【日本ーポートランド】飛行機で行く時の注意事項は?

「ポートランドへ旅行に行きたいけど、日本から直行便の飛行機ってあるのかな?」

ポートランド旅行に行きたいと思っている方の中には、日本からのアクセス方法が気になるという人もいることでしょう。

そこで、この記事では日本からポートランドまでのアクセス方法や乗り継ぎ方法について紹介します。ポートランド旅行をしたい・行く予定があるという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

【日本ーポートランド】直行便の飛行機はあるのか?

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F-%E7%A9%BA-%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E5%A1%94-690254/

こちらの章では、日本からポートランドまでの直行便をご紹介します。直行便が発着している空港は、成田空港の1つのみです。利用できる航空会社は、下記の通りです。

航空会社一覧表
  • デルタ航空
  • ベトナム航空

デルタ航空、ベトナム航空ともに海外の航空会社ということもあり、日本との航空会社とは違う部分があります。

英語などでコミュニケーションをとるときもありますし、海外の航空会社のルールに従うことになるでしょう。

スポンサーリンク

成田空港からポートランドへ飛行機で行く際の時間は?

こちらの章では、唯一直行便がある成田空港からポートランドまでの行き方をご紹介します。

1日何便ほど飛んでいるのか、時間帯はいつ頃なのか、そして到着した時の現地時間を紹介しますね。

運行スケジュール

成田空港では毎日就航しており、1日1便です。18:25発、11:25着です。

日本の玄関口である成田空港は1日1便で、毎日運航しております。乗り遅れると1日待たなければいけません。乗り遅れないように、早めの到着を心がけましょう。

【日本ーポートランド】飛行機の料金と所用時間は?

いざ海外に行くとなったときに、気になるのが料金と所要時間ですよね。なのでこちらの章では、日本とポートランド間の料金と所要時間についてご紹介します。(席は、エコノミークラスで片道料金です。)

航空会社 料金 所要時間
デルタ航空 48,200円 約9時間00分
ベトナム航空 32,200円 約9時間00分

どちらの会社も所用時間は9時間とまったく一緒ですが、料金が16,000円ほど安いベトナム航空の方が、オススメです。航空会社にこだわりがなければ、ベトナム航空で行くとがよいでしょう。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

スポンサーリンク

【日本ーポートランド】飛行機の乗継便を利用した場合は?

こちらの章では、日本とポートランド間で、乗継便を利用した場合をご紹介します。

日本からポートランドへ行く際に別の空港を経由する場合は、いくつかのパターンがあります。飛行機の予約状況に合わせて使い分けた方が良いでしょう。

日本→ポートランドへ乗継を利用したルート
  1. 成田→シアトル→ポートランド
  2. 成田→バンクーバー→ポートランド
  3. 成田→サンフランシスコ→ポートランド
  4. 成田→ロサンゼルス→ポートランド
  5. 成田→ホノルル→ポートランド

様々な方法で乗継をすることができます。ただ同じ西海岸である、シアトルで乗継をしたほうが、スムーズにポートランドまで行くことができます。

【日本ーポートランド】乗継便の料金と所用時間は?

こちらの章では、『日本ーポートランドの乗継便の料金と所要時間について』紹介します。ルート順に紹介しますと、以下の通りになります。

乗継便の場所 料金 所要時間
成田→シアトル→ポートランド 112,000円 約11時間20分
成田→バンクーバー→ポートランド 112,000円 約12時間40分
成田→サンフランシスコ→ポートランド 133,000円 約12時間50分
成田→ロサンゼルス→ポートランド 112,000円 約14時間10分
成田→ホノルル→ポートランド 112,000円 約15時間25分

 

成田空港から乗継便の場合は、同じ西海岸のシアトルを経由した方が良いでしょう。サンフランシスコもロサンゼルスも西海岸ですが、シアトルを経由した方が時間も料金も安く済みます。

スポンサーリンク

【日本ーポートランド】飛行機の国際線に乗る時の注意事項

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E5%96%89%E3%81%AE%E6%B8%87%E3%81%8D-%E6%B0%B4%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB-%E6%B0%B4%E5%92%8C%E7%89%A9-1474240/

こちらの章では、国際線を利用する際の注意事項について紹介します。国際線の場合は、液体物の機内持ち込みに制限があるので注意が必要です!

機内に持ち込める液体物は、100m以下の容器に入っていて、容量1L以下のジッパー付きのプラスチック袋に入っているものだけです。

容量1L以下の袋は、縦20cm×横20cmのマチがないものです。袋を買う際は、サイズを確認してから購入してくださいね。もし買い忘れても、空港内で販売しているので安心してください。

ペットボトルは持ち込めないので、機内で飲みたい人は手荷物検査が終わったあとに購入しましょう。

飛行機でポートランドに到着後の移動手段は?

成田空港とポートランド空港間までの直行便や乗継便を就航している航空会社を紹介しましたが、ポートランド空港に到着したあと、市街地までどのように移動すれば良いのか分からず不安になりますよね。

初めての地域に行くなら、あらかじめ移動手段を知っていた方が安心です。では、実際にどのような移動手段があるのでしょうか。

筆者が調べたところ、空港から市街地まで移動できる公共交通機関は、タクシー・電車の2つがありました。

次の章から、各公共交通機関について詳しく説明していきますので、ぜひ読み進めてくださいね。

ポートランド空港到着後の移動手段①:タクシー

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC-238478/

空港から市街地までの移動手段として、最初にあげられるのがタクシーです。空港からポートランド市街地までの料金は、約$35です。(約3,772円)

所要時間は、片道約20分から40分ほどで、タクシー乗り場は空港1階のバゲージクレームから、外に出たところの道路を3本渡ったアイランドにあります。

タクシーを利用する際は、タクシー会社へ電話するとつながります。また「ラジオ・キャブRadio Cab」というウェブサイトでは、割引クーポンなども用意しているので、料金が安くなる可能性もありますよ。

ポートランド空港到着後の移動手段②:電車

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%A0-%E8%B7%AF%E9%9D%A2%E9%9B%BB%E8%BB%8A-2203329/

続いてこちらの章では、電車で移動する際について紹介します。空港からは、レッドラインという地下鉄が走っており、市街地までつながっています。

空港からダウンダウン(市街地)までは約40分ほどで、1時間で2本~4本のペースで運行しています。

料金は、以下の通りです。地下鉄のチケット販売機のお釣りは、小銭で出ます。なるべく小額紙幣をご使用ください。

料金 日本円
大人 $2.50 約270円
子供(7歳から17歳) $1.25 約135円
高齢者 $1.00 約108円

 

日本からポートランドまでの時差は?

出典元:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%87%90%E4%B8%AD%E6%99%82%E8%A8%88-%E9%81%8B%E5%8B%95-3179167/

海外旅行に行く際に注意しなければいけないのが、「時差」ではないでしょうか。

日本とポートランドの時差は、17時間あり日本の方が時間が進んでいます。日本時間が午前10時であれば、ポートランドは前日の午後5時となります。

海外旅行に行くとなると、「時差ボケ」に悩まれる方々が多いはずです。

渡航前は、アルコールやカフェインなどの摂取を控えて、現地に着いた後は太陽の光を浴びたり眠くても現地の時間に合わせて行動したりするなどの対策をとりましょう。

【日本ーポートランド】飛行機に乗る際のまとめ

今回は、【日本ーポートランド間】の飛行機での行き方を解説しました。2020年3月現在は直行便が毎日1便しかないため、時間の折り合いつかない場合は、乗継便を利用するとよいでしょう。

飛行機を利用する場合は、ベトナム航空を利用することでデルタ航空よりも安く済ませられます。

また、ポートランド空港から市街地までの移動手段として、タクシー、電車の2つがありますが電車の方がおすすめです。

料金は270円と安いですし、1時間につき2本から4本の間隔で運行しているので予定もたてやすいでしょう。是非この記事を見て、ポートランドへの旅行を楽しんでみてくださいね。