『セントレジスホテル大阪』伝統のバトラーも付いた最高級ホテル!

今回紹介する『セントレジスホテル大阪』は、大阪の一等地「御堂筋」に建つラグジュアリーホテル。

ミシュランガイドで5つ星を獲得し、伝統の「バトラーサービス」も受けられる超豪華なホテルなんです♪たまには高級ホテルに宿泊して、リッチな時間を満喫しみてはいかがでしょうか?

この記事では、セントレジスホテル大阪の魅力をたっぷり紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(トップ画像出典:https://www.ikyu.com/00001656/)

スポンサーリンク

大阪の一等地に建つ最高級ホテル『セントレジスホテル大阪』

セントレジスホテル大阪は、複合施設「本町ガーデンシティ」の上層階に位置するラグジュアリーホテル。

「セントレジス」は、世界各地に展開する「マリオット・インターナショナル」の最高級ブランドで、その日本進出第1号が“セントレジスホテル大阪”なんですよ。

有名なガイドブック「ミシュランガイド」では、最高評価のホテルに贈られる5レッドパビリオンを獲得。

大阪屈指の広さを持つゲストルーム・一流の味を堪能できるレストラン・上質なサービスも備えている、まさに至れり尽くせりのホテルです!

スポンサーリンク

セントレジスを象徴する伝統の「バトラーサービス」

セントレジスと言えば、伝統的な「バトラーサービス」が有名。簡単に言えば、旅のサポートをしてくれる“執事”のことですね!

「バトラーサービスってどんなことをしてくれるの?」とも思いますが、具体的には以下のようなことに対応してくれますよ。

バトラーサービスの一例
  • ウェルカムドリンク
  • プレスサービス(アイロン掛け)
  • シューシャイン(靴磨き)
  • 荷造り・荷ほどき
  • レストランの予約

他にも「チケットを手配したい」「記念日のサプライズをしたい」など、あらゆる要望に対応してくれるのがバトラーサービスの魅力。

客室にある電話にはバトラー直通のボタンがあるので、何かリクエストがあるときはぜひ利用してみてくださいね!

大阪随一の広さ!眺望も美しい洗練されたデザインのゲストルーム

セントレジスホテル大阪は、全160室計12種類の客室を用意。

大きく分けると「デラックスルーム」と「スイートルーム」の2種類があり、「シティビュー」や「スカイラインビュー」と眺望も選べます。

写真のスタイリッシュな客室は、最もコンパクトな「デラックスルーム」。

間取りの広さは大阪屈指で、1番小さな客室でも43㎡の広さがあるんですよ。

こちらは「マツ」というスイートルーム。当ホテルの客室は、日本の感性を取り入れているのも特徴の1つです。

各客室によって間取りもデザインも異なるので、旅の目的に合ったものを選んでみてくださいね!

スポンサーリンク

セントレジスホテル大阪は室内設備が贅沢!

セントレジスホテル大阪は、ミシュランで5つ星を獲得するだけあり、室内設備は豪華な仕様になっています。

例えば、女性が気になる「バスルーム」には大理石を使い、「洗面台」はダブルシンクを採用。

バスタブも化粧テーブルも大きいので、女性の方も快適に過ごせそうですね!

他にも「42型HDテレビ」や「パイオニア製ブルーレイプレイヤー」など最新機器も設置。

また、「ウォークインクローゼット」も付いているので、荷物が多くなってしまっても特に問題はありません。

必要以上の物が揃っているので、安心してホテルステイを満喫できますよ!

女性に嬉しいセントレジスホテル大阪のアメニティー

セントレジスホテル大阪は、“マリオットの最高級ブランド”ということもあり、アメニティーも拘りのアイテムを用意しています。

例えば、女性が気になるバスアメニティーには、アメリカ発の「ルメードゥ」やフランス発の「ソティス」を採用。

どちらも高級スパなどで使われる一流ブランドなので、実際に使うときが楽しみですね!

また、「バスローブ」や「スリッパ」などには肌触りの良い素材を使用。上質なアメニティーを揃えているのも当ホテルの魅力です♪

公式サイトには「基礎化粧品」についての記載がないので、予約時に確認しておくとより安心ですね!

スポンサーリンク

あなたはどれにする?一流の味を堪能できるダイニング

セントレジスホテル大阪には、一流の料理を味わえる多彩なダイニングを用意。簡単に特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ラ ベデュータ / La Veduta

「ラ ベデュータ / La Veduta」は、イタリア料理を楽しめるセントレジスホテル大阪の看板レストラン。

贅沢なアラカルトからフルコースまで堪能でき、権威あるワイン専門誌『Wine Spectator』からは、優れたワインリストを持つレストランとして「アワードオブエクセレンス」も受賞しているんですよ。

世界各国の希少なヴィンテージなど約3,000本のワインもあるので、マリアージュを楽しみたい方にもおすすめですね!

ル ドール / Rue d’Or

「ル ドール / Rue d’Or」は、大理石のバーカウンターやオープンキッチンを備えたフランス料理レストラン。

地元でも人気のカジュアルダイニングで、パリのような雰囲気の中で拘りのビストロ料理を味わえますよ。

アフタヌーンティーの時間帯には「デザートビュッフェ」、2階には「ラ・カーヴ」というワインバーもあり、いろんな楽しみ方ができるおすすめのダイニングですね!

鉄板焼レストラン 和城

「鉄板焼きレストラン 和城」は、大阪で最も有名なレストランの1つ

この鉄板焼きレストランでは、「神戸牛」や「石垣島プレミアムビーフ」などを季節の食材と一緒に堪能できますよ。

希少価値の高いヴィンテージワインや日本酒なども用意しているので、ぜひペアリングも楽しんでみてくださいね!

バーやスパを利用してリッチなステイを満喫しよう!

セントレジスホテル大阪には、ダイニングの他にも「バー」や「スパ」を併設。

ホテルの12階にある「セントレジスバー」では、バーテンダーが作るカクテルを片手に、ピアノの生演奏も楽しめますよ。

とってもムーディーな空間なので、大切な人と一緒に行けば素敵な時間を過ごせそうですね♪

14階にはフランスの雰囲気をイメージしたエステティックサロン「IRIDIUM featuring SOTHYS」を用意。

ここのスパでは、1人1人に合わせたフランス式ボディートリートメントを満喫できますよ。

「体の疲れが取れない」「最近、肌の調子が良くない」という女性の方は、ぜひスパを利用してみてはいかがでしょうか?

セントレジスホテル大阪の宿泊料金はどれくらい?

公式サイトを見てみると、最もコンパクトな「デラックス」の場合、1人当たり61,020円となっています。(上記は2名1室利用、手数料・サービス料込の宿泊料金。※2021年2月時点)

最高級ホテルということもあり、それ相応の料金設定になっていますね。それでもバトラーが付き、上質な設備・アメニティーも備えているので、良心的な宿泊料金とも言えるでしょう。

他のホテルでは味わえない贅沢感があるので、たまにはボーナスなどを利用してリッチな時間を堪能してみてはいかがでしょうか?

セントレジスホテル大阪の基本情報とアクセス

最後に、セントレジスホテル大阪の基本情報とアクセスについて紹介します。

基本情報
  • 住所:大阪府大阪市中央区3-6-12
  • 電話番号:06-6258-3333
  • チェックイン/チェックアウト:15:00/12:00
  • 公式サイト:セントレジス大阪

セントレジスホテル大阪までのアクセスですが、地下鉄御堂筋線「本町駅」で下車をして、7番出口からすぐの所にあります。

また、JR「大阪駅」からタクシーを利用した場合、約10分程度で到着します。(料金目安1,000円)

大阪の最高級ホテル『セントレジスホテル大阪』のまとめ

今回は、マリオット・インターナショナルの最高級ブランド『セントレジスホテル大阪』を紹介しました。客室やサービスのどれをとっても贅沢に溢れたホテルでしたね!

優雅なステイを楽しめるので、記念日のお祝いやデートで利用するのにもピッタリ♪

また、アクセス抜群の好立地に建っているので、気軽に観光も楽しめますよ。

「大切な人と特別な時間を過ごしたい」という方は、ぜひ“大阪の最高級ホテル”を利用してみてはいかがでしょうか?