『帝国ホテル大阪』水都の桜並木を目の前に贅沢なステイを満喫

今回紹介する『帝国ホテル大阪』は大阪環状線『桜の宮駅』から徒歩5分のところにある『帝国ホテルグループ』のホテルです。

贅沢な設えと充実したおもてなしが魅力のホテルで、都会のオアシス『桜之宮公園』を目の前に、水の都大阪の風情を楽しめます。

とりわけ春は川沿いの桜を楽しめて、最高のロケーションです。この記事では、『帝国ホテル大阪』の魅力をたっぷりとご紹介します。これから大阪へ行く予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

『帝国ホテル大阪』の魅力

サービスの良さで定評のある『帝国ホテル大阪』は、大川の両岸に広がる「桜宮公園」の一画に位置し、ロケーションがとても良いです。

大川は水都大阪の要とも言える河川で、『帝国ホテル大阪』から川を下ると大阪城や大阪の商業の中心地、天満、北浜に出ます。

ホテルに滞在中に大阪の風情を楽しみながら、ぶらりとホテル周辺をお散歩してもよいでしょう。

観光で滞在するなら、ベストシーズンは、桜のシーズンと天神祭です。「造幣局」の桜並木は有名ですよ。夏の天神祭はこの大川で行われます。

花火が打ち上げられ、出店がでてとても賑やかで、ホテルからの祭りの眺めは素晴らしいですよ。

ただ、天神祭の時は、料金は通常より高くなります。お部屋代は税・サービス込みで、スーペリアで2名1室利用で約150,000円になります。

スポンサーリンク

『帝国ホテル大阪』の客室は落ち着いた雰囲気

それでは、『帝国ホテル大阪』のお部屋をご紹介します。インペリアルフロアとレギュラーフロア。あなたのシーンに合わせてお部屋を選んでくださいね。

最上のくつろぎ・インペリアフロア

  • 帝国ホテル自慢のオリジナルベットで快適に眠れます。
  • ゲストアテンダントがあなたの要望に答えてくれます。
  • ホテルからのささやかなプレゼントがあります。
  • 安全性が高いフロアです。

落ち着きと機能性・レギュラーフロア

落ち着きと機能性を兼ね備えています。ここでは、レギュラーフロアの2つのタイプのお部屋をご案内します。

スーペリアツイン・リバービュー

『帝国ホテル大阪』スーペリアツイン

https://www.ikyu.com/00000573/?cid=20210307&cod=20210308&discsort=0&gclid=EAIaIQobChMIwtGcmbKO7wIVeMMWBR1CRAIuEAoYBiAAEgIvJfD_BwE&ikCo=googlehpa&ipb=1&lc=1&pln=10044204&ppc=2&rc=1&rm=10004196&si=1&st=1

こちらの客室は、スーペリアツイン・リバービューのお部屋です。広さは40㎡定員は3名までです。

ベッドは 120cm × 長さ205cm 2台で、ソファーベッドが1台つきます。とても広くてゆったりとくつろげますね。

 

無駄のないシンプルなスタンダードツイン

『帝国ホテル大阪』スタンダードツイン

https://www.ikyu.com/00000573/?cid=20210307&cod=20210308&ppc=2&si=1&discsort=0&gclid=EAIaIQobChMIwtGcmbKO7wIVeMMWBR1CRAIuEAoYBiAAEgIvJfD_BwE&ikC

無駄のない、シンプルなスタンダードツインのお部屋です。定員は2名まで。大きさは30㎡の広さがあるので、快適なホテルステイを楽しめますよ。ベッドは105cm × 長さ205cm あります。

快適なホテルステイを!客室には拘りのアメニティ〜と設備を用意

『帝国ホテル大阪』アメニティ

https://www.ikyu.com/00000573/?cid=20210307&cod=20210308&discsort=0&gclid=EAIaIQobChMIwtGcmbKO7wIVeMMWBR1CRAIuEAoYBiAAEgIvJfD_BwE&ikCo=googlehpa&ipb=1&lc=1&pln=10278060&ppc=2&rc=1&rm=10004192&si=1&st=1

各客室にはあなたが快適にステイできるよう、アメニティが揃っていますよ。

アメニティ
  • 女性用化粧品(洗顔料・化粧水・乳液・メーク落とし)
  • バスタオル・ハンドタオル・フェイスタオル
  • シャワーキャップ・ハミガキセット・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・石鹸
  • 髭剃りセット・綿棒・くし・ブラシ
  • スリッパ・浴衣
  • ミネラルウォーター2本/日・お茶セット
  • 朝刊1

室内設備
  • デュベ(羽毛掛け布団)
  • テレビ
  • 衛星放送
  • Wi-Fiネットワーク(無料)
  • ミニバー、冷蔵庫、湯沸しポット
  • 体重計、ドライヤー
  • セーフティボックス

こだわりのアメニティや設備を備えているので、快適にホテルステイを楽しめそうですね。

スポンサーリンク

プライベートバスで優雅なバスタイムを満喫♪

『帝国ホテル大阪』スーペリアバスルーム

https://www.ikyu.com/00000573/?cid=20210307&cod=20210308&ppc=2&si=1&discsort=0&gclid=EAIaIQobChMIwtGcmbKO7wIVeMMWBR1CRAIuEAoYBiAAEgIvJfD_BwE&ikCo=googlehpa

次に、『帝国ホテル大阪』のバスルームをご案内します。旅の疲れは、お風呂に入ってゆったりとくつろぎたいですね。

洗い場がついているスーペリアのバスルーム

写真はレギュラーフロアのスーペリアのお部屋のバスルームです。洗い場がついているのが特徴です。ウェットエリアとドライエリアが別々になっているのは嬉しいですね。

スタンダードタイプのバスルームはコンパクト

レギュラーフロアのスタンダードタイプは、トイレ・洗面台・バスタブがコンパクトにまとめられているバスルームです。

バスアメニティはオリジナル

バスアメニティは「帝国ホテルのオリジナル」です。シャンプー類の甘く優しい香りが魅力的ですよ。

『帝国ホテル大阪』の宿泊料金はどれくらい?

一休.comをみてみると、宿泊料金は税込、朝食なしのシンプルステイで、スタンダードツインで約26,000円〜。スーペリアツインで約30,000円〜。

一般的なホテルに比べると少し高くなりますが、アクセスの良さや、おしゃれな空間、ロケーションの良さなどを踏まえると魅力的な価格にも感じますね。

いつも仕事を頑張っている自分へのプレゼントに、ボーナなどを利用して贅沢な時間をすごしてみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

ディナーは『帝国ホテル大阪』でグルメを堪能

せっかく『帝国ホテル大阪』にステイするのなら、ホテルでディナーも楽しみたいですよね。

『帝国ホテル大阪』のグルメ

『帝国ホテル大阪』には、和洋中の7つものレストランがあります。ぜひ食い倒れの街で美味しいものをたくさん食べてくださいね。ここでは、フレンチと中華をご案内します。

23F・フレンチレストラン『レ セゾン』

フレンチの「レ セゾン」は眺めの良い23階にあります。ロマンチックな夜景とともに、四季折々の厳選したメニューを楽しめますよ。税込・サービス別で、¥12,250〜

23F・中華料理『ジャスミンガーデン』

中華料理の『ジャスミンガーデン』も23階にあり、眺めが良いです。あっさりとした広東料理で、本場中国の味をそのまま頂けますよ。税込・サービス別で12,000〜

お食事の後は、グラスを傾けバーで大人の時間を楽しむ♪

夜はバーで、大人の時間をゆったりと楽しめるのも、ホテルステイの楽しみですね。

2F・クラシカルなメインバー『オールド インペリアルバー』

「オールドインペリアルバー」は旧帝国ホテルの面影が残る、落ち着いた雰囲気のバーです。税込・サービス別で1,340円〜

23F・カクテルラウンジ『レインボーラウンジ』

全面ガラス張りの窓からの展望は抜群ですよ。税込・サービス別で1,430円〜

優雅な朝食を『帝国ホテル大阪』のレストランで♪

ホテルステイでの楽しみの一つに、ゆったりとした気分でいただくホテルでの朝食がありますね。『帝国ホテル大阪』では、3つのレストランとルームサービスがあります。

2F・カジュアルレストラン 「カフェ クベール」

爽やかな朝の光が差し込む、明るく開放的なオープンキッチンのレストラン。

ブフェは、香り豊かで味わい深いクロワッサンや、お客様のオーダーでシェフが調理する卵料理がおすすめです。和食も揃っています。

メニュー

  • 朝食ブフェ: 大人: 3,300円
  • アメリカンブレックファスト: 2,900円

1F・ブフェ&ラウンジ ザ パーク

遊歩道の風景を眺めながら、ロビーラウンジで朝食を。24mの吹き抜けのアトリウム水のオブジェがある、明るく開放的なラウンジです。

お好みのオーダーでシェフが調理する卵料理をはじめ、和洋ブフェをお召し上がりください。朝食ブフェ:大人 3,300円

24F・日本料理 大阪なだ万

老舗の「なだ万」でいただく、日本料理の朝食です。おしゃれな和モダンなデザインの店内からは、水の都が一望できますよ。プライベートな空間でゆったりと朝の時間をご堪能ください和朝食: 2,750円

ルームサービス

ゆったりとした気分で、お部屋で朝食を召し上がるのも良いですね。メニューは下記の通りです。

  • アメリカンブレックファスト: 3,100円
  • コンチネンタルブレックファスト: 1,800円
  • パンケーキブレックファスト: 3,100円
  • スープブレックファスト: 3,100円
  • 大阪なだ万 和朝食: 3,400円

税金・サービス料金

  • 上記料金には消費税が含まれています。
  • サービス料 (10%) を加算されます。(朝食ブフェを除く)

『帝国ホテル大阪』の基本情報とアクセス

最後に、『帝国ホテル大阪』の基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 〒530-0042 大阪府大阪市北区天満橋1丁目8−50 大阪アメニティパーク
  • 06-6881-1111
  • IN 14:00〜24:00   OUT 12:00
  • 大阪帝国ホテル公式HP
アクセス
  • JR 「大阪駅」より「シャトルバス」を運行 約15分
  • JR 大阪環状線 「桜ノ宮駅」西出口より徒歩約5分
  • JR新幹線 新大阪駅より在来線乗り換え大阪駅へ。またはタクシーで約15分

大阪の旅を格上げするホテル『帝国ホテル大阪』のまとめ

今回は、この記事では『帝国ホテル大阪』の魅力、お部屋、価格、スヌーピードアマン、朝食のレストランなどをご紹介しました。

桜の宮公園は、川沿いに大阪城公園や中之島公園にも繋がっています。大阪北の繁華街や、庶民的で大阪らしい天神橋筋商店街にも近く、大阪観光を満喫するには最高の立地ですよ。

「観光はもちろん、ホテルステイも満喫したい」という方はぜひ1度宿泊してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

粘土団子

粘土団子です。好きなことは旅、好きな動物は猫です。 現在、web+で、ライティングを学んでいます。 「読者の気持ちを考える」というライティングの基本中の基本は、人の気持ちを考えるのが苦手なコミュ障の私には、よいリハビリになっています。目標はライターとして自立することです。 頑張ります!