ナビタイムトラベルで予約をキャンセルする方法は?取消料についても解説

ナビタイムトラベルで予約をしたけれど、急にいけなくなった時「どうやってキャンセルをしたらいいのだろうか」と悩んでいませんか?

ナビタイムトラベルは、旅行のツアーやパックではないので、キャンセル方法が、航空券や新幹線・特急券、ホテルやレンタカーなど、それぞれによって違ってきます。

この記事は、キャンセルの方法や注意点、取消料について解説していきますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!



(アイキャッチ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/技術-ラップトップ-キーボード-791029/)

スポンサーリンク

ナビタイムトラベルのキャンセル方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/iphone-スマート-フォン-410324/

ナビタイムトラベルの予約をキャンセルするには、まず航空券やホテルなどの予約確認のページを表示します。

予約確認ページで、「NAVITAIMEトラベル申込ID」「メールアドレス」「電話番号」を入力してログインして、予約内容を確認しましょう。

それぞれのご利用ガイドの中の、予約キャンセル・変更・返金についてを表示すると、予約キャンセルや返金について詳しく説明してあります。

はじめに、1番キャンセル方法が複雑な「国内航空券のキャンセル」について、「キャンセルフォームの書き方」からご説明しますね。

スポンサーリンク

ナビタイムトラベルの国内航空券キャンセルフォーム

出典:https://pixabay.com/ja/photos/オフィス-ビジネス-会計士-620822/

航空券、往復パックのキャンセルはキャンセルフォーム、またはお電話にて受付します。お問い合わせ先は0570-066-050【営業時間】10:00~18:00【休業日】土・日・祝日・年末年始です。

それでは、国内航空券キャンセルフォームの入力内容を説明します。

国内航空券キャンセルフォームの入力内容
  • 入金状況
  • お問い合わせ番号(お客様ID)
  • 搭乗者のお名前(代表者)
  • キャンセルされる方のお名前
  • キャンセル理由
  • キャンセル路線
  • 電話番号
  • メールアドレス

キャンセル依頼は営業時間内に受け付けます。営業時間外に依頼いただいた場合は、翌営業日のお取り扱いになります。

支払い前の申し込みに関しては連絡の必要はありません。購入期限を経過した予約は自動的に取り消しされます。

当日・翌日ご出発便に関しては、お客さま自身で航空会社へ取消の連絡をして、このキャンセルフォームへご入力ください。

解約番号が発行された場合は必ずお控えいただき、ナビタイムトラベルまでご連絡おねがいします。

それでは、各アイテムのキャンセルの方法や取消料について説明していきますね。

ナビタイムトラベルのキャンセル①国内線航空券・IDがAG

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e7%be%bd%e7%94%b0-%e7%be%bd%e7%94%b0%e7%a9%ba%e6%b8%af-%e7%a9%ba%e6%b8%af-ana-1408758/

ナビタイムトラベル国内線航空券の予約キャンセル方法は、航空会社によって異なります。申込IDが「AG」から始まる場合と、申込みIDが「FF」から始まる場合は異なるので注意が必要です。

まずは、申込IDが「AG」から始まるIDをお持ちのお客様が、自身の事情による予約のキャンセル方法と取消料を説明しますね。くわしくはホームページをご覧ください。

お支払い前のキャンセル

お支払い前のキャンセルについては、キャンセルの連絡は必要ありません。支払い期限を経過したお申し込みは、自動的に取り消しされます。

お支払い後のキャンセル

お支払い後はすべてキャンセル料が発生します。キャンセル料は①航空会社が定める払戻し手数料および取消手数料と②ナビタイムトラベルが定める取消手続手数料の合計金額です。

①キャンセル料金は、予約済の航空会社・券種・区間・ご予約便出発日までの日数によって細かく異なります。航空会社が定める払戻し手数料および取消手数料についてはこちらをご覧ください。

②ナビタイムトラベルが定める取消手続手数料は、1人あたり片道2,200円です。お客様への払戻し金額は、お支払い金額からキャンセル料金、取扱料金、事務手数料を差し引いた金額となります。

「日時変更不可」の航空券をお持ちのお客様で、お支払い後予約便の変更が必要な場合は、一度予約をキャンセルし、改めて最初からお手続きをお願いします。

スポンサーリンク

ナビタイムトラベルのキャンセル②国内線航空券・IDがFF

ナビタイムトラベル国内線航空券の申込みIDが「FF」から始まる場合の予約キャンセルについて説明します。

ジェットスター・ピーチ・春秋航空(※1)・エアアジアはキャンセル料金が100%となります。1部のケース(※1)を除き、キャンセル手続きと料金の払戻しを受け付けておりません。

(※1)春秋航空のみ、出発の15日前までのキャンセルに限り、航空会社が定めるキャンセル料金とナビタイムトラベルが定めるキャンセル料、予約時の取扱金額を差し引いた払戻しを受け付けています。

予約便によってキャンセル方法が異なりますので、くわしくはこちらのホームページをご覧くださいね。

ナビタイムトラベルのキャンセル③国際線航空券

航空券のキャンセル時にはキャンセル料が発生します。キャンセル料とは、①航空会社が定める取消手数料と②ナビタイムトラベルが定める取消手続手数料の合計金額です。

①航空会社が定める取消手数料は、予約前に表示した「航空券のルールについて」欄の記載のルールが適用されます。(1人あたりそれぞれの計算です)

②ナビタイムトラベルが定める取消手続手数料の合計金額は、1人あたり4,400円かかります。

お客様への支払い金額は、決算金額から「キャンセル手数料」と航空券手配時の「取扱金額」を差し引いた金額です。航空券手配時の「取扱金額」は以下の通りです。

発着区間 取扱金額 備考
日本国発着の海外航空券 航空券運賃の10%以内(下限3,300円) おひとり様あたり
日本国外発着の海外航空券 航空券運賃の10%以内(下限3,300円) おひとり様あたり
日本国外の現地国内航空券 航空券運賃の10%以内(下限3,300円) おひとり様あたり

予約完了後のお客様は「予約確認ページ」のお問い合わせフォーム、お問い合わせ用チャットをご利用ください。

スポンサーリンク

ナビタイムトラベルのキャンセル④新幹線・特急

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a-%e6%97%a5%e6%9c%ac-%e9%89%84%e9%81%93-3846965/

新幹線・特急チケットの予約キャンセルは、ナビタイムトラベルのサービスではおこなっておりません。JRの駅窓口にて払い戻しを受けることになります。

お手元に届いたチケット(出発時刻前の指定席特急券・指定席グリーン券、有効期間内の自由席特急券・乗車券)の払い戻し額は、券面の表示から払い戻し手数料を引いた額です。

チケット 期間 JRの払戻し手数料 本サービスでの受付
指定席特急券 出発時刻前 券面金額の30%(最低340円) 受け付けておりません
指定席グリーン券 出発時刻前 券面金額の30%(最低340円) 受け付けておりません
自由席特急券 有効期間内 220円 受け付けておりません
乗車券 有効期間内 220円 受け付けておりません
指定された列車に乗り遅れた場合で、指定席特急券をお持ちの方は、当日の後続列車の普通車自由席がご利用になれます。

ナビタイムトラベルのキャンセル⑤ホテル

出典:https://pixabay.com/ja/photos/ホテルのお部屋-ベッド-枕-1447201/#content

ホテルにお申し込み後のキャンセルについて、すでに事前決済が済んでいる方は、宿泊申し込み確認・予約確認ページからキャンセルすることが可能です。

キャンセル料が発生する期間内でキャンセルされた場合、宿泊施設の定めるキャンセル料を支払わなくてはいけません。キャンセル料は予約確認ページで確認できます。

キャンセル料は、宿泊施設、部屋、旅行契約の解除期日によって異なりますので、ご注意ください。

また、変更をご希望の場合は、予約確認ページからキャンセルしていただき、新たに予約を取り直してください。

「旅行契約の解除期日」とは、お客様が解除する旨をお申込みいただいた日時(予約確認ページフォーム上からの送信日時)を基準とします。

ナビタイムトラベルのキャンセル⑥航空券+ホテルセットプラン

航空券とホテルのセットプランのキャンセル方法は、ナビタイムトラブルの営業時間内にお電話にて受け付けます。

契約成立後、お客さまの都合でキャンセルされる場合は、旅行代金に対して1人あたりのキャンセル料をお支払いしていただきます。キャンセル料(国内旅行)については、次の通りです。

旅行契約の解除期日(取消日) キャンセル料
旅行開始日の前日から起算してさかのぼって21日目にあたる日以前 無料
20日目にあたる日以前 旅行代金の20%
7日目にあたる日以前 旅行代金の30%
旅行開始日の前日 旅行代金の40%
旅行開始日の当日 旅行代金の50%
旅行開始後または無連絡不参加 旅行代金の100%

航空券が「往復自由選択+宿泊」「往復LCC+宿泊」の区分の場合、上記条件と異なり、予約と同時に取消料が発生します。

「取消日」とは、お客さまがナビタイムトラベルの営業日・営業時間内にお申し出いただいた時を基準とします。

お申し出期日により取消料の額に差が生じてしまいますので、営業日・営業時間等は必ずご確認ください。

ナビタイムトラベル【営業時間】10:00~18:00 【休業日】土・日・祝日・年末年始です。電話番号は0570-066-050です。

ナビタイムトラベルのキャンセル方法⑦レンタカー

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%bc-%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a3-%e4%bc%91%e6%97%a5-2348606/

レンタカーを申し込み後のキャンセル方法は、レンタカー予約確認ページからできます。キャンセル用発生期間中のキャンセルは、レンタカー会社の定めるキャンセル料が発生します。

キャンセル料は、ご乗車日までの日数に応じて異なりますので、ご注意ください。

変更をご希望の場合は、レンタカー予約確認ページから一度予約をキャンセルしていただき、新たに予約をし直していただくようお願いします。

「キャンセル受付日」は、お客様がお客様が当社の営業日・営業時間内に解除する旨をお申込みいただいた日時(当受付フォームからの送信日時)を基準とします。

【まとめ】ナビタイムトラベルのキャンセル方法

ナビタイムトラベルの予約キャンセルの方法や注意点、取扱手数料について解説してきました。

予約した航空券やホテルなどそれぞれによって、キャンセル方法が異なるので手間がかかりますが、1つずつオンラインやお電話でできるので、難しくはありませんね。

キャンセル料の発生や取消の手続きにも期日がありますので、「どうしても行けなくなった!」と決まったら、できるだけ早くキャンセルするようにして下さいね!