ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の体験宿泊は危険?評判や口コミ・メリット・デメリットを集めてみました

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の宿泊体験ではリゾートに格安で宿泊できるということを知っていますか?中にはしつこい勧誘があるという口コミもありますがどうなのでしょうか。調べてみました!

スポンサーリンク

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の体験宿泊とは?

ポイントバケーションリロはポイントで宿泊などにいける会員制のサービスです。

その新規会員を獲得するために、体験宿泊というサービスを打ち出しています。サービス内容としては、リゾートに格安で宿泊できるというものです。

昔はしつこい勧誘やスタッフの対応などが悪かったようで、ひどい口コミが多かったようですが、最近はマシになっています。

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の体験宿泊のここがすごい!

ポイントバケーションリロの凄いところはこういった点です。

  • 多数メディアで取り上げられている点
  • お一人様1泊2食付スイーツレベルのリゾートに格安で泊まれる点(3,000円など)
  • ペット同伴OKの場所が多い

このあたりに魅力を感じる場合は一度利用してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の体験宿泊の口コミや評判

それでは、ポイントバケーションの口コミはどうなのでしょうか。

良い口コミ

女性
ちょっとしたリッチ気分を味わうのには、コスパが良いと思いますよ。
女性
周囲で噂されるほど悪くないし、勧誘とか営業トークもしつこくなかったです。
女性
随分前に比べ、利用できる施設は増えましたし、たまの利用なら納得です。
女性
別荘自体は、管理が大変なので、いつでも予約できるホテルと言う意味で使ってます。
女性
体験宿泊から、ポイント購入で利用していますが、ずっと使えるのは便利ですよ。

昔は悪い口コミが多かった傾向

ひと昔前は、勧誘などによる悪い口コミが多かったようです。

女性
利用者を増やしたい気持ちはわかるが、私には不相応な気がする。
女性
ペットを飼ってる人や、連休がまとめて取れる人には良いサービスですが、私には合わない。

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の体験宿泊のメリットとデメリット

ポイントバケーションリロを利用するメリットは「安く宿泊できる」「ペット同伴OK」などといった点です。

新規で体験宿泊をする場合は、予約が比較的とりやすいようなので、気分転換の旅行にもぴったりかもしれません。

一方でデメリットは「会員制サービスを打ち出している会社である」「人数限定」という点でしょうか。時期によって宿泊料金も変わります。

スポンサーリンク

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)がおすすめの人

ポイントバケーションリロがおすすめの方はこのような方です。

  • たまにはリゾート気分を味わいたい
  • スイーツに格安で宿泊してみたい
  • ペットを連れてどこかにお泊りしたい
  • 夫婦で安く泊まれる宿泊施設を探してる

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)は危険?

ポイントバケーションリロを検索してみると、ひと昔前のしつこい勧誘による口コミが非常に出てきますね。

  • 「90分の説明と言っていたのに、3時間話された」
  • 「夕食後ずっと拘束された」
  • 「断りの連絡を入れたら、『どうしてですか?』と言われた」

などなど。今ではこういった口コミは減っていますし、実際にも勧誘は減っていると思います。

親会社のリロ・ホールディングは東証1部上場企業

というのも、親会社のリロ・ホールディングは東証1部上場企業です。最近のコンプライアンスを気にする世間でしつこい勧誘などを東証1部上場の企業が続けるとは思えません。

今は風評被害などを気にして、スタッフの対応の仕方も改めてることでしょう。HPにも記載があります。

※当社は福利厚生サービスや転勤留守宅管理でおなじみの東証1部市場に上場するリロ・ホールディング100%出資子会社です。体験宿泊をされたからといって商品を強要すること、体験宿泊された後、しつこく電話することは一切ございません。ご興味のある方はどうぞご安心してご参加下さい。
スポンサーリンク

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)の宿泊体験の利用方法

ポイントバケーションリロの宿泊体験の利用方法は、下のリンクから見ることができます。

サービスの内容も価格もわかりやすく書いてありますので、一読してみるといいと思います。

ポイントバケーションリロ(リロバケーション)のサービスについて

ポイントバケーションリロはその名の通りポイント制でポイントを購入しておいそれを消費することで宿泊ができます。

・土日や繁忙期の宿泊は平日よりもポイントの消費が多い
・人数ではなく部屋単位
・複数の施設に宿泊が可能
・清掃不要(おそらく清掃費などの利用料はかかる)
・宿泊できる施設が新しくオープンしている

などなどが抑えておく点でしょうか。このサービスについては体験宿泊の際にも説明を受けると思いますが、会員になる前に確認をしておいたほうが良いと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。