静岡へ観光に行こう!下田の絶景ポイントや定番スポット9選!

静岡の下田と言えば、ペリーが黒船に乗ってやって来たことで有名ですよね。

下田にはペリーゆかりの観光地が多くある他、海水浴場としても有名です。筆者は神奈川県出身ですが多くの友人が、下田の海岸はビーチが綺麗だからと行っていました。

当記事では、そんな魅力ある静岡・下田の観光スポットをご紹介します。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/dl/?p_id=351216&sz=m&f=deb24183371ebfb1873337da61ff3353)

スポンサーリンク

静岡の歴史を感じる観光地「ペリーロード」

ペリーロードとは、江戸時代に黒船に乗ってやって来たペリーが歩いた道のことを言います。約700m程続く石畳の道は、下田条約を結んだ了仙寺まで続いています。

江戸時代の風情が残っており、写真をつい撮りたくなる景色です。

レトロな雰囲気が楽しめるので散策してみては如何でしょうか。下田へ観光に来たならぜひ行ってもらいたいスポットです。

出典:https://www.shimoda-city.info/tourism/perryroad.html

  • 【名前】ペリーロード
  • 【住所】静岡県下田市3丁目
  • 【電話】不明
スポンサーリンク

下田条約締結の地「了仙寺」

了仙寺(りょうせんじ)は、江戸時代に黒船でやって来たペリーと日本全権の間で、日米下田条約が締結された場所です。

了仙寺は1635年に第2代下田奉行・今村伝四郎正長よって創建されました。当時の将軍である徳川家光により領地が与えられ、家康の祈願成就に奉じた為、了仙寺の寺紋は徳川家の紋である三つ葉葵です。

  • 【名前】了仙寺
  • 【住所】静岡県下田市七軒町3-12-12
  • 【電話】0558-22-2805

静岡・下田の歴史が学べる観光地「下田開国博物館」

下田開国博物館では、開国に関する資料や遺品が約2,000点保管されています。その中から1,000点を入れ替えて展示している為、何度行っても楽しめる博物館です。

また、館内には「豆州庵」というお土産ショップも入っています。豆州庵では静岡の地酒をはじめとした様々な地方銘酒や、お酒に合う地場産品を購入することが出来ます。

  • 【名前】下田開国博物館
  • 【住所】静岡県下田市4-8-13
  • 【電話】0558-23-2500
  • 【営業】8:30~17:30(臨時休業あり)
  • 【料金】大人:1,200円、小・中学生:600円、学生証を持っている方:1,000円
スポンサーリンク

紫陽花の時期に合わせて行きたい!「下田公園」

下田公園は、伊豆半島でも最大規模の山城である下田城の跡地です。標高約70mの所にあり、敵からの防備の為に堀巡らされた空堀は当時の様相を色濃く残しています。

毎年6月には「あじさい祭」を行っており、300万輪の紫陽花が広大な敷地に咲き乱れています。散策路の脇に紫陽花の花が咲いているので、歩いているだけでも楽しいです。

  • 【名前】下田公園
  • 【住所】静岡県下田市3-19
  • 【電話】不明
  • 【営業】常時開放
  • 【料金】無料

白い砂浜に青い海!夏の静岡「白浜大浜海岸」

下田市の白浜大浜海岸は白いビーチとエメラルドグリーンのような綺麗な海が有名です。関東近辺とは思えない程、美しい海である白浜大浜海岸は夏になると多くの海水浴客で賑わいます。

海水浴シーズンになると一般客とサーファーの接触事故が起きないよう、南側にサーフエリアが設けられます。利用する際は自分の楽しみ方に合わせたエリアを選択すると良いでしょう。

  • 【名前】白浜大浜海岸
  • 【住所】静岡県下田市白浜2745-1
  • 【電話】0558-22-5240
スポンサーリンク

可愛い海の生き物たちに会える!「下田海中水族館」

下田海中水族館は名前の通り、自然の入り江に浮かんだ海の上にある水族館です。

下田海中水族館の目玉である大水槽では、「伊豆の海の再現」をテーマに魚類や無脊椎動物、海藻など50種10,000匹の生き物が暮らしています。

また、それ以外にもイルカやペンギン、アザラシ、ウミガメなどにも会うことが出来ます。

  • 【名前】下田海中水族館
  • 【住所】静岡県下田市3-22-31
  • 【電話】0558-22-3567
  • 【営業】9:00~17:00
  • 【料金】大人:2,100円、小学生まで:1,050円

静岡・下田の神秘的な観光地「龍宮窟」

龍宮窟は、海食洞(かいしゃくどう)と呼ばれるものであり、長い年月を経て波の力により地表が削られて出来ました。龍宮窟は洞窟の天井が一部崩れてしまい、直径50m程の天窓が開き今の状態になっています。

龍宮窟は上から見るとハートのような形になっており、縁起が良さそうと話題になったことで今ではパワースポットとしても知られています。

  • 【名前】龍宮窟
  • 【住所】静岡県下田市田牛696-1
  • 【電話】不明
  • 【料金】無料

静岡・下田観光の拠点!「道の駅開国下田みなと」

下田には道の駅開国下田みなとがあります。運転の休憩として立ち寄るのも良いですが、開国下田みなとでは下田のパンフレットなど観光案内もあるので、最初に足を運んでみると良いでしょう。

また、海産物の製造直売所もあり下田港水揚げ地魚の干物や燻製、シェフ手作りの加工品なども豊富に揃っています。

  • 【名前】道の駅開国下田みなと
  • 【住所】静岡県下田市外ヶ岡1-1
  • 【電話】0558-25-3500
  • 【営業】8:30~16:30

女性が寝ている姿なよう⁈静岡・下田の観光地「寝姿山」

出典:https://izugeopark.org/geosites/nesugatayama/

寝姿山とは女性が横たわって寝ている姿に似ていることから呼ばれており、縁結びで有名なスポットでもあります。ロープウェイを利用し山頂まで登ると、下田の街と海を一望出来ます。

縁結びスポットとして有名なのが山頂付近にある「愛染堂」です。恋愛成就のハート型の絵馬がある他、和み玉(なごみたま)と呼ばれる土で出来た玉を輪の中に投げて中央の石に当てると願いが叶うと言われています。

  • 【名前】寝姿山
  • 【住所】静岡県下田市東本郷
  • 【電話】不明
  • 【営業】ロープウェイ 8:45~16:45(2019年5月現在、運休中です)
  • 【料金】ロープウェイ(往復) 大人:1,030円、子供:510円

静岡・下田観光まとめ

静岡の下田にはペリーに関する観光地が多くあります。ペリーロードは、下田条約が締結された了仙寺まで続いているので、併せて観光するとより江戸時代の開国の雰囲気を味わうことが出来そうですね。

また、下田にある白浜大浜海岸は関東近辺でも有数の綺麗なビーチです。白い砂浜に透き通ったエメラルドグリーンの海は、まるで南国まで行ったかのような雰囲気があります。

夏の時期には海水浴を楽しむのもオススメですので、1度足を運んでみてはいかがでしょうか。