【赤ちゃん連れ必見!】飛行機にミルクを持ち込む際の注意点とおすすめのサービス

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗る際には「ミルク」は必需品ですが、テロなどを未然に防ぐために作られているルールとして原則「液体物の持ち込みは禁止」されているので当然守る必要があります。

ですので今回は、機内にミルクを持ち込む際の注意点やオススメのアイテム・サービスについて紹介していきます。

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/子供の手を振って別れ-出発-平面-595429/)

スポンサーリンク

飛行機に事前に作ったミルクを持ち込むのはNG

一番注意しておいて欲しいことは「自宅などで事前に作ったミルクは機内に持ち込めない」ということです。

赤ちゃん用のお茶ジュース、ミルクを作る際に使うお湯や搾乳した母乳を「必要量」持ち込むことはできますが、液体物に該当するため大量に持ち込むことはできません。

また、赤ちゃん用のお茶やお湯などは、保安検査の際にチェックされることがありますので、頭の中に留めておいてくださいね。

スポンサーリンク

粉ミルクや固形ミルクを用意しておく

事前に作っておいたミルクが持ち込めないとなると、機内でミルクを作る必要がありますので粉ミルク固形ミルクお湯を準備しておきましょう。

ちなみに、ミルク用のお湯はANA・JALでは機内では用意されていますので持参しなくても大丈夫です。

ミルクを作る際に乗務員さんに一言伝えればお湯を持ってきてくれます。

ちなみに「今どうしても赤ちゃんから手がが離せない!」なんて状況ならば乗務員さんに頼んでミルクを作ってもらうことも可能です!

粉末もNG?赤ちゃん用の粉ミルクは大丈夫!

2017年にオーストラリアで爆破テロを計画していた事件が発生したことにより「粉末状」の物も持ち込める量が規制されました。

「え、じゃあ粉ミルクもダメ?」いいえ大丈夫です安心してください。赤ちゃん用の粉ミルクは規制の対象外です。

その他規制対象外の中には、セキュリティチェック済みの医薬品遺灰もあります。

ただし明らかに必要量を超えていると判断された場合は没収の対象にもなり得るのでご注意ください。

スポンサーリンク

飛行機では赤ちゃんにミルクをあげるタイミングが重要?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/赤ちゃん-ヤング-人々-472925/

結論から言いますと、離陸後・着陸前がミルクをあげるのに最適なタイミングです。

飛行機に乗った際、離着陸で耳が痛くなったり空気がこもった感じになった経験はありませんか?

私たち大人は耳抜きをして対応できますが、赤ちゃんは自分で耳抜きができません。すると、大泣きをしてしまって大変なことになってしまうので、ミルクを飲ませて赤ちゃんに耳抜きをさせてあげましょう。

この注意点は、搭乗直前に赤ちゃんのお腹をいっぱいにしてしまうと、搭乗後に飲んでくれなくなるという点です。搭乗前に飲ませるミルクの量は適度に調節しましょう。

これで安心!赤ちゃんと飛行機に乗る時の対策7つをご紹介!

2019年10月28日

飛行機は湿度が低い!ミルクは赤ちゃんの乾燥対策も担う!

出典:https://pixabay.com/ja/photos/スキンケア-赤ちゃんの-827153/

実は飛行機内の湿度は20%と非常に乾燥している状態で、赤ちゃんにとっては良いとは言えない環境です。

のどが渇いてグズグズしてしまうと赤ちゃんもお母さんお父さんも辛い思いをしてしまうので、ミルクやお茶をすぐに飲めるように準備しておき、こまめに様子を確認してあげましょう。

また赤ちゃんの肌の乾燥にも注意する必要があるため、赤ちゃん用のスキンケア用品も準備しておきましょう。

スポンサーリンク

飛行機に授乳できる場所はあるの?

残念ながら飛行機に授乳用のスペースはありませんので、席を決める際や服装は以下のポイントを意識すると良いです。

  1. 周囲から見えずらい窓際の席を取る。
  2. 授乳がスムーズに行えるような服装にする。
  3. 授乳ケープや羽織ることの出来るスカーフなどを用意する。

機内に空席がある場合は授乳時に席を移動させてもらうことも可能ですが、席が空いてるとは限らないので準備はしっかりしておきましょう。

赤ちゃん連れで飛行機(国内線)に乗る時の席の予約や注意点を解説!

2019年11月8日

ミルクの他に赤ちゃん用に準備しておくもの

ミルクの他にも赤ちゃんに必要なものを箇条書きであげていきます。

  • 授乳ケープ・カーディガン・授乳シャツ
  • ミルク用のお湯
  • おやつ・離乳食
  • ストロー
  • おもちゃ・絵本
  • 保冷材・うちわ
  • おしりふき
  • 毛布

授乳方法や年齢によって必要なものは違うので、これくらいは用意しておくと良いでしょう。

特に機内の温度は乗員数によっても変化するため、毛布保冷材季節にかかわらず持っていくことをおすすめします。

飛行機を利用する際、赤ちゃん連れにとって助かるサービス

搭乗口までベビーカーが借りられる

ベビーカーを持参していく方もいると思いますが、ベビーカーは手荷物扱いなので機内に持ち込むことが出来ません

預け荷物にしてしまうと保安検査場を通過してから、搭乗時間まで抱っこしている必要があるので、ベビーカーは専用の窓口から借りることをおすすめします。

また飛行機を降りる際も事前に伝えておけばベビーカーを用意してくれます。

事前に搭乗させてもらえる

搭乗後にミルクを用意したり赤ちゃんの機嫌をとったりでバタバタしてしまわないように、2歳以下の子供がいる場合は優先的に搭乗させてもらえます

優先搭乗を利用する際にはスタッフに声をかけておきましょう。

ただし、じっとしている時間が長いと赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまうこともあるので様子をみて判断しましょう。

おむつ交換用スペース付きの化粧室がある

機内にはおむつを交換するスペース付きの化粧室があります。また万が一おむつを忘れてしまったときも数に限りがありますが機内に用意されています

おもちゃがプレゼントしてもらえる

赤ちゃんにとっての最大の敵は「退屈」ですよね。万が一おもちゃを忘れてしまっても、各航空会社のとっておきのおもちゃをプレゼントしてくれます。

飛行機に赤ちゃんと一緒に乗る方法~搭乗手続きとおすすめ座席~

2019年10月21日

赤ちゃん連れの方におすすめの航空会社は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/交通-乗り物-飛行機-旅客機-4489286/

「航空会社はたくさんあるけど赤ちゃん連れにはどこがおすすめなんだろう?」

結論から言いますと、赤ちゃん連れの方ならJALが一番!です。

  • 肘置きが上下可動式で広く使いやすい
  • おもちゃの種類が豊富
  • 搭乗員さんが積極的にサポートしてくれる

どの航空会社も親切に対応してくれますが、JALは上記の通りサポートが手厚いので、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るのはまだ不安だという方に特にオススメです!

赤ちゃん連れで飛行機に乗る際のまとめ

飛行機にミルクを持ち込む際の注意点や、おすすめのサービスを紹介してきましたが、まだちょっと整理できていないという方は、以下の3つの点を特に意識しておくことをおすすめします。

  • 自宅で作ったミルクを飛行機に持ち込むのはNG
  • ミルクを飲ませるベストタイミングは離着陸時
  • 赤ちゃん連れで不安ならJALがおすすめ

空港のスタッフや搭乗員も非常に親切に対応してくれるので、分からないこと・不安なことは是非聞いておきましょう!

赤ちゃんと共に飛行機にのるのは中々苦労が多いこととは思いますが、皆様が素敵な旅をできますように祈っております。

旅行の時、ホテルに安く泊まる方法

アジアを中心に、世界各国のホテルを検索・比較できるのがアゴダ。格安のホテルが見つけられるアゴダにはこんな強みがあるんです。

  • 掲載地域は6万都市以上!
  • 次回の予約から利用できる「アゴダコイン」が貯まる
  • 海外のホテルも日本語で調べられるから安心
  • 最大で80%もの割引が受けられる

世界のホテルを網羅しているアゴダだからこそ、今あなたが行きたい地域の格安なホテルが見つけられるんです。

高級ホテルが80%割引で予約可能?!そんな恩恵を次に受けるのはあなたですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

おるず

大学のレポートに追われる内に精神的に限界を迎え登校しなくなりました(現在復学中)。なんとなくで建築学部を選ぶのはオススメしません。趣味はゲーム全般です。