旅の概念を覆す?オンラインツアーの魅力、価格相場などをご紹介

なかなか旅行に行きづらくなった昨今、話題になりつつあるのがオンラインツアー。

オンラインツアーとは家にいながら旅ができる画期的な旅行のことです。オンラインツアーは新しいサービスで、詳しくご存知の方も少ないでしょう。

そこで今回はオンラインツアーの魅力や価格相場などを紹介するので、ぜひ最後までお読みくださいね。

スポンサーリンク

オンラインツアーとは何か

オンラインツアーとは、家にいながら旅行をしているような感覚を味わえる疑似旅行です。画面上で旅先の景色を見ながら、ガイドが現地の文化を紹介します。

さらに本物の旅行さながらにガイドや他の旅行客とのコミュニケーション、自宅に届けられる現地の食事を楽しめますよ。

新型ウイルスの影響や家計の問題など様々な理由で旅行に行きたくても行けない人でも、気軽に旅行気分になれるサービスです。

スポンサーリンク

家で旅行ができる?オンラインツアーの魅力とは

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B7%E3%83%8D%E3%83%9E-%E9%A2%A8%E6%99%AF-%E6%B0%97%E5%88%86-%E9%9B%B0%E5%9B%B2%E6%B0%97-64154/

現地でしか味わえない感動は少ないものの、オンラインツアーにもオンラインならではの強みがあります。以下で3つの魅力に迫ります。

自宅で参加できる

オンラインツアーの最大の魅力と言えるのが、その手軽さです。通常の旅行はスケジュール調整、宿の予約、予算の計算など事前準備が大変ですよね。

しかしオンラインツアーではこれらの手間が全てなくなり、思い立ったらすぐに体験できます。

あくまで画面上でしか楽しめませんが、自分の知らない世界に触れる喜びは十分に満喫できるでしょう。

ガイドや他の客と交流できる

オンラインとはいえただテレビのように受動的にコンテンツを消費するのではなく、ガイドや他の参加客とのコミュニケーションも楽しめます。

直接会話したり、LINEのようにチャットしたりする場合が多く、知りたい情報がある時でも気軽に質問できますよ。

旅行前の確認

「いずれ絶対に訪れたいけど、今はまだ行けない」「旅行したい場所が決まらないから下見したい」という場合に、オンラインツアーは良いシミュレーションになります。

ネットで調べても出てこないような現地情報を聞き出したり、新たな魅力を発見したりと有意義な体験ができるでしょう。

コンテンツの種類

オンラインツアーは通常の観光地を巡る以外にも、コンテンツがあるので、以下で紹介します。

観光地巡り

最も一般的なのが世界各地を巡る観光地巡りです。ヨーロッパやアメリカを始め世界遺産などの定番観光スポットから、日本の秘境などありとあらゆるスポットがツアーとして組まれています。

日本から遠く離れた場所でもオンラインで楽しめるので、将来の旅行先を検討したい方におすすめです。

ライブレッスン

現地でしか体験できないレッスンを体験できるツアーもあります。英会話や料理教室、ヨガ教室など種類も豊富で、本場でレッスンを受けているような感覚を味わえます。

特に現地の名物料理をうまく作りたい方などは本場さながらのポイントを得られるでしょう。

スポンサーリンク

オンラインツアーとYouTubeとの違いは?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/youtube-iphone-2617510/

オンラインツアーというとyoutubeでも同様のコンテンツがたくさんあり、「YouTubeで十分じゃないのか」と思う方もいるでしょう。

しかし、YouTubeとの大きな違いは相互性です。YouTubeでも「旅vlog」などで現地の景色や文化を見れますが、それはチャンネル運営者の体験であって視聴する側はあくまで観客です。

一方、オンラインツアーでは自ら質問やチャットを飛ばすことで、あなた自身のオリジナルな体験となります。そのためYouTubeよりもさらにリアルな原体験を味わえるでしょう。

オンラインツアーの価格相場

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%AD-%E3%81%8A%E9%87%91-%E9%80%9A%E8%B2%A8-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91-1557431/

「旅行」というと高額な費用がかかるイメージがありますよね。しかし、オンラインツアーではオンラインという特性が生かされるため、旅行先がどこであっても通常の旅行と比べると格安です。

一般的には1500円前後が相場ですが、高いものになると軽く1万円を超えるものもあります。

特に現地の特産品がセットになっている場合や、個人向けコンテンツの場合は価格が高騰するので把握しておきましょう。

スポンサーリンク

オンラインツアーに必要な環境は?アプリをダウンロード?

実際にオンラインツアーを始める際に、何が必要か説明しましょう。

通信用の端末

zoomやskypeを使ってオンラインで接続するため、PCやスマホ、タブレットのいずれかを用意しましょう。より大画面で楽しむためにPCが良いですね。

また会話がよりスムーズに行えるよう、マイク機能をもつイヤホンで接続するのがおすすめです。

インターネット環境

インターネットに接続するため、できればWi-Fiのある場所での利用がおすすめです。Wi-Fiがなければ、スマホの4G機能でも構いません。

自宅などツアー中に接続が途切れないような場所で行いましょう。

オンラインツアーを運営する会社

続いて、オンラインツアーを運営している会社を見ていきましょう。

JTB

JTBのオンラインツアーで特筆すべきは『おうちでヨーロッパ旅 プライベートオンラインツアー』です。

これは完全プライベート制で参加者の要望に合わせた特別ツアーができるものです。

同時に10台の端末まで接続できるので、離れた家族や友人と共に参加できるという楽しみもあります。

HIS

HISのオンラインツアーは、観光系・レッスン系の双方を両立していて、コンテンツも多岐にわたります。

特に世界一周ツアーが人気なので、幅広く世界を感じたい方はHISが良いでしょう。

VELTRA(ベルトラ)

JTBとHISに比べて知名度は劣りますが、ベルトラが運営する「ベルトラオンラインアカデミー」はより文化や芸術を学ぶことに重きを置いています。

世界一周など広いものより、一つの街やスポットに特集して情報を深掘りして視聴者に伝えるようなコンテンツが目立ちます。

オンラインツアーの人気ツアーは?

オンラインツアーの中でも特に人気のツアーは「世界一周」です。

HISの世界一周ツアーの中で最も人気なのが、「【第1弾】世界5都市同時中継!世界一周ライブツアー~ハワイ→ケニア→インド→トルコ→ラスベガス/ケアンズ~」。

5つの場所も文化も異なる都市で同時中継され、HISの現地スタッフとガイドが各所を案内してくれます。実際に巡るとなると何日もかかる体験が、90分に濃縮されており非常に好評です。

ツアー終了後には気になっている1都市のスタッフと15分程度質問できる時間が設けられていたり、自宅にどこか1都市から土産物が届けられたりといった特典もあります。

オンラインツアーの口コミ・感想

ここでオンラインツアーを利用した人の口コミや感想を紹介します。

コロナ前にケアンズに行く計画を立てていたものの断念していました。今回、ケアンズのライブ中継を見て、コロナが落ち着いたらやはり実際に行ってみたい!と思いました。
また、実際に行くにはハードルが高い(笑)と個人的に感じているインドのリアルな様子も楽しめ、参加した価値がありました。

出典:https://www.his-j.com/oe/detail/T12/?area=O9&country=JPN&city=53N&product=53N0135

 出演者のフォーマンスはとても素晴らしいので、映像がカクついたり
映像がぼやけたり 音質が悪くなったり音が途切れるといったといったことがあり、興ざめしてしまいました。こういったことを有料配信するなら、もっと高画質にしないとぼったくり感があります。出演者に失礼だと思いました。

出典:https://www.his-j.com/oe/detail/T6/?area=O2&country=USA&city=LAS&product=LAS-QACIRC

実際に旅行に行きたくても行けない人からは、「実際に行きたくなった」「知りたかったことを学べた」など旅行の予習に最適だったという意見が多く見られました。

一方でオンライン接続でトラブルが起こる場合も少なくなく、「音声や映像が乱れていた」「参加するまでの流れが分からなかった」という声もありました。

まだ新しいコンテンツで運営側の不慣れによるトラブルと考えられるので、今後はより改善されていくでしょう。

より手軽に世界を感じよう

今回はオンラインツアーの魅力や価格相場などを紹介しました。オンラインツアーは端末とネットさえあれば場所を問わず疑似旅行が格安で体験できるため、より手軽に旅行気分を味わえます。

短時間で多くの場所を巡り文化を学ぶことで、魅力的な都市を見つけるきっかけになるかもしれませんね。これからもコンテンツは増え続けるので、様々なジャンルに挑戦するのも良いでしょう。

おうち時間で未来の旅行計画を立てる意味でも、オンラインツアーを試してみませんか。