東京の博物館はどこがおすすめ?心が弾む8つの人気ミュージアム♪

東京には150を超える博物館が存在しており、「どこがおすすめなんだろう?」と気になっている方もいれば、「どこに行けば良いのか迷う…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、今回は東京の中で特におすすめな博物館を8つピックアップしてみました!どの博物館も個性が溢れており、あまり博物館に行かない方も楽しめるような魅力・見所が満載です!

博物館に興味のある方はもちろん、東京観光を考えている方もぜひ参考にしてみてくださいね!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/東京スカイツリー-旅行-日本-3827717/)

スポンサーリンク

博物館で気をつけたい鑑賞マナー

出典:https://unsplash.com/photos/U8xSH9q_wUM

東京のおすすめの博物館を紹介する前に、博物館で気をつけたい鑑賞マナーについて簡単に紹介しますね!普段あまり博物館へ行かない方はぜひ参考にしてみてください。

博物館の鑑賞マナー
  • 展示スペースでは大きな声を出さない
  • 許可されていない場所での撮影は禁止
  • 許可されていない展示品には触れない
  • 飲食物の持ち込みは原則禁止
  • 大きな荷物(キャリーケースなど)や傘などはロッカーやクロークルームに預ける

博物館によって多少のルールは異なりますが、上記の5つは基本的なマナーとなります。

周りの方に迷惑を掛けず、楽しく鑑賞するためにも、基本的なマナーをしっかりと心得ておきましょう!

マナーについて確認したところで、東京のおすすめの博物館について紹介していきますね!

スポンサーリンク

①日本で唯一の総合科学博物館【国立科学博物館】

最初に紹介するのは、台東区上野にある「国立博物館」です。1877年に創立された歴史のある博物館であり、日本で唯一の総合科学博物館です。

館内には、日本列島の生い立ちを振り替えられる「日本館」、生物の誕生や絶滅・科学技術の発展について学べる「地球館」の2つの常設展が設けられています。

動植物の標本・化石・科学技術資料など収蔵品は多岐にわたり、資料点数は400万点を優に超えています。中でも、巨大な恐竜の展示・大型哺乳類の剥製は迫力満点ですよ!

他にも、魅力的な特別展示・企画展も開かれており、1年中楽しめる博物館となっています。改めて地球・生命・科学について知識を深められるおすすめの博物館です!

基本情報
  • 住所:東京都台東区上野公園7-20
  • 電話番号:03-5777-8600
  • 営業時間:9:00〜17:00(金土は9:00〜20:00)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)・年末年始・臨時休館あり
  • 入場料金:一般630円
  • 公式サイト:国立科学博物館

②日本最古の博物館【東京国立博物館】

続いて紹介するのは、台東区の上野公園内にある「東京国立博物館」です。1872年に創設された日本最古の博物館で、本館表慶館東洋館平成館法隆寺宝物館の5つの展示館と資料館で構成されています。

絵画・彫刻・陶磁などコレクションの幅が広く、約12万点の貴重な品が収蔵されています。教材に載るような国宝・重要文化財も多数あるので、東洋の歴史が好きな方は1度は訪れておきたいですね!

また、ガイドツアーやワークショップもあり、VR(バーチャルリアリティ)を利用した新しい鑑賞システムを取り入れているのも魅力的です!

貴重な展示品も目が離せませんが、和洋折衷の優雅な建築物も見応えがあるので、建築デザインにも注目してみるとより楽しめますよ!尚、入館にはオンラインにて事前予約が必要となります。

基本情報
  • 住所:東京都台東区上野公園内13-9
  • 電話番号:050-5541-8600
  • 営業時間:9:30〜17:00
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日休館)・年末年始
  • 入場料金:一般1,000円(特別展は別料金)・ミュージアムシアター大人600円
  • 公式サイト:東京国立博物館

スポンサーリンク

③世界の貴重なカバンが東京に集結【世界のカバン博物館】

続いて紹介するのは、台東区駒形にある「世界のカバン博物館」です。世界のカバン博物館は、カバン総合メーカー「エース株式会社」が運営しており、都営地下鉄線「浅草駅」から徒歩1分のところにあります。

館内には、世界五大陸50ヶ国以上から収集されたカバンが収蔵されており、約550点の中からセレクトされたものが随時展示されています。カバン・バッグ好きの女性の方には特におすすめの博物館です!

中には、近代日本を代表する政治家の西園寺公望が使用したキャビントランク・福原愛羽生結弦など著名人が使用したカバン・2,000万円のワニ革トランクなども展示されています。

また、「良いバッグの見極め方」や「お手入れ方法」など、生活に役立つカバンの豆知識について学べるのも魅力の1つです!入場料は無料なので、浅草観光と合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

基本情報
  • 住所:東京都台東区駒形1-8-10
  • 電話番号:03-3847-5680
  • 営業時間:10:00〜16:30
  • 休館日:日・祝日・年末年始・不定休あり
  • 入場料金:無料
  • 公式サイト:ACE

④東京ドームシティで宇宙体験【宇宙ミュージアムTeNQ】

続いて紹介するのは、文京区後楽にある「宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)」です。東京ドームシティ内にある宇宙ミュージアムTeNQでは、最先端のサイエンスを駆使して宇宙を身近に感じることができます。

見所満載の博物館となっており、「はじまりの部屋」では全幅20mのプロジェクション・マッピングを、「シアター宙」では最新の4K超の高解像度映像を駆使して地球周辺の宇宙空間を観賞できます。

また、体験型コンテンツが豊富にある「イマジネーション」というエリアも人気ですよ!遊びながら宇宙やサイエンスの魅力に触れられるので、子供から大人まで夢中になって楽しめます!

ミュージアムショップには、宇宙をテーマにしたアクセサリー・天文グッズ・宇宙食などユニークなアイテムが販売されているので、そちらの方もぜひチェックしてみてくださいね!

基本情報
  • 住所:東京都文京区後楽1-3-61
  • 電話番号:03-5800-9999
  • 営業時間:平日11:00〜21:00・土日祝10:00〜21:00
  • 休館日:不定休
  • 入場料金:一般1,800円(当日券)・1,700円(前売券)
  • 公式サイト:宇宙ミュージアムTeNQ

スポンサーリンク

⑤1億円の重さを体験できる【貨幣博物館】

続いて紹介するのは、中央区日本橋にある「貨幣博物館(日本銀行金融研究所博物館)」です。

日本銀行分館内にある貨幣博物館では、古代から現代までの貨幣の歴史・お金に施されている偽造防止技術・世界の様々な貨幣や紙幣について学ぶことができます。

中でも、1億円を持ち上げる体験コーナーが人気で、重量にすると約10kgもあるそうです!本物の紙幣ではありませんが、何故かドキドキしてまうユニークな体験コーナーです。

お金のことなら何でも分かるような、まさに貨幣博物館の名に相応しい内容となっています。尚、入場料が無料なので、東京観光と併せてふらっと立ち寄るのもおすすめですよ!

基本情報
  • 住所:東京都中央区日本橋本石町1-3-1 日本銀行分館内
  • 電話番号:03-3277-3037
  • 営業時間:9:30〜16:30
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は開館)・年末年始・臨時休館あり
  • 入場料金:無料
  • 公式サイト:貨幣博物館

⑥先端科学技術で楽しく学べる【日本科学未来館】

続いて紹介するのは、江東区青海にある「日本科学未来館」です。2001年に開館した日本化学未来館では、先端科学技術に触れながら宇宙・地球・生命などについて学ぶことができます。

中でも、迫力ある立体視映像を楽しめる「ドームシアター」、1,000万画素を超える超高解像度で宇宙に浮かぶ地球を映し出した「ジオ・コスモス」は、子供から大人まで見入ってしまうほど大人気ですよ!

他にも、ヒューマノイドロボット「ASIMO」をはじめ、様々なロボットの展示や実演が行われています。技術の発展・近未来を感じながら知識を学べるのも、日本科学未来館の魅力ですね!

展示物を鑑賞するだけではなく、実際に体験しながら学べるおすすめの博物館ですよ!

基本情報
  • 住所:東京都江東区青海2-3-6 日本化学未来館
  • 電話番号:03-3570-9151
  • 営業時間:10:00〜17:00
  • 休館日:火曜日(祝日は開館)・年末年始
  • 入場料金:一般630円(企画展は別料金)・ドームシアター大人310円
  • 公式サイト:日本科学未来館

⑦芸術的なジオラマで歴史を学べる【江戸東京博物館】

続いて紹介するのは、両国国技館の隣に位置する「江戸東京博物館」です。1993年に開館した江戸東京博物館では、主に江戸の歴史・文化に関する資料を収集・保存・展示しています。

常設展では、貴重な展示品や原寸大の復元模型をもとに、江戸時代から現代までの生活文化を学ぶことができます。模型の再現度が非常に高いので、歴史に詳しくない方でも目で楽しめるのが大きな魅力ですね!

歌舞伎の舞台を再現した模型・明治時代のタクシー・昭和の家屋のセットなど大きな展示も多いので、博物館でありながらテーマパークのように楽しめるのも魅力の1つです!

また、体験展示では「大名の駕籠(かご)」に乗ったり、「(まとい)」を持ち上げたりと江戸の生活を体験することもできます。江戸に興味のある方はもちろん、観光ついでにふらっと立ち寄るのもおすすめです!

基本情報
  • 住所:東京都墨田区横綱1-4-1
  • 電話番号:03-3626-9974
  • 営業時間:9:30〜17:30(土曜日は19:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)・年末年始
  • 入場料金:一般600円(常設展)
  • 公式サイト:江戸東京博物館

⑧江戸とジブリの世界観を同時に味わえる【江戸東京たてもの園】

最後に紹介するのは、小金井市桜町にある「江戸東京たてもの園」です。「小金井公園」内にある江戸東京たてもの園は、1993年に「江戸東京博物館」の開館に合わせ、「武蔵野郷土館」を拡充する形で開館しました。

約7haを擁する敷地面積には、文化的価値がありながら保存が困難となった建築物が移築復元されており、江戸時代から昭和初期までの約30棟が展示されています。

かの有名なジブリ映画『千と千尋の神隠し』の作画には、江戸東京たてもの園の家屋・銭湯のデザインなども参考にされており、2002年には千と千尋の神隠し展屋外上映会が開かれたことでも有名です。

上記の2つ目の画像は、千と千尋の神隠しに登場する「釜爺(かまじい )」が働く「ボイラー室」のモデルとなったと言われています。

ちなみに、江戸東京たてもの園のマスコット「えどまる」は、ジブリ映画の監督・宮崎駿がデザインしていますよ!現代の東京にはない江戸の雰囲気を感じられ、ジブリの世界観も感じられる魅力的な博物館です!

江戸東京たてもの園はデートに最適!おすすめの過ごし方を解説!

2020年7月20日
基本情報
  • 住所:東京都小金井桜町3-7-1 小金井公園内
  • 電話番号:042-388-3300
  • 営業時間:4〜9月9:30〜17:30・10〜3月9:30〜16:30
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)
  • 入場料金:一般400円
  • 公式サイト:江戸たてもの園

東京にあるおすすめの博物館まとめ

今回は、東京にあるおすすめの博物館を8つ紹介しました!どの博物館も魅力たっぷりですが、どこか気になる博物館はありましたか?

紹介した博物館も含め、東京には見応えのある博物館が点在しているので、博物館巡りをするのもおすすめですよ!

また、近年は「国立科学博物館」や「宇宙ミュージアムTeNQ」のような体験型施設も多く、友人との観光やデートで訪れる方も多いです。

日常では味わえない貴重な体験ができるので、気になる方はぜひ際を運んでみてくださいね!鑑賞マナーをしっかり守り、博物館で楽しい時間を過ごしましょう!