スカイチケットで予約した場合の領収書の発行の仕方まとめ。

領収書の発行はできる?

領収書の発行はできます。仕事で利用する場合なんかは交通費として経費に計上する際に必要になりますからね、もちろん領収書の発行は可能です。

スカイチケット会員の領収書の発行の仕方

スカイチケット会員の場合には、

ログイン→ユーザーページの「申し込み履歴」→「詳細へ」→「領収書発行へ」

の手順で発行可能です。

スカイチケットの会員ではない人の領収書の発行の仕方

スカイチケットの会員ではない場合には、

予約申し込み時に届いたメールに記載されてるURL→申し込み履歴の表示→「領収書発行へ」

の手順で発行することができます。

会員登録はコチラ

別の方法でも領収書は発行できる

別の方法でも領収書を発行することが可能です。

金融機関等の振込時の手数料の金額は、領収書に記入する金額には含まれていないので、自分で領収書を取るようにしましょう。

銀行振込・郵便振込で支払った場合
金融機関への振込依頼書、振込受領書をもって領収書となります。
クレジットカードで支払った場合
お客様が契約しているクレジットカード会社が発行するご利用明細書をもって領収書となります。
スカイチケットの発行する書面を希望する場合
上記領収書とは別にスカイチケットの発行する書面を希望する場合には、別途電話、メールにて連絡をしてください。書面を郵送してくれます。金額が5万円を超えた場合でも収入印紙は貼付されません。

この領収書は、税務署が認めている会計法規上正式な領収となっています。

簡単に領収書を発行する手順

このほかにも、もっと簡単に領収書を発行する手順があります。

このように、申し込み番号、名前、電話番号(orメールアドレス)を記入することで簡単に領収を発行することができます。簡単な領収書の発行はコチラ

まとめ

今回の記事ではスカイチケットを利用した場合の領収書の発行について書いてきました。仕事で使った時の領収書の発行の時にはぜひ役立てていただければと思います。

金額の訂正やエラーが出た場合にはスカイチケット側に問い合わせればなんとかしれくれるので、慌てずに連絡をしてみてください。