宿泊も可能!自然の癒しを!高知県のおすすめ温泉9選

国内旅行といえば温泉でしょう。日ごろの疲れ、ストレス、悩みといったものは、旅先のあたたかい温泉で癒すのが一番ですね。

今回は、四国の南端、高知県の温泉・温泉宿の中から、ネットでの評価が高く筆者が気になったものを9つ紹介します。

「高知県へ旅行に行くんだけど、どんな温泉があるんだろう。温泉に入ってみたいし、もしできるなら温泉宿に泊まってゆっくりしたいな・・・。」

という人たち、必見です。西から東まで、できるだけ幅広い地域の温泉を取り上げています。では、どうぞ!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AB-%E7%8C%BF-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%8C%BF-3892151/)

スポンサーリンク

高知の温泉①あしずり温泉

四国最南端の地、足摺岬(↓)。その周辺には、あしずり温泉と呼ばれる温泉が湧き出ています。

足摺岬までの道のりは非常に長いと言われます。岬の絶景を堪能した後は、あしずり温泉で溜まった疲れを洗い流すのが良いでしょう。

あしずり温泉が楽しめるホテルや旅館は8か所あります(全部まとめて、「あしずり温泉郷」という名の観光地となっています)。各ホテルに関する情報はこちらからご確認ください。

基本情報
  • 住所:高知県土佐清水市足摺岬
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 泉質:単純弱放射能冷鉱泉(ラドン・フッ素含有)(療養泉)
  • 効能:神経痛、冷え性、関節痛、慢性消化器症、筋肉痛
スポンサーリンク

高知の温泉②雲の上の温泉

まず名前がおもしろいですね。四国最長の川にして「日本最後の清流」と呼ばれる四万十川の源流域に位置する、源泉かけ流しの温泉です。

通称「美人の湯」とも呼ばれているそう。大自然に包まれた建物に、露天風呂、ジェットバス、ジャグジー、薬湯風呂、サウナなどがあります。 

基本情報
  • 住所:高知県高岡郡梼原町太郎川3785
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人 500円、小人 300円
  • 泉質:メタホウ酸フッ素イオン(炭酸水素塩冷鉱泉)
  • 効能:神経痛・慢性婦人病・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・疲労回復・きりきず・火傷・慢性皮膚炎など
  • 公式ホームページ

高知の温泉③ホテル松葉川温泉

雲の上の温泉より少し東へずれた位置にあるホテル松葉川温泉には、全国でも珍しい泉質の違う2種類の源泉を引く温泉があります。

露天風呂から見える、四季によって移り変わる景色も楽しみの一つです。春の新緑、初夏の蛍、秋の紅葉、冬の雪・・・心身の疲労回復とともに、眼福を得られること間違いなしです。

基本情報
  • 住所:高知県高岡郡四万十町日野地605−1
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人 700円、小人 350円、未就学児 無料
  • 泉質:単純硫黄冷鉱泉(アルカリ性-低張性-冷鉱泉)(大浴場)
  • 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみくじき・慢性消火器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進など
  • 公式ホームページ

スポンサーリンク

高知の温泉④黒潮本陣温泉

太平洋(土佐湾)に面して位置する黒潮本陣温泉。旅館の正式名称は、「鰹乃國の湯宿 黒潮本陣」

冷泉を沸かした温泉以外にも、太平洋の黒潮を沸かした汐湯(しおゆ)の露天風呂もあります。眼前に太平洋の海原が拡がり、日の出や満天の星を眺めながらのお湯として、黒潮本陣の名物となっています。

基本情報
  • 住所:高知県高岡郡中土佐町久礼8009−11
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人 600円、子供 300円
  • 泉質:?
  • 効能:?
  • 公式ホームページ

高知の温泉⑤桑田山温泉

宿の名は「そうだ山温泉 和(やわらぎ)」桑田山(そうだやま)の緑豊かな山懐に位置しています。「千年の美湯」という肩書を持つ歴史ある温泉で、弘法大師が平安時代に開泉されたと伝えられています。

肌がしっとりとすべすべになり、ほのかな硫黄の匂いがするその泉質は四国ナンバーワンとも評価されているそう。

本館宿泊のほか、ツリーハウスや半露天風呂のついた離れ宿に泊まることもできます。非常に贅沢!!

基本情報
  • 住所:高知県須崎市桑田山乙1122
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人700円 小人350円
  • 泉質:アルカリ性単純硫黄泉
  • 効能:?
  •  公式ホームページ

スポンサーリンク

高知の温泉⑥三翠園

高知市内にある温泉です。「南海道随一の名城」と呼ばれる高知城・日本最大のストリートマーケット、日曜市まで徒歩10分という便利な位置にあります。

温泉施設「湯殿 水哉閣」は、清流鏡川(かがみがわ)と名山筆山(ひつざん)を望む絶好のロケーションも好評です。大浴場のほか、高温風呂・水風呂・露天風呂・サウナがあります。

基本情報
  • 住所:高知県高知市鷹匠町1丁目3−35
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人 900円、小学生 400円、幼児(3才以上) 200円、65歳以上 600円
  • 泉質:ナトリウム塩化物高温泉
  • 効能:神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・美容健康増進・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病
  •  公式ホームページ

高知の温泉⑦湖畔遊

高知市からさらに東の香美市にある温泉施設、湖畔遊。「ナチュラル」「しぜん」をコンセプトにしています。

また、音にもこだわっており、ダイニングにはホール並みの音響設備が整っています。景色を眺めながら、食事をしながら、本を読みながら、流れてくる音楽に耳を傾けてみてください。

基本情報
  • 住所:高知県香美市香北町有瀬100
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人850円 小人425円
  • 泉質:ナトリウムー塩化物泉
  • 効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、適応症追加 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
  •  公式ホームページ

高知の温⑧べふ峡温泉

香美市の中でも東端、徳島県との県境付近に位置する物部町(ものべちょう)。県立自然公園や国の自然休養林にも指定されているネイチャーランド、奥物部があります。

清流・物部川の源流域でもあり、べふ峡西熊渓谷をはじめ、四季折々の渓谷美を楽しめます。

温泉は、湯上り後の体のポカポカが長く、お肌もスベスベと県内外のお客様から大変高い評価を得ているそうです。

基本情報
  • 住所:高知県香美市物部町別府452−8
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:大人 620円 小人 310円
  • 泉質:含重曹弱食塩泉・食塩含有硫化水素泉
  • 効能:肩こり・腰痛・リウマチ・皮膚疾患など
  •  公式ホームページ

高知の温泉⑨馬路温泉

べふ峡温泉の南に位置する馬路温泉。浴室から安田川や馬路村の山などの豊かな自然が眺められます。

大浴場のほか、貸し切りができる「家族風呂」もあります。人の目を気にせずゆっくりできますね。

また、女湯では、浴槽にバラを敷き詰める人気企画「バラ風呂」を定期的に開催しています。花好きの方必見ですね。筆者は男なのでそんなことをやられても困ってしまいますが・・・(笑)

基本情報
  • 住所:高知県安芸郡馬路村3564-1
  • アクセス:こちらをチェック!
  • 料金:中学生以上 600円 3歳~小学生 300円
  • 泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
  • 効能:創傷・火傷・リュウマチ性疾患など
  • 公式ホームページ

まとめ

ここまで、高知県の温泉とその施設を紹介しました。共通して言えるのは、どれも四国の自然を満喫できるものばかりだということですね。

温泉につかるだけでなく、食事もつけて宿泊するとなれば、料金は1泊10000円近く、グレードを上げれば20000円近くになります。

安さを追求すれば、これ以外にもたくさん見つかるでしょう。温泉だけ利用して、宿泊は別のところをという方法もありだと思うので、自分なりに考えて納得行く旅にしてください。

ABOUTこの記事をかいた人

威吹電男(いぶきでんお)

1995年生まれの現役大学院生。畜産学専攻、ニワトリについて研究中。2019年5月~大学生活に関連したブログ執筆。文章とか絵をかくのが好き。2020年4月~食品業界勤務予定。