【必見】クアラルンプール観光にベストな日数、ズバリ教えます!

「クアラルンプールへの旅行を決めたのはいいけど、観光に必要な日数って何日ぐらいなんだろ・・・?」旅行において一番重要、且つ、最初に決めないといけないのが旅行にかける日数です。

国内であれば、初めて行く場所でも旅行に必要な日数はパッと浮かびますが、海外だとどうでしょう。フライトにかかる時間空港からホテルまでにかかる時間など、移動にかかる時間まではすぐに浮かんできませによね。

そこで、今回は初めてクアラルンプール へ旅行するあなたに向けて、観光にベストな日数はもちろん、現地での移動手段なども併せてご紹介していきます!この記事を読めばあなたの旅行についての悩みはなくなります。

そして、筆者が考えたクアラルンプール観光のモデルコースもご紹介します。あなたの目的の観光スポットまでにかかる移動時間や費用などを参考にしながら、旅行プランに活かして下さいね。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/kuala-lumpur-twins-malaysia-1820944/)

スポンサーリンク

クアラルンプール観光にベストな日数はズバリ!「2泊4日」!

「何日ぐらい休み取ればいいのかな〜?」と悩んでいるそこのあなた。早速そのお悩みにお答えします。クアラルンプール観光にベストな日数はズバリ!「2泊4日」です!(※機内泊を1日含む計算になります)

では、なぜ「2泊4日」がベストな日数なのか。簡単にその理由を3つにまとめてみました。

「2泊4日」がベストな3つの理由
  1. 実はそこまで多くない、クアラルンプール市内の観光スポット。
  2. ホテルの周りには観光スポットがいっぱい。
  3. 市内の移動手段は電車、バス、タクシーなど豊富。
あなた

おいおいっ!これから旅行に行こうとワクワクしてるのに、1つ目からネガティブなこと書いてるんだよっ!

そうですよね、その気持ち分かります・・・。ただ!これがクアラルンプールの良いところでもあるのです!一体どうゆうことなのか、1つひとつ紐解いていきましょう!

スポンサーリンク

観光日数を決めるカギは観光スポットの位置にあり!

地図の赤いダグが「クアラルンプール 観光スポット」で検索した時に表示される観光スポットです。

参考までに、地図の右上のペトロナスツインタワーから、左下のKLセントラル駅があるNUセントラルまでの直線距離はおよそ4㎞になります。

やすたび編集部

この距離は東京の場所に置き換えると、JR新宿駅からJR渋谷駅、JR中野駅くらいまで。大阪だとJR大阪駅からJR新大阪駅、JR難波駅くらいまでの距離になります。

クアラルンプール市内にある主要な観光スポットはKLセントラル駅からおよそ4㎞圏内にあり、数としても10数カ所です。その中からあなたが行きたい!と思う場所を選んでいくともっと数は絞られてきますよね。

そして、それぞれの観光スポットの距離も近いため、プラン次第で数を回ることも可能になります。数を絞ってじっくり観光スポットを回るも良し、分単位でスケジュールを詰め込んで数多くの観光スポットを回るも良し。

このように、少ない日数でも十分に観光を満喫できるのが「クアラルンプールの良いところ」と紹介した理由です。

観光スポットだけじゃない!?観光日数を左右するホテル選び!

先ほど、観光スポットの数や位置関係についてご紹介しましたが、2つ目の理由として挙げたホテル。旅行の拠点となるホテルの場所も観光日数を左右する重要なポイントになってきます。

ホテル選びは、初めに観光エリアを決め、その中にあるホテルに絞っていくことをおすすめします。市内であれば、KLCCエリアブキッ・ビンタンエリアKLセントラルエリアの3つから選ぶのが良いでしょう。

行きたい観光スポットに隣接しているホテルを選ぶだけで、移動時間を短縮させたり交通費を少なくしたりできます。ショッピングに特化したエリアなどもあるので、あなたの目的に合うホテルを選んで下さい。

やすたび編集者
ホテル選びに使う時間も短縮できるので、下の記事も併せて読んでおきましょう。

初めてならここで決まり!クアラルンプールのおすすめホテル10選!

2019年11月9日
スポンサーリンク

移動手段を制す者が観光日数を制す!

「2泊4日」がベストな理由、最後はクアラルンプールでの移動手段についてです。鉄道・バス・タクシー、この3つを駆使すればクアラルンプール市内においての観光はあなたの思い通りに進んでいくでしょう。

鉄道(カッコ内の数字は路線図の数字になります)

  • KLモノレール(8)・・・およそ8分間隔で運行、始発6:00~終電25:00
  • LRT(3、4、5)・・・およそ6分間隔で運行、始発6:00~終電25:00
  • MRT(9)・・・およそ6分間隔で運行、始発6:00~終電24:00

参考までに、KLセントラル駅からKLCC駅までの料金を見てみると、LRTはRM2.4(約63円)、KLモノレールは乗り換えがあるもののRM4.3(約113円)ととてもリーズナブルです。

今回のように、市内の観光スポットメインの旅行であれば、上記の路線図の3、4、5、8、9で十分に回ることができます。

また、鉄道は道路が渋滞し始めるピークアワーの夕方に使うのがおすすめですよ♪

バス(GO KL)

  • 無料巡回バス
  • 4路線あり、それぞれが主要観光スポットやショッピングモールを巡回してる。巡回ルートはこちら
  • 5~15分間隔で運行
  • 平日6:00~23:00、金土6:00~25:00、日7:00~23:00

ペトロナスツインタワーやKLタワーはもちろん、KLセントラル駅やKLCC駅も巡回しており、ポイントによっては各路線を乗り換えることもできるので旅行の時には活躍してくれること間違いなしです!

GO KL以外に一般的な路線バスもありますが、ルートや発車時刻など初めてだと少し難しいため、乗る際は十分に調べた上で利用しましょう

タクシー

  • バジェットタイプ・・・メーター制、初乗りはRM3(約100円)
  • エグゼクティブタイプ・・・メーター制、初乗りはRM6(約180円)、バジェットタイプよりも乗り心地は良い。
  • クーポン(前払い制)タイプ・・・クーポンタイプは目的地により金額が設定されており、時間がかかっても追加料金がかかりません。多少割高ですが法外な費用がかかる心配はありません。
  • 交渉制・・・料金をメーターで算出するのではなく、乗る前に運転手に交渉して料金を決める。
道でタクシーを拾う場合には、メーター制か交渉制かを確認してから乗車しましょう。市内タクシーは、ピークアワーになるとメーター制から交渉制に変わることもあるため注意が必要です。

タクシーは日本に比べて料金が安いため利用しやすいと思います。また、タクシー配車アプリ「Grab(グラブ)」を使うことでさらに快適にタクシーを活用することができますよ。

やすたび編集者
クアラルンプールで乗り物を利用する際はMy Rapid、Touch’n Goカードがおすすめ!

  • 「LRT、MRT、モノレール、バスの他一部飲食店等」で使えるICカード
  • ラピドKL各駅のサービスカウンターで購入可能
  • 初回作成料RM10.60(約278円)が必要
  • チャージはRM10(約263円)
  • 追加チャージは各駅の専用機械の他、コンビニ等でも可能 ※手数料RM0.53(約14円

モデルコース、クアラルンプール観光:1日目

観光スポット、ホテル選び、移動手段の3つの情報を踏まえた上で、筆者が考えたモデルコースをご紹介します。モデルコースのままでも一部だけでもOKです。是非プランを考える際の参考にしてください。

今回は、ブキッ・ビンタンエリアにあるJWマリオット ホテル クアラルンプールを拠点にします。KLCCエリア、KLセントラルエリアの中間にあり、日本人スタッフが常駐しているのが決め手です。

KLセントラル駅からホテルまではKLモノレールを利用すれば1本で行けるので、初めてでも迷うことなくたどり着けます!

やすたび編集者
チェックインした後は、ホテルから近いKLタワー、KLCC水族館を観光。夜になったらライトアップされたペトロナスツインタワーを眺め、近くのレストランやバーで夜のKLCCエリアを楽しみましょう♪

KLタワー

スカイボックス」という全面ガラス張りの展望室が人気!クアラルンプールに来たらスカイボックスを体験しましょう!

移動時間
ホテルから徒歩でおよそ30分、モノレールでおよそ30分、タクシーでおよそ10分

KLCC水族館

水槽トンネルにはベルトコンベアが敷かれており、自動で移動することができます!

移動時間
KLタワーから徒歩でおよそ25分、モノレールでおよそ25分、タクシーでおよそ10分

ペトロナスツインタワー

クアラルンプールと言えばペトロナスツインタワーですね!ライトアップされたツインタワーをバックに記念写真を撮るのもありですね♪

移動時間
KLCC水族館から徒歩でおよそ5分

KLCC駅〜ブキッ・ビンタン駅までは直通電車はありませんが、エアコンが完備されている屋根付きの遊歩道があるため、帰りはこれを使ってホテル付近まで帰れます。およそ15分で着くためとても便利です。

スポンサーリンク

モデルコース、クアラルンプール観光:2日目

やすたび編集者
2日目はイスラム建築が残るクアラルンプール駅周辺を観光。この辺りは徒歩で移動可能な距離に歴史的な建物があるため、じっくりクアラルンプールを満喫することができます!

ムルデカ広場

マレーシアの国旗が初めて掲げられた場所、それがムルデカ広場です。

移動時間
ホテルからバス・タクシーでおよそ20分

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル

ムルデカ広場の正面にある建物。旧連邦事務局ビルで、過去に数々の国の重要な行事が行われた歴史的な場所です。

移動時間
ムルデカ広場から徒歩でおよそ1分

I♥KL モニュメント

インスタ映えするモニュメント。隣にはクアラルンプールの歴史が学べる「クアラルンプールシティギャラリー」があります。

移動時間
スルタン・アブドゥル・サマド・ビルから徒歩でおよそ3分

マスジット・ジャメ

クアラルンプール市内にある最古のモスク礼拝時は見学不可のため観光する時間を調整してから行きましょう。

移動時間
I♥KL モニュメントから徒歩でおよそ10分

セントラル・マーケット

伝統工芸品雑貨など、お土産を買うにはぴったりのスポット。レストランなどの飲食店もあるため、お昼ご飯はここで決まりですね♪

移動時間
マスジット・ジャメから徒歩でおよそ8分

スリ マハ マリアマン寺院

お昼ご飯を食べた後は、お散歩がてらスリ マハ マリアマン寺院を観光。ここはクアラルンプールで最古のヒンドゥー教寺院になります。

移動時間
セントラル・マーケットから徒歩でおよそ5分

ペタリンストリート

この辺りはチャイナタウンになっており、夜市では屋台で雑貨を購入したり、美味しい中華料理をお手頃な価格で味わえたりと、夜遊びにはぴったりのスポットです。

移動時間
スリ マハ マリアマン寺院から徒歩でおよそ5分

ここからホテルまでは歩いておよそ30分、タクシーでおよそ15分。GO KLでも帰れますが、ルートとしては少し遠回りになるため、その時の状況に合わせて帰り方を決めましょう。

モデルコース、クアラルンプール観光:3日目

やすたび編集者
最終日の3日目は、ショッピングからスタート!お土産を買い込んでからマレーシアの歴史に触れて、インド人街であるブリック・フィールズを楽しみ、クアラルンプールを満喫して帰国しましょう♪

スターヒル・ギャラリー

ハイブランドのお店が集まるスターヒル・ギャラリー。ここでお土産を買えば家族やお友達に喜ばれること間違いなしですね!

移動時間
ホテルから直通

パビリオン

ここでも引き続きショッピングを楽しみます。レストランもたくさんあるので朝ご飯も食べちゃいましょう♪

移動時間
スターヒル・ギャラリーから徒歩でおよそ1分

マレーシア国立博物館

満足いくまでショッピングを楽しんだら、KLセントラル駅付近にあるマレーシア国立博物館でマレーシアの歴史に触れましょう。

移動時間
パビリオンから電車でおよそ15分、タクシー・バスでおよそ15分

ブリック・フィールズ

マレーシアの歴史を体験した後は、飛行機の出発時間までブリック・フィールズでインド文化を楽しみましょう♪

移動時間
マレーシア国立博物館からタクシーでおよそ10分、徒歩でおよそ30分

筆者が考えたクアラルンプール観光のモデルコースをご紹介しました。一部でもOKですし、もちろんモデルコースの通りに観光してもOKです!是非参考にしてみてください♪

観光日数2泊4日にかかる費用はおいくら?

先ほどモデルコースをご紹介しましたが、2泊4日にかかる費用はどれくらいなのか気になりますよね?飛行機代やホテル代など、観光に必要な予算を出してみたのでこちらも参考にしてくださいね。

参考費用
  • 飛行機代:5万〜12万(往復)
  • ホテル代:1泊1万〜
  • 交通費:電車代…3000円、タクシー代…1000円
  • 食事代:レストラン…3000円〜、それ以外…1000円〜

飛行機代やホテル代に関しては、予約する時期やサイトにもよってかなり変わってきますので、今回は平均的な費用を書いてみました。

電車代は、空港からKLセントラル駅までで約2000円、市内の移動に約1000円。タクシー代は初乗りが約80円、1㎞ごとに約30円加算される計算で、1000円もあれば足りるでしょう。

食事代ですが、レストランであれば約3000円〜、それ以外のお店であれば約1000円〜と想定して少し多めに用意しておきましょう。

【日本ークアラルンプール】飛行機の料金や所要時間はどのくらい?

2019年10月29日

【おまけ】クアラルンプール郊外の観光スポット

筆者が考えた「2泊4日でクアラルンプール市内を巡るモデルコース」をご紹介しましたが、クアラルンプール郊外にも有名な観光スポットはたくさんあります。

今回は、4ヶ所をピックアップしてご紹介します。2泊4日でも行ける距離にあるので、興味がある方は足を伸ばしてみてください。

バトゥ洞窟

マレーシアではヒンドゥー教の聖地の洞窟とされている場所。この洞窟に入るためには272段の階段を登らないといけないため、履いていく靴は慎重に選びましょう。

プトラ・モスク

プトラジャヤにあるモスク。ピンク色のドームが特徴的なモスクで通称「ピンクモスク」と呼ばれています。バラ色の花崗岩を使用することで綺麗なピンク色を作り出しています。

スルタン サラフディン アブドゥル アジズ シャー モスク

シャー・アラムにあるマレーシア最大のモスク。こちらは青色のドームが特徴的なことから「ブルーモスク」と呼ばれています。

クアラセランゴール自然公園

クアラルンプールから車であればおよそ1時間電車だとおよそ4時間ほどかかる場所になります。ここはホタル観賞が有名です。ツアーに参加すればスムーズにホタルに出会えるでしょう。

クアラルンプール観光にベストな日数 まとめ

クアラルンプール観光にベストな日数とその理由をご紹介しました。この記事を読んで旅行のイメージができたら、モデルコースをカスタマイズして早速あなたなりのプランを完成させましょう!

飛行機やホテルは早くから予約しておけば安心ですし、なにより安く確保できるというメリットもあります。ただし、時期によって変動もあるため、サイトをしっかり確認してから予約してくださいね。

観光に、食事に、ショッピングに!2泊4日の素敵なクアラルンプールの旅を満喫してきてください♪

ABOUTこの記事をかいた人

うぅたん

フリーランスという言葉に憧れている20代後半会社員。大手スーパーの社員からベンチャーIT企業の営業職に思い切って転職し、苦戦中。今はwebライティングに夢中。今後、ライティングをメインの仕事にできるよう修行中。