滝上公園」へ観光し、秋にしか見れない景色を撮影!

https://www.city.yubari.lg.jp/kanko/miruasobutaiken/takinouekouen.html

8つ目に紹介するのは「夕張・滝上公園」です。北海道の夕張で紅葉を楽しむなら、滝上公園がオススメです!秋になると葉が色付き、大小無数の滝とのコラボレーションが見られます。

綺麗な紅葉と、大小様々な岩から流れてくる川の力強さを感じられる景色はまさに写真映えスポットです!

その力強さから、「北方の神々が住むところ」と呼ばれ、自然界のパワーで訪れた人々を魅了しています。

住所
  • 北海道夕張市滝ノ上5

北海道内でSNS映えする人気の紅葉スポット「大沼国定公園」

http://onumakouen.com/viewspot/?ctgr_id=3&item_id=LND0000083

9つ目に紹介するのは「大沼国定公園」です。ここは、駒ヶ丘が5万年〜3万年前に大噴火を起こして山の上部が大暴落し、河川をせき止めてできた湖です。自然の素晴らしさを実感できる場所です。

そんな「大沼国定公園」では遊覧船に乗ることができます。歴史を船内で紹介してくれるだけでなく、湖から紅葉を楽しむことができるのでオススメですよ。

「大沼国定公園」に足を運ばれる際にはぜひ、遊覧船に乗って秋にしか見られない紅葉をお楽しみください!

住所
  • 北海道亀田郡七飯町字大沼町1023−1

まとめ

今回は、北海道の秋にオススメの観光地を9選ご紹介しました。北海道には秋を感じられる観光地がとても多く、様々な場所がありどこも魅力的ですね!

紅葉と建物、紅葉と湖とのコラボレーションは、まさに絶景ですよ!この時期にしか見ることができない景色が広がっているので、ご紹介した場所は全て写真映えしますよ!

今回の記事を参考に家族と、友人と、恋人との最高の旅行をお楽しみくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

SHIONA

シオナです!よろしくお願いします。 今現在は療養しながら自宅で過ごしているニートです。 将来の夢はノマドワーカーライターとして、愛する人と生活すること!頑張ります!