【片道1万円で】大阪-福岡間の移動手段で一番安いものを徹底比較!

大阪から福岡まで旅行に行きたいという人が多いと思いますが、なるべく安い移動方法で行きたいですよね?

今回は、公共交通機関と車を利用した場合で、大阪から福岡まで片道1万円でいけるかどうかをご紹介します。

今後、大阪から福岡まで旅行に行く方は、ぜひとも参考にしてみてください!

(トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%A6%99%E6%B8%AF-%E8%88%B9-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%A4%9C-%E6%B0%97%E5%88%86-2537966/)

スポンサーリンク

大阪から福岡までの距離は?

グーグルマップで調べたところ、大阪から福岡までの直線距離は約590kmあります。ちなみに590kmを大阪から福岡まで徒歩で行くと約6日かかるので、徒歩で行くのは現実的ではありません。

今回紹介しているのは、新幹線、在来線、飛行機、フェリー、高速バス公共交通機関で移動した場合と、自分自身で大阪から福岡まで車で運転した場合です。

次の章からは、それぞれのプランで片道1万円でいけるかどうかをご紹介します。

スポンサーリンク

【新幹線】大阪-福岡まで安い移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/新幹線/

新幹線となると乗車券と特急券を交えての移動となります。新大阪駅発から博多駅まで、新幹線自由席の場合、最安値で14,750円、所要時間約2時間30分という結果になりました。

これだと片道1万円では行けません。ただ新幹線の早割を使えば、1万円で行くことができます。

『バリ得こだま・ひかり・つばめ号』利用なら1万円で行ける?

日本旅行が提供している、『バリ得・こだま・ひかり・つばめ号』であれば、片道1万円以内で新幹線に乗ることができます。

そもそも『バリ得こだま・ひかり・つばめ号』とは、どういうものか?以下が概要となります。

バリ得こだま・ひかり・つばめ号とはどういうものなのか?

「バリ得こだま・ひかり・つばめ号」は、1名利用・片道利用が可能な新幹線を利用した格安ツアーです。博多・小倉・熊本・鹿児島中央へとにかく安く行きたい!オトクに旅したい!というお客様にはイチオシの商品です

引用元:https://www.nta.co.jp/jr/shinkansen/kodama/

なんと『バリ得こだま・ひかり・つばめ号』であれば、新大阪から博多まで片道7,600円で乗ることができます。グリーン車も追加料金が500円で乗れるので、非常にお買い得です。

スポンサーリンク

【在来線】大阪-福岡まで安い移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/photos/電車-日本-池袋-山手線-1718402/

『在来線であれば、新幹線よりも安く片道1万円で行けるだろう』と考える方も多いのではないでしょうか。

実際に調べてみたところ、料金は9,950円が最安値だとわかりました。所要時間は、大阪駅を朝5:00に出発して博多駅に18:40に到着をするので13時間40分です。

片道1万円以内で移動することはできますが、半日以上の時間がかかるので、おすすめはしません。

在来線の場合、大阪→西明石→姫路→糸崎→岩国→下関→門司→博多と乗り換えがとても多いです。

【高速バス】大阪-福岡まで安い移動方法は?

高速バスの場合は、大阪から福岡間までは夜行バスのみとなります。筆者が調べた段階で、10月の最安値は3,200円でした。(2019年10月14日現在)

最安値の場合ですと3,000円~4,000円の間で乗ることができますが、通常料金だと5,000円もかかります。もし高速バスで福岡まで行く場合は、旅程が決まったら早く予約をしましょう。

平日は片道4,000円以内、土日でも片道5,000円以内で乗ることができるのが、高速バスの良さです。高速バスであれば、土日関係なく往復でも10,000円で行けることがわかりました。

乗車時間は8時間から9時間前後となりますので、夜行バスで一晩を過ごし翌朝博多につくことで朝から遊ぶこともできます。

スポンサーリンク

【フェリー】大阪-福岡まで安い移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/フェリー/   ※画像はイメージです

フェリーでも大阪から福岡まで行けることはご存知でしょうか?1日2便、大阪南港から福岡の新門司港までの便があります。

筆者が調べたところ、乗車時間は12時間30分で料金は5,360円だとわかりました。往復では10,000円以上かかってしまいますが、片道であれば10,000円以内で移動できますよ。

『フェリーきょうと』と『フェリーおおさか』が運航していますが、どちらも値段は一緒です。(旅客のみで、車やバイクなどを持ち込む場合は別途料金が発生します。)

フェリーで船内泊をしますが、最安値のプランは『2等』という和室の雑魚寝のプランとなります。2段ベットで寝られる『2段洋室』というプランは、+620円で乗ることができます。

大阪南港フェリー場までの行き方は?

『大阪南港のフェリー乗り場ってどのように行けばいいんだろう』と思う方が多いと思います。アクセス方法は以下の通りになります。

大阪南港フェリー場の行き方
  • 電車での場合:梅田駅→本町駅→コスモスクエア駅→フェリーターミナル駅 乗車時間35分 片道330円
  • 車での場合:西梅田から約45分、難波から約35分、新大阪から約55分

新門司港から博多駅までの行き方について

フェリーで大阪南港から新門司港まで行きますが、そもそも『新門司港ってどこだろう』と思う方が多いはずです。

福岡県の北九州市にある新門司港ですが、福岡県の東側に位置しています。そこから博多駅までのアクセス方法は以下の通りです。

新門司港から博多駅までの行き方
  • 車で移動の場合:九州自動車道新門司インターから約1時間30分
  • 公共交通機関を利用する場合:新門司港から小倉駅まで無料シャトルバスで約30分、小倉駅から博多駅までは新幹線or在来線で移動

【飛行機】大阪-福岡まで安い移動方法は?

出典:https://pixabay.com/ja/images/search/飛行機/

『一番移動時間が早い公共交通機関はなんだろう?』と考えたときに真っ先に思い浮かぶのは「飛行機」ではないでしょうか。大阪-福岡までの飛行機を調べてみました。(2019年10月14日現在)

なんと片道で5,000円を切る結果になり最安値が4,550円で、フライト時間は1時間20分です。(LCC利用の場合)これであれば片道ではなく、往復でも10,000円で行けますよ。

10月のLCCとフルサービスの航空会社を比べたところ、最安値と最高値の差が1万円以上あることがわかりました。LCCに抵抗がなければ、LCCの利用をおすすめします。

【車】大阪-福岡まで安い移動方法は?


『車で移動するとどうなるのか?』と気になる方も多いのではないでしょうか。大阪から福岡まで高速道路で移動する場合、googlemapで調べたところ7時間48分かかるという結果になりました。

高速料金は、大阪府吹田インターから、福岡県福岡インターまで普通料金だと13,000円、ETC利用の場合だと8,800円です。

また移動距離も約600km近くあり、当然ガソリン代も発生します。普通自動車20km/L、大阪府のガソリン代が140円で計算すると以下の通りです。

自動車で大阪から福岡まで行く場合
  • 604km÷20km₌30.2km
  • 140×30.2₌4,228円

高速道路だけでも10,000円近くかかり、そこにガソリン代も約4,300円かかるとなると、10,000円で移動することはできません。

まとめ

大阪から福岡まで、公共交通機関を利用した場合と車で行った場合をご紹介しました。以外にも車で高速道路を利用した場合のみ、10,000円を超える結果になりました。

移動方法移動時間最安値
新幹線(新大阪~博多駅 通常料金)約2時間30分14,750円(自由席)
新幹線(新大阪~博多駅 バリ得・こだま・ひかり・つばめ号利用の場合 )約2時間30分7,600円(座席は未定)
在来線(大阪駅~博多駅)約13時間40分9,950円
高速バス(梅田~HEARTSバスステーション博多まで)約7時間~9時間3,200円~
フェリー(大阪南港~新門司港)約12時間30分5,360円~
飛行機(LCC利用の場合)約1時間20分4,550円~
車(高速道路利用の場合)約7時間50分約14,300円~
注意事項
  • 2019年10月14日時点での最安値です。料金が変動する可能性もあります。

移動時間や料金を考えると、LCCで大阪から福岡まで行くのが一番おすすめです。また移動に抵抗がなければ、夜行バスで向かうのも一つの手段でしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

web+運営部

web+(ウェブタス)運営部です。web+運営部には、アフィリエイト・ライティング・コピーライティング・SEO・Webマーケティングの専門家が複数います。コンテンツのライターは全員フリーランスを3年以上経験した者や別のメディアを運営している者のみで作成しております。