うどんだけじゃない!香川県にある人気温泉地5選を紹介!

皆さんは旅行の楽しみは何でしょうか?その土地ならではの観光やグルメを楽しみたい人もいれば、温泉に浸かって日頃の疲れを取りたい人もいますよね。

また旅行中に温泉に入ることによって、旅先の疲れをその日のうちに取ることができます。翌朝から快適な旅の続きを送ることができるでしょう。

今回の記事では香川県にある5つの温泉と、それぞれの人気温泉施設を紹介します!これから香川県に行く予定のある人は是非参考にしてみてください!

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/903132?title=%E5%A1%A9%E6%B1%9F%E6%B8%A9%E6%B3%89%E9%83%B7)

スポンサーリンク

【香川の温泉①】塩江温泉(しおのえおんせん)

塩江温泉は香川県の中央部に位置し、高松空港から車で約10分の場所にあります。

豊かな自然の中の温泉地で「讃岐の箱根」とも称されており、現在は国民保有温泉地に指定されています。泉質は硫化水素泉で、神経痛や皮膚病に効くと言われていますよ。

塩江温泉郷を貫流する香東川では毎年6月に塩江名物の「ゲンジボタルの乱舞」を見ることができることから、平成元年には環境庁自然保護局より「ホタルの里」に選ばれました。

春は桜、秋はホタルと紅葉と、四季を通じて観光資源があることから、多くの観光客で賑わうエリアです。

スポンサーリンク

塩江温泉のオススメは「さぬき温泉」

山奥にひっそりとたたずむ風情ある温泉の「さぬき温泉」は、露天風呂が木々に囲まれているため、森林浴をしながら温泉を楽しむことができます。

自然に囲まれているため、季節に合わせた木々の色合いも目で感じることでしょう。温泉と自然の癒しで日々のストレス発散をしてみてはいかがでしょうか?

基本情報
  • 【名前】さぬき温泉
  • 【住所】香川県高松市塩江町安原上東2065-1
  • 【電話番号】087-893-0300

【香川の温泉②】こんぴら温泉

こんぴら温泉が湧出したのは平成9年と、温泉地としてはかなり歴史が浅いのですが、観光経済新聞社が発表する「日本の温泉100選」では毎年選ばれる常連の温泉地です。

こんぴら温泉は香川県の西側に位置し、土讃線や高松琴平電鉄琴平線の駅からも近いことから、電車で旅行しようとしている人でも利用しやすい温泉郷です。

こんぴら温泉の湯はナトリウム・カルシウムの塩化物泉で、さらっとしているのが特徴の温泉です。保温効果がとても高く、肌にも優しいので「美人の湯」としても知られています。

また近くには1368段ある石段を上る金刀比羅宮(こんぴらさん)があり、参拝に行きやすい場所として多くの人がこのこんぴら温泉を訪れています。

スポンサーリンク

こんぴら温泉のオススメは「ことひら温泉琴参閣」

こんぴら温泉の人気温泉は「ことひら温泉琴参閣」です。こちらは日帰り温泉は利用できず、宿泊客のみ温泉を利用することができます。

琴参閣は「讃水(さんすい)の館」と「飛天(ひてん)の館」の2つにわかれており、「飛天の館」に宿泊するお客様のみ利用できる展望露天風呂があります。香川の雄大な自然を感じることができる贅沢な露天風呂です。

基本情報
  • 【名前】ことひら温泉琴参閣
  • 【住所】香川県仲多度郡琴平町685-11
  • 【電話番号】0877-75-1000

【香川の温泉③】小豆島温泉

高松港から高速船で約35分。瀬戸内海に浮かぶ島、オリーブで有名な小豆島にも温泉があるんです!

小豆島には6つの源泉があり、その総称として「小豆島温泉」という言葉が使われています。湯めぐりをするのもいいですね。

6つの温泉全てを湯めぐりする時の注意点は、車が必要になる点です!徒歩で全て回る場合、歩く時間だけで7時間以上かかってしまいますので、必ず車を利用してくださいね。

海に囲まれている島ならではのオーシャンビューを堪能できる温泉が多く存在します。小豆島を訪れたら観光すべき場所も多くあるので、観光と温泉をいっぺんに楽しむことができます!

スポンサーリンク

小豆島温泉のオススメは「ベイリゾートホテル小豆島」

ベイリゾートホテル小豆島は内海湾の南に位置する全室オーシャンビューのホテルです。ホテル最上階の12階に大浴場があります。ガラスの向こうに見える瀬戸内の景色を楽しみながら温泉に浸かるのもいいですね!

また定員が4~5名の個室の貸切露天風呂が5つあります!家族やデートで利用を考えている方にはオススメの温泉です!

基本情報
  • 【名前】ベイリゾートホテル小豆島
  • 【住所】香川県小豆郡小豆島町古江乙16-3
  • 【電話番号】0879-82-5000

【香川の温泉④】瀬戸大橋温泉

4番目に紹介する瀬戸大橋温泉は、香川県と岡山県を結ぶ瀬戸大橋の降り口、坂出市にあります。香川県内だけでなく、県外からもアクセスしやすい場所です。

電車を利用して行く場合は、JR予讃線の坂出駅からタクシーで約10分ほどので瀬戸大橋温泉エリアに行くことができます。

瀬戸大橋からほど近い場所に位置しているので、瀬戸大橋が間近に見えるのが特徴です。温泉からは坂出市を望むことができ、夜には市内夜景を楽しむこともできます。

坂出市のお隣は讃岐うどんで有名な丸亀市です!香川県ならではの讃岐うどんと温泉をまとめて体感することが可能です。

瀬戸大橋温泉のオススメは「せとうちそう」

瀬戸大橋温泉の中でオススメするのは「湯元さぬき瀬戸大橋温泉せとうちそう」です。坂出市内を望むことができる展望風呂と、木々を目の前に自然を感じながら浸かることのできる露天風呂があります。

この露天風呂には美肌効果の高い、日本3大美人の湯といわれるアルカリ源泉を使用しています。旅の疲れを癒すとともにお肌のケアもすることが可能です。

日帰り温泉の利用も可能ですが、日~金曜日の16~18時に限定されています。加えて繁忙期は日帰り温泉を利用できないので、旅行へ行く前に施設に確認したほうが良いでしょう。

基本情報
  • 【名前】湯元さぬき瀬戸大橋温泉せとうちそう
  • 【住所】香川県坂出市常盤町2-1-20
  • 【電話番号】0877-45-6000

【香川の温泉⑤】仏生山温泉(ぶっしょうざんおんせん)

最後に紹介する温泉は、高松市の中心地から車で20分ほどの場所にある仏生山温泉(ぶっしょうざんおんせん)です。

仏生山は法然上人ゆかりの寺の門前町として栄えたエリアで、昭和の伝統的な建物が残っている風情ある街です。

仏生山温泉はナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉で、お湯のトロミと肌への浸透力がある点が特徴です。切り傷や皮膚病に効果があるとされています。

仏生山エリアへのアクセスは車だけでなく高松琴平電気電鉄(通称:ことでん)を利用して行くこともでき、約30分ほどで行くことができます。高松市を中心に観光する場合には是非利用したい温泉と言えるでしょう!

仏生山温泉のオススメは「仏生山温泉天平湯」

仏生山温泉の中で人気のある温泉施設は「仏生山温泉天平湯(てんぴょうゆ)」です。温泉施設とは思えないスタイリッシュな外観、建物内部は浴場やフリースペースなどの空間がスッキリとしたデザインになっています。

食事処があったり、フリースペースには多くの本があったりと、温泉以外にも様々な魅力があるので、丸一日過ごすことも可能です。

人気施設なので週末はかなり込み合います。混雑を避けるなら極力早い時間帯、もしくは平日に利用することを検討すると良いでしょう。

基本情報
  • 【名前】仏生山温泉天平湯
  • 【住所】香川県高松市仏生山町乙114-5
  • 【電話番号】087-889-7750

香川で温泉を満喫してみてはいかがですか?

香川県にある温泉地を5つ紹介しました。いかがでしたか?最後に、今回紹介した温泉地5つとそれぞれの人気温泉施設をまとめておきます。

  • 塩江温泉
    • さぬき温泉
  • こんぴら温泉
    • ことひら温泉琴参閣
  • 小豆島温泉
    • ベイリゾートホテル小豆島
  • 瀬戸大橋温泉
    • せとうちそう
  • 仏生山温泉
    • 仏生山温泉天平湯

香川県を訪れる予定のある方は、是非時間を作って香川県の温泉地を訪ねてみてください!きっと最高の香川県訪問になりますよ!

ABOUTこの記事をかいた人

ばん

フリーランスとして生きるためにSEO勉強中のホテルマン。人に優しくをモットーに、人との出会いに常に感謝するよう心がけています。趣味は旅行で、国内・国外ともに旅しています。よろしくお願いします。