赤ちゃん連れで飛行機(国内線)に乗る時の席の予約や注意点を解説!

この記事を読んでいるあなたは、赤ちゃんを連れて飛行機に乗る予定があるけど、席の予約などどうすればいいのか不安を抱えていませんか?

  • 飛行機には乗ったことはあるけど、赤ちゃんの場合、予約や座席の料金はどうなるの?
  • 飛行機に赤ちゃんの荷物を持ち込みたいけど、何を持ちこんでいいのかわからない。
  • 食事はどうすればいいの?飛行機で子ども向けのサービスはあるの?

電車や新幹線と違って、飛行機は持ち込み出来る荷物や、搭乗時間までにするべきことがたくさんあります。さらに航空会社ごとに細かくルールが分けられています。

今回は、赤ちゃんを連れて飛行機に乗る時のルールや席の予約方法を取り上げました。この記事を読めば、赤ちゃん連れでも問題なく座席の予約や手続きが出来るようになりますよ。

(トップ画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/237489?title=%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F%E3%81%A8%E9%9B%B2)

スポンサーリンク

赤ちゃんを連れて飛行機に乗れるの?席に座っていいの?

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1381834?title=%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93)

子どもがいるあなたは、飛行機に乗る時に、こんな悩みを抱えたことはありませんか。

生まれたばかりの赤ちゃんがいるけど、帰省でどうしても飛行機に乗らないといけない…。どうしよう。赤ちゃんは飛行機に乗せていいの?荷物は何をもっていけるの?

飛行機に乗ったことがある人でも、赤ちゃんを連れていくとなると色々悩みが増えてしまいます。赤ちゃんは生後8日から飛行機に乗れますが、赤ちゃんの体調が急変したり、泣き出したり、何が起きるかわかりません。

さらに生後1ヶ月~3ヶ月までは、親が赤ちゃんに付きっきりで目が離せないでしょう。そのため、飛行機に乗るのは、親と赤ちゃんの体調が落ち着いてからがおすすめです。

また、大人と同様に予約を取れば赤ちゃんも座席に座ることは可能です。後ほど料金や座席の予約方法について詳しく説明しますが、事前に手続きをすれば航空会社側も色々と協力してくれます。

今回は、国内線の飛行機に赤ちゃんと乗る時に必要な座席の予約方法や手続きを取り上げました。国際線になれば、搭乗する航空会社ごとにルールが変わります。

国際線では、今回紹介する手続きにルールが一部加わったり、手続きの方法が変わります。搭乗予定の航空会社のルールを事前に確認しておきましょう。

飛行機に赤ちゃんと一緒に乗る方法~搭乗手続きとおすすめ座席~

2019年10月21日
スポンサーリンク

赤ちゃんがいる時は席の予約は早めにしよう

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/2034558?title=%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F%E3%80%80%E5%BA%A7%E5%B8%AD)

赤ちゃんを連れていくと決まったら、座席の指定手続きをすぐにしましょう。

一般的に座席指定は、チケット予約と同時に出来ます。しかし、出発日の3日前からは、チケット予約後に手続きとなります。そのため、出発日の前日にチケットが取れても、座りたい所が空いていないことも…。

さらに、赤ちゃんを連れていく場合、安全上の理由から非常口座席に座ることが出来ないので、指定できる座席が限られています。

特にお盆や年末年始であれば、子ども連れで帰省する、または旅行する家族も増えるので、自分が座りたい席の指定は大変になります。出発日が確定したらすぐに予約をしましょう。

飛行機に赤ちゃんが乗る時の座席の料金はどうなるの?

公共交通機関に子どもが乗る時は、子どもの年齢により料金が変わりますよね。飛行機も同じですが、年齢が何歳か、席にどのように座るかで料金が変わってきます。

赤ちゃんを連れていく場合の座席の予約は、次の表のようになります。

年     齢飛行機に乗れるか同伴者(親など)座席の予約
生後8日未満不  可不  可不  可
生後8日~1歳可  能必  要必  要
生後8日~1歳可  能必  要不  要(同伴者のひざの上に乗る場合)
2歳可  能必  要必  要
2歳可  能必  要不  要(同伴者のひざの上に乗る場合)

(参考:https://www.jal.co.jp/dom/support/smilesupport/baby.html、https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/domestic/support/family/#anchor015)

【赤ちゃんを自分のひざに乗せるか】が座席の予約が必要かを決める基準となります。自分のひざに乗せないで、座席を予約する場合、子ども料金を支払う必要があるので注意しましょう。

赤ちゃんをひざに乗せる場合は、座席の予約は必要ありません。しかし、航空会社には子ども連れでの搭乗を申告して、どんなサービスが受けられるのか確認した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

飛行機に赤ちゃんと乗る時に必要な手続きはあるの?

赤ちゃんと飛行機に乗る時は、事前に手続きしておくことがあります。直前に慌てないように、チケットを予約する時に併せて確認が必要です。

座席の予約も必要ですが、空港で必要な手続きや持ち込み出来る荷物にもルールがありますので、安全な旅のためにチェックしておきましょう。

飛行機に乗る前に手続きしておくこと
  • ベビーカーやチャイルドシートを持ち込むのか、借りるのか
  • ベビーベッドを使用するか
  • 子ども用の食事が必要か(食事の内容やアレルギーの有無)

ベビーカーやチャイルドシートは、搭乗予定の飛行機に持ち込めないことがあります。ベビーベッドも台数や設置出来る座席に条件があります。航空会社の予約センターに事前に確認して、どうするか決めておきましょう。

空港で借りられる赤ちゃん用の道具

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/262783?title=%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88)

「普段使っているベビーカーを持っていったら、飛行機内に持ち込みが出来ないと言われてしまった…。」搭乗前は、こんなトラブルが普通に起きます。

もし、持参したベビーカーなどが機内に持ち込めない場合は、空港カウンターで預け入れ荷物にするか、その場で捨てるかの方法を取らなければいけません。(航空会社により対応が異なります。)

事前に普段使用しているものが機内に持ち込めないとわかった場合は、空港でレンタルするのも1つの手です。空港でレンタル出来るものは、ベビーカーとチャイルドシートです。(予約必須です。)

他にも必要なものがあれば、事前に航空会社に相談しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

飛行機に乗る前にしておくこと

(画像出典:https://www.pakutaso.com/20111030300post-816.html)

「空港で荷物は預けたし、持ち込む手荷物も準備できた!搭乗時間までゆっくり出来る~。」と安心してはダメです。赤ちゃんが飛行機内で泣き出したり、おむつの交換が必要になるかもしれません。

親でも子どもに何が起きるかわかりません。赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る前に、最低限準備しておくべきことは次の3つです。

搭乗前にしておくべきこと
  1. 赤ちゃん用の荷物で、使う可能性があるものは、すぐに取り出せるように分けておく
  2. おむつを変えておく
  3. 空港のキッズ広場やおもちゃで遊ばせる

手荷物はハンドバッグとキャリーケースなど計2個まで持ち込めます。赤ちゃん用の荷物は多くなるので、飛行機内にいる時間に合わせて必要な荷物は分けましょう。

また、機内にはおむつ替えが出来るトイレがあります。離陸後に替えに行ったら、トイレが空いていないなどの場合に備えて離陸前におむつを変えておきましょう。

機内にも予備の紙おむつはありますが、数に限りがあります。お客さんで他にも同じ子ども連れがいたら、機内のおむつを使用するかもしれませんので、手荷物に十分なおむつの替えを入れておきましょう。

搭乗中に赤ちゃんが眠っていれば、親も安心してゆっくり出来ますよね。空港にはキッズ広場など施設があるので、搭乗前におもいっきり遊ばせれば、機内では疲れて寝てくれるかもしれませんね。

これで安心!赤ちゃんと飛行機に乗る時の対策7つをご紹介!

2019年10月28日

自分の座席に持ち込めるものは?

(画像出典:https://www.pakutaso.com/20111030300post-816.html)

飛行機の座席に持ち込める手荷物には、数と大きさ、中身にルールがあります。保安検査場で、空港側が危険物と判断したものは、その場で破棄するか、預け入れ荷物にするかの対応をしなくてはいけません。

ただ、大人用のもので、危険物や検査が必要と判断されるものでも、乳児用とわかれば、持ち込みが認められるものがあります。例えば乳児用のジュースなどがその例ですね。

乳児用で座席に持ち込みが認められるもの
  • ジュースやお茶などの液体
  • ミルク(粉ミルクなどの元)
  • 乳児用のお菓子
  • おむつ
  • ウェットティッシュ(おしりふきなど)
  • 洋服の着替え
  • ブランケット、スカーフ
  • おもちゃ

おむつやウェットティッシュは、機内に用意がありますので、忘れてしまった時などは、添乗員にお願いしてみましょう。

赤ちゃん連れは先に席に座れます

各航空会社は、車いすを使用する乗客や妊婦、子ども連れの乗客を優先して飛行機に搭乗出来るようにしています。

赤ちゃん連れだとベビーカーや荷物の整理などに時間がかかります。余裕をもって搭乗すれば、荷物の確認やトイレの位置の確認、チャイルドシートの設置などが出来ますね。

もし、おむつの取り替えが出来ていない場合は、他の乗客が来る前に済ましておけば、安心して席に座ることが出来ますね。

飛行機では、赤ちゃん用の設備を確認しよう

(画像出典:https://www.pakutaso.com/20150812225post-5890.html)

搭乗したら、赤ちゃん用の設備がどこにあるか確認しておきましょう。優先して機内に搭乗出来るので、他の乗客が来る前に確認しておけば、いざという時に慌てないで済みます。

特に確認すべき設備は、おむつ替えが出来るトイレの位置です。短い搭乗時間でも何度もおむつを替える必要があるかもしれませんので、場所を把握しておきましょう。

また、ベビーベッドやチャイルドシートは、設置出来る座席や体重、台数など条件があります。出発3日前までに予約すれば、空港でレンタル出来るので、予約した座席で利用できるか確認しましょう。

席に座った後にしておくべきこと

自分の席に赤ちゃんと一緒に座ったら、荷物を整理したり、設備を確認したり忙しいでしょう。ただ忙しくても離陸前に周りのお客さんに一言あいさつをしておきましょう。

周囲にあいさつをしておけば、お客さんも赤ちゃん連れであることを理解し、困ったことがあれば助けてもらえるかもしれません。

あいさつをしなくても問題はありません。しかし、「赤ちゃんがいて何かあるかもしれませんが、よろしくお願いします。」と伝えておくだけでも、周囲の人も事前に子ども連れであるとわかれば安心します。

赤ちゃんが受けられる飛行機のサービス

赤ちゃんが機内で受けられるサービスは、主に次のとおりです。上手く活用して、赤ちゃんが楽しく旅が出来るようにしたいですね。

機内で受けられるサービス
  • 子ども用の食事(予約必須)
  • おもちゃの貸し出し
  • 絵本の貸し出し
  • 毛布の貸し出し
  • 紙おむつ
  • 子ども向け番組(Wi-Fi設備のある機種のみ)

子ども用の食事は事前予約が必要になります。アレルギーがあれば正確に伝えないと食事の時に一大事になるので、注意しましょう。

困ったら添乗員にお願いしましょう

(画像出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1627088?title=%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E7%9B%AE%E7%B7%9A%E3%81%A7%E7%AC%91%E3%81%86%E5%AE%A2%E5%AE%A4%E4%B9%97%E5%8B%99%E5%93%A1)

普段と違う環境にいると、親がいても赤ちゃんが寝なかったり、急に泣き出すことは十分に考えられます。特に飛行機であれば、知らない人がたくさんいたり、聞きなれない音がするので、赤ちゃんは不安になります。

航空会社も予約の時点で、赤ちゃんが搭乗することは認識しているので、困ったことがあれば添乗員にお願いしてみましょう。お願いすれば、ミルクを作ってもらうことも出来ます。

ミルクは持参する必要があるので、忘れずに持っていきましょう。お湯やジュースを用意している航空会社もあります。

まとめ

今回は、赤ちゃんを連れて飛行機に乗る場合の注意点や荷物のルールについて取り上げました。特に普段使っているベビーカーやチャイルドシートが使用できるものか、飛行機に乗る予定がある人は確認しておきましょう。

飛行機内では、いつ赤ちゃんが泣くのか、体調が悪くなるか親でも予想ができません。親も赤ちゃんも安心して旅が出来るように出来るだけ準備をしていきたいですね。

この記事では、国内線の座席の予約方法を取り上げましたが、国際線も基本の手続きは同じです。国際線では、さらに手続きが増えますので、注意してください。

航空会社も子どもが慣れない環境で不安にならないように協力してくれます。上手に活用して快適な旅にしましょう。

【おすすめランキングTOP3】格安航空券ならここ!今すぐ予約すべし。

2019年4月26日

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

シドニー

総合職→事務員→Webライター(予定)。ペンギンがいる水族館にいくことが趣味。他にキックボクシングも修行中。最近は投資にはまり、資産運用とお金に関係するキーワードを見ると興奮する変人。投資はFX、ロボアド、投資信託、株式など知り合いからやりすぎと言われる。