『ホテル1899東京』伝統とモダンが入り混じる“お茶尽くし”の宿!

今回紹介する『ホテル1899東京』は、何もかもが「お茶」に関わる超ユニークなホテル!

アメニティーにインテリア、カフェメニューなどなど、とにかく「お茶」が溢れているんです♪しかも“安くておしゃれなホテル”なので、普通のホテルに飽きている方も必見ですよ。

この記事では、ホテル1899東京の魅力をたっぷり紹介するので、ぜひ最後までご覧くださいね。

(トップ画像出典:https://www.ikyu.com/biz/00081520/)

スポンサーリンク

お茶好きなら1度は泊まりたい『ホテル1899東京』

ホテル1899東京は、“お茶のあるライフスタイル”を提案する「お茶」をテーマにしたホテル。

1階には日本茶専門カフェ「CHAYA 1899 TOKYO」、2階には茶釜を備えた「ティーカウンター」を併設し、客室までも「お茶」をテーマにデザインされています。

また、ソムリエでもバリスタでもない「茶バリエ」というスタッフがいて、お茶の魅力や楽しみ方をレクチャーしてくれるんですよ。

それでは早速、ホテル1899東京の魅力に迫っていきましょう!

スポンサーリンク

まるで茶室!チェックインからお茶の魅力を満喫♪

ホテル1899東京のチェックインは、2階にあるティーカウンター付のフロントにて行います。

フロントには茶釜も設置されていて、四角く仕切られたスペースは「茶室」をイメージしているそうですよ。

入館して間もなく“お茶の世界”が溢れているので、自然とワクワクしてきますね♪

チェックインを済ませると、早速「茶バリエ」の方が正しい所作でお茶を淹れてくれます。

茶バリエは、美味しいお茶の飲み方やおすすめの銘柄を知り尽くす“お茶のプロ”。

お茶について気になることがあれば、気軽に声を掛けてみましょう!

ちなみに2階にあるティーカウンターは、15時から22時までなら何度でも利用可能です。

スタッフの方が「抹茶」または「煎茶」を淹れてくれるので、ほっと一息つきたいときはぜひ利用してみてくださいね!

ホテル1899東京は客室までも「お茶」が主役!

ホテル1899東京は、全63室計4タイプの客室を用意。こちらの部屋は、ホテルのコンセプトを最も体現した「スーペリアダブルB -ENGAWA-」となります。

客室タイプ
  • コーナーデラックスツイン(33.6㎡)
  • スーペリアダブルA-IORI-(20㎡)
  • スーペリアダブルB-ENGAWA-(20㎡)
  • スタンダードダブル(18㎡)

枕元の照明は「茶筅(ちゃせん)」をモチーフにしたデザインで、まるで茶室のような「円窓」もホテルのテーマにピッタリ。

また、「お茶が入れやすいように」ということから、寝室に水回りが設置されているのも特徴ですね!(客室によってデザインは異なります。)

客室には「急須」などの道具も揃っていて、より美味しくお茶を淹れるための「ピュアウォーター」までも用意。

「六煎茶」や「ぽかぽか」などオリジナルの茶葉が4種類あるので、飲み比べをして好みのお茶を見つけてみましょう!(茶葉の種類はランダムで用意されます。)

ここまで拘りが見られると、「お茶についてもっと知りたい!」と興味も湧いてきますね♪

スポンサーリンク

ホテル1899東京は室内設備が充実!便利な最新機器も設置

初めて泊まるホテルとなると、設備やアメニティーも気になりますよね。

ホテル1899東京には、一般のホテルと同じように「テレビ(40インチ)」「加湿空気清浄機」「無料Wi-Fi」など最低限の物は一通り揃っています。

“茶室=古き良き部屋”というイメージもありますが、最新機器を取り入れているのも当ホテルの魅力!

客室専用タブレット」を使えば、空調や照明の調整、宿泊者自身でチェックアウトすることもできるんですよ。

また、無料で通話ができるスマートフォン「handy(ハンディ)」も完備。このように快適性を備えているのも人気の秘密ですね!

女性も安心!拘りのアメニティーで快適なホテルステイを

ホテル1899東京は、室内設備だけではなくアメニティーにも拘りが見られます。

女性が気になる基礎化粧品には、「MIKIMOTOコスメティックス」のスキンケアセットを用意。(クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液)

また、緑茶成分入りの「シャンプー」「コンディショナー」「ボディーソープ」、2種類の「入浴剤」を用意するなど盛り沢山の内容です!

このようにアメニティーも充実しているので、女性の方も安心して宿泊できますよ。(設備・アメニティーの詳細は、公式サイトからも確認できます。)

スポンサーリンク

ホテル1899東京の1階には「日本茶専門カフェ」を併設!

ホテルの1階フロアには、日本茶専門カフェ「CHAYA 1899 TOKYO」を併設。

ここでは“お茶”を使った「ドリンク」「アルコール」「スイーツ」などを楽しめるんですよ♪

中でもおすすめなのが、「濃茶ラテ(600円〜)」。茶バリエが茶筅で点てた濃厚な抹茶に、ミルクや豆乳を加えた本格的なラテですね!

抹茶の量を1g単位(3〜6gまで)で選べるので、自分好みの濃さにして楽しめるんですよ。

日本茶専門カフェが手掛ける至極の一杯なので、ぜひ1度味わってみてくださいね!

朝食には1899流にアレンジした「お茶漬け」を用意!

当ホテルの朝食は、先程紹介した「CHAYA 1899 TOKYO」(テイクアウト可能)でいただきます。朝食には自家製のお茶味噌を使った「1899鯛茶漬け」を用意。

1899流にアレンジしたお茶漬けで、「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」など1杯のお茶漬けからあらゆる栄養素を摂取できるんですよ。

食材には昆布〆にした「鯛」をはじめ、“スーパーフード”とも呼ばれる「ケール」や「ビーツ」なども使用。

お米には「コシヒカリ」、茶味噌には静岡産の「抹茶」や「ほうじ茶」も使われていて、まさに“究極のお茶漬け”と言っても過言ではありませんね!

ホテル1899東京は、「朝食付」または「素泊まり」が基本プランとなるので、夕食を食べるお店も検討しておきましょう。

ホテル1899東京の宿泊料金はどれくらい?

公式サイトに掲載された宿泊プランを見てみると、最も小さな「スタンダードダブル(素泊まり)」で、1名当たり17,000円となっています。

また、「スタンダードダブル(朝食付き)」の場合は、1人当たり19,400円。(上記は2名1室利用・2021年2月時点の宿泊料金となります。)

尚、「早割プラン(14日前または31日前の予約)」を利用すると、通常料金よりも5,000円ほど安くなるのでかなりお得!

「なるべく安く泊まりたい」という方は、早めの予約がおすすめですよ。

ホテル1899東京の基本情報とアクセス

最後に、ホテル1899東京の基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:東京都港区新橋6-4-1
  • 電話番号:03-3432-1899
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/12:00
  • 公式サイト:ホテル1899東京
アクセス
  • 都営三田線「御成門駅」A3b出口より徒歩約6分
  • 浅草線「大門駅」A4出口より徒歩10分
  • JR・東京メトロ・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋駅」烏森口より徒歩約10分
  • JR山手線・京浜東北線・東京モノレール「浜松町駅」北口より徒歩約15分
  • アクセスの詳細:ホテル1899東京


お茶の世界に満ち溢れる『ホテル1899東京』のまとめ

今回は、お茶の魅力がたっぷり詰まった『ホテル1899東京』を紹介しました。今までに見たことがないようなユニークなホテルでしたね!

新橋エリアの駅近という好立地にあり、おしゃれで安いホテルなので、観光の拠点にするのもおすすめですよ。

ホテルのテーマの「お茶」には、「抗酸化作用」や「リラックス効果」など様々な効能があるので、改めてどんな飲み物なのか勉強してみるのも面白そうですね!

このホテルにはあなたの知らない“お茶の世界”があるので、お茶に興味がある方はぜひ1度宿泊してみてはいかがでしょうか?