地元民が厳選!子供と行きたい北海道のおすすめ観光スポット10選

食べ物が美味しくて自然がたくさんの土地、北海道。観光名所はそりゃあたくさんあります。

「でも実際子供と一緒に北海道観光ってどこにいけばいいの?広すぎてわかんない!」

「せっかくの北海道なんだから子供と一緒に思い出作りしたい!子供の楽しむ顔がみたい!」

沢山魅力がある北海道なんだろうけど、子供と観光にはどこがいいの!?そんなパパ、ママの悩みに応えて北海道民が教える子供と観光へ行くオススメ10ヶ所厳選しました。是非参考にしてみてください。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/iceland-arctic-fox-fox-animal-1979445/)

スポンサーリンク

日本列島・北海道最北の動物園!有名観光名所。

1つ目に紹介するのは、日本列島最北の動物園でもある、北海道の中でも有名な「旭山動物園」です。

https://www.photo-ac.com/main/detail/2621814?title=ぺんぎんの行進

旭山動物園では、世界5カ所の地域に生息する動物達を見ることができます。ホッキョクグマやライオン、キリンなどの人気大型動物や、癒しのレッサーパンダやカピバラ、ペンギン。どの動物ものびのび過ごしています。

この施設には園内食堂・売店が7カ所あり、動物をモチーフにした飲食物やグッズを多数揃えており、味わうのも良し、グッズを購入して思い出の品を宝物にするのもオススメです。

冬の積雪期になるとペンギンのお散歩が見られ、可愛いペンギン達を間近で見て子供達も大喜びのはず。

  • 入園料:大人→820円、子供→無料
  • 営業時間:【夏期開園】午前9時30分~午後16時30分 (最終入園/16時00分)【冬期開園】午前10時30分~午後15時30分(最終入園 /15時00分)
住所
  • 北海道旭川市東旭川町倉沼

冬を満喫しよう!北海道にあるオススメの観光スポット8選!

2019年12月9日
スポンサーリンク

観光だけじゃない!子供も大人も科学が楽しくなる!

2つ目に紹介するのは、科学を見て、触って体験できる「青少年科学館」です。

https://www.city.sapporo.jp/kyoiku/shogaikyoiku/kagaku_ibento.html

青少年科学館は、見るだけの展示だけではなく、触って体験もできる施設なんです。楽しく科学に触れることができるのに「なるほど」という学びにも繋がります。

自然界では見ることのできない一億個の星を、この施設ではプラネタリウムを通して見ることができます。改装され現在の新しいプラネタリウムでは、星の色が忠実に再現されているようです。

プラネタリウム内には、小さなお子様や小学生以上、小学校高学年向けなどのジャンルごとの番組が多数あるため、子供に合わせた番組を楽しむことができます。

住所
  • 〒004-0051 北海道札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2−20

北海道の明治時代に子供も大人もタイムスリップ!観光に最適!

3つ目に紹介するのは、明治時代にタイムスリップしたようなワクワク感を味わえる「北海道 開拓の村」です。

http://www.sapporo.travel/find/culture/historical_village_of_hokkaido/

開拓の村には、明治時代〜昭和初期の当時の雰囲気に近づけた建物が施設全体にあります。

現代では味わうことのできないワクワク感と、どこか懐かしい風景が魅力のひとつです。

また、当時の伝統遊具作りや馬そりなどの行事があるので、親子で作ったり乗ったりしてみてはいかがでしょうか。

住所
  • 〒004-0006 北海道札幌市厚別区厚別町50-1
スポンサーリンク

マウンテンもビーチもある公園!子供との観光に最適!

4つ目に紹介するのは、モエレ山やビーチでも遊べる「モエレ沼公園」です。

http://www.sapporo.travel/find/nature-and-parks/moerenuma_park/

モエレ沼公園は、春夏秋冬どの季節でも楽しむことができます。春は桜の森でお花見を、夏はモエレビーチで水遊び、秋は花火が見られるイベント、冬は歩くスキーをレンタル。

モエレ沼公園最大の山、モエレ山は登るまでに直線ルートや曲線ルートがあります。親子で山登り気分でお散歩してみてはいかがでしょうか。

住所
  • 〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1−1

子供も大喜び!観光に来たなら北海道でウィンタースポーツ!

5つ目に紹介するのは、ウィンタースポーツの擬似体験ができる「サッポロ ウィンタースポーツミュージアム」です

http://www.sapporo.travel/find/sports/winter_sports_museum/

大画面映像でバーチャル・ジャンプ体験ができ、本物のスキージャンプ台を見ることもできます。

ウィンタースポーツの歴史などが書かれている資料も学びに繋がりますし、なにかスポーツをやるきっかけになるかもしれませんね。

サッポロウィンタースポーツでは、北海道のグルメ・ジンギスカンを食べることができます。疑似体験をした後は北海道グルメを堪能してみてください。

営業時間
  • 9時30分〜17時00分
住所
  • 〒064-0958 北海道札幌市中央区宮の森
スポンサーリンク

北海道やその他の場所でも恐ろしい災害に備えて親子で学べる!

6つ目に紹介するのは、必ず将来役に立つ災害への知識・体験で理解を深められる「市民防災センター」です。

https://www.city.sapporo.jp/shobo/tenji/syokai/index.html#sigoto

市民防災センターには、1階から2階までフロアがあります。1階では地震の体験や消化体験ができる他8つのコーナーがあり、実際に体験することで災害の恐ろしさや災害へ備えることの大切さが学べます。

2階では「消防のしごと」という展示物があり、実際に消防で使われる服や機材を観察することができます。

自然災害はいつどこで起こるのかわかりません。そのため大切な家族のためにこのような経験は大切だと思います。

住所
  • 〒003-0023 北海道札幌市白石区6丁目2−北2-1

北海道の自然を満喫しながら子供と一緒にアクティビティ!

7つ目に紹介するのは、北海道の自然を満喫しながら親子で楽しめるアクティビティ「Nisekovillage ピュア」です。

https://www.niseko-village.com/ja/green/img/pure-at-niseko-village/tree_trekking_l.jpg

北海道の自然、木々の中を探検するツリートレッキングや国内最大のスケールでもある総延長1.4kmのジップラインツアーが特にオススメ!

大きなフワフワの滑り台や野外のアクティビティが充実してるので、子供と一緒に大人も楽しめる場所です。

ツリートレッキングやジップラインの規模が大きいので迫力も満点です。楽しくてずっと遊んでいられますよ。

住所
  • 〒048-1592 北海道虻田郡ニセコ町字東山 ニセコビレッジ

北海道のおすすめリゾートホテル10選!客室露天風呂付の部屋も紹介

2019年9月7日

北海道最大の遊園地!子供も乗れるアトラクションが沢山!

8つ目に紹介するのは、北海道最大規模である遊園地「ルスツリゾート」です。

https://rusutsu.co.jp/amusement

ルスツリゾートは60種類以上のアトラクションが充実しており、絶叫系のスリルライドから子供向けな「キッズパーク、こどもランド」まであります。

広い敷地の園内をのんびりと巡れる、トレインやサーキットを走り抜けるカートも子供達には大人気!

夏には屋外ジャンボプールが解放されます。スライダーや流れるプールで親子揃って夢中になってみたらいかがでしょう。

料金
  • 一日券:大人(中学生以上)/5000円、子供/4000円
  • ファミリー割引(大人も子供料金):大人.子供/4000円
住所
  • 北海道虻田郡留寿都村字泉川13

親子で参加・クラフト体験、癒しの動物たちとも触れ合える!

9つ目に紹介するのは、親子でクラフト体験をしたり、アルパカなどの癒しの動物と触れ合えたり、親子で楽しめる牧場「えこりん村」です。

アルパカや、ヤギ、羊、馬などが放牧されているためフワフワの動物達を撫でたり触ったりできます。

えこりん村では味の異なる3種類のソフトクリームが販売されています。「ローズソフト」、「トマトソフト」、「アルパカソフト」の3種類。それぞれ販売場所が違うので食べたいものを選んでぜひ探してみてください。

また、毎週土曜日に開催される親子で参加・体験ができる「えこりん村学校」もオススメです。毎週体験できる内容が異なりどれも親子で楽しめるものばかりです。

料金
  • 大人:1200円、中学生以下:600円
住所
  • 〒061-1421 北海道恵庭市牧場277-4

みんな大好き世界初のドラえもん施設!先にも後にも観光できる!

最後に紹介するのは、なんと世界初のドラえもん施設「ドラえもん わくわく スカイパーク」です。

http://www.new-chitose-airport.jp/ja/doraemon/

北海道の新千歳空港ターミナルビル内にあるこちらの施設。アミューズメントゾーン、ショップ、カフェ、ワークショップなどのエリアがあります。

気軽に自分だけのドラえもんが工作で作れたり、「ドラえもんたいやき」が食べられたり子供たちが大好きなドラえもんでいっぱいです。

北海道の新千歳空港を通る場合には、ぜひ子供を連れて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。きっとたくさんのドラえもんに喜ぶのではないでしょうか。

住所
  • 新千歳空港ターミナルビル 連絡施設3F スマイル・ロード

【迷ったらここに行こう!】雨でも遊べる北海道観光地10選を紹介。

2019年11月4日

まとめ

大人も子供も楽しめる10個のスポットをご紹介しました。地元民が行っても一日中楽しいと思えるような場所ばかりなので、観光に来たならば確実に充実できると思います。

親子で北海道へ来たからには、思う存分楽しく遊びたいですよね。自然の大地が豊富な北海道で可愛い我が子と思い出作りをしてみてはいかがでしょうか。

ここまで読んでくれてありがとうございます。是非魅力たっぷりの北海道を楽しんでくださいね。

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。