イオンカードの保険は3種類!特徴から適用条件まで紹介

年会費が無料のイオンカードには、全部で3種類の保険が付帯されています。ショッピングや旅行に特化した保険であり、イオンカードで決済をすれば保険を利用できるんですよ。

イオンカードで決済するだけで、旅行のたびに払っていた保険代を払う必要もありません!

この記事では、イオンカードに付帯されている保険について、特徴や適用条件、補償額まで説明しているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

イオンカードの保険は全部で3種類!

イオンカードにはクレジットカード盗難保障のほかに、3種類の保険があります。付帯されている保険は以下の通りです。

イオンカードの保険
  • ショッピングセーフティ保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険

クレジットカード盗難保障は、カード紛失を届け出た日から61日前までの損害額を全て補償してくれるものです。

3種類の保険については、次の章から詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

イオンカードの「ショッピングセーフティ保険」

出典:https://unsplash.com/photos/_ApQYtOlFfI

まず初めに、ショッピングセーフティ保険は、破損事故・火災事故など偶然の事故により購入したものが壊れてしまった場合に、補償してくれる保険です。

イオンカードで決済した5,000円以上の商品が対象で、購入してから180日以内なら誰でも保険を受けられますよ。

利用控えや壊れた商品が手元にない場合は、補償が受けられない場合もあります。ですので、イオンカードで決済した場合は、捨てずにとっておきましょう。

なお、補償金額はカードの種類によって異なりますので、事前に把握しておいてくださいね。

対象カード 年間限度額
イオンカード 年間50万円
イオンゴールドカード 年間300万円

イオンカードの「海外旅行傷害保険」

海外旅行傷害保険とは、海外旅行中のケガや病気の治療費を補償してくれる保険です。海外の医療費は日本に比べて高額になりやすいので、”もしも”の時にとても助かりますよ。

また、カメラなど携帯品の破損や盗難、ホテル設備の損害賠償など、医療費以外の補償も充実しています。1回の旅行につき30日間までと、保険の対象期間が長いのも魅力です。

保険の適用条件は、公共交通機関の費用またはツアー代をイオンゴールドカードで支払うこと。他のクレジットカードで支払うと保険を利用できないので注意してくださいね。

保険の種類 限度額
傷害による死亡・後遺障害 5,000万円
傷害による治療費 300万円
疫病に治療費 300万円
携帯品の損害 30万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用など 200万円

海外旅行傷害は、ショッピングセーフティ保険とは異なり一部のカードのみに付帯されている保険です。

対象カード
  • イオンゴールドカード(ディズニーデザイン含む)
  • イオンゴールドカード(WAON一体型)
  • イオンゴールドカードセレクト(ディズニーデザイン含む)
  • イオンセレクトクラブ

なお、渡航先でトラブルが発生したときは、24時間いつでも無料で電話での問い合わせが可能です。海外で電話を利用すると、電話料金が高額になりがちなのでありがたいですね。

電話番号
  • アメリカ:1-877-469-8818
  • シンガポール:800-810-2351
  • 韓国:00798-817-1697
  • その他の地域は、公式サイトをご確認ください
スポンサーリンク

イオンカードの「国内旅行傷害保険」

国内旅行傷害保険は、国内旅行中のケガを補償してくれる保険です。海外旅行傷害保険とは異なり、携帯品の補償などはありません。

保険の適用条件は、旅行に関する費用をイオンゴールドカードで支払うこと。支払ったものに応じて保険の内容が異なるので、事前に確認しておきましょう。

決済内容 保険の内容
公共交通機関 公共交通機関を利用中のケガ
宿泊施設 宿泊中のケガ
ツアー ツアー参加中のケガ

たとえば、公共交通機関の料金をイオンカードで支払い、ホテル代は現金で支払った場合、公共交通機関を利用中のケガは保険が適用されますが、ホテル内でのケガは保険を利用することができません。

ですので、旅行の代金はすべてイオンゴールドカードで支払った方が良いでしょう。

国内旅行傷害保険を利用できるカードは、以下の通りです。

対象カード
  • イオンゴールドカード(ディズニーデザイン含む)
  • イオンゴールドカード(WAON一体型)
  • イオンゴールドカードセレクト(ディズニーデザイン含む)
  • イオンセレクトクラブ

よくある質問!旅行の同伴者に保険は使えるの?

出典:https://unsplash.com/photos/UmV2wr-Vbq8

保険適用の条件を満たしている場合、同伴者もイオンゴールドカードを持っていれば保険が適用されますよ。

旅行の代金を支払う前に、同伴者がイオンゴールドカードを持っているか確認しておくと良いでしょう。

また、イオンゴールドカードを持っていない場合でも、相手が持っているだけで旅行保険が適用されるカードがあるようなら、あなたが旅行代金を支払うと良いですね。

スポンサーリンク

イオンカードの保険ならゴールドカードがおすすめ!

海外・国内旅行傷害保険を利用でき、ショッピングセーフティも高額補償であるイオンゴールドカード。イオンカードを持つのなら、年会費無料のイオンゴールドカードを発行するのがおすすめですよ。

ただし、イオンゴールドカードは誰でも発行できる訳ではありません。条件を達成した人のみが発行できるようになっています。

次の章で、イオンゴールドカードの発行条件を説明しますね。

イオンゴールドカードの発行条件

イオンゴールドカード発行の条件は、直近1年間の利用額が100万円以上です。条件を達成すると翌月にゴールドカードへの切替案内が届きます。

また、公式サイトでは記載されていませんが、利用額100万円以上以外にもゴールドカードを発行できる条件があるようです。100万円以上の利用に比べてハードルが低いので、以下の記事をチェックしてみましょう!

イオンカードのゴールドを発行する条件は?低収入でもゲットできる!

2021年5月20日

なお、全てのカードがゴールドカードになる訳ではありません。ゴールドカードに切り替え可能なカードは限られているので、カードを発行する際は以下のカードの中から選ぶようにしましょう。

対象カード
  • イオンカード
  • イオンカード・WAON一体型(ディズニーデザイン含む)
  • イオンカードセレクト(ディズニーデザイン含む)
  • ※ディズニーデザイン:ミッキーマウス・トイストーリー

イオンカードに付帯されている保険のまとめ

この記事では、イオンカードに付帯されている保険について紹介しました。ショッピングセーフティ保険は全てのカードが対象ですが、海外・国内旅行傷害保険はゴールドカードのみが対象です。

よく旅行に行く方は、年会費が無料であるゴールドカードを発行するために、イオンカードをメインカードにするのがおすすめです。

また、全ての保険が「イオンカードで決済していること」が適用条件となります。ショッピングや旅行代金を支払う際は、イオンカードを利用するのがおすすめですよ。